集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
消耗品攻撃

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 分析 分類2:被害 >

消耗品攻撃

consumables_attack, 2015/12/26

 集団ストーカー犯罪が行われ始める、初期の段階から好まれて使われる犯行に、消耗品攻撃があります。 被害者の持つ様々な消耗品を盗んだり、劣化を早めたり、壊したりする犯罪行為です。

 消耗品攻撃の前提として住居への不法侵入が行われますが、扉のカギはカギ屋などの専門技術の人間であれば、たいていのものは開けることができますので、警察活動の正当性や創価学会の人脈・財力の前では、これを防ぐのは非常に難しいでしょう。 集スト犯は、ほぼ確実に合鍵などの侵入手段を持っていると考えるべきでしょう。 集スト犯は、被害者が家に防犯カメラを設置して安全対策をしても、家のすべての電源を停止さえるなどして簡単に侵入してきます。

 消耗品攻撃は、証拠が残りにくいという点から、公安など警察関連の防犯系集ストで特に好まれている犯行です。 防ぐのは難しいですが、被害者もあまり被害を意識しなくてすむため、ひとつの妥協点となってしまっているのが現状のようです。

 集スト犯罪も嫌がらせなどの目的のある行動のひとつです。 人の行う目的を持った行動ですから、集スト犯は目的を達成するまで犯行を行います。 つまり、集スト犯の本人の意思にかかわらず、仕事のようなかたちで嫌がらせを行うのです。 集ストの実行犯となった人間は嫌がらせをしないという選択肢を選ぶことはできないのです。

 嫌がらせは確実に行われるわけですから、完全になくすことは難しいでしょう。 そうなってくると、この消耗品攻撃のような、集スト犯にとっては逮捕されにくく、被害者にとっては被害を受けた印象の弱い犯行が、妥協案や悪しき次善策となってしまっているのではないでしょうか。 (2015/12/26)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system