集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
おすすめサイトについて 真実は自分で探し続けるしかない

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > リンク > おすすめサイト >

おすすめサイトについて

真実は自分で探し続けるしかない

Recommended_site, 2015/12/14, 2017/6/30, 評価:★★

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は現在対処中の問題ですから内容のすべてが正しいという訳ではありませんが、私が知っているネット情報の中で特に優れたもの、価値があるもの、真相に近づく手掛かりになると思われるものをあげておきます。

 これらの内容を知り、理解した人は、市井の集団ストーカー犯罪の専門家として、自分の被害だけでなく、問題全体の解決にもより貢献できるようになっていけることでしょう。

 このサイトの影響だけとも限りませんが、リンクしたサイトが削除されたり、閉鎖に追い込まれることがありますので、削除される危険がありそうなサイトは扱っていません。 そういったサイトは各自で探してたどり着いてほしいと思います。

 検索には検索サイトのほかに、価値のあるサイトの内部検索も役に立ちます。 よいサイトを見つけたら、自分の検索サイトの候補として覚えておくとよいでしょう。

 動画サイト、特にYouTubeの検索やおすすめ表示機能の活用もおすすめです。

 価値のあるサイト内のおすすめサイトもおすすめです。 個々の情報を広く浅く探す場合は、Twitterの検索機能もおすすめです。


 Yahooは在日勢力からの影響で情報の偏りが懸念されますが、GoogleやWikiPediaなども大きなくくりでは金融マフィア勢力の影響下にありますので偏りがあります。

 上位の検索結果などは明らかに犯罪隠蔽を目的としたサイトがヒットすることがあります。 またWikiPediaでは集団ストーカーというページ自体が何度も削除されています。 WikiPediaに集団ストーカーページが掲載され、その内容が正しいものとなるころには、集団ストーカー問題も改善に向けて動き出していることでしょう。


< 参考 >

おすすめサイト

まとめサイト - おすすめサイト





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system