集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
バナナ危機 耐性菌散布によるバナナ現行種の絶滅とユダヤ国教化策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 社会不正 政治・経済(表社会) >

バナナ危機 【作成中】

耐性菌散布によるバナナ現行種の絶滅とユダヤ国教化策

banana_crisis, 2016/5/17, 2016/11/16


目次


バナナ現行種の絶滅の危機

パナマ病耐性を持つバナナの木を枯らせる新種が開発された疑い

カビ菌が都合よく世界中に広がる訳はない

病気と薬をセットで輸出するのがグローバル医療の闇戦略

超富裕層、つまりユダヤ系資本組織、ロスチャイルドなどの犯行が疑われる

ユダヤ教を国教にしてはどうか






バナナ現行種の絶滅の危機


 バナナの木を枯らせる「新パナマ病」の世界的な感染拡大によって、現行種は絶滅の見込みとなっているそうです。






パナマ病耐性を持つバナナの木を枯らせる新種が開発された疑い


 「新パナマ病」を起こすカビの開発は比較的簡単なはずです。 カビは適した生存環境であれば世代交代が早く爆発的に増えますので新種の開発は実験室で時間さえかければ簡単にできるはずだからです。






カビ菌が都合よく世界中に広がる訳はない


 カビは胞子(種のようなもの)を空中に飛ばすことで広まります。 カビは空気感染のようなかたちで広がっていきますが、目的となるバナナの木をめがけて移動する術はありません。 そのため、バナナの木への人為的な散布が疑われます。 世界のバナナ産地で培養液にいれたカビがスプレーされるなどの方法で感染が拡大させられたと考えるほうが自然でしょう。 2016.5.17, 2016.7.9






病気と薬をセットで輸出するのがグローバル医療の闇戦略


 世の中には感染経路がよく分からない病気がたくさんありますが、そのほとんどは人為的に感染を拡大されたものだとみられています。 自然感染では何かが媒介となり移動していく訳ですが、発生場所や感染経路が分からず、そこでしか感染していないような病気は、人がにわざと広めているであろうことが予想されています。

 1960年頃も同じようなバナナの主要種が絶滅したことがありますが、同じ手法であろうと予想されています。

 他にはエイズや鳥インフルエンザなどのウィルスも金融マフィアの薬品研究所で作られ世界にばらまかれたという説があります。






超富裕層、つまりユダヤ系資本組織、ロスチャイルドなどの犯行が疑われる


 バナナは果物ですから、バナナ絶滅で利益を得るのはバナナ以外の果物の生産国ということになります。 世界の農業大国といえば、アメリカです。 アメリカの農業生産力は圧倒的に巨大なものです。 2016.5.17

 しかし、アメリカが自国で犯行を行うと、当然、アメリカへ疑いがかかってしまいますので、実行犯としては直接的には疑われないその他の国による犯行が疑われます。

 新パナマ種の被害は、世界同時多発感染ですから、世界に横断的に勢力を持っている組織が疑いの対象となります。 そうなると、世界の超富裕層である世界金融マフィア、ユダヤ系金融資本組織へ疑いが向かうことになります。

 病気の名前がパナマ病であることから、現在、起こっているパナマ文書、タックスヘイブン問題への意識付けの意味が強いのではないでしょうか。 パナマ文書公開は、金融マフィアが、その他の富裕層から資産を吸い上げるために行われていた、世界の富を吸収するための証拠文書のようなものが公開されただけだという可能性があります。 2016.5.17, 2016.7.9

 超富裕層が自分たち以外の富裕層から資産を取り上げるために1970年頃から証拠を集め続けていたということでしょう。 しかし、一般富裕層から思うように資産を搾取することができていないのでしょう。 この現状を打開するために、一石を投じたということではないでしょうか。 2016.5.17

