集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波防御

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波防御

electromagnetic_defense, 2015.12.18, 2016.8.21

電磁波防御は集スト改善の有望策


目次


電磁波防御が可能になれば集団ストーカーは自然に減少する

電磁波防御理論1 : なぜ電磁波が防げるのか

電磁波防御理論2 : 科学的考察

一般的な防御策

学者でなくてもできる庶民的な防御策

手作り電磁波防御壁案

参考






電磁波防御が可能になれば集団ストーカーは自然に減少する


 一度始まるとやむことのない永続的な被害をもたらす電磁波被害ですが、この被害から身を守る防御技術の開発や普及が進めば、集スト被害自体が沈静化する可能性があります。 家の外から、壁をハンマーで叩くような、物理的な被害は防げませんが、そのような犯罪者は証拠映像のひとつも確保すれば現行の警察組織でも十分対処できます。 室内へのノイズキャンペーンは、純粋は音波(空気の振動)であれば、耳栓を付け、ラジオの受信失敗時のノイズでも大音量で流しておけば、それほど気になるものでもないでしょう。

 電磁波攻撃ができなくなれば、致命的な被害の多くは回避することが可能でしょう。 嫌がらせ効率が大きく下がった集スト犯罪は、対象者を社会的に排除するようなことが成功しにくくなり、自然とその悪しき存在価値を失うことになるでしょう。 (2015/12/29)






電磁波防御理論1 : なぜ電磁波が防げるのか





電磁波防御理論2 : 科学的考察





一般的な防御法


 いくつか効果のある防御法があります。 電磁波被害と対策も参考にしてください。



< 電源ブレーカーを落とす >


 テクノロジー犯罪に使われる機器も電気で動いていますので、家の電源をすべてきってしまえば、無効化できる可能性があります。 この方法を頻繁に繰り返すと犯罪者側も別の場所から電源を確保するようになりますので、緊急回避策として使うのがよいでしょう。



< 入浴(水) >


 強い電磁波攻撃が入浴中に軽減することが確認されています。 水は電波を反射する特性があることが知られています。 電磁波攻撃の防御法としては、体に帯電した電気が逃げることと、水に含まれる電子などが電磁波に干渉するため、電磁波攻撃を軽減するとみられています。 ミストサウナのような霧状の水は、より効果が高いことが確認されています。 常に入浴しているというわけにはいきませんので、こちらも緊急時の回避策としてつかうのがよいでしょう。



< 水槽(水) >


 水が電磁波に干渉する効果を利用する案としては、金魚や熱帯魚などの水槽を部屋に置くという方法も効果が期待できるかもしれません。 水槽の近くに無線ルータなどの電波送受信機を置くと通信機能が低下することが知られています。

 集スト犯の電磁波攻撃の照射方向がある程度予測できれば、脳とその間に水槽を設置することで、被害の軽減が期待できる可能性があります。 (2015/12/29)






学者でなくてもできる庶民的な防御策


< 注意 >

 科学的な調査が進みましたので、防御理論2 : 科学的考察を参照してください。 ここの部分の記事は古く、あまり正確な情報ではありません。 ここの記事の内容は、今後、修正していく予定です。 2016.8.13


 科学的な検証はあまり行っていませんが、電磁波技術を理解していく過程で知りえた知識を元に、壁などの物理的な防御法を考えてみました。 参考程度にご覧ください。

 電磁波の防御に効果があるとされているものがいくつかあります。 政府が作っているとされているようなシールドルームには及ばないまでも、これらを組み合わせることで、ある程度効果の期待できる防御壁のようなものを作ることができるのではないでしょうか。 複数の層が重なった構造の防御壁を作るとしたら、次のような層を作れば効果が期待できるのではないでしょうか。 2015.12.18



< 音声送信を手で防ぐ >


 電波を照射して人に音声を聴かせる仕組みをマイクロ波聴覚効果といいます。 マイクロ波聴覚効果は、脳の側頭葉にマイクロ波を照射する必要がるため、側頭葉にあたる部分、つまり、耳の上あたりのマイクロ波照射を妨害すれば、理論的には防御可能です。

 鉄・銅・アルミ、多少高級品となりますが銀などで防ぐか、あるいは人間の手も水分が多いためでしょうが、マイクロ波を遮断し、音声送信被害を軽減できる可能性があるでしょう。 2016.8.21



