集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ガン医療問題、ガンは本当は治せる病気 抗がん剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 健康問題 >

ガン医療問題、ガンは本当は治せる病気

抗がん剤は毒物、正しいガン治療・ガン予防のための正しい知識

The-issue-of-cancer-medical-care_A-disease-to-be-able-to-actually-cure-cancer, 2017/5/17, 2017/8/12, 評価:★★★★

< 目次 >

ガンが治らない病気だというのは医療利権勢力が広めている嘘

ガンを悪化させる現代化学療法に代わる代替ガン療法

ガンは体の危険物貯蔵庫
 分子生物学の分析結果

ガン・エイズ・心臓病などを99%治せるワクチンが開発されていた


< 参考 >

大摩邇(おおまに) : 【癌と宣告されたら必見】アメリカでは癌の死亡率が下がったのに、日本では今でも上がり続けているたった1つの理由。 2017/8/12

社会毒のない生活は体や心を健康にする
 社会毒からはなれるだけで健康になれる

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明




ガンが治らない病気だというのは医療利権勢力が広めている嘘


 日本の一般常識ではガンはほとんど治らない病気だということになっています。 私の知り合いの医療関係者に聞いてみても、ガンは手術をして取り除いても再発するから、結局は直らないのだ、といったことをもらしています。 医療現場の病院にいる医療関係者もガンは完治できない病気であって、ガン治療は単なる延命処置や痛み止めにすぎないと考えているそうです。

 たしかにこれが今の日本のガンに関する常識だといってよいでしょう。 しかし、海外の先進国にはこんな常識はすでになくなっています。 今の日本で行われているような抗ガン剤や放射線療法などの化学療法ではなく、それに変わる代替療法をガン患者自身が選ぶようになってきているそうです。

 ちなみに風邪の治療ひとつとってみても、日本の医療は40年は遅れているそうです。 風邪の診察で、日本の医者が外国人に抗生物質や葛根湯を処方するとヤブ医者扱いされてしまうそうです。

 それでは日本ではなぜ効果がない上にガンを悪化させる化学療法が続けられているのかというと、これはガン医療に関わる利権勢力が意図的に代替療法の効果を隠しているのが原因とみてまず間違いないでしょう。 利益の大きな化学療法を延命させ金儲けをしているということです。 ガンが例えばビタミン剤だけで治ってしまってはガン療法という大きな利益を逃してしまうことになるのです。

 近頃、効果が期待されている大麻療法もガンに効果的なことが分かっていますが、医療・保険利権勢力も大麻の医療使用に全力で反対している勢力となっていることでしょう。 安倍総理大臣の夫人である昭恵夫人のように大麻を育てていた女優の高樹沙耶さんも、大麻所持で逮捕されるというとんだとばっちりを受けてします。 しかし、大麻の効果は事実ですから、高樹さんの名誉もいずれは回復できることでしょう。

 医療利権は生命保険などの保険利権とつながっています。 ガンというほぼ不治の病は健康な人を保険に加入させるための大きな要因となりますので、保険利権勢力にとっても重要な利益の源となっています。

 日本人の常識がなぜ間違っているのかというと、常識というものはそもそも政府・警察・マスコミなどの発表を元に作られているのですが、それらの情報発信元が意図的に情報を偏向し日本の常識を歪めている可能性が非常に高くなっています。

 今ではネット社会になりマスコミを通じて一方的に送られてくる情報が、かなりの部分で偏向されていて、そのなかには完全な嘘情報も多く混じっていることが分かってきています。

 ガン医療の分野でも海外の先進国ではガン患者数がどんどん下がっています。 これに対して、日本だけが右肩上がりに増え続けています。 先進国同士であれば情報や技術を共有することができるはずですから、先進国のなかで日本のガン医療だけが遅れをとっているということはとても異常なことです。 世界で情報共有が自然に行われていればこんなことは起こりません。

 国家予算の規模でみると日本の医療費は世界一ですから、本来であれば最先端の医療が行われているはずなのですが、最先端といつわってガンを悪化させる危険な化学療法が続けられています。

 実際にこれらのことは事実ですから、みなさんも次のことをよく覚えておいて、より多くの人にこの事実を広めてほしいと思います。 私たちの小さな努力が私たちの命を守り、明るい未来の実現につながります。

(1)化学療法よりも効果的な代替療法がすでに存在している

(2)海外ではすでに代替療法が成果をあげていて、ガン患者が増えているのは日本だけ

(3)日本のマスコミは医療・保険利権のために正しい情報を隠しガン医療の常識を悪い方向へ誘導している

(4)アメリカUCLAのガン専門医80%は自分がガンになっても抗ガン剤治療は受けないと言っている




ガンを悪化させる現代化学療法に代わる代替ガン療法


 私たちの多くがだまされている日本の医療の常識、つまり医療の嘘の本質は、医者や治療・薬が病気を治すというものです。 これは根本的に間違っていて、私たちにの病気を治すのは医者や治療・薬などではなく、私たち自身が持つ自然治癒力です。

