集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
人の体で使われている電気的信号や神経伝達物質 思考・運動・細胞生成などの多くにイオンが関係している

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 >

人の体で使われている電気的信号や神経伝達物質

思考・運動・細胞生成などの多くにイオンが関係している

The-electrical-signal-and-neurotransmitter-which-are-used-with-the-body-of-the-person, 2017/4/14

< 目次 >

人は電気仕掛けで動いている

筋肉も電気信号で動いている

脳は電気信号を利用して活動している

音は電気信号として脳に送られる

電気信号の継続的な伝達阻害による被害、放射能も電磁波被害

急激、もしくは緩やかな身体の変化の原因は?





< 人は電気仕掛けで動いている >

 テクノロジー犯罪の技術を考える上での基礎知識となるのが、人体と電気的な信号や神経伝達物質などの仕組みです。 簡単に説明すると、体内の情報伝達は主にイオン(電化された原子)による電気信号とそれを受け取ることで受け渡される神経伝達物質で行われています。

 以下、電気信号と書きますが、これはイオンの移動した結果起こる電気的な量的な変化による情報伝達のことと考えてください。 これはあまり厳密な説明ではないので、詳しくは各自でネット検索することをおすすめします。 検索候補は、イオン、シナプス、脳神経系、電子、原子、電磁波、電離電磁波、放射線、マイクロ波、スカラー派、超高低周波、音波などでしょうか。


< 筋肉も電気信号で動いている >

 筋肉が動くのはイオンの移動による電位の変化による収縮活動の結果です。 筋肉は基本的には収縮、つまりちぢむことしかできませんので、人体はいろいろなところにつながった筋肉が伸びちじみすることですべての動きを可能にしています。

 筋肉で特に重要なのが心臓で、心臓は一続きの帯状の筋肉が巻かれた構造となっていて、パンのクロワッサンのような作りになっています。

 テクノロジー犯罪では筋肉の収縮を強制的に引き起こせることが知られています。 フィギュアスケートの浅田真央選手など日本人選手が韓国のキム・ヨナ選手といっしょに出場する試合で毎回演技中に転ばされていたのが有名ですが、これも手足の筋肉が急にちぢんでしまうというテクノロジー犯罪の電磁波攻撃によるものとみられています。 韓国の動きは実に分かりやすく、浅田選手の引退発表と同時に韓国の電磁波関連サイトが一気に消え去ったことなどから、演技妨害を目的とした強制的な転倒だったと強く疑われています。

 一般のテクノロジー犯罪被害者でも、本人や家族が転んで怪我をするということがよくあります。


< 脳は電気信号を利用して活動している >

   人の脳は五感その他で感じたものを電気信号で伝える仕組みなっています。 様々な神経が受け取った情報が脳へ送られています。 テクノロジー犯罪の攻撃も五感三欲、その他の無意識で動いている自律神経などへの電気信号の偽信号を送ることで実現されているとみられています。 実際の被害としては、身体の各部位への痛みや不快感、排尿や呼吸、拍動などの異常な促進や抑制などが引き起こされています。


< 音は電気信号として脳に送られる >

 音、音波は空気の振動ですが、これが人の耳に伝わったとき、具体的には鼓膜を振動させたとき電気信号となり脳へ伝えられていて、このときに私たち人間は音が聞こえたと感じます。 テクノロジー犯罪の音声送信はマイクロ波を使って、鼓膜が振動したときに作られる電気信号を偽装した信号を送るという仕組みになっています。 この仕組みはマイクロ波聴覚効果として、すでに科学的に実証されています。

  一般社会レベルで認知されていない理由は、テレパシー技術として軍や警察が監視やスパイ活動などに利用していることを隠すためで、マイクロ波聴覚効果が発見された後の10年くらいは、それほど隠蔽されていませんでしたが、1970年代から隠蔽されるようになり、現在に至ります。


< 電気信号の継続的な伝達阻害による被害、放射能も電磁波被害 >

 人の体は能動的な活動や無意識下での活動、また長期的な維持や成長などを電気的な信号と神経伝達物質などを利用して行っています。 そのため電気的信号の受け渡し、つまりイオンの移動が電磁波によって阻害されてしまうと、正常な機能ができなくなってしまいます。

 このイオン化を急激に強制的に行うのが電解電磁波に属する原発や核兵器などで有名な放射線です。 放射線は人体の水分子などを急激にイオン化してしまうため、細胞レベルで人体を破壊してしまいます。 その細胞が網膜など再生不可能なものであればその機能は永遠に失われてしまい、生命維持に必要な細胞が失われてしまえば人の命が失われてしまうことになります。

 電磁波被害で有名な白血病は、造血細胞が遺伝子異常を起こすことが原因で発症します。 これは遺伝子、いわゆるDNAが破壊されることで新たな造血細胞を正しく作ることができなくなったような状態です。 ちなみにDNAは二重鎖の場合、片方が壊されてももう片方がコピーして再生できますが、一重鎖のものは壊れてしまうと再生できなくなるそうです。


< 急激、もしくは緩やかな身体の変化の原因は? >

 被害者はテクノロジー犯罪の攻撃装置を持っていませんので、厳密な調査や証明は行えませんが、テクノロジー犯罪で心身の状態を変化させることができること自体は明らかになっています。 原因はともかく結果は証明されているような状態にあります。

 その際、次のような仕組みで被害者の心身への干渉や状態変化が行われていると予想されています。 主に電気信号への干渉と、それを受け取る受容体などの体内器官への干渉が行われているとみられています。

・マイクロ波で人体の情報伝達に使われる電気信号が偽装されている。 音声送受信もこれにあたる。

・その他の電磁波やスカラー波などで、身体活動に必要な電気信号の伝達を阻害、もしくは過剰に促進することで、中長期的な様々な不快感や、数年レベルでのガン誘発や遺伝子異常を引き起こしている。

・音の超音波や低周波で人体の特定の部位や器官などへ直接的な刺激を与え、神経伝達物質の伝達能力へ干渉している。 2017/4/14





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system