集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについて

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > リンク > 活動団体・活動家・活動情報 >

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークについて

about_NPO_technology_criminal_damage_network, 2016.8.14, 2017.12.17, 評価:★★★★

< 目次 >

紹介

評価
 全体的な主張や活動の方向性が加害勢力に有利な状態にあるともとれる
 テク犯ネットの所属を理由に職務質問、さらに公務執行妨害で逮捕された!?
 ブログコメント情報 2017年11月24日
 創価学会の実名批判を禁止
 創価学会の実名批判をする別の被害者団体が設立されている
 証拠公開の保留をすすめている
 集スト国際会議の欠席
 被害対策の具体的な情報をほとんど公開していない
 集スト被害のひどさや行政サービスが役に立たないということばかりが強調されている
 創価学会、公明党という在日勢力を批判しているが、石橋理事長も市議会選で民主党から推薦を受けていた
 未確認の噂


< 参考 >

集団ストーカー行為の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する 2017.12.17

②私は警察に逮捕され,取調べと家宅捜索を受けた。(「うそデタラメの投稿を検証する。」内) - 各地で被害者が独自に街宣活動 2017.12.17

テクノロジー犯罪被害者ネットワーク - 集団ストーカーについて(goo)
 創価学会が犯人ではない? 2017.12.17

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク|集団ストーカー嫌がらせ電磁波攻撃に負けるな
 創価のいない病院やお店を教えてくれない…? 2017.12.17




紹介


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪など監視犯罪分野において、おそらく最も権威があると思われる団体です。

 NPOとして政府公認で定期的に政府から監査を受けている点から、テク犯ネットのサイト内の情報は日本政府も把握していると考えてよいでしょう。 被害報告や元FBI捜査官の証言、会合やデモ活動など信頼性の高い客観的な情報が掲載されています。

 テクノロジー犯罪という言葉もこの団体が広めた言葉のようです。

 講演会を行ったり、2016年には1400人アンケートを行ったり、さらには団体名義や石橋理事長名義で書籍を出版するなど、精力的な活動を行っている団体です。 2015/9/13, 2017/3/5




評価


 評価というものは賛否両論分かれるものですが、テク犯ネットは団体への所属人数が多い(2016年現在で約400人)ことや、歴代首相や各都道府県の警察署や自治体へ要望・陳情を行っていること、動画サイトにも公開されていますがフォーラムなど講演活動を行っているなどのことから、評価されています。

 また、NPO認定されていることなどから国内の被害者団体の中では最も信頼を集めている団体として評価されています。

 一方、批判的な見方もあります。 加害者側の工作員が偽情報を流しているという可能性もありますが、それなりに説得力のあるものもありますので、紹介しておきます。 2016.8.14



全体的な主張や活動の方向性が加害勢力に有利な状態にあるともとれる

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪はマスコミが報道せず、警察が捜査しないため、政府・国家全体が加害グループに属していると疑われています。 その中でも日本は特に官僚主権国家と揶揄されるほど、官僚に権力が集中していますので、犯罪全体も官僚主導で警察組織が実行犯となっているとみられています。

 テク犯ネットは、集団ストーカー被害の改善には役に立っていない各都道府県のストーカー禁止や迷惑行為防止条例など、警察や自治体の活動をもめることはしても、警察への非難は表面的なもので、あまり熱心には非難していないような印象があります。 アンケートなどでも、警察には触れていますが、パトカー・青パト・救急車・消防車、警備会社の車による被害については言及しないなど、巧妙に加害者勢力に有利な方向へ、被害者を誘導しているのではないかと疑われています。

 もっとも強い関心を向けているであろうテクノロジー犯罪についても、防げない犯罪であると説明しています。 被害者に犯罪からの被害をあきらめさせるような方向ではなく、被害を防いでいく方向への方針転換が期待されます。

 テク犯ネットへ特に強い批判の目を向けている人たちからは、テク犯ネットの幹部はみな創価学会員で、創価犯罪の隠蔽組織であるとするなどいった、かなり強い批判も見受けられます。

 だからといって、テク犯ネットの活動のすべてが価値のないものだということはないでしょう。 しかしながら、フォーラムなどの講演でも、毎年、質問ひとつない一方的な説明が繰り返されていますので、問題に取り組んでいる割には活気がないなどの、全体的に意欲の低さが感じられる点があることは、たしかに否めないでしょう。

 このサイトのように毎月の進捗状況を公開するような場合、テク犯ネットの活動がどのように進展しているのか、あるいは、どこでつまずいているのかなど、確認させてほしい部分はたしかにあります。 2017/3/4

< 参考 >
集団ストーカー行為の被害集計 -- 集団ストーカー問題を克服する




テク犯ネットの所属を理由に職務質問、さらに公務執行妨害で逮捕された!?

