集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き
そういうことか NHKニュース7 2017年11月30日以降

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > テレビ放送批評 >

そういうことか NHKニュース7 2017年11月30日以降

Telecast_criticism_20171130_news7, 2017.12.1, 2017.12.10, 評価:★★

< 目次 >

11月30日

12月1日

12月2日

12月3日

12月4日

12月5日




11月30日放送分


北朝鮮ミサイル 火星15型映像公開

 NHKは専門家を使って危険をあおっていますが、実際に発射されたミサイルは大気圏に出てからの再突入後、数分で分解していることが分かっています。 これでは核爆弾を積んでも起爆できませんので、爆発しない核原料が落下するだけです。

 ちなみに核爆弾は火薬系の爆弾と違い、着火しても、単に衝撃を与えても爆発はしません。 核融合を引き起こさないと爆発しませんので、広島・長崎のときも地上起爆されたのでしょう。 地上起爆の証拠はきのこ雲で、地上で起爆すると放射状に広がる衝撃が地面にさえぎられ上空に上がっていくのできのこ雲となります。 当時の核技術レベルでは爆撃機からミサイルを投下しても、着弾寸前に核融合を引き起こすような制御が出来なかったそうです。

 支配層系組織でも最も危険な部類に属する国連ですが、国連の緊急会議の様子も伝えられていました。 国連は平和を守るというより、戦争を正当化するようなことをしていて、過去20回程度行われた戦争も国連が正当化しています。

 会議ではロシアが米朝に無駄な挑発は控えるように注意していました。 ロシアは政治家が健全でうらやましく感じます。 この部分に関しては、これを放送したNHKも評価に値します。 モリカケ問題で安倍は、自分が共謀していた身内すら守ってくれいないことがはっきりしていますので、NHKは今後も自衛のために正論を主張しておくべきでしょう。 2017.12.1




12月1日放送分


天皇退位予定日決定

 天皇関連のニュースが大々的に放送されるのは、天皇の権威付けのためです。 今でも天皇派閥がかなりの実力を持っている証拠とも言えます。 天皇派閥は古代から続く権力者の派閥で、初めから、あるいは藤原鎌足の後あたりから古代ユダヤ人や客家などの渡来人に権力者が切り替わり、藤原五摂家などとして実質的な天皇の決定権を手に入れた後はずっと日本の権力者の位置にいるそうです。 すでに藤原五摂家も1つを除いては権力の座にはいないという説もありますが。

 小グループのリーダーなどではなく、全体の支配者として神話や神権・宗教などを利用して人々を支配するというやり方は、日本で自然発生したというより渡来人が伝えた形になったいたようです。

 聖徳太子の「和を持って尊しとなす」という憲法も、当時の異民族勢力が乱立していた日本の混乱を沈めるためのルールだったようです。 みなが仲良くして争いのない社会であれば、そのようなルールをわざわざ作る必要はなかったでしょう。

 五摂家というのは、近衛、九条、鷹司、二条、一条家であまり表社会には出てきませんが、今でも新会社設立時の花輪などを見ると鷹司などの名前を見かけることがあります。 近衛家は戦前の近衛文麿総理大臣が有名です。

 さらに歴史的にみると、古くはイスラエル十支族に入らなかった同族の残りの二支族であるアマベがエジプトや中東から移住してきた説や、こちらも十二支族の中国系の客家や秦の末裔などが争いに敗れるなどして移住してきた説などが有力なようです。

 日本に移住してきた渡来人ということになりますが、これがサンカ(民族)となり、頭領のアヤタチである上田家を頂点として、何と、今の今まで日本の支配層となっているという話です。 日本には色々な民族が移住してきていますが、トルコ人なども移住してきていて今でも日本とトルコは友好関係にあります。

 有名どころでは金正恩もアヤタチ上田の家系だそうです。

 サンカの特徴としては、自分たちよりも後に入ってきた渡来人をその高い技術力などから優遇し、仲間として受け入れる寛容なところがあります。 いわゆる融和政策です。 その結果、渡来人から次々と新技術や新戦法などを手に入れ、彼らを傭兵やスパイ(忍者)などとして利用することで、権力を維持してきたそうです。

