集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities


 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

電磁波防御理論2:防御法の科学的考察

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 電磁波被害と対策 > 電磁波被害と対策 > 電磁波防御 >

電磁波防御理論2:防御法の科学的考察

electromagnetic_wave_defense_theory_2_Scientific_consideration, 2016.8.13, 2018.6.4, 評価:★★★★★


< 追伸 >

 詳しい情報を公開しているサイトが見つかりましたのでまずはこちらを参照してください。このページの内容は更新が間に合わず、リンク先のサイトの情報を反映できていませんので注意してください。リンク先サイトの情報のほうが信頼性が高くなっています。 2018.6.4

電磁波シールドの方法と適切な材料


< 目次 >

電磁波を防ぐ電波吸収体

電波防御の基本
 電磁波は波なので隙間から入ってくる

移動中の衣服などでの防御案
 いつか対処すべき対テク犯の電磁シールドウェア案

鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力
 木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか

銅やアルミで電磁波の電気を吸収

鉄で電磁波の磁気に干渉

鉛がX線の遮蔽に使われている

鉛と銅の合金である真鍮(黄銅)シート

UVカット製品は電磁波対策製品でもある

ラジエーターコイルで電磁波を吸収

永久双極子が電波吸収性能が高い
 アルミ・シリコン・炭素など

水で防御
 ペットボトルの水壁やシャワーなど

体に金属を当てて被害軽減
 被害箇所などの肌に直接金属を当てて攻撃電波を吸収

磁石で防御

鏡や鉛、ゴム(絶縁体)でも防御可能か

レンズで電磁波を屈折

防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御


< 関連 >

テク犯シェルター作成
 テク犯防御スペースを作ろう 2018.5.23


< 参考 >

参考 - 電磁波防御
 科学的考察や被害報告を元にした防御策の検討 2018.3.10

一般的な防御策 2018.5.9

テクノロジー犯罪 防御法大募集♪
 テク犯防御法の掲示板 2018.5.23

被害対策・被害改善方法リンク 2018.5.23




電磁波を防ぐ電波吸収体


 電磁波、つまり電波を遮蔽するものは、電波吸収体といってステルス戦闘機などに使われているものと同じものが有効となるはずです。 電波吸収体にはゴムやカーボンが使われていて、カーボンは炭素ですから、木炭シートなどで代用できるはずす。

 テクノロジー犯罪の電磁波防御には、電波吸収体による防御壁などををいかに安価に実現するかが課題となります。

 鉄よりも炭素のほうが電波吸収、つまり電磁波遮蔽効果は高いのですが、木炭シートでは炭素の密度自体が低く、防御材としてはスカスカなイメージがありますので、密度の高い鉄板を使ったほうが、確実な効果が期待できる可能性もあります。 このあたりは現在、調査中ですので分かり次第、情報公開します。 2017/2/24


< 参考 >

「電波吸収体 - Wikipedia」




電波防御の基本


電磁波は波なので隙間から入ってくる

 波長や性質はかなり違うのですが、海の波をイメージすると分かりやすいでしょう。 海岸に防波堤があっても波は間から入ってきます。 同じように電波(電磁波)も隙間から入ってきます。 そのため鉄板で防御するときは、防御する空間がなるべく密閉されるように注意しなければなりません。 市販のアルミホイルは小さな穴が開いているので何重か重ねるなどの工夫をするとよいでしょう。

 テク犯の電磁波はパルス型マイクロ波が使われているとみられていますので、波長の短いマイクロ波は針穴のような隙間からも侵入してきてしまいます。 まだ効果的な防御壁の作成法はよく分かっていませんが、薄い鉄板を重ねて使うのであれば、互い違いに並べるなど工夫したほうが電波を防ぎやすくなるでしょう。

 また電波は流れる(移動する)ものですから、アースを付けてスムーズに移動させることで人体への被害が軽減することが知られています。 アースも非常に重要です。 2018.1.11




移動中の衣服などでの防御案


いつか対処すべき対テク犯の電磁シールドウェア案

 調査が進んでいないのであまり現実的ではない仮定の話となっていますが、電波攻撃を防ぐ衣服のアイディアを紹介しておきます。テク犯用の電磁シールドウェアの調査研究を進められるような人達へ少しでも助けになればと思います。

 ここに挙げている以外のアイディアでは、テク犯は軍事兵器が民生化されたものなので、手にい入るなら軍事研究の資料がそのまま参考になるはずです。


 鉄板小部屋のような電磁シールドルームで防御効果が十分なら、鉄板よろいのようなものを作れば防御できるはずです。薄く小さな鉄板をウロコのように重ねていけば小部屋に近い防御効果が実現できるかもしれません。鉄よろいならぬ鉄の服のようなものになるでしょうが、上に服を着ればそれなりに普通の生活ができるかもしれません。

 鉄板などで電波を吸収する電磁シールド理論では、電気の流れるもので体を覆えばよいということになります。

 電波は小さな隙間をすり抜けてしまうのでアルミホイルでは防げないのですが、同じように導電性の繊維で服を作っても隙間ができてしまうでしょうから、防ぐのは難しいかもしれません。隙間をなくすには導電性塗料を厚く塗ってアーシングするようなやり方のほうが多少は実現できる可能性が高いかもしれません。

 他には、アーシング用にズボンの隙間から細い鎖が出ているような形では不自然なので、ピアスやメガネ、ヘアピンなどを送受信アンテナにして、電波攻撃を受信して体を通さずに放電できるような形にできるならこのほうが便利です。

