集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
テレビ通知法 … 盗撮されたテレビ画面の放送内容を利用して健全化を促す

一般分析 個別の被害と対策 > アンチガスライティング >

テレビ通知法

anti_gasligthing_tv, 1511270120, 2015/11/27

盗撮されたテレビ画面の放送内容を利用して健全化を促す

目次


見ているテレビ番組を利用した加害者の健全化

どんな番組が効果的か

被害を悪化させる危険のある番組 … 笑うことは許されない、というわけでもないが



見ているテレビ番組を利用した加害者の健全化


 集団ストーカーを行う監視犯罪者であれば、当然、被害者が観ているテレビ番組やビデオ録画内容などの情報も盗んでいます。 そのためテレビ視聴はもちろんのこと、録画予約するだけでも、その情報を加害者側へ伝えることが可能です。 犯罪関連の報道・ドキュメント番組などには、監視犯罪に類似する犯罪を扱っているものも少なくありません。 監視犯罪と近い犯行を行った事件の逮捕報道などは、加害者の犯行意欲をそぎ、犯罪を抑制する効果が期待できます。

 効果の高そうな番組が見つかったら、それを繰り返し再生しましょう。 より高い効果が期待できます。



どんな番組が効果的か


 基本的には、監視組織の種類にあわせた、より効果が期待できそうな番組を選ぶことになります。 テレビで観られる映像であれば、すべてが対象となりますが、次の番組が主な候補といってよいのではないでしょうか。 また、テレビ通知法でも「アメとムチ」理論が使えます。

・ニュース、報道番組

・ドキュメント番組 … 犯罪事件や裁判、不祥事などを扱ったもの

・警察、捜査ドキュメント番組 … 防犯系の集団ストーカー、強制尾行犯の正義感を喚起するなどの健全化が期待できる

・宗教関連番組 … 宗教系の集団ストーカー、カルト教団の信者の道徳感などの健全化が期待できる


 また、健全化にとって逆効果となる番組もあります。 次の番組は内容をよく確かめてから注意して使うほうがよいでしょう。

・刑事、推理、探偵ドラマ … 善が悪を討つという勧善懲悪型のシナリオが多いため、監視行為を間接的に肯定してしまう危険があり、あまり向いていない可能性がある

・バラエティのドッキリ番組 … 監視や人を騙すことを容認している、場合によっては積極的に肯定しているような番組あり、あまり向いていない



被害を悪化させる危険のある番組 … 笑うことは許されない、というわけでもないが


 加害者の健全化に逆効果となる番組もあります。 逆効果というのは被害を悪化させる危険があるということです。 お笑い番組、バラエティ番組など笑いを誘う番組にその危険があります。

 加害者は監視犯罪で、被害者をおどしたり、おびえさせたり、恐れさせたりすることを目的とした、威嚇・挑発行為を繰り返しています。 被害者が笑い声を上げるような、被害者が快活な状態になることを妨害しようとします。 加害者にとって、被害者は常に不安におびえ、体は疲れきっているような状態が望ましいのです。 心身ともに疲弊させ精神病院送りにしたり、あわよくば暴発させ問題行動を起こさせたいのです。 犯罪者側は被害者がよい状態にあること、あらゆる活躍や幸福を妨害したいと考えています。

 被害者が笑い声を上げ、楽しんでいるという姿を、犯罪者は認めません。 そのため、笑い声を上げるという行為は、監視被害を悪化させる危険が非常に高くなります。 犯罪者側としては、「ずいぶん元気そうだから、もっと痛めつけろ」という指示が、末端の作業員である加害者に通達されることになります。

 心身ともに弱らせて社会的に排除したり、精神的に支配するのが、監視犯罪のもつ、洗脳・マインドコントロールの歴史から受け継いだ基本方針なのです。 これは世界の先進諸国における集団ストーカー犯罪でも共通しています。 現状では、これは認めざるを得ない現実として認識し、対処するしかありません。

 笑いが健康によいというのは、監視犯罪の世界とかかわりのない一般人にとっての話です。 監視犯罪と向き合って生きる我々のような被害者にはあてはまりません。 被害者にとっては、笑わないことが、被害改善への近道だと考えています。 被害を減らし心身ともに力を蓄えた後、改善への努力を続け、いずれ訪れる社会問題としての集団ストーカー、監視犯罪解決の日を一日でも早めるというのが、我々被害者のとるべき道ではないでしょうか。 2015/11/27


追伸


 それでは被害者は好きなテレビ番組も観れないのか、ということになってしまいますが、テレビなど観ないでいれば、観なくても生活は成り立ちます。 なれればテレビのない生活すら可能でしょう。 各自、可能な範囲で活用するのがよいでしょう。 また、監視犯罪という社会問題に対処する関係上、テレビでなくてもかまいませんが、ニュースくらいは確認しておいたほうがよいでしょう。 何も知らないような状態では、どうにもなりません。 2015/12/1



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system