集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
パソコン通知法3 … 画像の表示、スクリーンセーバーや壁紙自動変更アプリなどの利用

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般分析 個別の被害と対策 > アンチガスライティング > パソコン通知法 >

パソコン通知法3

[anti_gasligthing_pc3] [1512010320]
(2015/12/01)

画像の表示、スクリーンセーバーや壁紙自動変更アプリなどの利用




目次


画面表示 … スクリーンセーバーや壁紙の自動変更アプリなど

スクリーンセーバーの紹介

壁紙変更アプリの紹介

スクリーンセーバーと壁紙自動変更のどちらがよいか





画面表示 … スクリーンセーバーや壁紙の自動変更アプリなど


 加害者健全化用の画像が用意できたら、次は表示の設定を行います。


・スクリーンセーバーの利用


 一番、簡単で早い方法は、OS付属のスクリーンセーバーを利用する方法です。 表示順など細かい設定をするには限界がありますが、被害者のパソコン操作が止まったところに、突然現れる健全化画像は、ときに加害者の深層心理へ深く突き刺さり、良心を喚起することでしょう。

 フリーアプリのスクリーンセーバーでも様々なものがあり、壁紙、画像以外にも映像や音声、文字データを直接表示できるものなど存在します。 それらは使い方によっては高い効果を発揮することでしょう。


・壁紙自動変更アプリの利用


 画像表示の順番や表示時間など細かく設定できることから壁紙アプリによる自動変更がおすすめです。 スクリーンセーバーでは、連続した画像を表示する場合、途中で停止してしまうと、またはじめから表示するものがほとんどのようですが、壁紙変更アプリでは途中から再開することができるものをそれなりにあります。 壁紙変更アプリには、集団ストーカー関連ウェブサイトのスクリーンショットなど連続した画像を正しい順で表示できること、また大量の画像を巡回表示することで均一に表示できることなどの利点があります。 (2015/11/26)





スクリーンセーバーの紹介


 いくつか実際に使って試して見ました。 使用感など参考までに載せておきます。


「ふわっとスライド」

 download

 「写真がふわっと表示されるフォトフレームのようなスクリーンセーバー」ということで公開されているフリーのスライドショー型スクリーンセーバーです。 レジューム機能があり、途中まで表示した画像を続きからまた表示できます。 画像フォルダの設定がひとつしかないため、1フォルダに全ファイルを入れる必要があります。 ウィンドウズであれば1フォルダに6万個以上のファイルを入れることができるでしょうから、画像のファイル名をかぶらないように工夫すれば、問題ないでしょう。


こまかい話


 実際に使ってみましたが、設定変更や画像ファイルの追加・削除などを行うと、表示されるファイルの順番が最初に戻るようです。 壁紙画像ファイルを頻繁に追加するような場合や、ファイル数が多い場合、表示回数に偏りが生じます。 表示回数の平均化にこだわるのであれば、大量のファイル名を変更できるアプリなどを利用して、ファイル名を工夫すれば、ある程度の平均化は可能でしょう。

 アプリの問題か、使用したパソコン環境の影響か、詳しくは調べていませんが、「スライド効果」という設定を「なし」にすると、セーバー動作中にキーバードやマウスの動きなどを検知して、動作を終了する機能が正常に動作しないことがあるようです。 詳細はヘルプなどでご確認ください。 (2015/11/26)

 監視犯罪者の行うパソコン画面の盗撮もプログラム、いわゆるアプリケーションで行っていることが予想されます。 おそらく、一定時間毎に画面の表示内容を外部へ送信していることが予想されます。 そのため、その盗撮アプリがスクリーンセーバーの表示画像を正しく保存し、送信できるか、多少疑問が残ります。 (2015/12/01)

 監視犯罪者があまりハイテクでない場合、あまり高度な監視技術を持っていない場合、スクリーンセーバーが起動時に画面サイズを変更したり、全画面処理に移行した場合、うまく盗撮できない可能性もありますので、その場合は、壁紙自動変更アプリを使ったほうがよいでしょう。 (2015/11/26)


理想のフリーソフト探し … 「ゴン太のスライドショーセーバーfor Win9x/NT/2000/XP」

 download

 おそらくVB5(Visual Basic 5 というコンピューター言語)あたりの仕様かと思いますので作者のせいではないと思いますが、画像変更のエフェクト動作中にスクリーンセーバーを終了することができません。 時間のかかるエフェクトが動作した場合、エフェクトが終わるまで、マウスを動かそうが、キーボードを叩こうが動作が止まりません。 一見するとメモリリークでも起こしてそうですが、単なるVB側の仕様のようです。 (2015/12/01)

