集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

そういうことか NHKニュース7 2017年11月27日以降

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 >

そういうことか NHKニュース7 2017年11月24日以降

Telecast_criticism_20171127_news7, 2017/11/28, 2017/12/1, 評価:★★

< 目次 >

11月27日

11月28日

11月29日




11月27日放送分


日馬富士問題 横綱審議委員会 判断示さず

 これは何度も放送されているので国民の関心度はかなり下がっているはずのニュースです。 委員会は、警察の捜査が進行中なので判断は示さないそうです。 当たり前の話です。

 日本で最も視聴率の高いNHKのニュース番組がトップニュースとすべきような内容ではありません。 しかし、NHKは相変わらず国民から政治への関心をそらすための印象操作と思われる報道を続けています。


モリカケ疑惑国会

 安倍総理の答弁の様子がNHKでも放送されていました。 安倍総理は、新たな証拠や過去の発言との整合性は無視し、相変わらず質問とは関係のない答弁と繰り返していました。 安倍総理は“担当者の報告があったのでそのように答えた”として担当者に責任転嫁する方針で言い逃れをしていました。

 自分の態度が日本中を不快感に包ませていることに、安倍は気付いているのでしょうか。

 質問の内容に答えないという論点をずらした論法は詭弁ですので、今後の国会運営からは排除できるよう、政治関係者も国民も努力していかなければなりません(※6)。 何を聞かれても論点をずらせばよいとなると、議論が成り立ちません。

 これは現状では議長が詭弁を排除すべき立場にありますが、野党側も論点ずらしの詭弁であると強く抗議していくべきです。 詭弁をすぐには排除できなくても、小さな努力を続けていくことで国会や民意を動かすことが出来るはずです。 野党議員も国民に選ばれた国民の代表という立場なのですから、民意を代弁し、勝てなくても戦わなければなりません。 あきらめないのが基本戦略です。

 今はネットで過去の発言がいつまでも残りますので、よい発言もいつまでも残ります。 民意を失わないように、国民に誠意を示してください。

 当面は安倍お得意の野次戦術を逆手にとって、「論点ずらしはやめろ」などと指摘してくのが無難な戦術となるのではないでしょうか。 野次戦術(※7)は国民の注目も集まりやすいので、野党議員としても腕の見せ所となるでしょう。


インフルエンザやワクチンの影響とみられる異常行動者が400人

 政府・マスコミは情報を隠蔽していますが、現在のインフルエンザウィルスは研究所で作られ、意図的に散布されているとみられています。 ケムトレイル(※13)で空中から散布されたり、人の集まる場所へ散布されているとみられています。

 インフルエンザ患者やワクチン使用者に異常行動が多いのは、インフルエンザがそのように設計されて作られたか、あるいはワクチン自体の影響で、支配層戦略(※2)の人々の精神を弱らせるという目的が実現されたものと考えられます。

 インフルエンザウィルス自体のことはよく分かりませんが、ワクチンのほうには精神性の毒物が含まれていることが知られていて、昨今増加している乳幼児の精神病などの原因になっているとみられています。

 近頃は小さな子供への予防接種などが頻繁に行われているそうですが、子供は体が未発達で、特に免疫系が発達していないせいでワクチンの被害が強く出てしまうそうです。 今のワクチンは毒性が強くなっているので、予防接種は受けないほうがよいでしょう。

 異常行動のひどい被害者の中には建物の高い場所から飛び降りてしまう人も出ています。 この飛び降り事故自体は電波技術(※13)で飛び降り衝動を喚起するようなことも出来ますので、警察・公安・自衛隊・その他の特務機関などの防犯利権勢力が意図的に行った病気偽装の便乗殺人だった可能性も疑われます。

 異常行動自体が病気を偽装した電波犯罪だとすれば、過去8年間に起きたという400人の異常行動の中にも相当数の病気を偽装した電波犯罪が含まれていた可能性も出てきます。 あるいは逆に、インフルエンザの季節はインフルエンザウィルスに責任転嫁できることから、防犯利権勢力が積極的に電波犯罪やその実験などを繰り返しているという可能性も考えられます。