 まさかとは思いましたが、驚愕の告白があります。 1997年頃は反集団ストーカー活動がオウム真理教のような反社会的な活動として扱われてたいたようです。 当時の世相としては、一連のオウム事件が1995年まで続いていましたので、警察組織全体が警戒を強めていたという背景もあります。 オウム事件捜査では、公安が役に立たないという認識が警察組織や世間に広まりました。

 参考に上げていますが、そのサイトの管理人はNPOテク犯ネットの元会員であるせいか、告白はデタラメだと否定しています。

 逆に、各告白が事実だとすると、テク犯ネットは当初はNPOの認可を受けていませんでしたので、その影響だったのかもしれません。 確認はとれていませんが、転載内容にはNPO法人とは書かれていません。 またネット記事での告白の転載が2008年3月11日で、テク犯ネットの公式サイトによると、2007年11月8日にNPOテク犯ネット設立完了、となっていますので、NPO認可前の事件の可能性があります。

< 参考 >
②私は警察に逮捕され,取調べと家宅捜索を受けた。(「うそデタラメの投稿を検証する。」内) - 各地で被害者が独自に街宣活動 2017.12.17




ブログコメント情報 2017年11月24日

 被害改善責任論ブログに投稿されていたコメントの転載です。 内部事情に詳しい方のようで、真に迫る内容となっています。 ぜひご一読ください。 このサイトの調査結果を裏付ける内容ともなっています。

------ 転載開始 ------

 加害者側の工作員が偽情報を流しているという可能性や離間工作を念頭に出来る限り冷静に見てきましたが、間違いなく偽被害者団体で被害者を騙して足止めし、活発化しないように抑制することが主目的の団体がNPOだと断定しました。

 被害解決に前進しそうな取り組みは延々と先延ばしにする(話し合いの時に、話がまとまらないように工作員を動員したり)一般に理解できないような冴えないポスティング用チラシをわざと作ったり、作れない理由をでっちあげて延々と作らなかったり。

 偽被害者が多すぎるのも、本物被害者の発言力を封じ込めやすくするためだと思います。

 偽被害者は、テクノロジー被害で死ぬか生きるかという嘘はつきますが、防御法を聞くと黙ります。

 ヤラセの身体障害後遺症を装ったり失神して骨折した事を偽装します。嘘なので時間をあけて聞いた話の続きをすると支離滅裂な答えが返ってきてウソだったというのが明らかになります。同じ被害を受けている事を装って被害への恐怖心を煽るために嘘でした。

 警察に行くことを定例会資料では推奨しているのに、会の主要な人物が付き添ったりする仕組みは作らない。効果的な被害相談の教授もしない。被害届が受理されたケースがあるのに話に出さず、むしろ隠蔽しているように見える。

 私が、証拠品を持って警察署に出向いた時に刑事課から人が出てきて、生活安全課の警官に「既に公安が動いているから取り合わなくていい」と指示したのを見聞きした事実を本物被害者の会員に話した時に理事会の人が聞き耳立てていて嫌な顔をした。

 他にも山ほど変なこと不審なことがあります。

----- 転載終了 ------
2017.11.28

< 注意と分析 >

 このコメントはよい情報には違いありませんが、この記事の疑問に答えすぎている点、警察が公安の名前を出している点など不振な点もあります。

 公安所属の公安警察官本人はもちろんのこと警察関係者は、公安が公安であることを隠していますので、公安の人間を公安と呼ぶことはありません。 また公安は通常、公安部などではなく、表向きは通常の刑事課などに所属していて、通常の警察官(警備警察)には公安に所属していることを明かしていないはずです。 公安は警察内部も監視しているのでそうなっているそうです。

 公安は警察用語の隠語で呼ばれ、今までは、サクラ・チヨダ・ゼロ・クロカモなどと呼ばれてきました。 最新の呼び名はよく分かりませんが、これらの呼び名はすでに使われていない可能性もあります。

