集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電波妨害機導入のすすめ … イタチゴッコとはいえ、それなりに有効な対策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電波妨害機導入のすすめ

[advice_of_the_jamming_machine]
(2016/01/28)

イタチゴッコとはいえ、それなりに有効な対策

 犯罪者の技術を利用した集団ストーカー犯罪に対して、被害者が技術で対抗しても、犯罪者はさらに高度な技術や悪知恵で応戦してくることが予想されます。 技術対策はイタチゴッコだと肝に銘じ、現状ではある程度我慢できる段階でバランスをコントロールするのがよいでしょう。 技術対策よりも犯人対策をすべきです。

 犯罪は技術に原因があるのではなく、行う人間に原因があるのです。 ナイフや包丁も台所で使うのは問題ありませんが、人を傷つければ傷害罪に問われたり、最悪の場合、殺人罪に問われることとなってしまいます。 刃物は場合によっては、持ち歩くだけでも銃刀法違反となるおそれさえあります。 (銃刀法は凶器や危険物所持を禁止する法令ですので、銃や刀以外でも該当する場合があります。 刃物では刃渡り6センチメートル以上が凶器として扱う基準となっており、かなり厳しいルールとなっています。 )

 被害対策としては犯罪者に対処すること(アンチガスライティングなど)を重視するべきでしょう。

 そうとはいえ、現実的には、携帯電波妨害機を導入したあたりの段階で、監視犯罪者側も、被害者がさらなる対策をとることに対して警戒を強め、悪質な犯罪を控えるようになる可能性がありますので、電波妨害機の導入は集団ストーカー犯罪の抑止効果は高いでしょう。

 使い方としては、電波妨害機を常に使い電磁波を妨害すればよいように思えるでしょうが、常に使ってしまうと、犯罪者側も対処しやすくなりますので、頭痛や体の痛みが特にひどいときの緊急対処策として使うのがよいでしょう。 技術的な対策は、所詮はイタチゴッコとなりますので、犯罪者側がさらに対処を検討して、いずれは効果がなくなってしまう可能性があります。

 また、電波妨害機は電磁波を発生させますので、人体、特に脳に近い場所から電磁波を発生させると、健康被害が出る恐れもありますので、頭部に近い場所での使用には注意が必要となります。 不安な場合は、電磁波計、トリフィールドメーターなどで電磁波の発生状況を確認することができますので、試してみるとよいでしょう。 妨害機も機種によって形や電磁波発生方向に個性がありますので、できれば把握しておいたほうがよいでしょう。 (2016/01/28)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system