 サンカの予想人数は日本国内に3千人もいるのではないかといわれていますので、この数が正しいとすれば今の日本を支配していたとしても不思議はないでしょう。 総選挙での自民党の得票率にも近い数値ですから、そういうことかもしれません。 自分では知らないだけで家系をたどってみればサンカだったという人も少なからずいるのではないでしょうか。 すでに数が多すぎますのでサンカだと分かっても急に社会から優遇されるようなことは期待できないでしょうが。

 サンカは部落や在日として姿を隠していて、芸能界の業界用語である半逆さ言葉もサンカの隠語だそうです。 サンカは思いのほか身近なところにいるようです。

 天皇の決定権を持つ藤原五摂家は、江戸時代に五摂家自体の頭首(?)になるのに徳川家の推薦が必要になったため、今では徳川家も五摂家と同列のようになっているそうです。 このあたりが日本の支配層の歴史的な流れになります。

 今上天皇(平成天皇)はまるでベネディクト16世のようなユダヤ顔ですが、サンカは渡来人や異民族をどんどん受け入れて仲間にしてしまうので、見た目がユダヤ風なだけで中身は思いのほか日本よりの人物かもしれません。

 サンカの異民族受け入れ策や傭兵策からすると、サンカにとっては米軍も傭兵のひとつにすぎず、日本が雇っている傭兵だから費用を負担したり、性能が低く値段が高い米軍の兵器を買ってあげているということになるようです。 賄賂というか、裏切らないようにエサを与えているつもりなのでしょう。

 私たち一般人が思っている以上に日本とアメリカは親密で、米軍には十分にエサを与えているような状態ですから、素行の悪い米軍人もいるにはいますが、軍隊としてはあまり危険性はないのかもしれません。 通常のアメリカの在外米軍は現地の支配に利用されていますが、日本に限っては米軍がいきなり首都東京を制圧するようなことはなさそうな雰囲気です。 軍隊で建物を占拠し権力者を捕まえたくらいでは国家を支配できない時代になっているという理由のほうが影響が強いのかもしれませんが。

 歴史の話になってしまいましたが、NHKニュースのポイントは、相変わらず愛子さんが替え玉であることです。 恐らく女系天皇を認める予定があり、改憲後に天皇主権となるときの天皇の候補となっているのでしょう。 このまま安倍独裁が続けば、次々と法律を都合のよいように書き換え、最後には安倍が愛子さんと結婚して天皇を名乗るようなシナリオも不可能ではないかもしれません。

 皇室典範などを都合よく変えていき、最後には「私の妻である天皇陛下が崩御なさったということは、次の天皇陛下が即位するまで、夫である私が天皇陛下の代理としてその責務を果たさなければならないのであります」といったことを平然と言いそうな雰囲気が安倍にはあります。 恐らく安倍の手元に渡された台本にそう書いてあれば、その通りに読むんでしまうことでしょう。 そんなことは誰も望んではいませんが、国民の望まないことでも何でも堂々とするのが安倍というより政権全体の政治工作組織としての仕事です。


 今回の歴史の話はおおむね合っているとは思いますが、もっと新しい情報が出ていてこれらの説が覆されていたり、そもそも信用できないと思うような人は、自分で調べてみることをお勧めます。 日本の歴史は元々土着の縄文人が住んでいて、弥生時代の紀元前1000年頃から、イスラエル十二支族や客家・トルコ人その他の渡来人が移住してきては元の権力者と融和し、権力を握り古代からの日本人である縄文人を支配し、それが今でも続いているという認識でおおむね合っているはずです。

 それでは日本人の人種は何なのかということになるかもしれませんが、色々と混ざっているので何とも言えません。 強いて言うと、今の日本人はモンゴルや中国など東アジアの渡来人の比率が高くなっています。 NHKかどうか忘れましたが、DNAがチベットに近いと言っていた気もします。 朝鮮人とは混ざっている部分もありますが意外と血が遠いようです。