 仮に公安や関係者を民間人が逮捕して正体を確認しても、彼らには創価学会などと答えるよう教育されています。 明らかに公安としか考えられない人物でも自分が公安だとは認めないはずなので、公安を名乗る人物というのも実際に公安なのかどうか怪しまれます。 たまに公安におどされたという情報がりますが、これも若干疑われます。 自分の所属を明かさないことはスパイや諜報機関関係者にとっては常識となっているとみてよいでしょう。

 日本で集団ストーカー関連のネット工作をしいてるサイバーチームを本格的に活動させているのは警察・公安・自衛隊・その他の特務機関と見られていて、創価学会などのカルトはネット活動を禁止されているらしく姿を現しません。 ほかに自民党ネトサポーターなどの民間ネット工作組織もありますが、活動内容は大衆への政治的な印象操作や思考誘導などが主な目的となっていて、集団ストーカー関連には個人的に関与することはあっても集団としてはあまり関与していないとみられています。

 このコメントでは公安の名前を出して警察を批判していますので、恐らく自衛体系のネット工作員自身か、自衛隊の工作員から工作を受けた被害者などによるコメントなのではないかと予想されます。

 元のコメントの文章にはまったく改行がありませんが、これもネット工作員やサイバー部門の手法のひとつでもあります。 改行など文体から対象者を分析するプロファイリング技術がありますので、これを避ける狙いがあるのでしょう。

 ちなみに元警察官の大河原さんがブログなどの文章に、昔のテレビゲームのようなおかしな空白文字を入れていますが、これも文体からのプロファイリングを避けているものと予想されます。 人は何かを疑えばいくらでも疑えますので、あまり疑いすぎるのはよくありませんが、大河原さんが公安の工作員だという可能性もまったく考えなれないということはないのかもしれません。

 NPOテク犯ネットについては、NPOですから政府が認可した団体であり、恐らく政府の意向、つまり公明党・創価学会や自民党の意向が反映された組織であることが予想されます。 そのため、政府系、ここでは警察・公安関連の組織が、NPOテク犯ネットを強く否定するような可能性は低いだろうと予想されます。(注意:もちろん状況によっては政府がNPOテク犯ネットを非難する可能性も十分考えれます。)

 今回のコメントはこれらの可能性をふまえたうえ理解するようにしてください。 単に被害者がおおげさに書いてしまっただけだった、といった可能性もあります。 そのため、このコメントだけで投稿者や内容の意図などの判断に結論だすことは控え、色々な可能性があるということをふまえつつ判断や結論を保留しておくのが誠実な対応となるでしょう。 2017.11.30




創価学会の実名批判を禁止

 創価学会員の集団ストーカー加害行為への参加は、映像などでも証拠が出ていますので、明らかな事実と言って問題ないでしょう。 しかし、テク犯ネットは創価学会への実名批判を禁止しています。

 創価学会を批判しないからといっても、創価学会の友好団体や会員が運営している団体とは限りませんので注意が必要です。 創価犯人説の否定は、それ自体では単なる否定であって、「自衛隊犯罪を斬る」サイトで自衛隊批判をしいてるpatentcomさんも創価学会のテクノロジー犯罪犯人説は否定しています。 創価犯人説の否定だけで創価学会関係者と判断してしまうのは軽率なことですから、多角的な分析を行った上で判断ですべきでしょう。

 このサイトではテク犯ネットが創価学会の友好団体であるのかは、その可能性もある、といった程度に分析しています。 具体的には、テク犯ネットは創価学会に乗っ取られているか、強い脅しを受けているような状態に近いのではないかと予想されます。 もちろん、そうだからといって脅しに屈してもよいということではありません。 早期の健全化が望まれます。

 学会員がテク犯ネットの主要な運営メンバーである可能性もありますが、単に創価の組織力で脅している可能性もあります。 創価学会は地方自治体の議員を大量に抱えており、また政治団体である公明党は国交省(国土交通省)の大臣を何年も独占していて、この国交省が道路管理などの権限から警察へ強い影響力を持っています。 警察内部にも大量の学会員を侵入させていることが知られていて、警視庁には6千人もの学会員がいることが確認されています。

 そのため創価学会の圧力は、単に暴力団を差し向けらたような被害も確認されていますが、政治的にもかなり強い影響力を持っています。 また警察官の99%が地方公務員であり、議員からの批判を恐れ、議員に頭が上がらない状態にあることは有名な話です。

