集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
スポーツのテクノロジー犯罪被害について

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 芸能・スポーツの検証 >

スポーツのテクノロジー犯罪被害について

about_Sports_electric_harassment, 2016.10.16, 2016.10.17


 テクノロジー犯罪の技術を使えば特定の人の体の動きへ干渉したり、思考を盗み見ることができます。 この犯罪の被害者となっているのは集団ストーカーの被害者だけでなく、スポーツ選手や監督など関係者も被害の対象となっていることが疑われています。

 イメージとしては、肉体への攻撃は、低周波治療器や電気マッサージ機のように、筋肉が痙攣させたり、収縮させたりすることができます。 思考を盗み見ることは、思考盗聴と言いますが、自衛隊がホームページに乗せているようなテレパシー技術を利用したものです。

 ドラマやアニメにでてくる超能力のテレパシーにあたります。 アニメのように思い浮かべたただけで、他人の意識が読み取れる訳ではありませんが、BMI、ブレイン・マシン・インターフェイスと呼ばれる機械を通して、電話で会話するように人と人との間で思考・意識などの情報交換ができます。

 この技術は他人の思考を読み取ることができるため監視や軍事目的で利用されていたため、民間には隠蔽されてきました。 この隠蔽がインターネットの普及などで、弱まっているため、私たち一般人も知ることができるようになってきています。

 この技術は、開発当初は隠蔽されていなかったことや、その後も技術が利用された軍事兵器など自体は公開されていましたので、一般人への情報隠蔽はインターネットが普及するまで、マスコミなどを使えば、それほど努力しなくても隠蔽できたということでしょう。


 テクノロジー犯罪は、証拠が残らない犯罪ですから、人生をかけた勝負をしているスポーツ選手だけでなく、賭博・ギャンブルの対象となる試合の結果をコントロールしようとする犯罪者まで、悪用したい人間は山ほどいることでしょう。

 今のところは、証拠が残らないので後から不正を暴くことができません。 そのため、テクノロジー犯罪を行わせないような対策が必要となります。 2016.10.11

 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムでも、スポーツにおけるテクノロジー犯罪被害についてふれられていましたので、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の分野でも、スポーツへの遠隔テクノロジー被害の存在は認知されているようです。 2015.10.11, 2016.10.16





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system