 さらにそれらの大元ととなるのは遺伝学的なエチピア説が有力で、人類は元々はひとりの女性から始まったのではないかとみられています。 そのため、人種や民族の起源説は最後にはエピオピアか、さもなければ宇宙人説などに落ち着くことでしょう。 宇宙人はその存在を証明も否定もできませんのでおいておくとして、恐らく人種・民族などは遺伝的な側面ではなく文化的な側面から考えたほうがよいでしょう。 人種民族毎に性格や能力に多少の違いはありますが、生まれつきの特性よりも生まれた後に身についた文化のほうが人格などを決める影響が大きいからです。

 ちなみに歴史的には安倍個人というより安倍一派は忍者(スパイ)や悪代官(悪徳な地方役人)の末裔と言われていますが、岸信介の代から、警察権力、今の公安の権力を引き継いでいるそうですから、科学技術の発達とともに権力を増している警察やさらには自衛隊の権力あたりも掌握しているのかもしれません。

 モリカケ問題のような事件も警察権力が政府と癒着していない、というより、もっと強い権力者に支配されている海外では、安倍のような言い訳などは通用せず、すぐに逮捕されてしまうそうです。

 現代の電波兵器は証拠を残さずに人を殺せますので、恐らく安倍の背後の派閥はアニメのデスノートのような力を手に入れていることになります。 近頃は心筋梗塞で亡くなる人が増えていて、放射能被害とみられていますが、実は公安や自衛隊が国民を手にかけているという可能性も考えられます。 安倍や公安・自衛隊には、かなり危ないオモチャを与えてしまったということになるでしょう。 殺人だけでなく監視も万全ですから、これが悪用されると手がつけられません。


日馬富士問題

 ジャーナリストによると、

日馬富士、貴の岩に「お前、俺は横綱なんだから負けろ!」
貴の岩「そんなことできません」
日馬富士「俺たち同じモンゴル人だろ、俺が横綱でたっぷり稼いだら、お前に勝たせてやるからよ!」
貴の岩「そんなの八百長じゃないですか!」
のちに瓶の角で頭を殴られ重傷。

のような事件だったのではないかと予想されています。

 相撲界の権力争いとしては、ショープロレスのような八百長容認派である八角理事長派と、八百長反対派の貴乃花親方派が争っているそうです。 今の相撲は土俵を駆け回り二転三転するような派手な取り組みもありますが、あれはたしかに相撲ショーのようにも見えます。


北朝鮮のミサイルが高性能?

 アメリカが北朝鮮のミサイルの性能評価を上方修正しているというニュースでした。 実際のミサイルは大気圏への再突入後数分で分解していることが確認されているので核爆弾を積んでも目的地上空で爆破させるほどの性能はないとみてよいでしょう。 それでは困るのがアメリカと日本ですから、日米ともに真実を隠蔽して嘘の広大広告合戦をしてます。

 それを冷静に見て、アメリカの北朝鮮侵略をけん制し、挑発行為をやめるように求めているのがロシアのラブロフ外相だというだというところはNHKでも放送されていました。 NHK内部の良識派の人たちが頑張っているのか、新世界警察であるロシアに気を使っている、といったところでしょう。

 ロシアの軍事技術のほうが先をいっているとみられていますので、日米合わせても勝てないでしょうから、北朝鮮で戦争が起こるようなことはしばらくないでしょう。 日米ともにマスコミで危険をあおって、せめて軍事産業の利権だけでも拡大しておこうといったところでしょう。

 NHKの放送では重大な危機が起きているかのような演出になっていましたので、NHKはなかなか高い映像製作能力があると言ってよいでしょう。 しかし、天皇退位というそれ自体は平和的な話を30分近く長々と放送してしまいましたので、北朝鮮の危機が本当は存在しないという、隠れたメッセージのようにも見えました。

