集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波防御理論2 : 科学的考察

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 電磁波被害と対策 > 電磁波被害と対策 > 電磁波防御 >

電磁波防御理論2 : 科学的考察

electromagnetic_wave_defense_theory_2_Scientific_consideration, 2016/8/13, 2017/3/23


< 目次 >

電磁波を防ぐ電波吸収体

鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力
 木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか

銅やアルミで電磁波の電気を吸収

鉄で電磁波の磁気を吸収

痛撃箇所の肌に直接金属を当てて被害軽減

鏡や鉛、ゴム(絶縁体)でも防御可能か

防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御






電磁波を防ぐ電波吸収体


 電磁波、つまり電波を遮蔽するものは、電波吸収体といってステルス戦闘機などに使われているものと同じものが有効となるはずです。 電波吸収体にはゴムやカーボンが使われていて、カーボンは炭素ですから、木炭シートなどで代用できるはずす。

 テクノロジー犯罪の電磁波防御には、電波吸収体による防御壁などををいかに安価に実現するかが課題となります。

 鉄よりも炭素のほうが電波吸収、つまり電磁波遮蔽効果は高いのですが、木炭シートでは炭素の密度自体が低く、防御材としてはスカスカなイメージがありますので、密度の高い鉄板を使ったほうが、確実な効果が期待できる可能性もあります。 このあたりは現在、調査中ですので分かり次第、情報公開します。 2017/2/24


< 参考 >

「電波吸収体 - Wikipedia」






鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力


木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか

 木材を高温で炭化した木炭が、鉄やアルミなどよりも、電磁波遮蔽効果が高く、さらにより広い周波数領域の電磁波を遮蔽することができることが分かっています。 2017/2/23

< 参考 >
防御方法|神戸市の闇 <集団ストーカー・いじめ・近隣の犯罪行為






銅やアルミで電磁波の電気を吸収


 電磁波対策製品は一般向けや医療機関向けなどが作られています。 集団ストーカーのテクノロジー犯罪で使われる電磁波攻撃を専用で対処できる製品の性能を向上させていくのも有力な被害改善策となるでしょう。

 電磁波に対処するにあたって、科学的な観点からどのようにすべきか検討します。

 電磁波は電界と磁界の変化が波動として伝わるものです。 銅線などに電気が流れると、同時に磁場が発生しますが、これと似たことが空気中で起こっているという訳です。 空中を電気と磁気がいっしょに飛んでいるようなイメージになります。

 物質の電気が流れやすさのことを電気伝導率、あるいは導電率と呼びます。 この伝導率の高い物質の上位は銀(64)、銅(63)、金(47)、アルミ(38)、カルシウム(25)、ベリリウム(24)の順でとなっています。 (括弧内の数値WikiPediaで使われていたは温度20度と0度の平均値、参照:電磁波 - Wikipedia


 導電率は銀と銅が高く同程度となっています。 金・銀・ベリリウムは貴金属で単価が高いため、電磁波防御に使うのであれば、銅かアルミを使うのが現実的でしょう。 現在の鉱物相場だとアルミが銅の半額以下と安く、さらにアルミのほうがさびにくいため、使いやすいでしょう。

 銅はさびやすいですが、電気回路に使う訳ではありませんので、十円玉のようにさびても電磁波防御に使うにはあまり問題はないでしょう。 もさび止め加工もやればできます。

 四角い箱型のヘルメットを作ってかぶるだけでも電磁波攻撃をする加害者は困るはずです。 銅で作ってアースで電気を逃がすようにすれば、さらに効率的に電気が流せるかもしれません。


 ちなみに銀を使った電磁波防御製品も作られています。 実際に試してはいませんが、銀は導電率が高いのでなかなか有望な対策製品といってよいでしょう。

参考 : 電磁波シールドメッシュ(電磁波防止繊維素材)






