集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ストレス対策 ストレス耐性の強化とメンタルヘルス

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般分析 全般的な被害と対策 > 健康管理 ストレス対策 >

ストレス対策

Stress_countermeasure, 2016.2.10 ,2016.9.19

ストレス耐性の強化とメンタルヘルス

 集団ストーカー被害者は、日々、理不尽なストレスにさらされていますが、人の我慢強さは、生まれつき変わらないような個人の特質ではなく、変化するものです。

 高い地位や権力を持つ人などで、日常的にストレスを感じることが少ないような人が、そのような生活を長年続けると、ストレスへの耐性が弱まってしまい、小さなことでもすぐに怒り出すようになったりします。

 老人のなかに、突然、怒り出す人を見かけることがありますが、これはストレスに弱くなった状態、ストレス耐性が低くなった状態にあるといってよいでしょう。

 地位や権力そのものがストレスと感じてしまうような人は、そうはなりませんが、地位や権力が原因となるストレスはたいへん強いものになりやすいため、どちらがよいともいえないかもしれません。

 ストレス耐性を強化する方法は、ゴルフなどのスポーツ選手が集中力を高めるトレーニングの一環として行われています。 ゴルフのタイガー・ウッズ選手などが若いころから、ゴルフトレーニングに取り入れていることが知られています。

 ゴルフの試合、トーナメントなどは、一般の観客の中で行われますので、ノイズキャンペーンのように様々な音で集中力を乱されやすい環境となっていす。 これに対処するトレーニングとして、ウッズ選手は、ボールを打つときに、意図的にわざと集中力を乱すような、一見すると嫌がらせのような悪口を言われたり物音をたてられるという環境のなかでトレーニングを積み重ねてきたそうです。

 これが集スト被害者のストレス耐性強化にも活用できます。 小さなストレスが偶発的に発生するということに、体を慣らすことでストレスに強い体や精神をきたえることができます。 ベテラン被害者であれば、すでに多少の嫌がらせを受けても、風が木の葉を揺らすようなものとして、心をかき乱されるようなことは少なくなっていることでしょう。

 小さな嫌がらせが不快で、どうしても腹を立ててしまうような被害者のかたは、ストレス耐性の強化を試してみるとよいでしょう。

 ストレス耐性の強化方法は各自調べて、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。 パソコンを日常的に使う場合は、スクリーンセーバーの開始設定の時間を短くするだけでも、操作が中断されるという小さなストレスを継続的に発生させることができます。 初歩的なトレーニングとしてはちょうどよいでしょう。

 ストレス耐性の強化や精神的面での健康管理については、メンタルヘルスやスポーツのメンタルトレーニングとして研究が進んでいますので、そちらを参考にしてください。

 急におそってくる集スト被害には対処が難しいものもあり、結局のことろ、その場では耐えるしかないということも多々あります。 しかし、被害者の精神が健全な状態であれば、冷静に対処することが可能で、犯罪・自殺・精神病など大きな問題を誘発しようとする犯罪者の工作に打ち勝つことができます。

 集ストは洗脳を重要な手法としていますので、精神の健康さえ維持できれば、致命的な被害を避けることができます。 多くの被害者が暴発することなく集スト問題を解決するその日までより健康に暮らせるよう努力しなければなりません。 2016.2.10, 2016.9.19


< 参考 >
NO LOVE, NO TEAM
 集スト被害者にも役立つ、スポーツ向けのメンタルヘルスなど 2016.9.19






目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system