集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
アンチガスライティングの効果 … 歩のない将棋は負け将棋、兵隊を失った犯罪組織は勢力が減退する

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


個別の被害と対策 > アンチガスライティング >

アンチガスライティングの効果

[anti_gasligthing_effect] [1510260420]
(2015/10/26)

歩のない将棋は負け将棋、兵隊を失った犯罪組織は勢力が減退する


 これらの被害改善努力によって、監視犯罪、集団ストーカーなどの犯罪性を自覚していない加害者の多くは、加害行為を続けることができなくなります。 肝心の犯罪者を撃退するほどの効果は期待できませんが、犯罪者が利用している半一般人の加害者が減ることで、犯罪組織はその実行犯、人手、兵隊を失うことになります。 それまで可能だった嫌がらせ行えなくなれば、なぜそのようなことになったのかと、犯罪の担当者も上司にあたる人間から非難を浴びることになるでしょうから、結果的に追い詰めることができます。

 半一般人の加害者は、実行犯、兵隊であるとともに、情報の売り先、買取手でもある可能性がありますから、金銭的にも打撃を与える結果になります。 また、加害者がひとり、またひとり、と減っていくにつれて、大手の情報買取先となる組織も、問題への関心度や重要度の評価を下げる可能性があります。 全体として、監視犯罪へあまり関わりたがらない状態、皆が避けるような状態へ近づけることができるだろうと期待されます。

 状況にもよりますが、窮鼠ネコをかむということわざの通り、あまり急激に犯罪者を追い詰めるのは、返って危険な事態を招く恐れもあります。 兵法でも、窮した敵は追うなと言ったり、四方八方をふさぐような完全包囲は行わずに逃げ道を残したままの状態にして、逃げたところを討つといった方法が良策とされています。 アンチガスライティングでも徐々にすすめるような方法がよいのではないでしょうか。 (2015/10/26)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system