集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
やる気の仕組み やる気をなくさずに歩み続けるために

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >論拠 >

やる気の仕組み

やる気をなくさずに歩み続けるために

Structure-of-the-motivation, 2017/8/7, 評価:★★★★

< 目次 >

はじめに

やる気が出る仕組み
 作業興奮、やる気はやれば自然に出てくる
 習慣化する
 自分の価値観や理想など、より高い目的を持つ
 自己決定による責任感
 矛盾律の活用感

やる気がなくなる仕組み
 精神や肉体の限界
 徒労感や無力感で意気消沈する
 義務感がやる気の邪魔をする

やる気の維持・向上
 習慣化するとよい
 成果は気にしない
 他人からの非難は否定する

全体のまとめ 心の優先順位

洗脳による例外




はじめに


 私たちの日々の生活や人生はその時々の自分のやる気に左右されてしまう不安定な部分があります。 人間とはそういう生き物だと思えば、それで納得できる人もいるのでしょう。 しかし、やる気の仕組みは心理学的にかなり分かってきていますので、心理現象としてある程度までコントロールすることができます。

 流れにまかせて生きるという生き方もありますが、なるべくなら自分の望んだ生活や人生を送りたい思うのもまた人の性というものでしょう。

 ここではやる気の仕組みを簡単にまとめていきます。 より多くの人が、やる気の仕組みを理解することで、やる気をコントロールできるようになり、ひいいては人生をより好ましい方向へコントロールしていけるようになれば幸いです。

 やる気のような一般的な分野の話は他に扱っているサイトがたくさんありますので、例によって個々の詳細は各自で確認してください。 同じようなことを書いても仕方ありませんので、このサイトではあまり細かくは書きません。 2017/8/7




やる気が出る仕組み


作業興奮、やる気はやれば自然に出てくる

 人は何かを始めると脳が活性化され、始めた事を続けようとする習性があります。 掃除や勉強など、普段は面倒でやりたくないと思っていることでも、やり始めると色々と気になることが思いついたり、より効率的な方法を探すようになったような経験は誰でもあるのではないでしょうか。

 これを心理学では作業興奮といい、かなり前から知られているやる気の仕組みのひとつとなっています。

 私たちは、自分の心の中にやる気や意欲というある程度独立した機能や状態のようなものがあるかのように考えていますが、実際にあるのは「やりたい・やりたくない」という一次元的な感覚の変化だけなのかもしれません。

 何かをやらなかったとき、私たちは「やる気が出なかったからだ」、と考えがちですが、本当は単にやりたくなかっただけだったのではないでしょうか。


習慣化する

 人の脳には作業興奮という仕組みがありますので、何かをやり始めてしまえば、その後は自然とやる気が出て来るので続けることができます。 そのため、やる気を出す最大のコツは、作業興奮状態となるまでのやり始めることや、そのきっかけをいかにうまく作業興奮につなげるかということになります。

 やる気を出すためには、やる気そのものを出すというより、いかにして自分をやる気を高める仕組みである作業興奮状態に変えるかということが重要になります。

 自分を作業興奮状態に持ち込むのに、最も確実で安定した方法はその作業などの取り組みを習慣化することです。 習慣化してしまえば、やり始めるまでのストレス感を減らし、時間やタイミングなど一定のきっかけで半ば自動的に作業興奮状態に持ち込むことができます。

 人の生活のリズムは生活パターンや体内時計などである程度決まっていますので、1日あるいは1週間などの生活のリズムの中に習慣としてやる気を持って取り組みたいことを組み込んでいければ、やる気が維持されやすくなり、目的達成にも大きく近付ける結果となることでしょう。


何かをする対象となることの価値や喜び・楽しみを理解する

 しようとしていることに価値があったり、そこから喜びや楽しみがえられることを自分で理解することで、やる気を高めることができます。 それをすることに対して、自然とやる気が出てきて、自分からそれをしたいと思えるようになります。

 ポジティブな活動やその状態は私たちの心に自然と満足感や充足感を与えます。 この満足感や充足感をすぐに思いだせりるような状態にしておけば、やる気も維持しやすいでしょう。


自分の価値観や理想など、より高い目的を持つ

 愛や平和、夢の実現や人権擁護などのより高い価値観や理想など、より高い目的意識を持つと使命感などが生まれ、これがやる気を高めます。 誰でもやりたくないことや面倒なことはあるでしょうが、より高い目的を実現するためだと自分に言い聞かせることで、やる気が高まり取り組みやすくなります。


自己決定による責任感

 人は自分の決めたことに対して、責任をもち、矛盾しないようにする習性があります。 義務のような誰かに強制されたようなことではなく、自分で決めたのだからやり遂げようと考えるようになります。