(※注意:これは内科、慢性医療の話しで、骨折や外傷などの外科の分野は手術などの治療が効果的です。)

 ガンの原因は体内への毒物の蓄積や遺伝子異常などとなっていますが、体内への毒物の蓄積は自分で注意すればある程度まで防げるものです。 化学療法では抗ガン剤を体内に入れてしまうので、毒物蓄積という点からはまったくの逆効果となってしまいます。

 末期ガンになると全身にガンが転移するというのも嘘です。 抗ガン剤という毒を一時的に溜め込んでおくために、体が防御反応として新しいガンを作りそこに毒物を溜め込んでいるだけということです。 ガンが毒物の一時的な貯蔵庫であるというのは分子生物学の研究で明らかになったことです。(これは次の節で少し説明しています。)


 代替がん療法には次のようなものがあります。 私はそれほど詳しくありませんので、詳細が気になる方はネットで調べてみてください。


漢方薬
ホメオパシー
自然治療(ナチュロパシー)
特定の飼料(低脂肪または搾汁飼料など)
ビタミン
エネルギー療法
栄養補助食品とハーブ療法




ガンは体の危険物貯蔵庫


分子生物学の分析結果

 分子生物学の学者の先生がガンは体の危険物貯蔵庫だといったことを主張していました。 これはYouTube動画で説明されていました。 その動画はこのサイトのプレイリストにも入れておいたのですが、いつのまにか削除されていました。 この情報は医療・保険利権勢力が隠しておきたい情報だったということかもしれません。

 研究からの分析では、ガン細胞というものは体内に入ってきた毒物を一時的にためておく機能があり、ガン細胞にたまった毒物は、体が元から持っている毒の排出機能(汗や排泄物など)で少しずつ体の外へ出て行くとされていました。 この理論で色々なことが説明することができるようになります。

ガンには良性と悪性のものがあることもこれでうまく説明できます。 ガンは放っておけば毒が少しずつ抜けていくので、毒の量が体に入る分よりも出て行く分が多い状態であれば、最後には毒の抜けた腫瘍細胞だけが残りこれが良性のガンだと判断されます。

 抗ガン剤療法を使うとなぜガンが転移して増えていくのかも説明がつきます。 分子生物学からすると、「ガンが転移する」という考え方自体がそもそも間違っているということになるでしょう。 ガンは転移するのではなく、増えた毒物に対して、毒物貯蔵庫を増やしただけということになります。

 ガンの原因は毒物だけではないようですので、これですべての謎が解けた訳ではありませんが、ガン医療を大きく前進させる可能性のある研究だったと言ってよいでしょう。

 ガン療法を始める前にガンの原因となる私たちの体にたまる毒物は社会毒と呼ばれています。 私たちの口に入るほとんどの物に含まれていて、空気や水にも含まれていますので、私たちの生活環境のあらゆる場所に蔓延している毒だと言えます。

 ガンの治療法全般については、このほかにも多くの有効な治療法が発見されているそうですが、医療・保険利権、その他の支配詐欺勢力が意図的に隠蔽していることが知られています。 そのため、マスコミではなくネットでの正しい情報共有が進めば、ほかにも色々な治療法が使えるようになってくるはずです。


< 参考 >

社会毒のない生活は体や心を健康にする
 社会毒からはなれるだけで健康になれる

社会的な不正や政治腐敗の仕組みの簡単な説明




ガン・エイズ・心臓病などを99%治せるワクチンが開発されていた


 オーストラリアのサム・チャチョーワ医学博士がすごいワクチンをすでに開発していました。 医療・保険などの利権勢力や背後の利権ネットワークによって握りつぶされてしまっていますが、同じ方向性で研究を進めればほかの研究者でも同じような発見ができるようになるはずです。

 研究の詳細は隠蔽されてしまっているのでよく分かりませんが、ガンというのはカンジタ菌の一種だそうですから、ワクチンで菌を殺してしまえば治せそうなイメージは沸きます。

 情報が握りつぶされないための対処法のひとつに、秘密にせずにすぐに公開してしまう、というやり方があります。 このサイトの情報もすぐに公開していますが、アクセス数の少ないサイトでもネット検索エンジンが毎日データを回収していますので、ネット世界のどこかには残ります。 その中で価値のあるものはどんどん拡散していきますので、これで情報が隠蔽されずに済みます。

 自分の研究成果が人に盗まれてしまう可能性もあるので、研究者としては出来ない相談のように思えるかもしれませんが、医学全体の進歩のため、人類を救うため、頑張って情報公開をする、公開型研究というかたちをとってほしいと思います。

 公開型の研究では、自然とほかの研究者や、あるいは専門外の素人のアイディアなども集まる共同研究というかたちになっていくでしょう。 そのため、研究の効率も高く、より有益な研究が行えるようになります。 2017/5/19



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system