集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
不正選挙、真の闇は政治関係者全員の心の中に

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > 不正選挙改善策 >

不正選挙、真の闇は政治関係者全員の心の中に

True_darkness_is_in_mind_of_political_person_concerned_all_the_members,
2016.7.7, 2016.10.17
選挙の不正を追求しない与野党全てに不正疑惑が


 不正選挙の存在は1980年代からある程度知られていたようです。 それでも誰も不正の闇を追及しないということは、現行の政党はほぼすべて不正選挙から利益を得ている、と疑われても仕方のないことでしょう。

 不正選挙で票を失っているとみられる一部の公正な政党を除く、それ以外のすべての政治家や選挙関係者は、不正を知りながら、不正の恩恵を受けていることが予想されます。

 一部の公正な政党や無所属の立候補者などは、マスメディアからはあまり注目されないでしょうから、気にせずに不正選挙対策についても、選管を改めるなどともっと強く主張したほうが支持が得られるのではないでしょうか。

 彼ら一部の公正な人たちは既存の権力者からのけものにされてしまうため、NHKの立候補時の演説放送以外ではテレビで扱われることはないでしょう。

 そのため、むしろ自由な演説ができそうなものですが、まだ不正選挙を扱うのは危険な時期ということなのかもしれません。


 選管や政治家などの選挙関係者を使い日本の不正選挙システムを作り上げ継続させています。 さらに、日本の政治は明らかに対米従属とみえる姿勢がとられています。 実質的には対米従属というよりも、日米の金融マフィアが共謀しているとみるべきかもしれません。

 これらのことから、日本国内だけの不正というよりも、アメリカやさらにその先にいる悪徳グローバリスト、世界金融マフィアのような存在の意図が働いていると考えるべきでしょう。 2016.7.7, 2016.10.17


< 注意 >

対象として扱うのは一般大衆による選挙
 不正選挙関連の記事への注意





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system