 現状ではさらに集団ストーカー・テクノロジー犯罪への関与も強く疑われていますので、世界が認定しているカルト団体として、不正な圧力をかけようと思えばかなりの圧力がかけられる可能性があります。

 創価やユダヤ金融資本などのカルト思想、シオニズムなどでは、ライバルや敵対組織にはメンバーを侵入させ、組織の中枢を支配するという方法がとられますので、一般的に考えれば、内部から乗っ取られている可能性が高いのではないでしょうか。

 参考に上げた「②私は警察に逮捕され,取調べと家宅捜索を受けた。」で扱われているような一連の事件の結果、テク犯ネットをNPO法人として登録させ、創価の支配力の強い行政経由でテク犯ネットを支配するような方法が取られた可能性も考えられます。


< 参考 >

テクノロジー犯罪被害者ネットワーク - 集団ストーカーについて(goo)
 創価学会が犯人ではない? 2016.8.14, 2017.12.17

②私は警察に逮捕され,取調べと家宅捜索を受けた。(「うそデタラメの投稿を検証する。」内) - 各地で被害者が独自に街宣活動 2017.12.17




創価学会の実名批判をする別の被害者団体が設立されている

 創価学会を実名で批判するため元テク犯ネット会員を含む被害者によって別の被害者団体が設立されています。 テク犯ネットの活動方針に疑問を感じていた人は、かなりの数いたということです。 2016.8.14




証拠公開の保留をすすめている

 つきまといやほのめかしによる悪口の録音・録画、住居侵入による器物損壊の証拠写真、被害で受けた傷やそれを診療した診断書や写真など、被害の証拠となるものを保存している被害者がいます。

 テク犯ネットでは証拠の保存はすすめていますが、公開はしないようにすすめています。

 証拠を公開してしまうと、裁判のとき不利になる可能性がある、といった理由だそうです。 実際には、24時間監視されているような集スト被害者が秘密を隠すのは難しいでしょうから、隠すことにあまり意味はないでしょう。

 むしろ隠しておくと、住居侵入や窃盗などの被害で、証拠を隠滅されてしまう恐れがあります。 外国企業が運営している安全なネットサービスを探し、はやく公開してしまったほうが、証拠自体も安全に保存できるはずです。

 証拠を公開されて困るのは加害者側ですから、これを利敵行為と判断して、加害者の犯罪発覚を防止しているのではないかという見方があります。




集スト国際会議の欠席

 2014年にベルギーで開催された集スト国際会議、コバートハラスメント・カンファレンスに石橋理事長が招待されましたが、欠席しています。

 誰でも都合が付かないということはあるでしょうが、一番に優先しなければならない、重要な会議を欠席するというのはどういうことかと、疑問視されています。

 日本の被害者団体の代表として招待されておきながら、欠席していますので、これよりも重要なことがあったとするとたしかに不自然なことです。

 また自分が出席できないのであれば、テク犯ネット内から代理を立てたり、別の被害者団体へ依頼するなどして、日本からの出席者を確保することはできたはずです。

 会議への出欠席との関連では、テク犯ネットの2016年の第9回フォーラムでも韓国の被害者が日本のフォーラムへ出席する予定となっていましたが、メッセージのみの紹介となっており、出席していませんでした。 直接会うことで、たずねられたり、見られたりしたら都合の悪いことでもあるのではないかといったことが疑問視されています。

 韓国人被害者を日本へ迎えるという点から、日本政府などが圧力をかけたという可能性もあります。 日本政府は韓国に関連する在日勢力を不正の犯人にしたり、国民の不満のはけ口などに利用したりしていますので、不幸な韓国人が日本に来るという事態を避けようとしたとしても不思議はありません。




被害対策の具体的な情報をほとんど公開していない

 マイクロ波攻撃の防御策などある程度高度な知識が必要となる対策情報は、専門的な知識や情報不足などから、対策情報を公開できないとしても、しかたがない部分はあります。 しかし、店内や街中でのほのめかし被害であれば、耳栓だけでもある程度まで被害を軽減できます。

 耳栓のように被害を簡単に軽減できるものもあります。 テク犯ネットは大人数の組織ですから、被害者の声を集めるだけでも、色々な被害対策情報が集まるはずです。

 テク犯ネットが対策情報をひとつも持っていないとは考えにくいでしょう。 それなのに、なぜ公開しないのでしょうか。 団体内部だけで情報共有していればよいと考えているのでしょうか。