鉄で電磁波の磁気を吸収


 電磁波の磁気の防御には鉄が有望です。 磁束の吸収しやすさを透磁率といい、これが高いほど磁界を弱める性質があります。

 この透磁率が高い物質が、鉄、コバルト、ニッケルなどです。 鉱物単価の安い鉄がおすすめ。 鉄は地球上で最も多く存在すると言われるだけあって安いです。

 簡単な防御方法ですが、鉄板に磁石を付けておけくだけでも、電磁波攻撃の磁界に干渉することが予想されます。 2016/8/13






痛撃箇所の肌に直接金属を当てて被害軽減


 テクノロジー犯罪の被害が悪化してくると、皮膚表面へ直接痛みを感じる被害を受けることがあります。 この痛みの感覚の送信を痛撃攻撃、痛覚攻撃などと呼びます。 これの対処法として痛みのある部分にアルミなどの金属を直接あてると被害がおさまる、という情報があります。 この説が正しい場合は、アルミ以外の鉄や銅などでも効果があるはずです。

 残念なことに下記のあめんぼさんは偽被害者コメント記事でフリーメーソンを賛美していますので、情報の信頼性には疑問が持たれています。 そうとはいえ、正しい可能性もありますので、機会があるかたは念のため試してみてもよいでしょう。 被害が軽減するのであれば、情報源が何であるかはそれほど重要ではないでしょう。

< 参考 >
テクノロジー犯罪を分析してみた その2|あめんぼの集団ストーカー周知活動ブログ

 加害者はレーダーで皮膚表面を計測して、マイクロ波による痛撃電磁波攻撃をしているのではないかという予測がされています。 電磁波の照射ポイントを直接金属で防ぎ、電磁波を金属へ誘導し、最後には加害者に攻撃をあきらめさせる、ということが起きているのかもしれません。

 仕組みとしてはありそうな話ではあります。 2017/2/23, 2017/3/23






鏡や鉛、ゴム(絶縁体)でも防御可能か


 鏡や鉛でも電磁波攻撃の被害が軽減したという情報もあります。 鏡は電磁波の一種である光を反射することから、攻撃電磁波も反射する可能性があります。 鉛のほうはどういう仕組みで被害を軽減するかよく分かりませんので、現在、調査中となっています。

 重金属が電気の流れを絶縁しているということかもしれません。 絶縁体で攻撃電磁波が防げるのであれば、水泳に使うゴム帽子などでも被害が軽減する可能性があるのかもしれません。 2016/8/13






防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御


 まずはじめの注意としては、電磁波は電気を含んだような波動ですから、強い電磁波は感電する恐れがあるので、直接、体には触れないようにしたほうがよいでしょう。 2016.8.21

 実際の検証はできていませんが、理論上は鉄板と銅板かアルミ板を重ねたヘルメットや壁を作るのが有望な電磁波対策となるのではないでしょうか。

 金属の加工が難しい場合は、長方形の板を円錐状の笠や頭巾のような形に加工するという方法もあります。 視界を確保できれば自室であれば日常的に使うこともできるでしょう。 笠が重くなると首や肩がこりそうですが、ひどい電磁波攻撃を受けるよりはよいでしょう。 2016.8.14

 その後の調査で、マイクロ波パルスの兵器利用は世界各国で行われていて、防御武装も開発されていることが分かりました。 めまいやてんかんを起こす兵器がすでに開発されていますが、これを防ぐ武装が、鉄カブトのような金属スクリーンで、頭部を電磁波から防御する仕組みになっています。

 軍事武装と民間の電磁波防御とは目的が異なりますが、鉄・銅・アルミなどで壁を作るよりも、ヘルメット型のほうが、特に強い電磁波攻撃に対しては効果的なものが作りやすいということでしょう。

 金属のヘルメットをかぶったまま生活するのもおかしな話ですが、被害を防ぐためには致し方ないでしょう。 大きめの帽子や髪の毛、マスク、サングラスなどをうまく使えば、外出時でもそれなりに目立たないようになるかもしれません。 2016.8.22

 実際の防御効果については調査中です。 分かり次第公開していきます。 2016.8.14


< 参考 >

学者でなくてもできる庶民的な防御策
 電磁波防御内の記事 2016.8.25








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system