集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ホンマでっか! TV 自己中心的過ぎる…NEWS手越への不満を真剣相談! フジテレビ 2017/2/1  在日手越を優遇する在日ヘイト助長と民族対立誘発工作

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 >

ホンマでっか! TV 自己中心的過ぎる…NEWS手越への不満を真剣相談! フジテレビ 2017/2/1

在日手越を優遇する在日ヘイトの助長や民族対立を誘発する日本国内への分断工作

Telecast_criticism_20170201_honma, 2017/2/11, 2017/5/28, 評価:★★

< 目次 >

フジテレビの在日ひいき、在日朝鮮人、在日ユダヤ系勢力からの支配問題

このサイトでも扱ったサイコパス問題のきっかけとなった番組

芸能界は在日の血や在日勢力に近いタレントが優遇される世界

サイコパスおばさんが主役級の扱いに
 誰も出たくないテレビ局で輝く在日文化人?

その他






フジテレビの在日ひいき、在日朝鮮人、在日ユダヤ系勢力からの支配問題


 はじめに断っておかなければいけませんが、在日といっても、悪いことをしているのはごく一部の人間だけで、ほとんど人たちは普通の暮らしをしています。 特に悪いこともしていません。 これから在日と呼ぶのは一部の悪徳派の在日の朝鮮人・中国人・その他の移民で、特に偽ユダヤ人として利用されている人たちやメーソン・創価・統一など関連するカルトのことを表します。 在日外国人全体への批判ではないことを理解しておいてください。 2017/5/28


< 参考 >

フジテレビ
 韓国支配から偽ユダヤ支配に切り替わりつつある反日テレビ局

在日朝鮮人と日本人
 在日問題を考える前に






このサイトでも扱ったサイコパス問題のきっかけとなった番組


 ホンマでっかTVというのは、以前、このサイトで扱っていたサイコパス問題でも、集団ストーカー被害者を洗脳するための、放送が繰り返されていたその番組です。

 「ホンマでっか」とは「本当ですか」という疑問文の関西なまりの表現です。 この番組は元々、本当の話をするというよりは、本当かもしれない、といった程度の情報を紹介する番組でした。

 それが、以前、このサイトで扱っていたときは、そのときだけ緊急放送などとして、サイコパスという概念を、犯罪者と同一視するような、偏った内容を放送していました。 結局、番組の最後では、本当かどうかわかりませんので気をつけてください、といった注意書きも放送されていたと思いますが、本当かどうか分からないことを断定するような番組ではなかったのに、急に、サイコパスは犯罪者だと決め付けるような内容を放送していました。

 集団ストーカー犯罪では被害者に対して、似たような監視やおどし、ほのめかしや音による嫌がらせを行っていますので、私だけというよりも多くの被害者を犯罪者扱いしようとしていたのではないかと思います。 これは同時に、集団ストーカーの加害行為を正当化するという意味もあります。 被害者に対して、相手はサイコパスの犯罪者だから何をしてもよいのだ、といった具合に加害行為が正当化されることになります。

 当時は、ほかのテレビ局でも、オードリーという芸人グループの若林さんなどが、サイコパスを扱ったネタを盛んに披露していました。 NHKも、当然、参加していて、NHKラジオ放送などで、「サイコさん」というペンネームをせっせと放送していました。

 テレビや新聞しか見ない人には所詮分からないことですが、ネットで正しい知識を得れば、NHKを初めテレビ局や新聞が公正なメディアだというのは、メディア自身が偽装した嘘に他ならず、実際にはいくらでも嘘や思考誘導を繰り返しているということが分かるはずです。 2016年もアメリカ大統領選でも絶対的に優勢だったヒラリー候補が負け、結果も8対2程度の大敗だったという事実をひとつとってみても、テレビや新聞などの旧メディアがいかに嘘を垂れ流しているか分かることでしょう。

 サイコパス誘導放送が、集団ストーカー被害者のためにだけに、本当に行われていたのかどうかは、詳しく調査してみないと分かりませんが、実際にはテレビ局員などのほうがその情報発信力の強さを悪用するようになり、サイコパス化しやすい職業となっています。 他人の痛みを無視できるテレビ局だから、サイコパス誘導放送ができたのだということでしょう。


