集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
強打速攻法 すぐに反撃する方法

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

強打速攻法

すぐに反撃する方法

Strike_swift_attack_way, 2016/11/27, 2016/12/3, 動画版, 音声DL・再生

< 目次 >

暴力的な嫌がらせにはなるべくはやく反撃を

警戒する加害者をおびき出す

強打速攻法と黙殺法の使い分け






< 暴力的な嫌がらせにはなるべくはやく反撃を >

 強打速攻法とは、なるべく強く、早く反撃する方法です。 あくまで社会人として許される常識的な範囲での対応となりますが、常識的な範囲でより強く、より早くやり返す方法です。

 短期的には一番効果の高い方法ですが、加害者側も対処してくるようになりますので、しだいに反撃の効果が低くなったり、そもそも反撃できるチャンス自体が少なくなりやすい傾向があります。


 常識的な範囲でやり返すというのは、具体的には、ほとんどの場合、加害者と話し合うということになります。

 物音がする被害に対して、被害者も物音を立てて反撃するというのは、常識的な善悪からみて間違っています。 わざと物音を立てることが被害を与える訳ですから、わざと物音をたてることは悪いことに分類されます。

 加害者から悪いことをされたからといっても、被害者が悪いことをしてもよい、ということにはなりません。 してはいけないのが悪いことですから、悪いことではない常識的な範囲で対応する必要があります。

 そのため、一般的に常識的な社会人がとる対応としては、平和的な話し合いということになります。

 被害者であれば、加害者に対して、罵声のひとつも浴びせてやりたいと思うのは、当然のことで、とても自然な反応です。 しかし、それでも、それは倫理的には間違ったことです。

 人殺し・殺人者を殺しても、殺した人が殺人の罪に問われるように、悪いことは、相手のしてきたことにかかわらず、悪いのです。 ほのめかしや悪口を言うことが悪いことだと言うためには、自分もそれをしてはいけません。

 加害者が毎日行っている加害行為には、被害者の心と体を痛めつけることだけが目的なのではなく、被害者の暴走や破滅を誘発させるために挑発するという意味も含まれています。

 被害者は、暴力的な反撃こそが、加害者が望む反応や、被害者への誘導行為だということを肝に銘じて、自分の衝動を抑えなければなりません。


 集団ストーカー被害といっても、被害者が殴られるなど直接的な暴力を受けるようなことは、ほとんどありません。

 しかし、目の前で直接ほのめかしや悪口を言われたような場合は、あくまで常識的な範囲でですが、相手を道徳的に非難したり、言い返すようなことは、可能な限り早く、正当な方法で行っておいたほうが、被害を軽減しやすくなります。

 一般的に、攻撃や圧力、例えば暴力による実力行使、具体的には誰かに拳で殴られた場合、パンチやキックされたような場合などは、すぐにやり返さないと、攻撃や圧力を加えた側は相手を過小評価する傾向にあります。

 攻撃側は、被害者のことを、弱い相手である、やり返す力がない、攻撃している自分を恐れている、言うことを聞かせることができる、支配できる、などと考えるようになります。

 集団ストーカー被害だけではありませんが、明らかに反撃できる機会があったのに、それを何度も見逃し続けてしまうと、相手から強い攻撃や圧力を受け続ける状態になってしまい、その次には無理な要求をされたり、被害自体もさらに悪化してしまう傾向があります。 これを止めるには、なるべく早い段階で、なるべく効果の高い反撃をすることが有効となります。

 これを短い言葉で表したのが、強打速攻です。 言葉としては逆の速攻強打でも同じような意味になりますが、「例えば裁判に訴えますよ」などと常識的な方法で反撃できるのであれば、限度はあるでしょうが、なるべく強く反撃したほうが効果が高くなります。

 また、強い反撃であれば、多少、反撃するタイミングが遅れたとしても、比較的高い効果が期待できますので、強打という言葉を先にもってきています。

 強打速攻法の弱点としては、反撃が強すぎた場合、被害者がやっかいな危険人物であるとか、手に負えない相手だ、などと判断され、組織などから追い出されてしまう可能性があることです。

 この被害者が排除されてしまう危険は、集団ストーカー被害者であれば、いつでもつきまとっている危険ではありますが、それでも被害者が正当な方法で反撃できるチャンスは、それほどありませんので、できるときにより強い反撃を行っておいたほうがよいでしょう。

 加害者側も危険を感じれば対処してきますので、その反撃方法が、その後もいつまでも使えるとは限りません。 反撃はできるときには、なるべくしておいたほうがよいでしょう。



< 警戒する加害者をおびき出す >

 加害者側が被害者の反撃を警戒するようになると、加害行為はさらに陰湿化して、加害者はより安全な場所から安全な方法で加害行為を行うようになります。

 そうなると反撃することも難しくなってきます。 加害者の警戒が強くなって、反撃が難しくなってしまった場合は、警戒を解くため、工夫が必要となります。

 加害者の警戒を解くには、被害者はあえて隙を見せるような方法をとるとよいでしょう。 特に警戒はしていないという態度をとり続けることで、加害者が警戒しないように誘導することができます。

 たとえば、加害者の嫌がらせがうまくいっているように見せかけるため、小さな嫌がらせにも少し大きな反応を取り続けたり、少し極端な方法ですが、自宅へ不法侵入されているにもかかわらず、あえて鍵をかけずに外出し続けるなどの方法があります。

 被害者が隙を見せ続けると、加害者は警戒を解き、加害行為をさらにひどいものへエスカレートさせていきます。 加害行為が悪化していけば、被害者が反撃できる機会も増えてきます。

 加害者が言い訳のできないような、あからさまな加害行為をしている現場やその証拠映像などを押さえたうえで、できれば被害者が直接出向いて話し合い、常識的で的確な批判を行うのがよいでしょう。


< 参考 >

落書き
 警察への通報と筆跡鑑定用の証拠確保

15101601.21 責任は警察組織が取る!? 現役警察官の氏名隠蔽事件 全10回 電話の着信履歴という証拠の利用



< 強打速攻法と黙殺法の使い分け >

 加害者の攻撃や圧力を無視、黙殺し続けると、長期的にみれば被害を沈静化できる可能性もありますが、短期的にみると、被害者が弱い人間だと判断され、被害が悪化していく傾向があります。

 また、加害者は、黙殺された場合、自分の嫌がらせなどの攻撃が効いていない、効果がないと判断し、効果が出るまで攻撃の度合いを高め、さらに強い攻撃を行おうとすることもあります。

 そのため黙殺法との使い分けが重要となります。

 単純には判断できませんが、目安としては、強打速攻法は、おどしに近い嫌がらせを好むような暴力的な傾向が強い加害者に向いています。 黙殺法は不法侵入を行い室内にいたずらをするような比較的冷静でずる賢い加害者に向いています。

 加害行為を行うときに、多少の証拠が残っても気にしないようなカルト信者などには強打速攻法、逮捕につながるような証拠は極力残さないよにしている、ずる賢い公安などには黙殺法が有効となる傾向があります。


< 参考 >

黙殺法

バランスコントロールの注意点





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system