集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
試合中の監督への思考盗聴疑惑(バレーボール)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 芸能・スポーツの検証 >

試合中の監督への思考盗聴疑惑(バレーボール)

Thought_tapping_suspicion_to_the_director_playing_a_game_Volleyball, 2016.10.16, 2016.10.17


 これは私が実際にテレビでみたのですが、バレーボールの国際試合で、海外のチームの監督から、作戦が相手に知られてしまっていること、盗聴被害が訴えられていました。

 これに対して、日本チーム側は詳細な分析をして予測しているだけだと主張していました。

 国際試合の試合中に、少しくらい作戦が予想されたくらいで、盗聴被害を訴えるというのは、少しおおげさなことではないでしょうか。 おそらく盗聴被害を訴えた外国チームの監督も、それなりの確信があったということではないでしょうか。

 外国チームの監督が確信を持つということは、相手に作戦を知られるという盗聴被害が、何回もあったのだろうと予想されます。

 外国の監督の確信が正しかったとすれば、それはレーダーなど電波技術を応用した遠隔テクノロジーによる思考盗聴が行われていた可能性も疑われます。


 そうなると日本チーム側が何かしらの盗聴をしていたということになりますが、私としても、同じ日本人が思考盗聴するような、つまらない不正を働いていたと考えたくはありません。

 しかし、在日利権ネットなどの調査を進めていくうちに、在日勢力の一部、特に悪徳な在日利権勢力のなかには、ルールを無視した違法行為、脱法行為も辞さずに、目の前に利益に飛びつくような集団があることが分かってきました。

 悪徳在日勢力の特徴は、後先考えずに目の前の利益に飛びつくことです。 自分がやっていることがどういうことなのか、あまり気にせずに、嘘を付いたり、悪いことをしてしまう人たちが実際に存在します。

 彼ら悪徳在日勢力であれば、証拠の残らない思考盗聴を行ったあげくに、自分で予想しただけだなどと言い逃れをしたとしてもおかしくはありません。


 試合での思考盗聴疑惑が、悪徳在日勢力にかかる理由は他にもあります。 それは日本のスポーツ業界のかなりの部分が在日勢力に支配的な影響を受けているからです。

 日本はマスコミや教育の分野、日教組などに在日勢力が入り込み、反日教育などを後押ししています。 スポーツは基本的に学校で行うものですから、日教組などの学校勢力から強い影響を受けます。

 日本ではスポーツの指導者や代表選手を選ぶ人が、在日勢力の人間であることが多いのです。

 学校勢力へかなり強い影響力を持つのが在日勢力ですから、在日勢力の学生や選手が優遇されることになります。 その結果、日本のスポーツはプロもアマチュアも在日勢力の人間、在日3世や4世などが多く活躍するようになっています。

 2016年のリオオピンピックでも日本人選手の活躍が見られましたが、選手の名前となっている漢字を正しく読めた人はどれくらいいたでしょうか。 オリンピックを見た日本人であれば、漢字の読み方の分からない名前が多かったことを覚えているのではないでしょうか。

 多くの人が読めない名前、名字というのは、日本にはあまり多くいない名字ということです。 その名字を持つ人が少ないということです。

 これだけで在日勢力へ疑いを向けるのは、多少乱暴な理論になりますが、珍しい名字、少ない名字というのには理由があり、その通り、限られた特定地域の出身者や在日外国人が自分で考えたような新しい名字である可能性があるのです。

 歴史的にみても、在日勢力が日本へ渡ってきたとき、すぐに人口の多い都会などに住むことは難しかったので、引っ越してきた彼らは被差別部落など、外部の人間でも入りやすい地域に移動しています。


 他には天皇など皇室や貴族・旧華族などにも同じ名字を名乗る人が少ない名字があります。 オリンピックの活躍で国民栄誉賞をとった伊調さんも、多くの日本人には名字を正しく読むことができなかっただろうと思いますが、天皇関連の家系だそうです。

 天皇関連などの名字はそもそも名乗る人が少ないため例外と考えてよいでしょうから、在日勢力が疑われることになります。



 そのためバレーボールでも、一部の悪徳在日勢力が、証拠の出ない便利な遠隔テクノロジーを悪用した、思考盗聴を国際試合で悪用したのではないかと、疑われることになります。

 思考盗聴被害は他のスポーツでも起こりうることですので、詳細に調査していけば、他にも証拠が見つかることでしょう。

 嫌な時代になってしまいましたが、思考盗聴自体は、電波妨害機、ジャマーである程度妨害できますので、不安なスポーツ関係者は念のため防御対策を行っておいたほうがよいでしょう。

 日本のスポーツ界は在日寡占状態ですので、国内では在日の人同士が試合をしていることが多くなっています。 古くはプロレスの力道山から、プロ野球の王・長島など、また今でもプロ野球選手の8割は在日の朝鮮・台湾人やその子孫だと知られています。

 悪徳在日勢力も仲間同士ではあまり悪いことをしないでしょうから、国内では逆に遠隔テクノロジー被害は少なくなっているかもしれません。 2016.10.16, 2016.10.17





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system