集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ハイテク犯罪にローテクで対抗 内鍵、格子、砂、センサーやアナログのライトやチャイムなど

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 全般的な被害と対策 > 出入り口や室内の防犯 >

ハイテク犯罪にローテクで対抗 【更新中】

内鍵、格子、砂、センサーやアナログのライトやチャイムなど

We_ll_oppose_high-tech_crime_by_a_low_technology_entrance_exit_way_interior, 2016/2/21, 2017/2/3

< 目次 >

内鍵
 部屋の内側からしか開けられない鍵は公安も開けられない

窓の格子(こうし)
 不法侵入犯をあきらめさせる鉄格子、面格子、内格子など

足場への砂の設置
 庭や出入り口付近の地面を砂に変え足跡を残させる

雪降る庭に残る足跡
 防犯砂導入の目安に

自動式の点灯ライトやチャイムの有効性
 自動式のライトとチャイムが不法侵入者を威嚇
 不法侵入者は深夜だけでなく昼間もやってくる
 24時間にわたる自宅の防犯
 センサー式(デジタル式)とアナログ式の違い、利点・弱点など

センサーライト/チャイム
 自動センサーが不法侵入者を威嚇
 センサーライト
 センサーチャイム/メロディー

アナログライト/チャイム
 電磁波攻撃に負けない防犯システム
 自動点灯式ライト
 アナログチャイム/ドアベル






内鍵

部屋の内側からしか開けられない鍵は公安も開けられない

 どんな鍵でも開けることができる技術を持った犯罪者でも、開けられない鍵あります。 それが内鍵です。

 強盗のような窃盗が目的の犯罪者であれば、破壊して中に侵入することもありますが、そもそも窓ガラスというものは割れば簡単に中に入ることができますので、鍵はあまり関係ありません。 さらに言えば、壁や屋根も大型ハンマーや建設重機などを使えば壊すことができます。 ここで問題としている集団ストーカー・テクノロジー犯罪者は、通常、器物損壊にあたる破壊活動はあまり行いませんので、内鍵である程度まで対処できます。

 出入り口はひとつでも通れてしまえば、ほかの場所に内鍵をかけても意味がありません。 なるべく例外を作らずに、すべての出入り口をふさぐようにしましょう。

 内鍵のような内側からしか開け閉めできない鍵であれば、当然、外からは開けられません。 逆に言うと、外側から開けられるドアや窓は、すべて簡単に開けられてしう危険がありますので、なるべく外側から開けられないものに変更することで、安全性を高めることができます。 ドアノブの交換などにかかる費用がもったいないという場合は、ホームセンターなどで売っているパテやセメントであまり使わないドアの鍵穴をふさいでしまうという方法もあります。

 交換も穴埋めもできない場合は、増設するのがよいでしょう。 内側からしか開けられないものであれば、何でもかまいません。 安いものであれば100円ショップでも手に入ります。 安いものでも効果は期待できるでしょう。

 100円の簡単な鍵では強度に不安があるかもしれませんが、集団ストーカー犯は鍵を壊してまで内部に侵入するようなことはあまり好みません。 鍵の破壊を警察へ通報された場合、被害届として警察に記録が残ってしまうことや、それがいずれ集団ストーカー犯罪の証拠となることなどを恐れているとみられます。 集団ストーカー犯罪は、あくまで捜査や防犯をかかげているため、器物損壊や窃盗にあたるようなことはあまりやりたがりません。

 仮に簡易的な鍵が壊された場合は、警察へ通報しましょう。 警察は集団ストーカー被害については捜査ができませんので、普段は警察を頼る集団ストーカー被害者は少ないことでしょう。 しかし、内鍵の破壊は、単なる不法侵入と器物損壊の被害として通報することで、警察に簡単な捜査をさせることができます。 念のため、集団ストーカー被害であることは隠して捜査させたほうがよいでしょう。 警察が集団ストーカーの捜査をしないように上層部からだまされていることなどは、捜査が終わるころに説明してあげるとよいでしょう。

 たとえば、現場の警察官は、集団ストーカー被害者のことを、防犯パトロールなどの警察の防犯活動を妨害する左翼やカルト宗教、暴力団などの工作員だと教えられて洗脳されていますので、その事実とそれが誤りであることをうまく説明できれば、すぐに集団ストーカー被害が解決する訳ではありませんが、一定の理解がえられる可能性があります。 すべての警察官が集団ストーカー犯罪の真実を理解している訳ではありませんので、警察官に犯罪の真実が知られてしまうということは、公安にとっても都合が悪いことなのです。 そのため、警察官に正しい情報を伝えるだけでもある程度の被害軽減効果が期待できます。