< マイクロ波照射の妨害 >


 電波妨害機などで、盗聴用の電磁波に干渉する電磁波を作り出し、思考盗聴を妨害します。 思考盗聴の精度を落とし、その盗聴効果を減退させます。 また、電波妨害機は、電磁波攻撃の精度を低下させることで、攻撃被害の軽減も期待できます。 2015.12.18, 2016.8.21



< 反射層(ミラーコート) >


 可視光線、いわゆる光を反射する鏡は赤外線やマイクロ波なども反射するため、電磁波攻撃も反射することが予想されます。 (電磁波はたいへん広い概念で、光や赤外線・紫外線のほかにも、テレビ・ラジオなども含めた様々な電波、電気や磁気を帯びた波動のすべてが電磁波の概念に含まれます。 )

 ちなみに「ガリレオ」という科学推理(?)ドラマでもマイクロ波(電磁波の一種)を道路の交差点などにあるミラーで反射させるトリックが扱われていました。 予想以上の効果が出るかもしれません。 2015.12.18



< 遮断・吸収層 >


 遮断と吸収というと言葉の意味は違いますが、ここではほぼ同じ意味でつかっています。 正確には、電波(マイクロ波などを含む電磁波)の実体となる電界と磁界の移動先を金属を通すようにすることで、電波の流れを変えます。 科学的な用語は間違っているかもしれませんが、電波をアンテナで受け止めるようなことを金属板で行おうという考え方です。 2016.8.21

 世界大戦のころから知られているようにアルミには軍事活動で使うレーダーの電磁波を遮断する効果があります。 携帯電話の電波を遮断することもできます。 これを利用したGPS尾行の妨害なども可能ですが、アルミだけではなく、電磁波を遮断する効果の期待できる金属、銅・銀での電気吸収や鉄の磁気吸収などの層を作ることで、かなり確実な電磁波防御が可能となるはずです。 2015.12.18, 2016.8.21

 身近にあるアルミといえば一円玉とアルミ鍋ですが、電磁波被害があまりにもひどい場合は、ひとまずアルミ鍋を頭にかぶるだけでも被害が軽減する可能性があります。

 現在の電磁波兵器はレーダーで頭を追尾し、電磁波を一直線に照射しますので、攻撃元と頭の間にアルミ鍋をかざせば、攻撃兵器の種類によって効果に差は出てくるでしょうが、物理科学的の理論上は、レーダー追尾の精度を落とし、電磁波攻撃自体も軽減するはずです。

 金属で電磁波攻撃が防御できることが確認できたら、金属板などで防御防止や防御壁などを作成するのも有効な対処法となります。


金属でマイクロ波を防御

 以下はアルミについて書いていますが、鉄・銅・銀などでも同じようなことができるはずです。 値段が安いことと加工がしやすいことから、アルミ板を使うのが一番やりやすいでしょう。 2016.8.21

 アルミホイル、アルミ箔での防御ですが、携帯電話やスマホであれば電波の出力が0.6から0.8ワット程度と微弱なため、アルミホイルでも効果があります。 しかし、テクノロジー犯罪で使われる自衛隊の対人電磁波兵器となると、理論上は電力さえ確保できれば、いくらでも出力を上げることができますので、アルミホイルのようなうすいアルミでは電磁波を防ぐ効果は低いでしょう。

 市販のアルミ板の反射効果ですが、ホームセンターなどで売っているアルミ板は、鏡ほどきれいなものではありませんが、概ね鏡のように光(可視光線、電磁波の一種)を反射しますので、ミラーコートも兼ねていると考えてよいでしょう。

 またアルミは鉄などよりも柔らかいため、専門化でない一般人でも、ドリルやキリで穴をあけたり、金ノコギリで切断するなど比較的に簡単に加工することができます。 用途に応じて工夫すれば、色々なものを作ることができるでしょう。

 アルミ板を組み合わせて電磁波防護帽子のようなものを作る場合も、ネジクギや木片などでうまく固定していけば、比較的作りやすいでしょう。

 自室だけで使うのであれば、見た目は気にせずにガムテープなどで固定し、壊れるたびにテープを張りなおすという方法もあります。

 本格的に作るのであれば、アメリカのテクノロジー犯罪被害者が使っているような、市販のヘルメットや帽子にアルミ板を張り合わせたようなものを作るのもよいでしょう。

 アルミ板加工の注意ですが、比較的柔らかいといっても、金属ですから基本的には硬い物質ですので、加工には危険がともないます。 角など鋭い部分は皮膚などを傷つける危険があります。 角をビニールテープで加工したり、作業時は手袋を着用するなどして怪我をしないように注意しましょう。 2016.5.27



