集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
パソコン通知法4 … 動画サイトの利用

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

一般分析 個別の被害と対策 > アンチガスライティング > パソコン通知法 >

パソコン通知法4

[anti_gasligthing_pc4]
(2016/03/05)

動画サイトの利用

 集団ストーカーや強制尾行犯罪を行う犯罪者は、被害者を蔑視し、軽んじる傾向があります。 また加害者には、被害者の言うことは嘘だから信じるな、といったような思考誘導が、より上位の主犯格の犯罪者から行われることがよくあります。 そのため被害者の訴えは、無慈悲にも無視されやすい状況となります。

 そのような被害者のメッセージが届きにくい相手に、被害や問題を伝えるには、テレビ通知通知法にもあてはりますが、動画を使うことで、被害者が発しているメッセージではなく、世間で言われているような客観的な話であることを示すことが有効な方法となります。

 加害者であっても、普段は普通の暮らしをしており、驚くべきことに本人は自分のことを常識的でまともな人間だと誤解しています。 さらには、加害者のなかには自分が善人であるなどという大きな誤解をかかえているような人までいます。 嫌がらせをのような人の道に反する、不道徳な行いを毎日繰り返しているにもかかわらずにです。 これは洗脳やマインドコントール、思考誘導などを使えば、人の心をだますことが簡単にできてしまうという事実のあらわれでもあります。

 当たり前の話しですが、そのような加害者であっても、彼らが尊敬し、大切に思っている人に対して、強制尾行犯罪などを行うことはありません。 むしろ尊敬する相手に対しては、丁寧に扱い、その言葉にも熱心に耳を傾けることでしょう。 尊敬する人や大切な人とまではいきませんが、これに近い人の発言を利用して、被害や問題を伝えます。

 そのメッセージ伝達方法がネット動画利用法です。 これであれば被害者の話にまったく耳を傾けない加害者にも、被害や問題を伝えやすくなります。

 動画サイトyoutubeのプレイリストは比較的使いやすいので、各自の被害や問題意識に合わせて効果の期待できそうなリストを作り、加害者の目に付きやすいよう工夫して再生するのがよいでしょう。 (2016/03/05)


参考

リンク集
 アンチガスライティングサンプル



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system