集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波犯罪の被害

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波犯罪の被害 【作成中】


電磁波犯罪の被害について

 電磁波犯罪はそれのみでやられることは無いと思っています。 電磁波犯罪の被害に遭っているということはネットストーキングや室内ストーキング、集団ストーキング、企業、職場ストーキングなど、被害の大小や被害の自覚の有無に差はあれど何らかの形で組織的なストーキングの被害(嫌がらせ)も同時に受けていると思います。 (逆に、主に集団ストーキング被害に遭っている方は電磁波犯罪の被害を自覚していないか、受けていない方もいるみたいです。 )

 被害を受けていない方にとってはインターネットなどで集団ストーカーや電磁波犯罪などの言葉やサイトを見たときに、なんなんだこの連中はなどと感じるかもしれません。 自分も被害者である自覚が無いときにはそう思っていました。 しかし、長く被害を受けつづけ、ネット上で自分と似たあるいは同じようなやりくちで嫌がらせ被害に遭っている方が多数いることを知り、これは小規模複数人対一個人というものではなく、大規模組織(の中の一集団(各地域ごとに存在する))対ターゲットという形で行われているものだと知り、ひょっとしたら自分もこの集団ストーカーの被害に遭ってるのか?と理解するに至りました。

また、何故自分がそういった嫌がらせをされるのか、組織的犯罪のターゲットにされたのか、誰が何のために何の意味があってやっているのかといった誰もが思う疑問があると思いますが、それは被害者自身が一番聞きたい、知りたいことだと思います。

そして、これらの組織的犯罪の被害に遭ってしまうと、精神衛生面で著しい侵害を受けつづることになり、まともな思考能力や判断能力などが損なわれてしまう場合があり、さらには身近な人に被害を訴えても理解され難いため被害者個人での解決は難しく、被害者同士の協力や、何よりも第3者の方達による協力が必要だと思います。





サイト外のまとまった被害情報

電磁波犯罪に関連する動画をいくつか検索して再生リストにしてあるのでそれを見てください
凶悪な組織的ストーキング犯罪と電磁波犯罪

詳しい被害内容等については電磁波犯罪被害リンクページにある各被害者のサイトやブログを読んで下さい。

文書資料ページのテク犯ネットの活動報告のリンク先にも少しですが被害情報が載っています。

または、テク犯ネットの会員により出版された書籍(タイトルは「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」)があるみたいなのでそれを読んでください。





具体的な被害について

 ここに説明



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system