集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

部落問題(同和問題) … 日本に古くからある差別問題、部落も集スト加害を行う

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 在日利権ネット 関連組織 >

部落問題(同和問題)

日本に古くからある差別問題、部落も集スト加害を行う

buraku_problem, 2016.3.30, 2018.4.3, 評価:★★★

目次

部落と在日と集団ストーカー

部落問題を知る

部落と政治・暴力団などの関係
 解同は民進党支援団体


参考

「わしは被差別部落の出身者や」と自認する知人の警察官は、「 #同和 がらみなら捜査は進まん」と断言する『誰も書けなかった日本のタブー 原発と山口組と芸能裏人脈編」p227 2017.11.26

集団ストーカーと同和 そもそも同和とは? 2016.10.2 2018.3.7

部落問題 - Wikipedia
 人権・利権を含む社会問題 2016.3.30

同和対策事業 - WikiPedia
 同和利権の独占問題や不正支援請求によるえせ同和行為が横行 2016.3.30

<東海アマ氏が語る部落問題>これを読めば部落問題の本質が分かる 2013.3.14
2018.4.3

日本の政治経済と被差別部落を裏で支配する秦ネットワーク 2018.3.9
2018.4.3

部落 同和 - Google検索 2016.3.30




部落と在日と集団ストーカー


 一見すると部落と在日勢力とは何の関係もないようにみえるかもしれませんが、在日勢力も長い間、日本社会から差別的な扱いを受けており、同じく差別的な扱いを受けていた部落民とは、一部で協力的な関係を築き上げています。 2016.3.30, 2016.4.6

 歴史的にも朝鮮から移住してきた在日朝鮮人が被差別部落へ流入した例は多くあり、大阪市の同和地域では13.8%が在日朝鮮人だったこともあります。 2016.3.31

 数十年前、日本社会を震え上がらせる事件を度々起こしていた「部落開放同盟(解同)」は今も健在で、在日勢力と手を結び、様々な利権の維持・拡大や集団ストーカーの加害者として活動しているとみられています。

 部落民は集団ストーカーの加害行為を差別の一種として認識している傾向があります。 部落民の行う集団ストーカー加害行為は、かつて部落民が受けていた差別、村八分のような排除や攻撃の延長上にあり、その手法が現代的になったハイテク差別としてとらえることもできます。

 注意 … 部落問題は現在では、主に世系差別や地域差別を同和差別と呼ぶようになっています。




部落問題を知る


 すでに多くの対策や調査研究がなされていますので、詳細についてはそちらを参照してください。 2016.3.30, 2016.4.6

 部落出身者の人数は現在、約100万人で、地域としては福岡県、兵庫県などが部落地域が多かった地域とされています。

 部落問題は、同和対策事業が行われ、部落民に対して、33数年で約15兆円(2016年度日本の年間国家予算の約15%)もの対策費用が費やされたほどの、日本社会が抱える大きな問題のひとつです。 (同事業は2002年に終結) 2016.3.30

部落問題 - Wikipedia
 人権・利権を含む社会問題 2016.3.30

同和対策事業 - WikiPedia
 同和利権の独占問題や不正支援請求によるえせ同和行為が横行 2016.3.30

部落 同和 - Google検索 2016.3.30




部落と政治・暴力団などの関係 … 解同は民進党支援団体


 部落出身者は解同(部落開放同盟)という組織を作り団結しています。 解同は民主党(現、民進党)の支持団体となっており、政治への影響力を保持しているとみられています。

 また日本の暴力団員の構成比は、公安調査庁の調べでは部落6割、在日(朝鮮人)3割となっています。 2015年の国内最大の暴力団グループ山口組(構成員約2万人)が分裂しましたが、これはアメリカの報道などによると、部落と在日の争いが起きていることが原因だとみられています。

 山口組と分裂した神戸山口組の勢力費は約2対1(旧勢力約1,4000人、新勢力約6,000人)となっていますので、現在の部落・在日の構成比は逆転している可能性もあります。

 日本の暴力団員の総数は約5万人とみられています。 その大半を占める山口組の部落・在日構成比は、全体の構成比に近いことが予想されますので、現在の部落・在日構成比も、すでに在日が逆転しているかもしれません。 (2016/03/30)

 民進党の前原が解同の青年部長を務めていたという説があります。 解同、部落開放同盟京都府連合会で演説をしているような写真も存在します。 前原は解同の活動家とみられているようです。 部落の意見を代弁しているようなことがあるのでしょうか。

 前原は創価学会との黒い噂が絶えないそうですが、こちらは問題ですので、機会があれば検証しみてもよいでしょう。 2016.5.2


参考

暴力団
 同和、在日勢力で構成される利益組織 2016.4.5





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system