 NHKによると天皇退位の日取りで問題となっていたのは、選挙や国民生活などとの兼ね合いです。 そんなものはミサイル攻撃されるような国民の命の危険に比べれ小さな問題にすぎません。 どうしてミサイル危機を先に報道しないのでしょうか。 これは当然、ミサイル危機などは存在せず、天皇退位の日取りのほうが重要だということを表してるのでしょう。

 ちなみに天皇退位の日取りは3月末と4月末の2案から選んだということになっていますが、裏社会では5月1日がイルミナティの結成記念日ですから、5月1日に新天皇即位というのが先に決まっていたと見られています。 アメリカ独立記念日も表社会の歴史では1776年の7月6日となっていますが本当は5月1日だったそうです。 即位後は新天皇もガーター勲章を授与されイルミナティ入りするようです。 たしか王族、キングは10位階くらいですから、裏社会でもなかなかの実力者ということになります。 上は13位階だとか99位階だとか諸説あるので、どの程度高い地位なのかはよく分かりませんが。

 天皇の世代交代は、昭和天皇のときのバブル崩壊など、若干不吉な雰囲気があります。 交代後の権力が安定していない時期に何かあるとすれば、やはり即位翌年の2020年東京オリンピックでの事件が疑われます。 漫画のAKIRA(アキラ)で核戦争の第三次世界大戦後の2020年オリンピックの前年が舞台となっていますが、AKIRAはなぜかアメリカなどで評価が高かった作品ですから、おそらく裏社会、支配層からの予言、もしくは予告となっていたのでしょう。

 AKIRAの物語で軍が秘密裏に研究していたのが超能力です。 現代ではテレパシー技術はすでに完成していることが知られていますが、実際には1970年代にほぼ完成していたそうです。 テレパシー技術の悪用といえば、集団ストーカー・テクノロジー犯罪でも悪用されています。(テレパシー技術というのは常識で偽装されている個人の超能力ではなく、機器を介した電波による脳波解析やコミュニケーションのことです。)

 そうなると、2020年東京オリンピック大災害の予想としては、スカイツリーからの関東全域への電磁波攻撃や神やテロを偽装した一斉電波音声送信というのも、可能性として加えておくべきかもしれません。 技術的には関東全域7千万人の心臓の筋肉を収縮させ続けて動きを止め、関東を5分で死の大地に変えることも出来るのではないかと思いますが、これをしてしまうと世界中の電波塔や人工衛星が危険物扱いされ破棄されたりする恐れがありますので、支配層であればやらないだろうと思います。

 他には東京に近い山はないので火山噴火はないでしょうし、津波も東京湾の中へ被害を与えるのは難しいでしょうから、電波攻撃説は予想としてはまずまず現実的ではないかと思います。 加計学園獣医学部で作った生物化学兵器や毒ガスのサリンあたりも怪しいでしょうか。 順当に考えると、自然現象として言い訳の出来るメリットがあるので、また人工地震となる可能性が高いような気もします。

 支配層は詐欺師ですが、数千年もの年季の入った詐欺集団なので、何度も責任追及されて処罰されています。 そのため、責任追及というのをかなり重視していますので、言い訳が出来るというのは支配層にとっては大きなメリットとなっているはずです。

 東京直下型地震となると、2020年9月11日がXデーでしょうか。 私の住んでいるところは震度3くらいで特に被害はありませんが、日本経済的には大打撃となってしまうでしょうから困ります。 オリンピック開始前後で日本の株価が下がってきたら、それは外資が日本企業の株を手放しているということですから、911第二次東京大震災を警戒しておいたほうがよいでしょう。

 2020年でなくとも急な株価の下落は、日本企業の価値の低下の前触れの可能性があります。 多くの大企業は東京にありますので、東京での災害の危険の前触れとしても警戒しておいたほうがよいでしょう。

