集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
社会寄生型詐欺グループである超富裕層の洗脳詐欺と戦う

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正(裏社会) >

社会寄生型詐欺グループである超富裕層の洗脳詐欺と戦う

We_fight_against_a_social_living_type_cheat, 2017/1/2, 2017/1/8

 世界はひとつであって、すでにネットなどでつながってしまった人類社会もまたひとつの共同体となっています。 自分の国だけが豊かになれば幸せになれる、よい人生が送れるということはありません。 他国の貧困の上に築き上げた豊かさなどは、人としての真の豊かさではありません。

 人間は社会の中に存在するから人間なのであって、無人島にひとりでくらすような場合は他の動物と大差はありません。 社会の中でしか生きられない人間にとっては、社会こそが豊かにするべき対象であり、社会全体の幸福なくして個人の真の幸福は実現できないという、あたりまえの事実を、超富裕層、金融マフィアなどと呼ばれる社会詐欺師たちにも、はやく理解してほいものです。

 私たちが名前を知っているような組織や人々は、真の超富裕層の代理人にすぎず、彼らもまた上級奴隷として利用され搾取されているとみられています。 なぜ超富裕層は自分たちで直接的に政治・経済・軍事・宗教・情報を支配しないかというと、人を人が支配するという世界支配の行為自体が、人の道に外れていることを理解しているからだそうです。

 人や社会のルールを悪用した詐欺支配などということをする人間は幸せになれないということを、彼らはとっくの昔から理解しているということです。 人の幸せという言葉では意味が広くなりすぎてしまうので、少し限定しておくと、人としてのあるべき姿や真の悟りとしった意味で、彼らは理解しているようです。

 彼らも他人をだますような悪いことをしてしまうと、心が汚れていき、みにくい悪魔のようになってしまうことを知っていたという訳です。 そのため彼らは、彼らの奴隷や使用人に対して、この人として乗り越えられない壁、乗り越えるべきではない境界線を、意図的に突破させるという方法を考え出しました。 これによって、自分たちが人として悪い存在になってしまうということを避けています。 彼ら自身は直接的に悪いことはせずに、奴隷や使用人に命令を下すことで悪いことをさせるという方法です。

 彼らはこの奴隷や使用人を使って人や社会全体をだますという世界への寄生詐欺支配を継続的に行っています。 さらに世界をだましている奴隷や使用人に対しても洗脳・調教行為が行われています。 その彼らの奴隷や使用人に悪いことをさせ続けるための洗脳や調教行為にあたるものが、悪魔教の悪魔儀式と呼ばれる常識を絶した犯罪儀式です。

 こういった事実を知らない人にはオカルト的な陰謀論のように聞こえてしまうでしょうが、それ自体が陰謀論による事実隠蔽工作のひとつとなっています。 隠蔽工作はさておき、悪魔儀式では、アルコールに酔った状態で、乳幼児の生き血を飲み、脳味噌を食べ、誘拐した子供たちを加えた性的な小児性愛行為(?)や老人同士の相姦行為などを皆で繰り返すという、おぞましい儀式が行われています。

 また誘拐してきた人たちを狩の獲物にして、追い回した挙句に殺すという人間狩まで行われていました。 日本では報道されていませんが、ヨーロッパでは実際に行っている証拠が出てしまい裁判沙汰となっています。

 この狂った儀式の参加者は、イエズス会総長、ローマ法王、エリザベス女王、アメリカ大統領やCIA幹部などアメリカの政治的エリートなどで他にもヨーロッパの王侯貴族やイスラエルなどの主要人物も加わっていたと思います。 彼ら老人や中高年の乱交パーティが、赤ちゃんの血を米のとぎ汁に混ぜてたものやアルコールなどを飲みながら繰り返される姿は、まさに現代の地獄絵図そのものといってよいでしょう。

 これらの悪魔儀式は上級奴隷に詐欺犯罪支配を行わせるため、また、上級奴隷が裏切ったり、逆らったりしてこないようにするために、定期的に行われていて、殺された子供たちは汚物処施設に捨てられていました。 これだけでも驚くべき驚愕の事実ですが、さらにすごいのが、そこに捨てられていた人の数で、たまりにたまった被害者の人骨は700体を越えていたということです。

 この記事に書いてあるささやかな被害改善進捗を信じるかどうかは、みなさん読者にゆだねられた権利ですが、誰がどう書こうが、事実が変わることはないでしょう。 私以外からの情報で確認すれば、真実であることがすぐに分かってしまうはずです。

