集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
芸能・スポーツの検証について

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 芸能・スポーツの検証 >

芸能・スポーツの検証について

about_Entertainment_and_sports, 2017/3/18, 評価:★★

 芸能・スポーツの話題、特にスキャンダルは政治問題から市民の関心をそらすためのスピン報道として利用されています。 大きなスキャンダルの裏に政治的な思考誘導が隠れていることが多くなっているので、政府や官僚、超富裕層などによる思考誘導に惑わされないように注意しましょう。

 芸能人のスキャンダルで政治問題を隠そうとするのはよく使われる手ですが、有名芸能人などはテレビなどを使えばすぐに作り出すことができますので、彼らが恋愛などのスキャンダルで人気を失っても、大局的にはほとんど問題ないのです。 超富裕層からすると、有名芸能人などは初めから使い捨ての道具にすぎないのでしょう。

 基本的には芸能・スポーツ関連の集団ストーカー・テクノロジー犯罪への批判は、官僚などの犯罪の首謀者とみられる勢力に対してはあまり効果が期待できません。 そのため芸能・スポーツ関連の批判は、それらに特に詳しい人以外はあまり行っても効果が期待できないでしょう。 芸能・スポーツの有名人へ注目させること自体が超富裕層の思考誘導の方法のひとつだと理解しておきましょう。

 ただし、逆に有名人が、自分から被害を訴える場合は効果があります。 有名人はマスコミ全体では、思考誘導の道具として強い影響力を与えられ利用されています。 その宣伝担当者が集団ストーカーやテクノロジー犯罪、さらには超富裕層など裏社会の真相を話してまうと、その影響力の強さから、真相があばかれる危険が大きくなってしまうのです。 そのような有名人がスキャンダルを起こされたり、最悪の場合は命を失うような目にあってしまうのは、本当に知られたくない真相を隠すという意図が隠されているのです。 2017/3/18


< 参考 >

マスコミ集スト・メディアガスライティングリンク



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system