集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
お金がなければ破綻するしかない

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 社会不正 > アメリカ財政破綻(先延ばし中) > 破綻は人々の予想外のタイミングで突然起こる >

お金がなければ破綻するしかない

When_having_no_money_I_have_no_choice_but_to_fail, 2016.8.30


 政府や国家が破綻・崩壊するということ自体は、主に財政破綻に原因があります。 製造やサービスなどの労働の対価であるお金、その流れである経済、それを管理する財政、それらが正常に機能しなくなると、お金がなくなり破綻してしまいます。

 お金がないという事態が破綻の根本的な原因となります。

 石油資源などが大量にある国は、資源をお金に換えるだけで楽に暮らしていける訳ですが、普通の国はそうはいきません。 働いて稼ぐしかありません。 それができなくなった結果が財政破綻というかたちであらわれます。

 アメリカの場合はCIAを利用した戦争紛争など政治的な不正、またFRBなど金融関連の不正が世界中に知られてしまったせいで、アメリカの通貨であるドル自体が信用を失ってしまい、お金というよりもお金の価値がなくなってしまった状態にあります。

 アメリカ国内であれば、自国の通貨であるドルの価値は、国と中央銀行が保障すればよいので、なんとかなりますが、外国との貿易となるとそうはいきません。 現在の世界情勢は、米ドルでの取引をなるべく避けるような流れになっています。

 かつてアメリカ系の超富裕層と強い同盟関係にあったヨーロッパ系の超富裕層も、米ドル崩壊のリスクを回避しようとして、積極的にドルを避けた取引を行っています。

 外国との取引にドルが使えなくなりつつあるアメリカは、対外的には、お金を持っていないのと同じような状態に近づいています。

 実質的にお金を失ってしまった状態にあるアメリカ経済は破綻するしかないでしょう。 特に将来的にアメリカ財政が好転する見込みがほとんどないというのが致命的な要因のひとつとなっていることでしょう。

 今、選挙中のトランプ候補が大統領になれば、アメリカ国家自体は多少はよくなるかもしれませんが、財政が好転するのは、さらに何年も先のことになるでしょう。

 そもそもトランプ候補はアメリカを発展させる公正な人物というよりも、ヒラリー候補と家族ぐるみの付き合いがあったり、2013年あたりでしょうかメタニヤフを1000%応援するなどと主張していたことがあり、最善の候補というより、ヒラリーよりはマシといった次善の候補にすぎないという説もあります。

 結局のところ世界的な米ドル離れは、今後も進行の一途をたどることになるでしょう。

 アメリカが財政破綻すると、アメリカを影から操っていたアメリカ系の超富裕層も一旦破綻するはずです。 しかし、その後は逆に、残された国民によるより民主的な社会が築かれることになります。

 財政破綻してしまうと一時的には国家規模で信用を失い混乱することでしょうが、その後のアメリカは、より高度な民主主義が実現され、数十年くらいは、よりよい社会となり発展していくことでしょう。 2016.8.30





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system