< 参考 >

10.150419- サイコパスは罪名にならない
 正式な記事ではなく下書きなので注意してください

15092901.20 テレビ・ラジオ経由の被害 メディアと共に歩む未来






芸能界は在日の血や在日勢力に近いタレントが優遇される世界


 前置きがずいぶんと長くなってしまいましたが、ここからが本題です。 とはいえ、テレビ放送批評はこれが最初の記事となりますので、もう少し説明しておきます。

 芸能界やテレビ業界は、戦後のアメリカの意向で、後に民族問題を悪化させるための分断工作が行われていました。 それが在日の朝鮮人や台湾人、あるいは中国人などによるメディア支配です。 アメリカはテレビや新聞など当時の主要メディアの人事で在日を優遇し、メディアを支配させ、また在日を批判する内容を伝えることも禁止しました。

 この状態が長く続くことで、在日勢力は着々と勢力を伸ばし、日本社会を支配していき、この状態が現在まで続いています。 日本では明治以降、天皇陛下すら、すべて在日や在日朝鮮人や彼と偽ユダヤ人とのハーフなどが成りすましているのですが、これはまた別の問題ですのでここでは、これ以上説明しません。

 歴史的に在日勢力と日本人勢力の分断工作が進み、より一層在日支配が悪化してしまったのが今の日本です。 在日勢力は日本社会のあらゆる分野に進出し、彼らが「お人よし」として馬鹿にしている日本人をだましては利益をむさぼっています。

 そのひとつが芸能界でありテレビ業界です。 テレビ業界の在日支配もかなり完成の域に近付いていて、出演者・テレビ局員・制作関係者などの8割が常に在日勢力に占有されている状態にあるとみられています。

 この状態で在日支配メディアであるテレビが何をするかというと、あいかわらずの民族の分断工作を行っています。 それがNEWSというアイドルグループの手越しさんという在日タレントを優遇するという、今回の「ホンマでっか」のしつこい在日優遇の放送内容となっていました。

 何かにつけて手越さんがよい、正しい、加藤さんが悪いという構図のまま番組は進行します。 出演者も空気を読んでそのように演出します。 過剰演出でおなじみのフジテレビですから、そういうシナリオを意図的につくっているのは明らかです。 笑い声や観客の驚いているような声も放送されていますが、あれもすべて別に録音した音声で、よく耳を澄まして聞けば、とても白々しい音声の再生だと理解できることでしょう。

 実際には、すでに在日勢力に近付かないとテレビに出ること自体が難しくなっていますので、悪者にされてしまった加藤さんも、在日関係者である可能性はありますが、在日勢力のなかでより優遇されている手越さんのライバルとなってしまったせいか、強い批判をしつこく受けることになってしまったようです。 この番組を日本人が見たときになるべく理不尽に感じて、在日朝鮮人を嫌うように仕向けるというのが、在日勢力の分断工作のやり方です。 少し劣ったタレントを優遇し、優れたタレントをおとしめるというのはそこに目的があります。

 ちなみにNEWSというグループのメンバーはアイドルですから顔立ちは整っていますが、全体的に在日朝鮮人に近い顔立ちですので、初めから在日勢力のなかから選ばれた人たちなのでしょう。

 NEWSというのはジャニーズ事務所という男性アイドル業界を裏から独占している在日タレント事務所に所属している、4人組のアイドルグループです。 ほかのグループのメンバーも兼任していて、いろいろなセットで活動しているそうです。

 今や人気も地に落ちた、完全な落ち目のフジテレビに出演しているくらいですから、一番人気のグループということではなく、中堅どころのグループが不買や在日批判におびえながら、本当は出演したくないフジテレビにやってきたとうのが実情だったのではないでしょうか。

 手越ひいきのあおりを完全にくらうかたちになった加藤さんは、たしかに美男子であり、いわゆるイケメンで手越さんのような少しいやらしい感じのあるタレントよりは、日本では評価が高くなっているべき人材です。