 電波攻撃の弱点は、日本人に神の声を聞かせてもそもそも神を信じていないので効果がない点と、電波で痛みを与えても混乱はするでしょうが、痛いだけで利益や大惨事につながりにくい点です。 犯罪者側からすると特に大きな問題となるのが、多くの人々に電波兵器の存在がバレてしまう点です。 電波技術の存在が世間に知られてしまってはすぐに規制せざるを得なくなりますので、隠れて悪いことをすることが難しくなってしまいます。 これでは支配層側にはあまりメリットはないでしょう。

 電波技術は実のところ通信やレーダーの他は監視と体罰くらいしか使い道がないのではないでしょうか。 電波兵器はEMP兵器で敵軍の兵器や人を無力化できるようですが、10キロ先から無力化出来てしまうような可能性があります。 それでは兵器を壊しあう戦争にはならないでしょうから軍事ビジネスとしてはあまり利益が出ないでしょう。 また電波兵器は直接的な破壊力は弱いので、戦争ではもっと強力な実弾兵器を使うでしょうし、本当に市民デモの鎮圧くらいしか使い道がないだろうと思います。

 もしも世界の支配層たちが全力で戦う場合は、スカラー波兵器が使われる可能性があります。 これは地球を貫通するほど強力な電波兵器なので、お互いに障害物を無視してスカラー波を使って一直線に敵を狙い撃ちに出来るはずです。 お互いに自国にいながらにして敵のリーダーを殺傷し合うような戦いになることが予想されます。 衛星からスカラー波兵器で攻撃し合うほうが現実的かもしれません。 これなら世界戦争も15分くらいで終わりそうです。

 ちなみにシオニズムでは「都市を地下鉄から爆破すると言っておどせ」という教えがありますが、これはさすがに100年以上前の話ですし、第二次世界大戦でイギリスが世界のインフラを壊しすぎてかなり非難されていたと思いますので、恐らくないだろうと思います。 地下鉄を爆破してしまうと日本経済が停滞して支配した後に得られる利益が減ってしまうので、支配層はそういうことはやらないだろうと思います。

 テレパシー技術についえ先に少し説明しましたが補足しておきます。 一般の人には理解できないだろうとは思いますが、今あるテレパシー技術はAKIRAのような完全な人力のみの超能力型ではなく、機械を使って脳波と電波で通信するような形です。 アニメだと分からない人のほうが多いかもしれませんがガンダムに出てくるサイコフレームに近いイメージです。

 初期のガンダムに出てくるジオンという敵軍はアルファべットでZIONとなっていて、シオニズムやシオニストのZIONとつづりも同じです。 ジオンはシオンのドイツ語読みです。 シオンは日本では紫苑という漢字もあります。 ロンドンオリンピックのロゴもZIONだったとみられています。 ガンダムはずいぶんと人気があるようですが、CIAなどの陰謀論工作のひとつだったのでしょう。 2017.12.3, 2017.12.6




12月2日放送分


天皇退位

 新天皇の即位は5月1日、イルミナティ結成記念日だというのは昨日分の記事に書いてあるのでそちらを見てもらうとして、オーストラリアの新聞のジャパンズ・エンペラーと書いてあるのがNHKで放送されていました。 今でも天皇は日本の皇帝という扱いのようです。 ドイツのカイザーやロシアのツァーリと同格です。 第二次世界大戦の終戦後、海外からの責任追及が厳しかったのもうなずける話です。 ちなみに韓国からは日帝と呼ばれています。

 天皇は世界支配層の利権ネットワークではそこまで大した権力はもっていないのではないかとみられています。 しかし、これとは逆の説もあります。 世界大戦のときヨーロッパの富裕層が危険を感じ東南アジアに財産を金塊として隠したのですが、これを当時の大東亜共栄圏ジャパンがごっそり横取りし、日本に鋳直して日本に送ったそうです。 その金塊の量が膨大で、移動しきれなかったので、残りは現地に残したそうです。 この金塊が東南アジアの王族の手に渡り、巨大な財産となっていたそうですが、これが近頃、移動されたそうです。

