集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波攻撃 ガンや火傷などの傷病、精神状態・生理機能など誤解や誘発

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波攻撃

electromagnetic_wave_attack, 2015.12.29, 2016.8.24

ガンや火傷などの傷病、精神状態・生理機能など誤解や誘発


< 目次 >

レーダー(マイクロ波)の健康被害

五感三欲への干渉

熱の発生

自動車内での被害






レーダー(マイクロ波)の健康被害


 WHOの「レーダーと人の健康」という文献によると、レーダー、つまり電磁波の一種のマイクロ派に分類される波動は、一般に300MHzから15GHzの無線周波数で動作し、RF界という電磁界を発生させます。 (RFはラジオ・フリークエンシーの略で電波という意味になります)

 WHOの文献によって、今、知られているテクノロジー犯罪の電磁波攻撃による被害(思考盗聴などの精神生態観測以外の被害)は、おおむね網羅されていたことになります。

 この電波が引き起こす健康被害は次のようなものがあげられています。


< ガン関連の研究 >

 この文献では説明されていませんが、今のところ、携帯電話やスマートフォンを使用したり長時間身につけている箇所(耳や胸付近など)のガン発生率が上昇したり、速度違反の取り締まり使うレーダーガンを携行していた警官の精巣ガン発生率が上昇していまことなどが知られています。

 この文献でのWHOの立場では、短命化やガン発生率の上昇の科学的根拠はないという説をとっています。

 一般的な研究結果とは違いますが、WHOはロスチャイルドやロックフェーラーなど国際金融マフィアが創設した私設機関にすぎませんので、電磁波機器の普及や現状の維持を優先し、否定してみせただけでしょう。

 この文献でも、WHOが科学的根拠がない、と表記されているだけで、そのほかのほとんどの部分では、実際に科学的な根拠とともに説明されています。

 この文献のどこに科学的根拠がないのか分かりません。 WHOはたいへんいい加減な否定の仕方をしています。


< 熱作用 >


・白内障(水晶体の濁り)

・忍耐力の減少

・電波、電磁界によって不快感、嫌悪感、不安感などを感じる

・知的作業能力の低下

・生理反応の変化

・体温上昇と体温維持機能の変化


< 非熱作用 >


・カルシウムイオンの移動
 病気ではありませんが、体内のカルシウムイオンを使う動作・連絡系統の機能が変化する可能性があるということです。


< パルス化されたRF界 >


・周波数200MHzから6.5GHzのパルス波が聴覚を刺激し「ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポン」などの音として聞こえる(マイクロ波聴覚効果、フレイ効果)


< RFによる感電や火傷 >


・周波数100MHz以下での感電や火傷


< 電磁界干渉 >


・電磁機器と電磁界干渉を引き起こし、心臓ペースメーカーなどを誤作動させる(医療機関で携帯電話やスマートフォンの使用が禁止されているのはこのため)


< 引火性溶液と爆発物への発火 >


・電流の誘導によって燃料などの発火性のものや爆発物に発火することがある


< 金属がアンテナとなりRF界を強める >


 直接的な健康被害ではありませんが、金属がアンテナとなり電波を強めることも説明されています。 2016.8.21






五感三欲への干渉


 電磁波攻撃は、「集団ストーカー問題を克服する」の「テクノロジー犯罪の被害集計」にあるような被害を発生させます。

 テクノロジー犯罪で行われる、遠隔地から人体へ電磁波で干渉する攻撃です。 これは人体へ様々なイメージを送信することで、存在しない痛みやかゆみ、暑さ寒さの温度感覚など、様々な錯覚を現実であるかのように感じさせる攻撃です。

 電磁波で干渉され刺激を受けた人体は、存在しないはずの音や映像・痛みなどを感じたり、感情や生理機能に異常な変化を引き起こされてしまいます。 おおよそすべての生体活動に対して、狂わせたり、誤情報を送って錯覚させるようなことができるだろうと考えられています。 (2015/12/29)






熱の発生


 こちらもWHOの「レーダーと人の健康」という文献によると、RF界、つまりレーダーの電波は、1GHzから10GHzのRF界は貫通するときのエネルギー吸収によって熱を発生させます。

 この熱が人の体の温度を上げ、体が熱くなるという被害の原因となっているようです。

 これとは別に、体だけでなく気温の高さを知覚する活動、あついと感じる精神活動のイメージをコピーして送信することで、あつさ感じさせている思考送信も可能だろうとみられています。 2016.8.21






自動車内での被害


 2016年、あるいは2015年くらいから、自動車内でのマイクロ波攻撃による被害が増えている傾向があります。 車を運転する人は、今後、特に注意すべきでしょう。

 思考盗聴についてはかなり前から行われていましたが、特定機密法によって警察関連の機密性が高まった結果、音声送信や身体の誤作動、めまいやてんかんの誘発など、より積極的なマイクロ波攻撃が増加しているとみられています。

 自動車は座席の位置から運転する人の頭部を的確に攻撃できます。 またボディ全体がアンテナの機能を兼ねているなどマイクロ波攻撃との相性もよいとみられます。

 昨今、自動車が人混みの中に突入するような事故が起こっていますが、これらの事故にもマイクロ波の被害が疑われます。

 被害の種類は室内や外出先で受けているのもとほぼ同じです。 違うところは、自動車内という場所の特徴を悪用している点で、被害には次のようなものがあります。


< 道路や交通状況を誤解させる音声送信 >


・事故などを誤解させる騒音などの送信

・パトカーや救急車の存在を誤解させるサイレン音の送信

・パトカーなどのマイクからの発言や放送を偽装した音声などの送信


< 自動車事故を誘発する生体活動の送信 >


・筋肉の収縮やけいれんなどの誤作動の誘発

・やめまい・てんかんの誘発

・痛みの送信

2016.8.24





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system