 NHKニュースではグラクソスミスクラインのリレンザという薬の服用者が異常行動を起こしたと伝えていますので、リレンザの服用は特に控えたほうがよいでしょう。 マスコミは一切伝えていませんが、現在ではワクチン自体が効果がなく、むしろ害があることが知られていますので、薬の服用だけでなくワクチン接種も避けたほうがよいでしょう。 その他の薬も本当に効果があるのかどうかはかなり怪しいことが分かっています。

 このような現状は、製薬会社など医療利権勢力が、臨床結果の統計などで意図的に不正を働いていて、効果がないことを隠していることなど原因でそうなっていることが分かってきています(※19)。 医療の学術論文や関係者が信じている教科書など自体に人々をだます嘘が盛り込まれているということです。 このような学問を悪用することも代表的な支配層戦略のひとつです。


日本の海底から取れたレアアースでRED照明を作成

 レアアースが採掘されると、ものすごい資源が見つかったかのようなイメージがありますが、少量であればどこの地面を掘ってもいつかは出てくるのがレアアースの実態です。 微量の放射線がどこの地面からも出てくるのと同じように、微量であればどこにでもあるのがレアアースです。

 NHKニュースでは南鳥島という僻地で取れたレアアースについて報じていましたので、日本の領海の価値を高めようとする印象操作となっていたことが予想されます。 番組内でも海底資源の開発に目を向けてほしいと学者の人がコメントしていました。

 レアアースが取れた場所は南鳥島付近ですから日本列島からはかなり離れています。 輸送コストが高くなるので、恐らく資源としての価値は低いでしょう。 2017.11.28, 2017.11.29


南海トラフ地震

 今、世界で起きている大地震の多くは核兵器や気象兵器を使った人工地震だとみられています。 南海トラフ地震について何度もマスコミが扱うのは、恐らく支配層から、東北大震災の次は南海トラフ地震を起こす、などとおどされているということではないでしょうか。

 九州の連続地震や阪神大震災も人工地震だったとみられています。 人工地震の特徴は余震がない、核兵器などの核融合が起こった際に起こる電磁波が観測されるなどとなっています。 日本にも核兵器の使用を監視するなどの目的で電磁波の観測所がありますので、政府レベルでは人工地震の核爆発も把握しているはずです。

 人工地震兵器は国会でも説明されたように、存在するというのが世界の軍事的な常識です。 すでに複数の国々が所有しているはずです。


核廃絶を目指す「賢人会議」スタート

 賢人といえば、シオン長老の議定書の別訳、シオン賢者を連想させますが、日本の反核活動も微妙な部分がります。 広島の平和公園にある碑文に書かれている「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」」にも疑惑が向けられています。

 原爆が爆破した当時は、まだ戦争中ですから、被爆した被害者はみな「仇をとってくれ」、「戦争に勝て」、「負けるな」、「敵を倒せ」などと言っていたそうです。 戦争中に敵にやられた訳ですから、被爆者もその他の日本人も過ちなどは犯していません。 ここに大きな印象操作が隠されていると指摘されています。 戦後に事実がゆがめられたということです。

 恐らく証拠を示さないと一般の人には信じてもらえないとは思いますが、一応書いておくと、広島・長崎の原爆は、日本人による地上起爆だった証拠が出てきて、この証拠にはかなり説得力があり、事実だろうとみられています。 気になるという人は自分で探してみれば、恐らく確認できる内容だろうと思います。

 歴史とは時の権力者が書き換えてしまいますので、現在のように政府からだまされてしまうことがあります。

 ちなみに日本の原発の燃料は核兵器にすると6000発分に相当するとホンマでっかTVで武田さんが言っていました。 日本は実際には準核保有国のような立場にあります。 日本の原発が海外に売れるのはこのような理由が背景にあるからでしょう。

 このNHKニュースでも、核兵器禁止条約に参加しない政府に対して不審な目が向けられていると報じられていました。 賢人会議は単なる反核のポーズを示しただけで、実際には単なる茶番だということです。 また北朝鮮などの危険があり、核の傘に頼らざるを得ないなどともNHKは伝えていました。 政府は北朝鮮危機をあおり、核保有のチャンスを狙っているといったところでしょうか。