 このような歴史の裏事情からすると、江戸幕府が失った金の何倍もの金塊を、当時の日本皇帝である天皇が独占していた可能性もあります。 天皇を世界支配層ネットワークのなかでもかなり上位、ナンバー2くらいに評価する説もあるのですが、意外と当たっているのかもしれません。

 本当に天皇が世界トップ2の実力があるなら、自分の国の経済や国民を優遇して、国家を発展させることで利益を拡大する路線をとっているだろうと思いますので、今の天皇にはやはりそれほどの実力はないように思えます。

 平和的に発展させたほうが、天皇制廃止などの危険も低くなるでしょうから、天皇派閥にとっては有利なように思えます。

 今の日本の生活環境のともてもひどいものになっています。 放射能を放出し続ける核関連のゴミは各地に廃棄したり海や川に流していますし、社会毒(※8)もひどく私たちの食べ物や身の周りには発ガン性物質や遺伝子を傷つけ病気にしたり寿命を減らすようなものばかりです。 がん医療の不正(※11)が正せずに、先進国のなかでも日本が一番効果のないがん治療を行っていますし、近頃の種子法廃止で米や野菜も数年後には遺伝子組み換えの発ガン農作物などに切り替わりそうな勢いです。

 どうしてそこまでして日本人を病気と貧困で減らそうとするのか意味が分かりません。 がん医療や社会毒は、いずれ誰かが責任を取らされることになる訳ですが、どう責任を取るつもりなのでしょうか。 すでに嘘や不正が隠し通せないIT時代に突入しているのですが、この意味がまだ理解出来ていないようです。

 これから訪れる日本の人口を減少何割も減らしてしまうような事態は、それぞれ調査されいつ誰がやった政策が悪かったというのが、確実に明らかとなります。 テレビで嘘をつき、教科書を書き換えてみても、もはや歴史は変えられず、逃げ道はない時代になっているのです。 これがIT時代以降の当たり前の常識となります。


ロシア疑惑

 これもマスコミを支配する支配層が作って流している自作自演ニュースです。 日本で放送する意味はあまりないように思います。


コンビニ新戦略

 コンビニの収益が20ヶ月連続で下がっているそうです。 これは増税や非正規雇用者の増加と賃金低下の影響でしょう。 今、一般の人々の収入が減り続け貧しくなっている最中ですが、少し贅沢な物から売れなくなっていきます。 自動車などはとっくに売れなくなっているのですが、少し高い服や趣味のものなどもどんどん売れなくなっていて、これがまだまだ何年も続きます。

 明らかな政治の失策です。 いわゆるアホノミクスのせいです。 経済循環が停滞しているので、失われた20年が30年、40年と続いていくことでしょう。 不正医療や社会毒で日本人の寿命はどんどん短くなっていきますので、全体の生産量も消費量もどんどん減っていき、日本経済は縮小していくでしょう。 今のままの政治や社会システムではどうしようもありません。 なるべくしてそうなります。


橋やトンネルの老朽化

 点検の費用が高く250箇所の点検に年間1億円もかかるそうです。 補修費用はさらに高く、自治体の予算では補修できないので廃止となるトンネルもあるそうです。 橋やトンネルが壊れては大変ですから補修すべきですが、これはそう思わせるための印象操作として放送されています。

 点検も補修改修も公共事業はゼネコンなどが高い金額で請け負うので、ビジネスとしては楽で儲かります。 その利益を狙って麻生副総理の麻生財閥、麻生セメントなどが利益を拡大しようとしているのでしょう。 無駄な公共事業を正当化するための報道です。

 公共事業は経済発展にあまり寄与しませんので、公共事業の拡大は支配層の日本経済弱体化戦略ともなっています。 一握りの人間だけを富ませて、全体としては貧しくさせる戦略です。


12月3日




12月3日放送分


自動運転バスの試験とバス事故

 自動運転システムが優れているので導入しましょう、というような印象操作が行われていました。 ほぼすべての食べ物に発ガン性物質や遺伝子変異の原因となるような社会毒を意図的に入れされている支配層ですから、何か悪いことを考えているのでしょうが、いまいち読みきれません。