< 電波を体外へ放出 >


 電気には流れがあり、移動しやすい物質へ移動する性質があります。 冬に金属のドアノブを触ると静電気が発生することがありますが、これを防ぐキーホルダーや壁に付けるプレートなどが販売されています。 これは人体に帯電した電気を金属など別のものへ移動させることで、静電気を防いでいます。

 電磁波も吸収されたり、誘導されやすい金属などがあれば、ある程度は、電磁波攻撃を防ぐ効果が期待できるはずです。 2015.12.18, 2016.8.21

 2016年8月、現在では、セラミックスのネックレスなどコンデンサ代わりとして使い、体から外(空気中?)へ電波を放出することで、被害の軽減ができるのではないかと調査中です。 2016.8.21


< 参考 >

セラミックスの電波妨防御効果
 セラミックス、陶器が電磁波を防ぐ可能性






手作り電磁波防御壁案


 電磁波の反射・遮断壁として、簡単に作れそうなものを考えてみました。 まず、ベニヤ板などの裏に、アルミ板を張り、さらに、その上から窓用のミラーフィルター(プライバシー保護用などの鏡効果のある膜状のもの)を張ったものを作ります。 それを部屋の中の壁・天井・床などの全面に貼り付けるという案です。 携帯電話の電波もさえぎり、圏外になって使えなくなるような、不便なことにもなるかもしれませんが、電磁波防御にはそれなりの効果が期待できるのではないでしょうか。 2016.5.27

 電磁波は直進性が強く、まっすぐ飛ぶ性質がありますので、攻撃元が隣の家などとはっきり分かっている場合は、まずは、そちらの方向の壁から防御壁を張るのがよいでしょう。


 吸収層は、概念だけは考えてみましたが、詳細は調査中です。 電磁波が人体はもちろんのこと、金属やコンクリートも透過、貫通することを考えると、そもそも難しいことかもしれません。 2015.12.18



< 簡易実証実験 >


 アルミミラー防壁の簡易版ともいえるアルミ枠の鏡が手元にあることに気付きました。 電磁波を計測するトリフィールドメターも手元にありますので、これで簡単な防壁実験ができることに思い当たり、実際に試してみました。

 肝心の電磁波攻撃装置は残念ながら手元にありませんので、携帯電話妨害機の電磁波を遮断できるか試しました。 その結果、予想以上に高い遮断効果があることが確認できました。 妨害機と計測器の間を、鏡でさえぎるだけで、ほぼ完全に電磁波が遮断できました。 0から3MHzの携帯電話などの使う周波数帯ではほぼ完全に計測器が反応しないところまで電磁波が遮断できることがわかりました。

 ついでに、200グラムくらいのいりゴマのパック(水分の少ない植物のサンプル)で試しましたが、こちらはほぼ遮断効果はありませんでした。

 さらに、自分の手で遮断してみましたが、こちらはほぼ完全に遮断してしまいました。 手をかざすだけで遮断されてしまうとなると、あまりありがたみがありませんが、人体は大半が水分、つまり水ですから、そもそも誘電性が高い(電気が通りやすい)ため、電磁波の遮断効果が高いということです。

 水が誘電性が高く、電磁波防御効果が高いことは、電磁波の世界ではある程度知られておりネット上でも確認できます。 金魚などの水槽の水が電磁波を反射するため、水槽の上に無線LAN装置を置くと、パソコンの無線LAN通信が干渉を受け、性能が落ちたりすることが知られています。

 今回の実験結果から、電磁波の攻撃元の方向がある程度予想できている場合、ある程度大きな鏡を、的確な位置に配置することができれば、電磁波を遮断し、被害を軽減できる可能性が高まりました。

 一般家庭への電磁波盗聴や攻撃は電線を使って通信しているとみれれますので、部屋から近い電線や電柱などの方角に鏡を移動するだけでも被害が改善する可能性があります。 (携帯電話やスマホのような端末で通信している場合は、携帯電話の電話妨害機だけで、通信を妨害できるでしょう。 )2016.1.11






参考


セラミックスの電波妨防御効果
 セラミックス、陶器が電磁波を防ぐ可能性 2016.7.29








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system