 被害者団体は被害者全体のために活動すべきであって、自分の組織内部だけに情報を留めておくというのであれば、テク犯ネットの活動方針には疑うべきものがあります。

 被害歴史や被害対策情報の集約や編集、公開などは人数の多い被害者団体であれば、当然やるべき活動ではないでしょうか。 自分たちが集団ストーカー・テクノロジー犯罪の専門であるのに、学者などさらに専門の研究家が現れるのを待っているのでしょうか。

 当然、そのような専門家を待つ必要はありません。 自分たちで情報を集めて公開してしまえばよいのです。 そうしたほうが問題の解決もはやまることでしょう。

< 参考 >
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク|集団ストーカー嫌がらせ電磁波攻撃に負けるな
 創価のいない病院やお店を教えてくれない…? 2017.12.6




集スト被害のひどさや行政サービスが役に立たないということばかりが強調されている

 テク犯ネットは、結果的に、被害者には証拠は公開せずに我慢するようにすすめているようにみえてしまっています。 政府など行政には理事長などの幹部が要望・陳情を行っているので、要望が実現されるまで、待っていてください、といった姿勢が、現在のテク犯ネットの姿勢になっているようにみえます。

 これの裏を返すと、被害者が政府や警察・公安、創価学会などへ直接的に苦情を言うことを防止しているようにもみえます。

 人は誰でも苦情を言われるのは嫌なものですから、苦情を申し立てることはそれなりに効果があります。 被害者が毎日、警察に押しかけて苦情を言えば、周囲の人の耳にも入ります。 周囲の人は噂としてさらに広めてくれるでしょうから、それだけでも問題の周知活動となる訳です。

 実際に警察や役所へ苦情を申し立てるときは、集ストとは関係のない一般の人が近くにいるときを狙って、大きな声で、知らない人にも分かるような説明を繰り返すのが効果的でしょう。




創価学会、公明党という在日勢力を批判しているが、石橋理事長も市議会選で民主党から推薦を受けていた

 民主党(現民進党)の幹部は在日勢力の人間が多くなっています。 当然、民主党全体も在日勢力が優勢であることが予想されます。

 当時の民主党が独断で推薦したという可能性もありますが、辞退はしていなようですので、まったく関係がなかったということもないでしょう。 だからといって、どのくらい関係があるのかは分かりません。




未確認の噂

 情報はあるものの、正しい情報か判断が難しいものも紹介しておきます。 これらが事実だとするとテク犯ネットは悪い新興宗教団体のようなことをしているということになってしまいます。

 集スト問題の解決に向けて、政府や政府を含む在日勢力と敵対するのではなく、歩み寄りつつ、現実的な打開策を検討している、という可能性もありますので、単純に悪い組織ではないか、などと判断すべきではないでしょう。

 ただし、テク犯ネットは10年以上も活動を続けているのに、被害対策のひとつも公開していないことからしても、あまり期待できないのではないでしょうか。

 なるべく早い段階での方針転換が期待されます。 すぐに問題を解決することができないとしても、被害対策情報の集約・公開など、ひとつひとつの被害の軽減を目指した活動を並行して行うことはできるはずです。


 次が未確認の噂です。 2016.8.14, 2016.8.22

・テク犯ネットは正義感の強い人や理性的で正しい意見を言う人を排除している(ブログコメントでほぼ確認済 2017.11.28)

・1000名の会員が急に退会した(1600人アンケート用の水増しの可能性も)

・テク犯ネットの内部情報(活動中の写真など)の公開を厳しく制限している

・理事長に都合の悪いと思われる質問をすると、周囲の会員によって強制的に引き離され、質問を妨害される

・運営委員の川崎のブログに根拠の説明されていない被害改善や加害組織の健全化情報が載っている(川崎は京大卒の秀才ですから、説得力のない記事を載せていることは自分でも理解できているはず)

・テクノロジー犯罪という言葉自体が集団ストーカーという言葉や問題を隠蔽する目的で作られたのではないか(ブログコメントでほぼ確認済 2017.11.28)

・全体的に問題を解決するというよりは、問題を隠蔽したり、被害者に被害を受けることをあきらめさせるような方針があるのではないか(ブログコメントでほぼ確認済 2017.11.28) 2016.8.14, 2017.11.28






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system