 また、警察への通報や現場の警官への説得は、公安など集団ストーカーの首謀者側の人間にとっては圧力となりますので、できるときにはなるべくやっておいたほうが、被害者自身への集団ストーカー被害全体の軽減にもつながります。 昔、「やられたら倍返しだ」という言葉が流行っていましたが、やり返してこない相手というのは、攻撃する側からすると弱く、危険性のない相手ということになりますから、何も反撃しないでいるとよりひどい攻撃へと被害が悪化しやすい傾向があります。 被害の軽減を考えると、できるときに反撃しておくというのは、意外と重要なことなのです。 2016/2/24, 2017/2/6


< 参考 >

お巡りさんを説得して健全化させよう
 現場警察官に集団ストーカー説は防犯活動弱体化が目的ではないと理解させる






窓の格子(こうし)


不法侵入犯をあきらめさせる鉄格子、面格子、内格子など

 公安などの集団ストーカー犯罪者以外の一般的な空き巣犯であれば、格子のある家は、それだけで犯行をあきらめるというほど効果が高いそうです。 空き巣犯は玄関から侵入しても、逃げるときは窓から出て行くという犯行パターンが多いからだそうです。 空き巣犯は集団ストーカー犯とは違い、特定の家にこだわる必要がないというのもあきらめてしまう理由となっているのでしょう。

 集団ストーカーの被害者で、在宅時、夜、寝ている間などに内鍵だけでは不法侵入が防げない場合、あるいは、毒ガスや廃ガス、異臭などの空気汚染被害があり部屋の換気が必要な場合などには、窓に格子(こうし)を取り付けるのが有効な対策となります。 格子を付けてしまうと、住んでいる人も出入りできなくなってしまいますが、普通は窓を出入り口とするようなことはあまりないでしょうから問題ないでしょう。

 格子のほうが内鍵よりも断然強力です。 素人でもがんばれば、木材を利用して自作することもできるでしょうが、設置するの場合は窓などの外側から開けられないようにする必要がありますので、自作するのは少し難しいでしょう。 外からネジでとめるだけだと、ドライバーひとつで誰でもはずすことができてしまうので対策が必要になります。

 格子は防犯効果が高いのですが、設置費用がそれなりにかかってしまうのが弱点です。 格子のほかには、人が出入りできないようなブラインド式の窓も有効です。 これは複数の細長い板が重なり、角度を変えて換気する方式の窓のことです。 ブラインド式窓も、物によっては、一枚一枚のガラスが外せてしまうような、防犯効果の低いものもありますので注意が必要です。

 格子も内鍵のように、出入り口がどこかにひとつでもあれば意味がありません。 なるべく例外を作らずに、すべての出入り口をふさぐようにしましょう。 2016/2/24, 2017/2/6





★check 170206



足場への砂の設置

庭や出入り口付近の地面を砂に変え足跡を残させる

 一戸建てであれば、出入り口付近の足場を砂状にすることで、足跡が残るようになりますので、不法侵入者を警戒させる効果が期待できます。 一般の空き巣犯に対しても効果が期待できます。 こちらもホームセンターなどで売られており、玄関用の砂だけでなく、防犯用の音の出やすい砂などもあります。

 弱点は、足跡は砂をならしてしまえば簡単に消すことができてしまうことです。 創価学会のカルト信者や、犯人に雇われた不良グループのアルバイト犯などは、気付かずに足跡を残してしまうかもしれませんが、公安のようなプロの犯罪者であれば毎回足跡を消すくらいのことはしてくるでしょう。

 足跡を消さなくても、侵入者としては、そもそも砂を踏まないようにすればよいだけですから、台や特殊な器具があれば砂を踏まないで侵入することもできるでしょう。 それでも、集団ストーカー犯のような常習犯は荷物が増えたり、設置する時間がかかるような、面倒な手間のかかることを嫌いますのである程度の防犯効果が期待できます。 不法侵入は犯罪行為ですから、怪しげな器具を使っているところや他人の家の砂をならしているような場面を、一般人に目撃されるようなことは、犯罪者としても避けたいというのが犯罪者の心理です。 2016/2/24, 2017/2/6






雪降る庭に残る足跡

防犯砂導入の目安に

 集団ストーカー被害者へのマインドゲームとして、心理的ストレスを与えるために、毎日のように続けらているのがノイズキャンペーンなどの音声攻撃です。 これは大人数を動員できる加害者であれば、実際に人を多く配置して行いますが、そうでない場合は、テクノロジー犯罪を駆使したハイテク音声送信だけですませていることがあります。

 自宅へのノイズキャンペーンの傾向としては、人がいないのに多くの人が被害者を監視しているかのように誤解させる傾向があります。 普段はひたすら監視ストレスを与えようとしている訳です。

