集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
強制入院の危険性 精神病工作

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 > 精神病工作 >

強制入院の危険性

精神病工作

The-risk-of-the-involuntary-hospitalization, 2017/8/2, 評価:★★★

 強制入院とは精神障害者を入院させる方法のことで、大きく分けると医療保護入院と措置入院の2種類があります。 医療保護入院は家族などの保護者の承諾を得てから入院させる方法で、措置入院は警察と精神科医だけの判断で入院させるものです。

 どちらの場合も入院させられる精神障害者からすれば、自分の考えが反映されませんので、強制的に入院させられることになります。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者が強制入院させられる場合は、医療保護入院となることが多くなっています。 措置入院には「自傷他害の恐れ」があり緊急性が高い場合に限りますので、幻覚・幻聴などの疑いがあるだけで、多少人間不信に陥っている程度の被害者はこれに当てはまらないのです。

 そうとはいえ、健康な人間を精神病者扱いして強制入院させる訳ですから、加害者側が悪いことをしていることは誰でも分かることでしょう。

 強制入院の目的は、被害者を入院させて監禁することや、精神病者のレッテルを張り被害者の発言の信頼性を低下させることなどです。

 さらにひどい加害者の場合は、病院での投薬で、ALSやその他の精神病を発症させられる被害も出ています。 加害者側は被害者を精神病者扱いで強制入院させたため、何も症状がないという訳にはいかないと考え、幻覚や幻聴を引き起こす麻薬のような薬を投与することもあります。

 また、精神病院からの死亡退院者は年間1万5千人にものぼりますので、集団ストーカー被害者もこれに含まれている可能性も高いでしょう。

 このようなことから強制入院はたいへん危険な状況に追い込まれる可能性がありますので、できるかぎりさけるように努力すべきでしょう。 強制入院をさせようと集まってきた人間に対して、入院の必要がないことを、相手に理解できるように、より冷静に、より平和的に説明し、強制入院させることをあきらめさせましょう。

 加害者との交渉は、なるべく平和的に行うべきです。 大きな声を出せば、「奇声を上げた」、「恫喝した」などと理由をつけてくるのが日本の警察組織の実態です。 最終的には、統合失調症などの誤診は、別の良識的な精神医の診断などで、誤りだったと証明する方法があります。 そのため、誤診を証明した後、裁判に訴え、損害賠償するなどと、お互いの現実を理解させるなどの対処をとるとよいでしょう。

 加害者の多くは上位の犯罪者にだまされているだけで、強制入院が違法行為であることや、その他の違法性・犯罪性を理解していない可能性があります。 そのため説得できる可能性は十分あります。

 被害者が、一度、統合失調症などの精神病者扱いのレッテルをはられると、加害者側が精神病者扱いすることが正当化されてしまいます。 そのため、その後の集団ストーカー被害が悪化しやすくなる傾向があります。 強制入院や精神病者扱いなどは、どれもできる限りさけたほうがよいでしょう。2016/9/24, 2017/8/2


< 参考 >

誤診断させる手順を理解し、誤診断を避ける
 精神科医と話すときの注意など

ただいま。。。 ( 事件 ) - 長年政官民が共謀し、正義・愛国・国益の名で国と弱い人達を食い物に - Yahoo!ブログ



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system