バリ島の火山 警戒レベルが最高に引き上げられる

 どうしてNHKが昨日に続いて今回もバリ島火山のニュースを伝えているのか考えてみると、これは人工の噴火で富士山など日本の山も噴火させるぞ、という支配層のおどしにつながっているのではないかと、少し思いました。 おおげさなことを言っておどすのが支配層スタイルですから、実際に政府がおどされていてもおかしくはないでしょう。


教育無償化 憲法への明記にはこだわらず

 自民党の意見はそのようにまとまったそうです。 自民党や背後の経団連、CIAなどの支配層戦略では、民衆は愚民化すべきだと教えていますので、その通りにしているのでしょう。 一ヶ月前の選挙演説では安倍も教育無償化と力説していたのですが、憲法に明記しなくても出来るなどと言い訳する姿が目に浮かびます。

 何の約束も守らない安倍ですが、安倍と何か約束をしている人が日本に存在するのか気になるところです。


大飯原発、福井県知事が再稼動に同意

 原発利権は世界的な巨大利権で政府もこの利権を簡単に手放すことはないでしょう。 原発は稼動するだけでも放射能(※18)が出ていますので、とにかく離れるしか命を守るすべはないでしょう。 うろ覚えですが、たしか距離の2乗に比例して減衰するような情報を見たことがあるので、50キロくら離れればかなりマシになるのではないでしょうか。

 国会でも議論されていましたが、実際には現場の作業員もみな被曝しています。


イギリスの王子が婚約

 名前も知らないような王子様ですが、なぜ日本でイギリスの王子の婚約がニュースとなるかというと、日本はアメリカを経由してイギリス、イングランド系の支配層の配下となっているからです。 NHKとしてもイングランド系の支配層に愛想を振りまいている訳です。 日本企業の多くはアメリカ系のメロン財閥とキャボット家などのボストン貴族連合から支配されているそうです。

 ちなみに厳密には支配層は国家内部に存在するのではなく、国家外の多国籍ネットワークとして存在していますので、支配層を理解するうえでは国家という区切りはそれほど重要ではありません。 アメリカ国民も格差社会の貧困にあえいでいるようですが、すべての国は支配層が富をえるための搾取対象ですから、どの国の国民も搾取されていて、なかなか幸せな暮らしが出来ないでいます。

 支配層側からすると自分たち支配層は国家や民衆の上に存在するので、国家や民衆が苦しんでも関係ないと考えているのです。

 ついでにイギリス王室ですがウィンザー家を名乗っていて、これは14世紀あたりだったかと思いますが、ベネチアの名門貴族の流れ(※20)で、古くからの支配層の流れをくんでいます。 今のヨーロッパの支配層の多くはベネチアの貴族の流れをくんでいて、各国の王や女王も従兄弟など親戚関係にある人が多くなっています。 2017.11.29




11月28日放送分


日馬富士問題 警察が白鵬へ聞き取り開始

 今日も今日とて日馬富士問題です。 これは28日分のニュースなので日付が前後しますが、これを書いているのは29日なので、日馬富士が引退するということがすでに判明しています。 私としては詳細は29日分のNHKニュースで確認する予定です。

 暴力の被害者となった高ノ岩関の頭の傷ですが、ネットに写真が載っていました。 かなりひどいものでリモコンで殴ったくらいではあんなにならないのではないかとコメントが付いていました。


東レもデータ改ざん

 三菱などに続く検査データの改ざん問題です。 世界の富と権力を握る支配層ネットワークにつて理解すると予想できるようになってくるのですが、今回、データ改ざんが発覚している会社は、支配していた支配層勢力の権力が弱っていることが予想されます。 ジェイコブ・ロスチャイルドやデイビッド・ロックフェラー関連の支配企業が狙われているといったとことではないでしょうか。

 データ改ざんはほぼすべての企業が行っていると思われますが、支配層の力関係でいくら不正してもまったく疑いのかからない企業のほうが多いのではないかと予想されます。 逆に、今回、不正が発覚した会社と同じ株主が多いような会社は危ないかもしれません。

