集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
犯罪の沈静化

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

犯罪の沈静化

嫌がらせなどの被害を無視する被害軽減法・黙殺法

calming_of_crime, 2016/1/17, 2017/6/3

< 目次 >

被害軽減には黙殺が有効

具体策


< 参考 >

嫌がらせの抑止と沈静化
 嫌がらせ犯罪の行為は防ぎ、効果は黙殺

被害者の心得:被害と加害者のバランスコントロール






被害軽減には黙殺が有効


 犯罪者の引き起こす集団ストーカー犯罪やテクノロジー犯罪、それらによる被害を減らす対処法として、最も有効であるとされている対策法のひとつが、それらを無視・黙殺するという対処法です。

 加害者や加害行為がある程度特定できている場合は、個別に説得したり、防御するなどの対処法も考えられますが、不特定多数を相手とする集スト犯罪においては、個別に対処するには限界があります。 全体的な対処として最も効果的なのは、無視すること、黙殺することだということは、多くの被害者の共通する認識となっています。

 加害行為にあまり強く反応してしまうことは、犯罪者の挑発に乗ることにもなります。 犯罪者を喜ばせても仕方ないでしょう。 被害者が強い反応を示したという事実を、犯罪者は効果が出たと判断し、その後はしばらくの間、その嫌がらせを、より強い方法で、しつこく繰り返す傾向があります。

 この対策として、嫌がらせ犯罪を沈静化させるには、無視・黙殺を続けることが有効な対処法のひとつとなっています。 嫌がらせ犯罪を沈静化させる際には、その嫌がらせを、犯罪者が「効果なし」と判断するまで、無視や黙殺を続けることが重要となります。 理想としては、すべての嫌がらせを、風が木の葉を揺らすがごとく、無視・黙殺し続けられるような境地にいたり、それを維持し続けられるようになることでしょう。

 犯罪者は嫌がらせを行うとともに、その効果も監視や直接の観察によって確認しています。 この監視や観察の結果として、効果がないと判断させるような努力を続けることになります。 それは、延々と繰り返される嫌がらせに対して、延々と無視・黙殺を繰り返すという、気の長い対処となります。 2016/1/17






具体策


 犯罪者に、「この嫌がらせは効果がない」、と判断させる、無視・黙殺にはコツがあります。 おおむね次のようになります。



テクノロジー監視対策 … 体をリラックスさせる

 テクノロジー犯罪による監視は被害者の様々な心身の状態を高度に生体観察が行われています。 生体観察技術を利用した人体の状態の観察と判定は、すでに医療福祉機関などで導入されていて、患者などへの尿意や睡眠状態が判定できるようになっています。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者への生体観察ではさらに高度な観察が行われていて、おそよすべての生体活動が観察されているのではないかとみられています。 そのため被害者の精神状態、心の動きなどから、あせりや不安感なども、加害者に観察されている可能性が高くなっています。

 テクノロジー犯罪でこのあせりや不安感の判断する目安として、呼吸の間隔や脈拍数なども観察されているとみられています。 そこで、深呼吸や瞑想法などで呼吸を落ち着かせ、心拍数を整え、心身ともにリラックスした状態を保つことで、あせりや不安などから加害行為の効果を知らせにくくすることができるはずです。

 管理人が実際に試したところでは、瞑想のゆっくりとした呼吸法を行うことで、加害者一同が静まり返ってしまうほど効果があったこともあります。 そのときは特にすることもなかったので、管理人はそのまま眠ってしまいましたが、大きな物音などで眠りを妨げられることもなく、平穏な時間を過ごすことができました。 2017/6/3



監視(カメラ)対策 … 目に見える反応をしない

 動きや素振りで効果がないことを示します。 コンクリートから鉄筋、ピラミッドの中まで透視する技術がすでに存在します。 家の中でもなるべく反応しないように注意しなければなりません。



音声録音対策 … 声を出さない

 音声の録音は監視の基本です。 なるべく声を出さないようにします。



思考盗聴対策 … 被害を意識しない

 頭に思い浮かべるだけでの思考盗聴によって被害の効果が判断されてしまいます。 言葉の音声イメージを頭に浮かべないことが重要です。 嫌がらせをされていることを論理的に分析したり、「痛い、つらい、悲しい」などの気持ちや、「あ、お、え」などの擬音まで、頭に浮かぶ言葉や念のようなものを、一切イメージしない、意識しないようにすることで、犯罪者は犯罪の効果を判断できなくなります。

 コンピューターのパスワード入力など、どうしても文字や数字を意識してしまう場合の、思考盗聴対処法としては、鼻歌や単純な数字や文字、アルファベットの並びを意識するなどで、思考盗聴に対処することができます。 多少訓練が必要ですが、具体的には、1、2、3などと頭の中で数えながら、パスワードを入力するようなやり方になります。 2016/1/17




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system