 これが実際に不法侵入したり、実際に窓から中をのぞき込むような場合は、逆に音を立てずに、誰もいないかのようによそおいます。

 そのため、にぎやかに音声が聞こえるときは、周囲には誰もおらず、静かなときには人がいる、という状態になっていることがあります。

 それでは、本当のところはどうなのかというと、普通は防犯カメラでも付けないとわからないのですが、雪が積もった日だけは、足跡が残るので、簡単に見分けることができます。

 実際に確認して、誰もいないはずの庭に人の足跡が残っているのを見つけた場合は、庭への砂の設置を検討するよい機会になるでしょう。 雪が積もったときは、ぜひ注意して、不自然な足跡などがないか確認するとよいでしょう。 2017/2/3






自動式の点灯ライトやチャイムの有効性

自動式のライトとチャイムが不法侵入者を威嚇

< 不法侵入者は深夜だけでなく昼間もやってくる >

 ほとんどの集団ストーカー被害者は自宅を日常的に不法侵入されるという被害を受けています。 自宅に誰も人がいない状態になることがある人は、いつ不法侵入されていたとしてもおかしくはありません。

 公安や自衛隊、創価学会などが被害者の自宅へ不法侵入する方法は単純で、たいていの場合は玄関や裏口の鍵を開けて、住人であるかのように建物に侵入しています。 日常的に何度も不法侵入を繰り返しますので、鍵のかかっていない窓を探して侵入するようなことは、合鍵を作るまでの例外的な侵入方法といってよいでしょう。

 不法侵入は公安が特に得意としている犯罪です。 公安は発足以来、政府や官僚の利益を守るために活動を続けていて、国民の安全や利益を守ったことはないとみられています。 たまたま、政府の利益と国民の利益がかさなった場合、たとえば政府に不都合な人間がたまたま乱暴者であったような場合にだけ、手柄を主張しているにすぎません。 公安の本当の目的は国民の安全を守ることなどではないということです。


< 24時間にわたる自宅の防犯 >

 被害者が外出しても家族などが留守を預かってくれる場合は、安心できる場合もあります。 ただし、被害者の家族はおおむね被害者側か加害者側のどちらかについていますので、家族も被害者とともに被害にあっているか、あるいは加害者側の勢力とともに被害者を監視したり嫌がらせをしたりしている状態にあります。 家族やその他の知人友人へが信頼できるかどうかは、被害者であれば自然と判断できていることでしょう。

 また被害者に協力的な家族も24時間寝ないで見張りにつくようなことはできませんので、夜間の防犯に自動のセンサー式のものやアナログのライトやチャイムが役に立ちます。


< センサー式とアナログ式の違い、利点・弱点など >

 デジタル式センサー(赤外線センサー)とアナログ式の違いは、センサー式だと何もないところでも人や物を動きを検知できるのに対して、アナログ式だとドアや何か物がないと反応しない点、またセンサー式だと電磁波攻撃で誤作動してしまう危険があるのに対して、アナログ式だと誤作動の危険がなく安定した動作が期待できる点などがあります。

 そのため、ライトにはセンサー式、チャイムにはアナログ式のドアベルなどが向いています。 最初の防犯対策としては、外からの出入り口となる場所と室内の被害にあいやすいに部屋にセンサーライトとドアベルを設置するのがよいでしょう。

 また、センサー式のライトは点灯時間や点灯方式、チャイムは音量や鳴るメロディー、鳴る時間などを調整できるというメリットがあります。


 加害者は真夜中(午前2時から4時が多い)に侵入することもあります。 そのため、夜中に自動で光るセンサーライトは犯人を強く警戒させる効果が期待できます。 こちらも通常の空き巣犯にも有効な対策となります。


 設置場所についてですが、自動ライトやチャイムをつけても、結局のところ不法侵入を完全に防げるということではありませんので、どこに設置しても加害者に壊されてしまう危険があります。 それでも加害者が嫌がるような防犯効果の高い設置場所や設置方法があります。 壊されても、何度も設置を繰り返すことで、加害者に破壊活動をあきらめさせることができることもあります。

 当然ですが、屋外に設置するよりも屋内に設置したほうが安全ですし、できれば屋内外の両方に設置したほうが効果は高くなります。。

 赤外線センサーは電磁波攻撃で誤作動してしまうだけでなく、虫や落ち葉、ペットなどにも反応してしまうというの弱点があります。 これはセンサーの照射位置や角度を、それらが通らないような少し高い位置や、あるいはドアの揺れにくい場所などに設定することで、想定外の動作を防げることがあります。

 センサーは何もない場所でも人や物に反応しますので、玄関や裏口などの防犯に向いています。 電磁波攻撃で多少無駄に点灯することがあっても電気を余計に消費するくらいで、それ以外にはたいしたデメリットはありません。