 しかし、それ以外の部分は高性能です。 次の画像を順々にスクロールさせるなど、多彩なエフェクトが実装されています。 サブフォルダの画像検索機能もあり便利です。

 ちなみに必要に応じてVB5のランタイムをインストールする必要があります。 1998年あたりに開発が始まったアプリのためランタイムエラーが発生します。 エラー画面に表示される「***.ocx」というファイルをネット検索してインストールすれば正常に動作します。 VB5あたりのランタイムライブラリのセットに含まれていると思いますので、インストールしてください。 (2015/11/26)

 エフェクト動作中に、スクリーンサーバーの画面の下部にバーのようなものが出てうまく表示されないことがあります。 これは謎のウィンドウが表示されているためのようです。 Windows Vistaでウィンドウの「デザインの設定」で「Windows Aero」や「Windows Vista ベーシック」を設定すると発生するようです。 設定を「Windows スタンダード」や「Windows クラシック」に変更することで回避できました。





壁紙変更アプリの紹介


「ぬこ壁紙ちぇんじゃー」

 download

 フランクな名前のアプリですが、レジューム機能があり、画像表示を途中から再開できます。 壁紙ですから、あまりハイテクでない監視犯罪者でも、かなり確実にパソコン画面盗撮ができるであろうことが期待できます。 つまりローテクな加害者でも簡単に盗撮できるでしょう。 また、サブフォルダ検索機能はありませんが、画像フォルダを複数設定できますので、なかなか使いやすいのではないでしょうか。 (2015/12/01)


使い方の注意など


 スクリーンセーバーでも同じですが、壁紙を見せながらパソコンを操作するには限界があります。 ウェブブラウザのウィンドウを小さくして閲覧するなど工夫が必要となります。 基本的にはパソコンの電源をいれたまま放置することになります。 その際、XPなどではデスクトップに大量のショートカットが表示されていると壁紙画像に重なって見にくくなってしまいますので、他のフォルダへ移動したほうがよいでしょう。 ドラッグアンドドロップでもカットアンドペーストでも移動できます。 (2015/11/26)

 「デスクトップ上にあるショートカットを移動する」などの意味がよくわからない人は、ネット検索してほしいところですが、パソコン初心者には、もしかしたら難しいかもしれません。 その場合は、まず「ふわっとスライド」を使い、壁紙アプリのほうは少しずつ調べながら使いこなしていくのでもよいかもしれません。





スクリーンセーバーと壁紙自動変更のどちらがよいか


 ここで紹介しているアプリでは、スクリーンセーバーは画像ファイルを追加すると表示位置がリセットされてしまいます。 しかし、連続する画像の1ページ目を表示した後に、2ページ目を飛ばして3ページ目が表示されるようなことがなく、順番に切れ目なく画像を表示することができます。 それに対して、自動変更アプリでは、自動変更を続ける場合、壁紙、つまりデスクップを表示しない間も、画像変更が進むため、画像を連続して加害者に見せることができないというデメリットがあります。 壁紙を表示するときだけ、見える状態のときだけ自動変更を行なうこともできますが、手間がかかり面倒でしょう。 面倒なことは長続きしにくいものですから、なるべく楽は方法のほうがよいでしょう。

 加害者側も常に同じ人物が24時間監視を担当しているわけではありませんので、正しく連続して表示させたところで、どのみちすべてを正しい順番で見せることはできないでしょうから、今回紹介したアプリのなかでは、表示順がリセットされない分、壁紙変更アプリのほうがよいのではないでしょうか。

 ただし、画像ファイルを変更しても表示順がリセットされないスライドショースクリーンセーバーがあるようなら、そちらをおすすめします。

 さらに希望を言うと、ウェブページをスクロールして1枚の画像で保存するアプリがありますので、これで作られる縦長画像を数ドットから数百ドットくらいづつスクロールして表示し、次回にはその表示位置から表示を再開するスクリーンセーバーがあれば便利でしょう。 まだ見つかっていないだけで、すでにあるのかもしれませんが。


スクリーンセーバーの表示内容もいずれは盗撮される可能性がある


 集団ストーカーで、特に防犯系の、捜査などと称して監視犯罪を正当化している種類の犯罪者は、基本的な傾向として、「知りえることはすべて知りたい」という欲求をもっています。 この精神傾向は、現役の捜査官や警察OBの学者などがはっきりと言っています。 そのため、スクリーンセーバーであっても、何かしら意味のありそうな内容が表示されているとしたら、それを知ろうと努力するはずです。 そして、いずれは何らかの方法で勝手に盗撮するようになることでしょう。 このあたりは加害者の種類をよく分析して対処してください。 (2015/12/01)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system