 同じ事務所の嵐という男性アイドルグループの松本さんなどもテレビでセクシーだなどと必死にほめていますので、人気はあるようですが、日本では本来はああいったセクシーさはいやらしさと評価される風潮があり、人気ナンバーワンホストのような人であれば問題ありませんが、男性アイドルとしては、それほど評価されるべき人材ではありません。 それでも人気があり、評価されているということは、テレビ業界や芸能界が在日タレントとして、必死にスター扱いして優遇した結果ということでしょう。

 嵐というグループは有名ではありますが、実際には悪い噂も絶えず、ひとりのAV女優と5人全員が性交渉して、子供ができたら、自殺扱いで殺したとか、リーダーの大野さんも強い大麻使用疑惑があります。 松本さんの結婚が話題となっていましたので、在日勢力としても、そろそろ次の世代へ交代させたいといった都合もあるのでしょうが、暴力団が支配的な影響力を持つ芸能界は、特に下品なやり方が横行しているようです。






サイコパスおばさんが主役級の扱いに


誰も出たくないテレビ局で輝く在日文化人?

 ホンマでったTVのコメンターに堀井亜生という法律評論家という肩書きで出演している人がいます。 フジテレビは基本的に演出過剰なので、学者のような肩書きにしていますが、実際にはフラクタル法律事務所に所属する弁護士の先生だそうです。 心理分析も得意なようで関連の講演などもやっているそうです。

 この堀井さんという人は中央大卒で弁護士になっているので、頭はよいのでしょうが、そのわりに見た目や話し方に説得力がありません。 せっかちな話し方や普通の主婦のような見た目から、安心感よりも若干の不安感を感じるような、人間的に不安定なイメージがあることは、堀井さんを実際にテレビを見た人であれば、多くの人が感じていることでしょう。

 日本社会の弁護士としては、あまり日本人が弁護を頼みたい雰囲気ではないので、おそらくあまり人気もないのだろうと思います。 そこでテレビ出演をきっかけに、本業の弁護士の仕事が増えているのではないかと思います。 テレビの周知効果を使った個人の信用創造のようなことが起きているはずです。

 堀井弁護士はテレビ出演のメリットを大いに受けているせいか、番組作成側の意図をしっかり理解して、フジテレビが放送したい内容を的確にサポートしています。

 それが2年前くらいでしょうか、メディアが必死に行っていたサイコパスへの思考誘導のときにも現れていました。 普通の学者などのコメンテーターは自分の学者としての立場あるので、間違った主張を自分の口から、それもテレビ放送で話してしまうということには、強い抵抗があります。 頼まれてたまに出ているだけのテレビ局の都合で、自分の学説を曲げる訳にはいかないのでしょう。

 それに引き換え堀井弁護士は、学者ではありませんので、自分の学説にとらわれる部分が少なくなっています。 法的なことには、たしかに専門家らしく、細かい配慮した発言をしているようですが、サイコパス誘導のときは、いの一番に、大きな声で、大げさにサイコパスという単語を連呼していました。

 これは弁護士自信がサイコパス傾向の強い職種であるという背景もあります。 弁護士は法律の専門家ですから、法的に問題があるかどうか、つまり不道徳なことをやっても犯罪になるのか、簡単に逃げ切れるのかといった、微妙なさじ加減をよく理解しています。 そのため、多少悪口のようなことでも、安全に言い放つことができるのです。

 サイコパスのような心理学や精神分析学などでの概念はあいまいなものですから、いくら言っても何の問題も起きないということをよく理解していたのでしょう。 堀井弁護士のサイコパスという言葉の使い方も、当然、間違っていました。 小さな嘘でも、何でもかんでも、嘘つきはすべてサイコパスだといったような強調した言い方をしていました。

 だからといって、サイコパス誘導罪のような罪がある訳でもありませんので、私のような庶民としては、また心理学を悪用した思考誘導をテレビがやっているなと思って眺めているだけでした。

 数年前は堀井弁護士はあえて悪役を買って出るようなサイコパス誘導を続けていましたが、今回の放送では、それが評価され、法律とは関係ない心理分析の分野で、正論を堂々と主張するというテレビ上の役割をまわしてもらえるようになっていました。

