集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
パソコン通知法1 … 健全化画像は被害者を応援し、加害者を健全化する

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


一般分析 個別の被害と対策 > アンチガスライティング > パソコン通知法 >

パソコン通知法1 … 健全化画像は被害者を応援し、加害者を健全化する

[anti_gasligthing_pc1] [1512010120]
(2015/12/01)

目次


被害者が監視被害を自覚するころにはパソコン画面も電子盗撮されている

柔よく剛を制す … パソコンの壁紙を利用した被害改善と加害者の健全化

CMのような効果 … 継続的な画像閲覧は意識・意欲の維持・向上に効果あり





被害者が監視被害を自覚するころにはパソコン画面も電子盗撮されている


 監視被害者が自分が監視されていることを自覚し始めるころ、つまり、集団ストーカー犯罪が開始され数ヶ月たったころには、監視やつきまとい・まちぶせなどによる嫌がらせのほかに、住居への不法侵入やパソコン盗撮もすでに行われている可能性が非常に高くなります。

 自分のパソコンのパスワードが変更されていたり、自分が見たウェブサイトの内容が誰かにほのめかされるような被害が出て入れば、パソコン盗撮されていることはほぼ確実です。

 ここではパソコンについてしか触れていませんが、携帯電話やスマートフォンの液晶画面も盗撮されますので、工夫次第で、これらの画面も加害者の健全化に利用できます。





柔よく剛を制す … パソコンの壁紙を利用した被害改善と加害者の健全化


 パソコン画面の盗撮被害を利用して監視被害の改善と、加害者の健全化を試みます。 パソコン表示画面はインターネットを利用して送信されていたり、室内に設置された盗撮カメラから盗まれます。 そのため犯罪性や被害などが伝わるものを画面に表示させれば、どんなものでも被害改善と加害者健全化の効果が期待できます。

 集団ストーカーの加害者のなかには、自分が集団ストーカーという犯罪行為に加担していることを知らずに行っている人もたくさん存在します。 いわゆる主犯格の犯罪者を除いた、犯罪の自覚の乏しい加害者のことです。 彼らは、自分のことを常識的な人間であるとか、善意の第三者などと考えていますので、監視犯罪が悪いことであると分かれば、犯罪に加担することをやめるようになります。 そのため、彼らの大半は健全化することが可能です。

 加害者の種類によって価値判断、常識や利害・善悪の判断などの考え方に特徴や傾向があります。 パソコン通知方法で知らせる内容は、被害者のひとりひとりが、加害者や被害状況などを調査・分析して、相手の種類に応じて、より効果的が上がるように工夫するとよいでしょう。

 加害者が複数存在し、交代で監視を担当するような現状を考えると、繰り返し継続的に表示することが効果的な方法のひとつと言えます。 そこでパソコンの壁紙と自動変更アプリやスクリーンセーバーを利用する方法を紹介します。

 パソコン画面にうまく表示できるような画像を作成し、それを自動切換えすることで、加害者へ監視犯罪の現実を知らせるという方法です。





CMのような効果 … 継続的な画像閲覧は意識・意欲の維持・向上に効果あり


 特定の画像を繰り返し表示することは、加害者への情報伝達だけでなく、被害者自身の問題に対する意識・意欲の維持・向上の効果もあります。 ことわざにいう一石二鳥となります。

 被害者自身も壁紙を見ることで、その内容に対する注意が喚起されます。 監視被害だけでなく、興味のあることや勉強中のもの、よく知りたい思っていたことなどを壁紙にすることで、それらへの意識の向上、モチベーションの維持・向上などの効果も期待できます。 学生であれば、英単語や歴史年表などの壁紙を作ることで学力の向上が期待できるかもしれません。

 監視犯罪との戦いは、いまひとつ結果の分かりにくい、手ごたえの弱い、成果を実感しにくい活動です。 自分のやっていることが正しいのかどうか、いつまで続ければよいのか、など不安におちいることもあるでしょう。 そのような苦境に立たされながらも努力を続けるには大変な労力が必要となります。 健全化画像、啓蒙画像の継続的な閲覧は、不条理な災難に直面しても、それでも「清く、正しく、あきらめない」といった姿勢で問題解決へ努力する監視被害者を勇気付け、いずれ訪れる解決の日をはやめることでしょう。 (2015/11/25)







目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system