集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波機器所持組織

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

20.個別分析 分析 > 電磁波技術 電磁波機器所持組織 >

電磁波機器所持組織


官民の研究所、警察公安、創価学会は電磁波機器を所有しているはず

electromagnetic_possession, 2015/12/17, 2017/7/13

< 目次 >

洗脳行為に利用可能な、電磁波による精神分析、精神干渉など研究は先進諸国で行われているはず

研究所は官民ともに電磁波機器を持っているはず

警察公安、創価学会は電磁波機器の使用者として機器を所持しているはず

電磁波機器の製造国

予想 … 電磁波攻撃をしない組織は、電磁波機器を持っていないはず





洗脳行為に利用可能な、電磁波による精神分析、精神干渉など研究は先進諸国で行われているはず


 電磁波による精神や生体の分析・干渉の研究開発は世界中で行われていることが予想されます。 アメリカ・ロシア・日本などではかなり確実に研究が行われているとみられていますが、その他の先進諸国も同様の洗脳を含めた生体の精神研究が行われていることが予想されます。 軍事利用されているような点から、世界的な電磁波技術や研究のことを全世界防衛システムと呼ぶ被害者もいます。





研究所は官民ともに電磁波機器を持っているはず


 技術の開発元である各国の政府や研究機関・電磁波技術の関連企業が所持していることが予想されます。 アメリカ・ロシア・日本などで研究が行われているとみられていますが、その他の先進諸国も同様の洗脳を含めた生体の精神研究が行われていることが予想されます。 洗脳や集団ストーカー犯罪と無関係なものでは、各国の民間企業や研究所・個人などから、すでに電磁波を利用した様々な特許が提出されています。

 研究機関には、秘密裏に、公開実験を行うとして、被害者へ電磁波攻撃を行っているという疑いがかかっています。 アメリカの通信塔、[[GWENタワー]]などは直径数十キロメートル、可能性としては数百キロメートルといった広大な範囲へ電磁波攻撃をしているなどと、アメリカの1000人以上が所属する被害者団体は主張しています。 (2015/12/18)





警察公安、創価学会は電磁波機器の使用者として機器を所持しているはず


 電磁波犯罪が可能な機器を所持している組織としては、警察組織と創価学会が所持しているとみられています。 集団ストーカーや、その警察用語である強制尾行が行われる際に、電磁波攻撃の被害が確認されています。 犯罪用の機器の存在が証明されているわけではありませんが、犯罪としては、被害を証明するだけでも、その存在の証拠としては十分でしょう。 決定的な証拠のない犯行は、証拠のない犯罪の立証で検証しています。 (2015/12/17)





電磁波機器の製造国


 ドイツ・ロシア・アメリカ・日本・中国製の機器があることがほぼ確認されています。 電磁波関連の特許がすでに公開されていますので、世界中の警察や軍隊が研究開発していることが予想されます。 2017/7/13





予想 … 電磁波攻撃をしない組織は、電磁波機器を持っていないはず


  電磁波での攻撃は、アメリカでは改造トランシーバーが悪用されていることが確認されていますので、理論上、誰でも出来てしまう可能性があります。 しかし、思考盗聴が可能なようなある程度、高度な電磁波技術、BMI技術を持っているであろう組織は、おおむね次のようになると予想されます。

 思考盗聴などの電磁波技術を使っている組織は、現在のところ主なものは警察と創価学会です。 創価学会員の数は、日本の全人口の2%程度と予想されていますので、あらゆる組織に入り込んでいる可能性は否定できません。

 被害者の中には、子供のころから学校などで被害を受けていると報告している人もいますので、創価学会員の親が子供に電磁波機器を持たせているような可能性が疑われます。

 また、暴力団から電磁波攻撃を受けたという報告もあります。 目の前に現れ、直接その存在を主張するのが暴力団のやり方ですので、暴力団のやり方にはあわないかもしれません。

 暴力団の場合、電磁波攻撃よりもさらに暴力的な、ひどいこともしてくるため、判断が難しいところです。 ピンポイントで、思い立ったときに電磁波機器を悪用した攻撃を行うのであれば、そういった犯行もありえるかも知れません。 しかし、24時間監視のような悪質ではありますが、時間のかかる地味な嫌がらせを、暴力団員が地道に行っている姿は、想像しにくいのではないでしょうか。

 警察組織はともかく、創価学会なら暴力団に何かを依頼するときに、電磁波機器を簡単に貸し与えているような可能性もあるでしょう。

 日々巧妙化するオレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害状況を考えると、犯罪組織や暴力団も思考盗聴程度であれば、それが可能な技術を手に入れている可能性も考えられなくはありません。

 また、暴力団が電磁波技術を所持することは、公安や警察組織であれば、なんとしても阻止したいところでしょうから、暴力団が電磁波技術を所持すること自体は相当難しいでしょう。 しかし、暴力団はすでに警察組織へ多くの人間をもぐり込ませているという説もありますので、拳銃や麻薬と同じように所持していたとしても不思議はないでしょう。 (2016/01/05)

 企業ストーカーなどで、会社の社長が、社員を呼び出しては、思考盗聴を使い、裏切り者を探している、といった被害報告はみうけられません。 持っているならば、使っているはずです。 使っているとすれば被害報告も存在するはずです。 会社の社長だけがうまく証拠を隠蔽しているとも考えにくいでしょう。 被害を受けた人は、会社などを辞めてしまえば、元社員として、いくらでも被害を証言するものです。 また、探偵や警備会社、その他の新興宗教やカルト教団からも、電磁波技術の悪用報告はみうけられません。 集ストで、毎日、嫌がらせを行っている実行犯が、電磁波機器を持っているのに使わないということは考えにくいでしょう。 持っていないと考えるべきです。

 医療機器でも電磁波技術が利用されているため、病院など医療機関も、医療目的とはいえ、所持しているといえば、所持していると言えるでしょう。 集ストとの関係でいえば、精神病工作による医療利権という関連性も懸念されます。 しかし、どちらかというと、政府などからの情報規制、口止め工作、つまり、集スト関連の電磁波被害の存在を隠蔽する協力依頼などを受けている場合のほうが多いかもしれません。 (2015/12/18)







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system