 矛盾については、一般的な多くの人が嫌う状態なので、意識的な自己決定がされていなくても避けるようになっています。


矛盾律の活用感

 当たり前の話ですが、人には自分が矛盾することを避けようとする習性があります。 これの習性はやる気が出る方向へ活用すると、やる気を維持・向上しやすくなります。

 よい部分については、「ここまで頑張ってきたのだからこの状態を維持しよう」などという方向へ考えるようにして、逆に悪い部分については、過去の過ちとして素直に改めるのがよいでしょう。

 よいことをしているのにすぐにあきらめてしまったり、悪いことをしているのに、今までやってきたことだから、などとして続けてしまうのはよくありません。




やる気がなくなる仕組み


精神や肉体の限界

 当たり前の話ですが、心にも体にも物理的な限界があり、無限に活動を続けることはできません。 必要なのはどちらも休養です。 体には睡眠と栄養が必要です。

 精神的な限界は、冷静に意識しないと自分で限界状態にあることを自覚するのは難しいものです。 私たちは、やる気が出なくなる原因が、本当は精神的な限界状態であるのに、飽きや倦怠感などが原因であるかのように考えてしまいがちです。

 この状態からやる気を取り戻すには心をリフレッシュするのが効果的です。

 心には趣味など仕事や勉強など主な活動とは関係ないもので、自分に戻れるような趣味や何らかの作業などでリフレッシュすることができます。 人によっては掃除や散歩などの簡単なことでもリフレッシュ効果がありますので、自分にあったものを探してみましょう。

 心と体が同時に限界に達してしまうこともありますので、通常のリフレッシュ方法のほかに、好きな音楽を聴くなどの体にあまり負担のかからないリフレッシュ方法も探しておくとよいでしょう。


徒労感や無力感で意気消沈する

 せっかく頑張ってやったのに結果が出なかったり、それまでの苦労が無駄だったことが分かると、人はとたんにやる気をなくしてしまいます。 心理学的には返報性の原理にあたるかと思いますが、かけた労力に対して成果が釣り合わないと、人の脳は努力自体が無だったと判断してしまいます。

 かつて発明王トーマス・エジソンは「失敗したことはない。 うまくいかない方法を1万回発見しただけだ。」と言いました。 私たちは期待した結果が得られないと、無駄な努力をしてしまったと思い徒労感を感じてしまうものですが、エジソンのようにものは言い様であって、考え方次第でポジティブな解釈もできます。

Z 同じ結果であっても、うまくいかない方法を発見したのだとポジティブに考えることで、モチベーションを維持することができるのです。

 それでも中にはそんな考え方ができずに、徒労感や無力感でどうしても意気消沈してしまうという人もいることでしょう。 そういう人は、やる気がなくなるのは人間の脳の仕組みだと客観的に理解して、なるべく気にせずに目的に向かって歩み続けられるようにするのがよいでしょう。

 何かが出来なかったときやうまくいかなかったとき、やる気が出なかったからだと言い訳していては、何も成し遂げることはできないでしょう。 実際にやる気が出なかったことが、うまくいかなかったことの原因であったとしても、やるべきことをやらなかったというのは自分自身の責任にほかなりません。

 それは単に「やりたくなかったから」と言って、やる気が出なかったせいにして何もしなかった、というということ同じこととなるでしょう。


義務感がやる気の邪魔をする

 自分に選択する権利がないような義務、やらなければならないことというのは、やる気をなくさせる傾向があります。 人は生まれながらに自由な発想をする生き物ですから、選択肢のない強制的な事柄というのは、やる気を出す対象とはなりにくい部分があります。

 それをすることがたとえ義務であっても、自分の価値観や理想などのより高い次元の価値判断にあったことだと考えることで、やる気がでやすくなります。


ネガティブイメージ 無価値だと思うこと

 価値のないものや意味のないことだと考えてしまうと、何をするにもやる気が出なくなってしまいます。 意味のないことや価値のないことは、誰でもやりたくないものです。

 何かをしたいのであれば、なるべく無意味や無価値という考え方はしないほうがよいでしょう。




やる気の維持・向上


習慣化するとよい

 やる気を維持するには、そのことする時間や曜日を決めたり、作業などの順番などを固定することで習慣化するのがよいでしょう。 何の苦痛も感じずにそのことをやり始められるようになれば、やる気を維持するのは簡単でしょう。