 設置方法については、不法侵入者を威嚇するため不法侵入者を目標として設置する方法と、被害者を含めた周囲の人への警告として、加害者以外の人たちが異変に気付きやすいように設置する方法があります。 たとえばセンサーライトであれば、不法侵入者の移動経路を照らすのもよいですが、窓の外に向けて周囲の人に警戒を促すような使い方もできます。 チャイムも住人にだけ聞こえる音量よりも、周囲の人にも聞こえるような大音量にしたほうが防犯効果が高まります。(音量は近所迷惑にならないようにする必要があります)

 さらに防犯カメラと組み合わせることで、防犯効果をより高めることができます。






センサー(デジタル)式ライト/チャイム



 比較的小型のものがあり、いろいろな場所に設置できます。 電源ボタンなどが外部からは操作できないように工夫して設置しましょう。


< センサーライト >

 自動で暗闇を照らすセンサーライトは日常的に使うのにも便利ですから、照明のスイッチを入れるのが面倒な場所など、室内のいろいろな場所に設置してもよいでしょう。 明るい照明のある、明るい家は犯罪者を遠ざける効果が期待できます。

 特に玄関や裏口などの出入り口に向いています。


< センサーチャイム/メロディー >

 ライトと合わせて出入り口に設置するのがよいでしょう。 音量調節やメロディーの種類を変更できて便利ですので、電磁波攻撃で誤作動させられるまでは、センサー式を使うのもよいでしょう。

 センサーチャイムは、商店などに設置されているような、ドアの開閉時にメロディーが流れるタイプのもののことです。 こちらも出入り口に設置することで防犯効果が期待できます。 また、屋内で侵入や犯行が行われやすい場所がある程度特定できている場合は、その周辺に設置するのも効果的です。 こちらも不法侵入者の警戒心を強く換気します。

 センサーチャイムの弱点は、電磁波攻撃でセンサーを誤作動させられる危険があることです。 センサーライトにも同じ弱点がありますが、ライトが多少長く点灯するくらいであれば、多少電気を無駄に使うくらいですから電池式のものの場合、電池の減りがはやくなるくらいの被害しかないでしょう (センサー照射の位置や角度の設定はセンサーライトと同じ弱点があります。)

 センサーチャイムの場合は、家族や知人が家に訪れたときに、誰もいないはずのところからチャイムが鳴り続けるような被害にあうことがあります。 これは加害者側も技術力や犯罪の知識レベルによって、被害を受ける場合とそうでない場合があります。

 このチャイムが鳴り止まないという被害は始まってしまうとすぐには防ぎようがありませんので、赤外線センサータイプではなく、ドアベルなどアナログなチャイムに変更するのがよいでしょう。

 電磁波被害がない場合は、センサー式のデジタルチャイムのほうがサイズが比較的小さいので設置には便利です。 2016/2/24, 2017/2/3






アナログ式ライト/チャイム





-----------------------------------------------

アナログライト

電磁波攻撃に負けない自動ライト

 赤外線センサーの弱点はセンサーライトとチャイムのところで説明していますが、赤外線も電磁波の一種ですから、テクノロジー犯罪の技術が上がればいずれはもっと簡単に誤作動を引き起こされるような被害が多発する可能性があります。

 そこで活躍が期待されるのがアナログライトやアナログベルです。 単にドアが開閉するときにボタンが押されるような単純な仕組みのものは、電磁波被害にあいにくくなっています。

 設置場所などの関係でセンサーライトしか設置できない場合は仕方ありませんが、今後のテクノロジー犯罪の技術向上を考えると、なるべくはじめからアナログライトを選んでおくほうが無難でしょう。





アナログチャイム

電磁波攻撃に負けない自動チャイム

 アナログライトと同じ理由で、チャイムもはじめからアナログ式のドア周辺に付けるベルなどを設置しておいたほうが無難です。 アナログチャイム、いわゆるドアベルの弱点は、設置するのに広めの空間が必要となることと、音量の調節がしにくいことです。

 アナログチャイムが鳴る仕組みについてはいくつか種類があって、なかには工夫すると音が鳴らなくないようにドアを開けることができてしまうものもあります。 たとえば静かにドアを開閉すると鳴らなかったり、ベルを鳴らせるトリガーとなる部分をうまく手でつまんだりすることで鳴らなくなってしまうようなものもあります。 そのためチャイムを設置するやドアの開閉範囲などをよく確認して、その場にあったものを選ぶ必要があります。 ドアが開くときに確実に音が鳴り、明ける側からは音が鳴るのを妨害できないように正しく設置しましょう。

 音はなるべく大きな音が鳴ったほうが防犯効果が高くなる訳ですが、周囲への騒音となってしまっても困りものです。 いくら防犯用とはいっても、設置場所によっては苦情が出てしまう可能性がありますので、あらかじめ周囲の人たちに確認しておくのがよいでしょう。 周囲が創価学会員のような加害者に囲まれている場合は、逆に気にする必要はないかもしれません。 2017/2/3





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system