 NHKによると東レは経団連の榊原会長の出身母体だそうですから、会長の座をめぐる戦いが繰り広げられているかのような内容となっていました。 そのあたりの問題であれば、今後のNHKの報道でも説明されるかもしれません。


国会 モリカケ問題

 不正の証拠となる事前の口裏合わせの音声が出てきました。 あらかじめ不正が行われることを前提に、罠にはめたという可能性があります。 なかなか手が込んでいます。 もしそうだとすれば、まだ何か隠し玉が残されているのかもしれません。


東急電鉄のトラブル報道

 前にも見かけましたが、どうやら東急電鉄バッシングとしてNHKニュースで報道されているようです。 重箱の隅をつつくような内容でした。


自民党 増税

 税金を増やして経済が発展すれば楽ですが、現実は逆で経済は停滞します。 自民党はCIA配下だそうなので税制に関しては特におかしなことを繰り返してしますが、これは支配層戦略の日本経済粉砕作戦でしょうから、しばらく続くでしょう。 2017.11.29




11月29日放送分


国会 またもアベノシナリオ発覚

 安倍が国会の答弁として、何も考えずに読んでいる台本がまたもや見つかりました(※21)。 国会中継をよく見ていると、安倍がたまに漢字が読めなかったり、読むページを間違えて、維新の若手議員などから、“違うページですね”などと教えてもらっているいつもの台本です。

 今の国会ではそもそも議論などはされておらず、質問者も回答者も台本を読んでいるだけの政治芝居が繰り広げられています。 ちなみに他にも証拠が出てくることがありますが、会見や討論会で政治家が質問に答える場面でも台本があり、質問と答えが決まっていることが多いことが知られています。

 国家についてネットでは安倍無責任答弁連発と話題になっています(※23)。

 安倍の今後ですが、いまだに拘留中の籠池元理事長に続き、すべて部下などに責任転嫁する、いわゆるトカゲの尻尾切作戦を続けていますので、配下の人たちは次は自分が切られるのではないかと気が気ではないでしょう。 配下の忠誠度が下がり続けていますので、そろそろ権力維持も危険水域に近付いているのではないでしょうか。

 いくら安倍の言うことを聞いて忖度してみても、いざとなったら助けてくれない訳ですから、誰でも他の派閥などへ鞍替えしたいと思っていることでしょう。 安倍は元々器が大きくないのですが、配下の人たちは、今となっては、毎日、安倍はリーダーとして頼れない存在だという思いを強くしていることでしょう。

 籠池にいたっては、いまだに警察から外に出してもらえない軟禁状態にあります。 誰でもああはなりたくないでしょう。


北朝鮮ミサイル発射

 北朝鮮のミサイルは15号となるそうですが、着々と性能が上がっているそうです。 それもそのはず、9割は日本の高品質な部品で作られているそうです。 日本政府が隠れて材料を提供しているということですから、他国がいくら経済制裁しても何も効果がないのでしょう。

 北朝鮮と日本政府との癒着も米上院の証言で明らかとなっています(※22)。 また北朝鮮が日本向けの麻薬を作っているとも証言されています。 どちらもネット上では有名な話となっています。 米上院での証言ですからNHKをはじめ日本のマスコミも何が起きているかはよく理解しているはずです。 理解したうえで隠しているとみてまず間違いないでしょう。 マスコミは重要なな情報を流さないという情報操作をしています。


日馬富士 引退

 NHKニュース7を見てきた限りでは、当初は横綱が後輩に礼儀を教えたのではないか、と思わせる事件として報道が開始しました。 しかし、連日、情報は二転三転し、ワイドショー的には目が離せない展開が続いていたことでしょう。 モリカケ問題から国民の意識をそらすための印象操作としては、まずまず成功していたのではないでしょうか。

 それにしても、情報がめまぐるしく変わっていきましたので、NHKの調査・報道能力も随分と質の悪いものだったことが浮き彫りになった印象があります。 NHKはあれだけ間違った情報を伝え続けたのですから、スポンサーである国民に対して謝罪のひとつもあってもよいところです(※)。

 そうとはいえ、横綱を信じたい気持ちは分からなくもありませんでしたが、残念な結果になってしまいました。 これはそろそろモンゴル力士の八百長問題も根本的に解決していかなければならないときが来ているということではないでしょうか。 2017.11.30