 自動運転システムはGPSを使うので自動車の位置を完全に把握することが出来ますので、国民監視が第一の目的だろうと思います。 次はシステムエラーという理由で故意に事故を起こして不都合な人間を脅したり、命を奪ったりするといった目的が考えられます。 ほかにもありそうですが、まだよく分かりません。

 人件費が削減できるので運輸業界を廃業に追い込み、独占したいのかもしれません。

 これらの理由の中では市民監視が一番の目的であるように思われます。 このサイトが追っている集団ストーカー犯罪では、カルトナンバー車と呼ばれる不審な車によく出くわすという被害があるのですが、これもより効率的に行えるようになるでしょう。 今は警察や公安、自衛隊、カルト団体メンバー、さらに郵便局や運送会社などが実際に車やバイクを運転して、付きまとい的な嫌がらせ、無言の威圧行為を行っているのですが、これが一般車両をGPSの走行経路を変えることで使えるようになったり、被害者の自動車のほうが、カルトナンバー車両とすれ違うようなルート変更がされるようなことが起こるでしょう。

 政府によるとみられる違法監視被害を受けている集団ストーカー被害者にとっては、またどうでもよい面倒なお芝居に付き合われる機会が増えてしまうでしょう。 そうなると自動運転システムは思ってよりも面倒な代物となりそうです。

 集団ストーカー被害者にとって一番怖いのは故意に事故を起こされることです。 今でも機動隊や公安・自衛隊らしき人物がわざとぶつかって来て事故となっているとみられる被害が出ていますので、恐らく被害者側の過失として、事故の加害者とされるようなケースが増えてしまうでしょう。 ハンドルやアクセル・ブレーキの操作を少しも間違っていないのに車が勝手に事故を起こした上に、高い保険金を取られるような危険があります。

 自動運転システムというのは助手席に乗せた教習所の教官が勝手に車を操作するような、機械が勝ってに操作する機能がですから、機械に命を預けるような形になっています。 被害者は危険なので自動運転システムは使わないほうがいいでしょう。

 自動運転システムの使用が義務化されるような時代になったら、自動車には乗れなくなってしまうかもしれません。 そのときはバスやタクシーを使うしかないかもしれません。 バイクや自転車もありますが。 2017.12.6




12月4日放送分


 最大規模の米韓軍事演習、北朝鮮からの木造船漂着などが主なニュースでした。 どちらも軍事利権拡大のための印象操作となっています。 木造船にいたっては1ヶ月も漂流していたはずですが、タバコを吸っている船員の映像が流されていましたので、実際には3日くらいでたどり着いている可能性もあります。

 魚の漁というのは小さな旅行のようなものですから、食料などの生活用品は必要な分だけしか持っていかないのが常識です。 運ぶだけでも面倒だからです。 タバコだけ1ヶ月分も大量に持ってきていたとは考えにくいでしょう。

 そもそも日米ともに衛星で日本海を監視していますので、木造船で日本までたどり着く前に捕捉されているはずです。 本来であれば日本にたどり着くことはできないでしょう。 日本の無人の建物の物色していたそうですが、これも合わせて、どれもこれもたいへん分かりやすいやらせ事件とみてよいでしょう。

 支配層戦略としては、北朝鮮にはまず朝鮮半島を統一させるのではないかとみられています。 今はそのために支配層陣営が北朝鮮にエサを与えているような状態にあるのでしょう。 南北朝鮮が統一すると、統一朝鮮に竹島問題や慰安婦問題が引き継がれますので、日本としても少し面倒なことになるでしょう。




12月5日放送分


 スパコン開発者の不正やトランプ政権のイスラエル首都認定などが主なニュースとなっていました。

 スーパーコンピューターは世界トップに近いものが開発されていたのですが、これは恐らく小保方さんのSTAP細胞問題のように、海外の支配層から横槍が入ったのではないでしょうか。