 それでも、こんな悪魔儀式や社会寄生詐欺などありえるはずがない、と思う人もいるでしょう。 そういった人たちは、そんなことは実際には不可能だと主張するのだろうと思います。 しかし、悪魔儀式に参加させなくても、子供のころから選民思想や支配者教育、帝王学などを学ばせ、それが唯一の真実だとされている社会のなかで人を育ててしまえば、庶民を奴隷として支配し、命を奪うことに何の罪悪も感じない人間を育てることができるのでしょう。 彼ら寄生詐欺奴隷は生まれたときから一貫した奴隷洗脳教育というべきもののなかで育ち、大人になるとそれまでの人生で学んだ寄生詐欺を懸命に続けていくことになります。

 ちなみに洗脳教育は、偽りの支配者である上級奴隷に対しては選民主義や支配者教育が行われ、その他大勢となる私たち一般人には社会全体を使っての下級奴隷としての、愚民化・白痴化教育が行われます。

 下級奴隷には自由という足かせをはめて支配します。 下級奴隷には自由選択で選んだ下級奴隷人生に疑問を持たないような洗脳が行われています。 これは個人の生活環境のすべてで行われるので、人が大人になるまでに行われる、この社会による洗脳から逃れることは不可能に近い状態になっています。

 学校の先生や両親、テレビ・新聞などの意見が、自分たち一般人をだますための偽情報だと気付くことができるような天才的な子供は、まず存在しないでしょう。 他人の意見や発見されたルールを理解するというのが学びの本質であり、単純化すると人の真似をするのが学ぶということだからです。 社会のルールを学ぶのが教育の本質ともいえます。

 社会全体がだまされた状態で、子供がその嘘に気付いたとしても、親や学校社会から簡単に否定されてしまい、再びだまされた状態に戻ってしまうのが、今の社会寄生詐欺師たちが作り上げた詐欺洗脳社会の仕組みとなっています。

 今、この事実を指摘している人たちは、みなだまされた後に気付いて反省し、警鐘をならしているのです。 この意味では私たち一般人へ行われている社会洗脳はあまり強力なものとも言い切れませんので、多くの人が洗脳から開放される可能があります。

 人間というものを知り抜き、だまして利用する技術と知識を磨き続けてきた、社会に寄生する詐欺師集団こそが、超富裕層の実体だとみられています。 彼らから独立して自由を勝ち取ることこそが、人類の平和と発展にとって欠かすことのできないことであり、私たち人類が実現しなくてはならない課題なのです。 このことは、上級奴隷として浮かれているような金融エリート・政治エリートにも、はやく理解してほしいものです。

 ちなみに、永続的な発展史観というのは、寄生詐欺師が利益拡大のために作り上げた嘘のひとつとみられています。 平和や幸福は無条件に人類の目標となりえますが、これが永遠に続く経済発展となると別の話になります。

 本来は経済発展しようがしまいが、平和や幸福が実現されれば、それでよいのです。 平和や幸福こそがもっとも重要な目的であって、発展自体はそれに貢献する限りで求められる付随的なものにすぎません。 あまり発展していなくても平和や幸福が実現された社会であれば、それでよいのです。

 実際には、科学の発展などであれば、私たちの生活の質を向上させますので、発展それ自体はよいことだと言ってよいでしょう。

 これを社会全体の発展とすりかえるような思考操作が行われていることに、発展史観の問題があります。 寄生詐欺師の発展史観は、社会の発展を経済発展にすりかえて、労働や利益追求を正当化しているのです。 労働時間などは減らしたほうが平和や幸福につながる可能性が高いでしょう。 誰もが労働の奴隷となってしまうような世の中のほうが、おかしな世の中なのです。

 過労死という言葉は英語でも「karoushi」と呼ばれているように、日本にしか存在しない概念となっているそうです。 日本の労働時間は特に異常な長さにまで悪化しています。 日本には労働奴隷が大量にいるということです。


 これらのほかに、中級奴隷として世界人類に被害を与え続けている、自衛隊を含む戦争屋や日本の公安のような恐怖支配を行う警察や諜報組織なども健全化が必要です。 彼らは悪魔儀式を受けていない人が多いので、彼ら自身で真実を理解し、超富裕層に反旗をひるがえし自分たちのため、またそのほかの社会に住む人々のため立ち上がることを期待します。

 ソフトバンクに見られるように、在日など少数民族を利用して、利益を得るのが寄生詐欺師たちのやり方です。 日本の富は在日がかき集めて、ユダヤが回収します。 ユダヤが回収した後に、その富が行き着く先が超富裕層と呼ばれる社会寄生型詐欺集団の実体だとみられています。

 中級奴隷である偽りの権力者に過ぎない政財界人のひとりひとりが、自分自身が単なる奴隷にすぎないこと、またその事実がインターネットを通して世界中に宣伝されていることをはやく理解すべきでしょう。 2017/1/2, 2017/1/8





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system