集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
キャンペーン

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 >

キャンペーン

campaign_hks, 2015/11/11, 2017/10/13, 動画版, 音声DL・再生 2016/11/14

 現在、このサイトが力を入れている集団ストーカー、テクノロジー犯罪被害、社会的な不正などの改善活動、努力目標などです。 2017/10/13


< 目次 >

あらゆる社会不正と被害を改善させる
「不正選挙防止と人類の生命保護キャンペーン」


不正や犯罪の合法神話を崩壊させる「社会不正周知キャンペーン」

「被害者団結キャンペーン」 被害者の人生奪還計画

「反在日利権ネットキャンペーン」 特亜勢力からの日本奪還計画

加害者を味方に変える「アンチガスライティングキャンペーン」

思考盗聴・電磁波被害は軽減可能「テクノロジー犯罪対策情報公開キャンペーン」


< 参考 >

被害改善ガイドライン
 様々な被害の改善を実現するための指標や有望な方策

以前のキャンペーン




あらゆる社会不正と被害を改善させる
「不正選挙防止と人類の生命保護キャンペーン」


 政治的な問題への対処として、不正選挙の防止によって世界に本当の民主主義を実現します。 世界各国とも本当の国民の代表が政治を行えば、あらゆる社会不正を改善させることができるようになります。

 不正選挙を成立させている組織への対処は、組織活動の批判や不買、サービス不使用などが有望でしょう。

 不正選挙の完全防止から正しい民主主義を実現するまでの間は、不正や被害は続いてしまいますので、最低限の安全、つまり私たちの命を守る活動を平行して行っていきます。

 世界中の人たちの生命を守るには、いろいろな方法があるでしょうが、まずは健康の維持と向上を目指した、私たちの身の周りにある食品や添加物、医療やワクチン犯罪、電磁波などの健康被害を改善していきます。

 健康を脅かしているものがあるという事実を多くの人たちに伝えていけば、こちらも不買・サービス不使用の状態に近付いていきますので、利益のでない状態となり、自然と危険な食品や医療サービスなどはなくなっていくことでしょう。

 この二つがあらゆる被害の改善を目指した対策の2本柱となる、政治不正対策と健康被害対策です。


< 参考 >

不正選挙改善策
 民間の出口調査や事後調査で不正の証明は可能

人口削減計画
 超富裕層の世界人口削減計画
2016/8/2, 2016/11/14




不正や犯罪の合法神話を崩壊させる「社会不正周知キャンペーン」


 合法的に行っても被害が出れば犯罪行為となります。 犯罪は手段ではなく動機や結果に対してより強い罪が問われるという事実は、日々行われている裁判などでも証明されています。 犯罪の相談をすれば共謀罪、人を殺そうとすれば殺人未遂罪が適用されます。

 これらを含む様々な社会不正や集団ストーカー・テクノロジー犯罪など監視犯罪の危険性を社会へ周知する活動です。

 被害や不満があるならば、黙って耐え続けるよりも被害や問題点を主張したほうが被害を改善しやすくなります。 対策や改善策を提示することができれば、さらに被害改善効果は高まります。 2016.7.5

 2017年10月現在では、社会的な情報分野である政府発表やマスコミの健全化を目指した、不正選挙とがん医療の不正周知に力を入れています。 不正選挙は政治・民主主義の健全化による問題解決の促進を目的としています。 またがん医療の意図的な不正治療は私たちの生命の保護と情報分野が何十年も嘘を付いてきたという事実に人々の目を向けさせることによる情報分野の健全化を目的としています。 2017/10/13




「被害者団結キャンペーン」 被害者の人生奪還計画


 集団ストーカー、テクノロジー犯罪、テクノロジー犯罪などの被害者の多くは政府や地方自治体、警察などへの要望書、陳情書の提出やデモ活動、情報周知活動などを行い犯罪撲滅や問題解決のため活動しています。 しかし、これらの活動は各組織や各自の判断で別々に行われていることが多く、多くの人が似たようなことを繰り返してしまっている部分も否めません。

 これら被害者の努力が、ひとつの大目標に向かって有機的に結合することで、より大きな力となり、目標を達成する時期も早まるはずです。 2016/3/12

 そうとはいえ被害者の団結をすることは、加害勢力の重要な加害目標となって常日頃から妨害されていますので、ひとつの全国的な被害者組織を作るのも現実的には難しくなっています。 現状では、せめてネットの関連情報分野だけでも団結できるよう、集団ストーカー・テクノロジー犯罪関連タグライブラリの定義と周知を進めようと考えています。 これは関連情報を分散させたまま疎結合する情報分散管理プロジェクトです。

