集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波犯罪

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波犯罪

electromagnetic_wave_crime, 2016/1/12

----

電磁波犯罪とは

電磁波犯罪は組織ストーカーの一環と思われます。

ここで言う電磁波犯罪とは、個人あるいは複数の人間が、何かしらのハイテクな道具を用いて、一個人またはその家族に対して行う、人権を著しく侵害するような粘着的で殺人的な嫌がらせ行為の事を主に指しています。
別の言い方では、テクノロジー犯罪、精神域介入犯罪、BMI犯罪、などとも呼ばれたりしています。

大別すると
-盗聴盗撮
-身体への攻撃
-音声送信
-思考盗聴

といったものがあるようです。 全ての被害者が全ての被害を受けたり自覚しているのではなく被害者によって被害状況に差異があるようです。


----

この被害の特徴

-被害を受けている本人にしかわからないために他者へ訴えても理解を得難い
-電磁波犯罪の場合、他の一般的な犯罪とは違い特殊で、目に見えない犯罪である
-自分自身の身体機能の異常なのかそれとも電磁波攻撃によるものなのかが被害者自身でも判別しにくい場合がある
-訴える被害の内容が本当の精神病の人と被ってしまう部分があるため、第3者から見ると頭がおかしい人だと思われてしまう場合があるので注意しなければならない(ただし本当に精神病の人も中にはいるかもしれないし、撹乱工作要員としての偽被害者もいるといわれている)


----

加害手法の特徴

-集団ストーカーの一環と思われる(つまり集ストの被害も受けている)
-24時間365日何年間でも加害行為をやり続けてくる
-外出時もやられる場合がある(なぜかどこへ行ってもターゲットの居場所がばれている)
-被害を訴えようものなら精神病者扱いをして、被害者側を加害者に仕立て上げようとする
-被害に段階がある(と思う)
-ネットもリアルも基本的に全て筒抜けに近い生活になってしまう


----

加害者について

-自宅にいる場合に被害を受けている場合は隣人などの周囲の住人のいづれかが犯人である可能性が高い
-主に創価学会員によって行われているとの情報が有るようです
-組織的であり、被害者の住んでいる街や地域は、既にその加害者組織によって相当侵蝕されていると思われる。 (つまり創価学会員だらけということ)
-加害者組織で電磁波攻撃の道具を持っている者が、かなりの数いる。 (外出時に出てくる監視要員連中が各々所持していると思われるため。 )
-ターゲットが弱い立場であれば強気になる(孤立状態や病気など)、加害者側がピンチになった場合はかなり怯える


----

加害に用いられている道具について

-ポケットサイズで使えるタイプが存在し使用していると思われる
-対人ではないですが、パチンコのゴト師と呼ばれている連中が使っている物も電磁波発射装置です。
 そういうものも普通に存在しています。


----

加害に用いられている電磁波について

電磁波と一言に言ってもその種類はピンからキリまであります。 (周波数や強さ)
そのうちのどの周波数が電磁波犯罪に使われているのかなどはよくわかってないのが現状だと思います。 電磁波攻撃のタイプによって周波数や強さが違ってくるものと思われます。


----

詳しい内容

詳しくは、下記のサイトや被害者リンク集のサイトなどを参照してください。

電磁波被害と対策

きまぐれファイル / <精神域介入犯罪ミニ知識>

バッカス&ミューズ

思考盗聴の技術



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system