成果は気にしない

 やる気を維持するうえで大きな障害となるのが、努力に見合った成果が得られないこと、他人から否定されたり馬鹿にされたりすることなどです。

 成果については目的や方法などをその都度、軌道修正していけば、自分で成果が出なかったという判断におちいるのを防ぐことができるでしょう。

 成果については、目標が大きすぎると達成できなかったり、どこまで近づいたり、実現したりできているのか分かりにくくなってしまいますので、大目標を持つのはよいのですが、合わせて手近で具体的な目標も持っておくとよいでしょう。

 成果という点で考えると、大きな目標を持つことは、たとえば「世界一を目指して頑張っていたが天才が現れたのであきらめた」、といったように挫折しやすいものです。 大きな目標というものは、あきらめるための言い訳をするチャンスが多く、あきらめる誘惑がつきまとうものなのです。

 成果ということはあまり意識せずに、その活動をすること自体に価値が見出せるような考え方をしたほうがやる気を維持しやくすなります。

 成果については、それをやり続けることに意味がり、やり続けることが成果につながるものだといった程度に考えておくとよいでしょう。


他人からの非難は否定する

 他人からの否定や非難などには、どうしても水を差されて意気消沈してしまいやすいものです。 そういったものに対しては、それ自体がネガティブなものや、悪意のあるものだなどと考えて、逆に否定してしまうのがよいでしょう。

 やる気をもってやっていることには何らかの価値や意味があるはずですから、それを否定するようなことのほうが悪いのです。

 他人の非難や悪口を心理的に受け入れてしまうと、そのイメージが脳内に残って影響してしまい、その避難や悪口があたかも正しいことであるかのように感じてしまうように人間の脳はできています。

 そのため、やる気を邪魔するような非難や悪口に対しては、本人言い返す必要はありませんが、最低限、自分の心の中であの非難や悪口は間違っていると考え、心の中でしっかりと否定しておきましょう。 非難や悪口を否定した後は、自分のしていることのほうが正しいのだと改めて思い起こしておくことも大切です。

 やる気を邪魔する非難や悪口を否定することは、うまく続けていくと、無意識のうちにそれらを無視できるようになる可能性もあります。 その境地にまでたどり着ければ、やる気を邪魔するものではなく、単なる雑音のようなものとして扱うことができるようになります。

 人の脳はおおむね3層構造になっていて、爬虫類脳(肉体脳)・哺乳類脳(原始哺乳類脳・感情脳)・人間脳(新哺乳類脳・論理脳)に分かれています。 それぞれが主に本能・感情・思考を司っています。 人の能は体・心・考えを担当する部分が連携して成り立っていると考えられています。

脳の機能としては、このうち生存に関わる爬虫類脳と感情に関わる哺乳類脳が優位な状態にあって、人間脳はあまり影響力がありません。

 悪口を言われたまま放置しておくと、おおむね爬虫類脳が危険だと判断し、哺乳類脳が嫌な気分になったと判断する傾向にあります。 この状態だと人間脳としても、悪い状態にあるから、やる気を持ってやっていたことでも、やめてしまおうという考えになりがちなのです。

 このような仕組みで、悪口を正しい批判であるかのように受け入れてしまい、せっかくやる気を出して取り組んでいたことも、意味のないことであるかのように誤解してしまいやすくなるのです。

 ネット工作でも盛んに罵詈雑言が飛び交っていますが、彼らはこの爬虫類脳を攻撃しているとも言えます。 爬虫類脳は自分で簡単に守ることができますので、注意して守ってあげましょう。

 ちなみに五感からの情報は3層すべての脳で共有しているのですが、爬虫類脳の影響が強くなります。 このサイトで扱っている集団ストーカーではノイズキャンペーン(※1)という嫌がらせ犯罪がありますが、この音を使った嫌がらせは脳に問答無用で危機感や不快感を与えますので、とても悪質な加害行為となっています。




全体のまとめ 心の優先順位


 人が何かをするときには、心の中の優先順位とある程度の偶然性に影響されています。 偶然性の部分はどうにもならないでしょうが、心の中の優先順位は意識的に変えることができます。

 この心の先順位では、例えば義務感のともなうものは高めになりますが、完全な義務となると同時に面倒くさいなどの倦怠感や、本来の自分の自由な行動選択であればやらないといった強制感からくる不自由さや意欲の低下起こることがあります。

 これを防ぐにはより上位の価値をもつ夢や理想などを意識し、それらに関連付けてネガティブなイメージを上書きするような心の工夫をするのが効果的です。

 自分の心をこういったネガティブな状態にしないで、優先順位を自分にとってよりよい状態に保つことがやる気を維持・向上させる秘訣といってよいでしょう。




洗脳による例外




脚注

(※1)ノイズキャンペーン対策
 所詮は時報やアラームのようなもの






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system