集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

被害者の心得:反社会的な行動はさけ、暴発しないこと

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

被害者の心得:
反社会的な行動はさけ、暴発しないこと

Victim_s_rule_Avoid_antisocial_behavior_and_don_t_riot, 2015/10/7, 2016/11/19,
動画版, 音声DL・再生 2016/11/19


 ネット上には被害報告や加害者への非難、犯罪技術分析などは多く存在しますが、被害の対処法となると、あまり扱われていないのが現状です。 個々の被害に対応した対処法は、このサイトでも分析や説明を充実させていく予定です。

 しかし、まだ十分というには程遠い状態ですので、各自、調査検討し、できれば、その努力が他の被害者の被害改善に活かされるよう、他の被害者へ情報を提供してほしいと思います。

 被害者全体の共通の対処法としては、自分の正当性を維持すること、公序良俗に反するような反社会的行為を行わないよう心がけるのが、基本的な対処法となります。

 監視犯罪では子供のいじめのように、自分のいないところで、いじめグループから悪口を言われ、悪人にされているような状況におとしいれられてしまいがちです。 すでに疑いをかけられた状態から、この疑いを晴らすような努力が求められます。

 簡単なことではありませんが、加害者の挑発には乗ってはいけません。 不条理な話ですが、ケンカを売られても買ってはいけません。

 ケンカをすすめる訳ではありませんが、殴られた後、すぐに殴り返すような場合は正当防衛など大義名分も立ちますのであまり問題もないでしょう。

 しかし、単に挑発されたくらいであれば、キリスト教の右の頬を打たれたら左の頬を差し出すかのような気持ちで、あくまで平和的に、立派な社会人として、他人から非難されることがないような態度を取り続けるしかないでしょう。

 これは集団ストーカー被害を黙って受け続けるという、ある種の奴隷化の受け入れではなく、加害行為の沈静化が目的となります。

 この態度を維持しながら、集団ストーカー加害者からの支配や圧力には屈せずに、被害の対処法をひとつづつ試し、少しずつ被害を改善していけば、被害者がおちいりがちな自殺・犯罪行為などの致命的な悲劇は避けられるはずです。


< 参考 >

心の健康管理や精神医療リンク
 ストレス・不安などへの対処や精神医療

精神医療問題
 不正と悪用を防ぐ

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール

心がまえ「きよく、ただしく、あきらめず」
 集団ストーカー犯罪にどのように向き合っていくべきか





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system