 これが進めば、被害者同士が直接的に連絡を取らない状態である程度の意思疎通が可能となり、ネットだけではなく実社会での街頭活動やマスコミや公的機関との連携も取りやすくなるはずです。 2017/10/13

< 参考 >
<被害者の団結> 2016/3/12




「反在日利権ネットキャンペーン」 特亜勢力からの日本奪還計画


 芸能界や政財界、また一般社会のなかに集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害を受けているとみられる人が見受けられます。 集スト・テク犯が日本中に広がっているようにもみえますが、実際は、逆であり、日本中で起きている不可解な犯罪の被害の一部が集スト・テク犯であるという可能性があります。

 その不正・犯罪の主体として疑われるのが、集スト実行犯ともなっている朝鮮カルト学会などの一部の悪徳派の在日朝鮮人勢力です。 日本政府は過去の歴史について、在日勢力や反日の日本人が作り上げた、侵略部分を過度に強調する世論の影響から、在日朝鮮人に特権を与えるなど優遇し保護する融和政策をとっていました。 北朝鮮とは国交がないながらも、朝鮮人の希望者を返還する事業も行い、約10万人の朝鮮人を北朝鮮へ返還するような努力も行っています。

 その保護対象者たちがいつしか水面下で連絡を取り合い、大きな利権ネットワークを形成し、現在の在日利権ネットワークとなってしまいました。 在日利権ネットには、在日朝鮮人と同様に日本社会で差別的扱いを受けていた部落民や本国となる北朝鮮、韓国、さらには中国の勢力と手を結び、巨大な利権ネットワークとなっています。

 彼らは日本社会のあらゆるところに広がり、根を張って、不正や犯罪をも辞さないモラルの低い、非常識な利権の維持・拡大活動を続けているとみられています。

 この在日利権ネットワークに立ち向かい、日本社会の健全化を目指すのが反在日利権ネットキャンペーンです。 IT社会にあふれる情報、特に事件・事故などの情報を分析、集約し、在日利権ネットの全貌を解明することで、ひとつひとつの問題を改善していけば、将来的には日本社会全体を健全化していくことができるはずです。

 一部の悪徳派の在日利権勢力のさらに背後には、世界の超富裕層、グローバリストの存在が予想されます。 彼らは人々の奴隷化・家畜化を本当に目指しているような、利益拡大を目的とした常識や社会システムの変更、世界各国の税金を横領するような政治、あるいはその他のブラックビジネスなどを実際に行わせている首謀者であるとみられています。

 日本では創価学会や統一教会などのカルト団体が色々な犯罪や不正に関係しているとみられています。 創価学会も海外で活動していますが、それ以外でも海外のカルト組織は似たような手法で不正・犯罪を行っています。 この不正・犯罪の世界的な共通性の裏には、手法・手口の共有、つまり、同じ不正・犯罪マニュアルのようなものを持つ、一連のグループや思想が存在するとみられています。


< 参考 >

在日利権ネットワーク
 集スト関連の在日外国人などの利権勢力問題

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力

支配層・秘密エリートネットワークの日本支部、日本系金融マフィアとは?

NWO、ニューワールドオーダー、新世界秩序
 裏社会の最終目標か、単なる陰謀論か

分断統治
 人々を民族・宗教・身分などで分断・対立させ支配する方法
2016/3/12, 2016/11/14




加害者を味方に変える「アンチガスライティングキャンペーン」


 ひとりひとりの加害者を健全化することで、ひとつひとつの具体的な被害を抑制する活動です。 集団ストーカー犯罪の利益はごく少数の人間に独占されており、加害者全体に分配されるようなことはありません。 そのため集団ストーカー犯罪は、大半の加害者にとっては、たいしたとくをすることもない面倒な単純作業にすぎません。 加害行為に消極的な人も多数存在します。 彼らの健全化は予想以上に簡単で、あまり時間もかかりません。

< 詳細 >
アンチガスライティング … 加害者の健全化策




思考盗聴・電磁波被害は軽減可能
「テクノロジー犯罪対策情報公開キャンペーン」


 電磁波被害の入り口、思考盗聴を妨害し電磁波被害全体を抑制する活動です。


< 詳細 >

電話線カットや携帯の電波妨害機で思考盗聴・電磁波被害の軽減に成功 2015/11/11, 2016/11/14

電磁波被害と対策
 電磁波・テクノロジー犯罪関連の被害と対策の総合インデックス






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system