 世界のバーコードや商品流通、このサイトが追っている集団ストーカー被害者の個人情報を含む世界人類の個人情報などはすべてスーパーコンピューターで管理されているそうです。 名前はビーストでベルギーにあるそうです。 ベルギーは支配層の世界では重要な拠点のひとつとなっています。 あまり調べていませんが、ベルギーだとロイターを支配していた諜報のタクシス家から、さらにロイターを買収したヘッセン家やドイツ系の拠点ではないかと予想されます。 それにしても日本だけでなく世界中のバーコードが一箇所のスパコンで管理されていたとは驚きです。 2017.12.9, 2017.12.10




< 参考 >

(※1) NHK受信料解約
 NHKを健全化するにはもはや解約しかない!?

(※2) 支配者層、金融マフィアの詐欺的な世界支配
 下書きを読む前に(1)用の説明

(※2) 超富裕層や裏社会の詐欺支配理念の批判
 シオン長老の議定書、イルミナティアジェンダ、ユダヤ・プロトコルなどにみる詐欺マニュアルの矛盾など

(※3) 分断統治・分割統治
 人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法

(※4) メーソン
 支配層の勢力拡大のための詐欺犯罪作業員

(※5) 人口削減計画
 超富裕層の世界人口削減計画

(※6) 国会など重要な議論での詭弁の禁止(民意の反映) - 政治・社会問題の改善対象リスト

(※7) ルール無用の論点はぐらかし言い訳戦術に対抗するにはヤジ戦術がよいか
 HKS国会対策室

(※8) 社会毒のない生活は体や心を健康にする
 社会毒からはなれるだけで健康になれる

(※9) 不正選挙改善策
 民間の出口調査や事後調査で不正の証明は可能

(※10) 戦争ビジネス・防犯ビジネスは楽な商売
 安全を守ると言って危機意識をあおる金儲けシステム

(※11) ガン医療問題、ガンは本当は治せる病気
 抗ガン剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識

(※12) ケムトレイル
 軍事目的で研究された空気中への化学物質・ウィルスなど散布技術

(※13) 電磁波被害と対策

(※14) 「報道の自由」のため法改正を、国連人権理が日本に勧告(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 2017/11/17

(※14) 「NHKは日本のCNNか?」 バノン前首席戦略官、NHKのインタビューに激怒(※動画あり) | Share News Japan 2017/11/17

(※15) 「加計学園 獣医学部 731部隊」 - Google検索 2017/11/17

(※16) メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト:自宅生放送
 テレビ・ラジオ局の視聴者監視トゥルーマン・ショー

(※17) テクノロジー犯罪

(※18) 放射能問題
 政府がやらない正しい除染法など

(※19) 【重要】ファイザーの元副社長のPeter Rost博士の告白 - 祐さんの散歩路 Ⅱ
 金儲けのための病気の発明と薬中毒者の創造が製薬会社の仕事 2017/11/18

(※20) 超富裕層、支配層の主要血族の説 - 確認できる世界支配層のトップは?

(※21) 安倍晋三の手元。ホントによう!書かれた文章を読んでるだけじゃないか!

(※22) 北朝鮮の元技師「ミサイル部品、日本から」米上院で証言
 元技師は「部品の90%は日本から来た」「万景峰号で3カ月ごとに運ばれた」と証言。麻薬の密売にも関与 2017.11.30

(※23) 「各省が、各省が」森友追及に安倍首相が無責任答弁連発|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL 2017.11.30
(※24) 医療・健康関連リンク

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明

ロス茶、ロック じゃなかった!キャボット家とメロン家が日本経済の支配者だった。|ぽんちゃんからの伝言 2017.11.28

< 補足 >
 (※+番号)となっている部分はこの一連の記事の共通の番号としていましたが、増え続けてしまうので、整理していくことにしました。 必要なものは削除して有効な情報となるようにしたいところです。 2017.11.28






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system