(※)報道の自由について
  報道は、事件発生直後などにどの情報が正しいか判断つかないが、それでも伝えなければならないことという要件があり、また表現の自由もあるため、結果的に間違ったことを主張するような権利も認められています。 このあたりが印象操作や偏向報道を許容する背景となっているのでしょう。 しかし、何もかもが完全に正しいことしか主張できないとなると、単なる事実や科学的な真理などしか主張できなくなり、道徳や価値判断を含む主張は誰も出来なくなってしまうでしょうから、致し方ないところもあります。 今の法制と自然発生的なルールのなかでは、結局のところ「言った者勝ち」となってしまっています。 ただし、意図的に主張された嘘だったことが発覚すれば情報発信者は信用を失っていきますので、信用度によってバランスがとられていくことになります。 2017.12.1


北朝鮮の木造船が漂着

 何日か報道されていますが、何のための工作や報道なのかはよく分かりません。 支配層戦略としては、拉致犯罪が可能であることでも示したいのかもしれません。


モリカケ疑獄国会

 2015年の安保改正あたりでは、最重要法案であるにも関わらずまったく報道しないという卑怯な態度をとっていたNHKですが、今回は時間が短いながらも報道していますので、この点は評価すべきでしょう。


東京パラリンピックまで1000日

 国連系機関のWHOが世界の全人口を5億人にまで減らすという人口削減計画を提唱しています。 これはいわゆるシオニズムなどの支配層戦略(※2)で、支配層系のオカルト信仰やその原型となった古代エジプト・中東地域の神話などにあった人口を大量に減らすという話がモチーフになっているとみられています。

 恐らく支配層としても本気で世界人口を5億人まで減らせるとは思っていないでしょう。 富を盗むことを至上の喜びとしている支配層は、人類を家畜扱いしているのですが、家畜を支配するために9割以上の家畜を処分するというのは、大きく矛盾した話です。 そんなことはしないでしょう。

 恐らく現状に満足せず、常に目標に向かって努力を続けることでこそ今の繁栄が維持できる、などといった考え方で、荒唐無稽な目標を掲げているのでしょう。

 人口削減計画(※5)では、ユースレス・イーターと言いますが、役に立たない無駄飯食いを処分していくような計画が進められています。 この計画は、“世の中の役に立たない人たちは処分すべきだ”という概念を社会レベルの思考誘導で広め、常識を変更することで、ユースレス・イーターの処分を正当化し、そのための法制を整えるような計画となっています。

 恐らくパラリンピックに出るような障害者の人たちも、いずれはそのユースレス・イーターに含めようとしているのでしょう。 現状では生活保護を受けている人などをユースレス・イーターとして、法的に処分出来るよう世論を誘導し、法制を整備していくような流れの途中にあるようです。

 現在、生活保護を受けている創価学会員が月50万円ものお金を働かずに受給していますが、こういったことが世論を喚起するきっかけとして利用されるのでしょう。

 生活保護受給者や障害者の次は高齢者、その次は低所得者、といった具合に政府が国民を合法的に殺害していけるようにするのが計画の目的とみられています。 野菜や果物を間引くように生産性の低い人たちをパージする戦略となっています。

 現状の人口削減計画は、社会毒の蔓延(※8)やワクチンや日本のガン医療(※11)など健康を害する医療(※24)などで進められています。 格差社会による民衆の貧困化なども大きく見れば人口削減計画のひとつと考えてもよいでしょう。



国連軍縮会議 広島で開幕

 27日の放送では賢人会議とNHKは呼んでいたのですが、軍縮会議という名前に呼び名が変更されていました。 支配層の主力とされるユダヤ人勢力から苦情がきたのでしょうか。 シオン長老の議定書(※2)という支配層の教科書となる支配層戦略の書かれた書物がありますが、この別名で、今では有力な呼び名となりつつある、シオン賢者の議定書という呼び名があります。 賢人会議という名前は、このシオン賢者を連想させるため、NHK内の支配層の末端工作員たちが忖度したことが予想されます。