 パナマ文書の内容にはアメリカ人がほとんどでてきませんので、パナマ文書自体はアメリカに強い影響力を持つロックフェラー系の金融マフィアが公開したようです。 パナマ文書内で告発された企業や個人が次々に各国で納税をしたり、賠償責任を果たしているという事態にはなっていませんので、おそらくパナマ文書は、もっとひどい内容を暴露されたくなければ口止め料を払え、といった具合におどしや裏取引に利用されているようです。






ユダヤ教を国教にしてはどうか


 バナナを生産している国が世界金融マフィアと戦うのは難しいでしょうから、それなりに身を守る術を考えておくべきでしょう。 そのひとつとして、ユダヤ教を国教としてはどうかと考えてみました。

 ユダヤ教徒には、モーゼのころからの元々のユダヤ教徒と、途中から改宗したユダヤ教徒がいます。 ユダヤ系の世界金融マフィアは途中から改宗したユダヤ教徒ですから、ユダヤ国教宣言をしておけば、攻撃対象とされる危険性が多少は下がる可能性があるかもしれません。


< 参考 >

国際金融マフィアのアメリカ戦略
 アメリカ国民がどうなろうとかまわないが利益や支配システムは維持拡大したい


 イスラエルの軍事力は拡大を続け、日本の311地震テロは、イスラエルのマグナBSP社による、核攻撃やインターネットネットワーク支配によるものだったという証拠が、かなり集まりつつあります。 イスラエルのある中東では、イスラエルの脅威に対しての警戒が強められています。 その結果、サウジアラビアなどは軍事力を強化し続け、サウジアラビアは現在、アメリカ、ロシア、中国に次ぐ、世界4位の軍事力を持つにいたっています。

 ISISテロもアメリカやフランスの雇った傭兵が大量に動員されているという話ですが、イスラエルからは秘密警察モサドが参加しているとみられています。

 これらの脅威に対する、せめてもの対策として、ユダヤ教を自国の国教にしてしまうというのは、それほど悪い方法でもないでしょう。 ユダヤ国教化はするのであれば早いほうが効果的でしょう。 バナナ生産国などが次々とユダヤ教化した場合、ユダヤへの発言権や、ユダヤから優遇される順位は、当然、先にユダヤ国教化した国となります。

 日本は分類としては仏教国ですが、仏教を国教とした後も独自性は失わず、自国の文化と融和させて現在にいたっています。 他宗教を自国の文化に融和させることも、不可能ではないでしょう。

 現在、真相が明らかになりつつある911自作自演テロですが、911の当日、爆破されたWTCのビルで働いていたユダヤ教徒の多くが、休暇を取るなどして出勤していなかったことが知られています。 ロスチャイルドとユダヤ教では、どちらの力が強いのかは、よく分かりませんが、ユダヤ教化で被害の抑止力となることは十分期待できるでしょう。

 日本は信仰的にはほぼ無宗教状態ですので、ユダヤ教を国教として、教会など宗教施設のひとつも作れば、世界的な地位も期待できるでそう。 そうなればアメリカに支配されるのではなく、アメリカと対等の関係となり主権を取り戻したり、うまくすればアメリカの上、イスラエルとアメリカの中間まで地位を向上させることもできるかもしれません。

 現行のユダヤ金融資本には、日本では到底太刀打ちできません。 幸い、日本の天皇家にはユダヤ人説もありますので、悪い案ではないはずですが、現実的には当然、面倒な問題が大量に発生することでしょう。

 アジアでは韓国人であれば、すぐにユダヤ人を名乗るようなこともするでしょうが、今まで色々な嘘を付きすぎてしまっていますので、誰からも相手にされないことでしょう。 現在の韓国経済は米韓FTAや韓国財閥・企業のアメリカ支配などが原因で、強烈なアメリカ支配を受けていますので、わらにもすがりたい状況に追い込まれています。 韓国はユダヤ教化の成功例となる可能性もなくはないでしょう。 韓国は今後、しばらくの間は発展する見込みがほとんどありませんので、試してみるにはよい状況にあります。








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system