 彼女はそれで有名になり、仕事が増えて、満足しているのかもしれませんが、単にフジテレビ自体の信用がなくなって、誰もが出演拒否をするようになった現状が背景にはあります。 今回の彼女の活躍は、フジテレビも本当に終わりに近付いているのだなという感覚をひしひしと感じさせる光景となっていました。 フジテレビは利益が100億円から50億円程度に半減しているので、出演料も社員の給料も半減しているはずです。 もはやテレビ放送としての名誉を取り戻すのは難しいでしょう。 それでも出演してくれているさんまさんなどには感謝しなければならないでしょう。 出演者側はメディアがテレビからネットに移行したら、次はネット番組で出演するだけなので、あまり危機感はないのかもしれません。 滅ぶのテレビ局だけですから。

 日本国民としては、すっかり在日朝鮮人勢力や在日ユダヤ勢力に乗っ取られてしまったテレビ局など、なくなっても何も困りませんが。

 最後に、この項目の内容は堀井弁護士批判のようになってしまいましたが、彼女はテレビなど旧メディアの思考誘導には積極的に加担しているだけのようです。 それ以外の部分ではそれほど間違ってことは言っていませんので、話している内容自体は、注意すればそれなりに役に立つでしょう。 そうとはいえ、基本的には思考誘導や大衆洗脳という事実を理解していない一般の人たちが、テレビや新聞から情報をえるのは、危険ですのでおすすめできません。 彼らは常識を変更したり、かなり大規模なことを気付かれないように続けていますので、彼らの洗脳情報には触れないほうが安全です。 これを書いている私自身も、気付かないうちに、今でもだまされ続けているようなこともあるだろうと思います。 2017/2/15






その他


フジテレビには本当はかかわりたなくないさんまさん 消極的な参加具合

 司会のさんまさんがあまりテレビで発言していませんでした。 もしかすると、あまり関わりたくないのかもしれません。


社会毒が心配なマツコさん 日本の食べ物は発ガン性物質の割合が高く危険

 マツコさんは体が大きいので食べ物をたくさん食べているのではないかと思いますが、今の日本の食べ物には社会毒と呼ばれる添加物などの体に悪いものがたくさん入っています。

 社会毒は脳にたまって精神病の原因になったりもしますが、基本的には栄養分といっしょに脂肪としてたくわえれるようです。 体の大きな人は脂肪も多いですから、社会毒がかなりたまっている可能性があります。

 ただしガンについては太っているほうがなりにくくなっています。 太っているほうが脂肪が多く体温を維持しやすくなり、体温が高めに維持されやすくなります。 体温が高いと免疫力が上がるのでガンの発生を抑えやすくなるそうです。 たしかに私も太ったガン患者はみたことがありません。 太るのも悪いことばかりではないようですね。 もしかすると、肥満を病気扱いして大々的に常識を書き換えているのは、太っているほうが病気になりにくいからかもしれません。


加藤アナが何者かに狙われている 暴力団員からの愛人要請?

 日本だけではありませんが、テレビ界や映画界、アメリカのハリウッドなどもマフィアが得意の少数者へのおどしで実質的に支配しているそうです。 日本ではバーニングやKダッシュなどの半暴力団組織が強い影響力を持っているそうです。

 暴力団、いわゆるヤクザが芸能界を支配するとどうなるかというと、タレントの接待などへの悪用が悪化します。 また芸能ヤクザ事務所の幹部がタレントを愛人にしたりして問題になっています。 たまに女性タレントが頭を丸坊主にしてしまうことがありますが、あれをする理由のひとつが、ヤクザからの求愛を逃れるためだということだそうです。

 局アナからフリーに転進した加藤アナであれば、元々人気がありましたので、今頃はヤクザ事務所から盛んに愛人になるよう求愛(?)されていて、困っているのかもしれません。

 なぜかというと、司会のさんまさんが定期的に、加藤アナにバックを買ってあげたなどの親密な関係性をアピールしているからです。 もてるのも面倒なことがあるようですが、加藤アナについては元々見た目を売りにしている部分がありますので、致し方ないでしょう。 他にも色々とうまくかわす方法などを心得ているでしょうし。 2017/5/21





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system