 27日の放送では、核兵器禁止条約に参加しない政府に対して不審な目が向けられている、とNHKも頑張って放送していたのですが、今回は核兵器については触れないという、よくあるNHKスルー作戦をとったようです。

 この賢人会議は広島で開催されていることからも分かるように主なテーマは核兵器の撲滅となっているはずです。 この部分が、核兵器禁止条約に参加しない日本政府にとっては矛盾したことになりますので、NHKとしては何も言えずにスルーしたということでしょう。 日本政府に核兵器撲滅などの意思はまったくないはずですから、単なるポーズにすぎないのですが、それがバレしまったせいか、方針を変更したようです。


榊原経団連会長 東レ不正問題

 短い時間ですが一応はNHKでも報道しています。 榊原バッシングを行っている形になっているかと思われますが、経団連会長となるとNHK程度に圧力をかけることくらいは簡単なのでしょう。 NHKも弱腰のようです。


父子関係の民法規定の裁判 合憲判断

 詳細は報じられていませんでしたのでよく分かりませんが、恐らくどこかの家系が相続権をめぐる争いを続ける中で、民法規定を変えたいという要望が出てきたのではないかと思われます。 2017.11.30




< 参考 >

(※1) NHK受信料解約
 NHKを健全化するにはもはや解約しかない!?

(※2) 支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配
 下書きを読む前に(1)用の説明

(※2) 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判
 シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など

(※3) 分断統治・分割統治
 人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法

(※4) メーソン
 支配層の勢力拡大のための詐欺犯罪作業員

(※5) 人口削減計画
 超富裕層の世界人口削減計画

(※6) 国会など重要な議論での詭弁の禁止(民意の反映) - 政治・社会問題の改善対象リスト

(※7) ルール無用の論点はぐらかし言い訳戦術に対抗するにはヤジ戦術がよいか
 HKS国会対策室

(※8) 社会毒のない生活は体や心を健康にする
 社会毒からはなれるだけで健康になれる

(※9) 不正選挙改善策
 民間の出口調査や事後調査で不正の証明は可能

(※10) 戦争ビジネス・防犯ビジネスは楽な商売
 安全を守ると言って危機意識をあおる金儲けシステム

(※11) ガン医療問題、ガンは本当は治せる病気
 抗ガン剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識

(※12) ケムトレイル
 軍事目的で研究された空気中への化学物質・ウィルスなど散布技術

(※13) 電磁波被害と対策

(※14) 「報道の自由」のため法改正を、国連人権理が日本に勧告(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 2017/11/17

(※14) 「NHKは日本のCNNか?」 バノン前首席戦略官、NHKのインタビューに激怒(※動画あり) | Share News Japan 2017/11/17

(※15) 「加計学園 獣医学部 731部隊」 - Google検索 2017/11/17

(※16) メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト:自宅生放送
 テレビ・ラジオ局の視聴者監視トゥルーマン・ショー

(※17) テクノロジー犯罪

(※18) 放射能問題
 政府がやらない正しい除染法など

(※19) 【重要】ファイザーの元副社長のPeter Rost博士の告白 - 祐さんの散歩路 Ⅱ
 金儲けのための病気の発明と薬中毒者の創造が製薬会社の仕事 2017/11/18

(※20) 超富裕層、支配層の主要血族の説 - 確認できる世界支配層のトップは?

(※21) 安倍晋三の手元。ホントによう!書かれた文章を読んでるだけじゃないか!

(※22) 北朝鮮の元技師「ミサイル部品、日本から」米上院で証言
 元技師は「部品の90%は日本から来た」「万景峰号で3カ月ごとに運ばれた」と証言。麻薬の密売にも関与 2017.11.30

(※23) 「各省が、各省が」森友追及に安倍首相が無責任答弁連発|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 2017.11.30
(※24) 医療・健康関連リンク

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明

ロス茶、ロック じゃなかった!キャボット家とメロン家が日本経済の支配者だった。|ぽんちゃんからの伝言 2017.11.28

< 補足 >
 (※+番号)となっている部分はこの一連の記事の共通の番号としていましたが、増え続けてしまうので、整理していくことにしました。 必要なものは削除して有効な情報となるようにしたいところです。 2017.11.28



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system