 後は電波の吸収が無理なら反射の精度を上げてすべて反射するという方向性も理論的には考えられます。光も電波の一種なのですが、電波攻撃も光のように反射できる可能性もないことはないでしょう。

 電波というのは空気中を移動するマイナス電子なのでプラスの電荷を持つ何かで吸収したり、強い磁気で反発させ進行方向を変えてしまうというやり方ができる可能性も理論上はありえるはずです。 2018.5.23


< 関連 >
テク犯シェルター作成
 テク犯防御スペースを作ろう

< 参考 >
EMI / RFに敏感な人々のための電磁波防護服
 今ある防護服 800MHzから18GHzの周波数範囲で少なくとも90%のRF電場(非電離放射線)の減少など 2018.5.30




鉄や銅を超える木炭の電磁波遮蔽能力


木炭シートが電磁波防御のセオリーとなるか

 木材を高温で炭化した木炭が、鉄やアルミなどよりも、電磁波遮蔽効果が高く、さらにより広い周波数領域の電磁波を遮蔽することができることが分かっています。 但し、備長炭や竹墨などは遮蔽できる周波数帯が限られていますので、テクノロジー犯罪の電磁波防御には向いていないようです。 2017/2/23, 2017/11/16

< 参考 >
防御方法|神戸市の闇 <集団ストーカー・いじめ・近隣の犯罪行為




銅やアルミで電磁波の電気を吸収


 電磁波対策製品は一般向けや医療機関向けなどが作られています。 集団ストーカーのテクノロジー犯罪で使われる電磁波攻撃を専用で対処できる製品の性能を向上させていくのも有力な被害改善策となるでしょう。

 電磁波に対処するにあたって、科学的な観点からどのようにすべきか検討します。

 電磁波は電界と磁界の変化が波動として伝わるものです。 銅線などに電気が流れると、同時に磁場が発生しますが、これと似たことが空気中で起こっているという訳です。 空中を電気と磁気がいっしょに飛んでいるようなイメージになります。

 物質の電気が流れやすさのことを電気伝導率、あるいは導電率と呼びます。 この伝導率の高い物質の上位は銀(64)、銅(63)、金(47)、アルミ(38)、カルシウム(25)、ベリリウム(24)の順でとなっています。(括弧内の数値WikiPediaで使われていたは温度20度と0度の平均値)

< 参考 >
電気伝導率 - Wikipedia
 物質の電気の伝わりやすさについて

 電磁波 - Wikipedia


 導電率は銀と銅が高く同程度となっています。 金・銀・ベリリウムは貴金属で単価が高いため、電磁波防御に使うのであれば、銅かアルミを使うのが現実的でしょう。 現在の鉱物相場だとアルミが銅の半額以下と安く、さらにアルミのほうがさびにくいため、使いやすいでしょう。

 銅はさびやすいですが、電気回路に使う訳ではありませんので、十円玉のようにさびても電磁波防御に使うにはあまり問題はないでしょう。

 四角い箱型のヘルメットを作ってかぶるだけでも電磁波攻撃をする加害者は困るはずです。 銅で作ってアースで電気を逃がすようにすれば、さらに効率的に電気が流せるかもしれません。


 ちなみに銀を使った電磁波防御製品も作られています。 実際に試してはいませんが、銀は導電率が高いのでなかなか有望な対策製品といってよいでしょう。 2016.8.13, 2018.5.30

< 参考 >
電磁波・マイクロ波対策グッズ - 被害対策グッズ 2018.5.30




鉄で電磁波の磁気に干渉


 電磁波の磁気の防御には鉄が有望です。 磁束の吸収しやすさを透磁率といい、これが高いほど磁界を弱める性質があります。

 この透磁率が高い物質が、鉄、コバルト、ニッケルなどです。 鉱物単価の安い鉄がおすすめ。 鉄は地球上で最も多く存在すると言われるだけあって安いです。

 簡単な防御方法ですが、鉄板に磁石を付けておけくだけでも、電磁波攻撃の磁界に干渉することが予想されます。 2016.8.13, 2018.5.28




鉛がX線の遮蔽に使われている


 医療で使われているX線が周囲へ放射するのを防ぐのに鉛素材の防御壁が使われています。 X線は放射線の一種で、放射線は電離電磁波のことですから、加害行為が放射線攻撃であれば鉛板で被害が軽減する可能性があります。




鉛と銅の合金である真鍮(黄銅)シート


 鉛はX線(電離放射線で電磁波の一種)の遮蔽、銅は電気の誘導に効果がありますので、その合金である真鍮(しんちゅう、黄銅のこと)にも電磁波防御効果があります。 十分な検証データは確認できていませんが、一説によるとかなりの高い効果があるそうです。




UVカット製品は電磁波対策製品でもある


 UVとはウルトラ・バイオレットの略で紫外線のことです。 UVカットでカットしている紫外線は電磁波の一種です。 UVカット素材には二酸化チタンや特殊セラミックスなどの微粒子を入れることで、電磁波であるUVを吸収・乱反射させています。

 例によって検証データの確認が不十分な状態ではありますが、理論上はUVカットのサンバイザーや服などで電磁波が吸収・乱反射され被害が軽減する可能性があります。


< 参考 >

Vol.7 UVカット素材 - KASEN TOPICS|よくわかる化学せんい|日本化学繊維協会(化繊協会)

KASEN TOPICS|よくわかる化学せんい|日本化学繊維協会(化繊協会) 2017.12.6




ラジエーターコイルで電磁波を吸収


 熱交換器として使われているプレート状のラジエーターコイルをアースにつなぐことで電磁波攻撃を防御できるそうです。 コイルは電磁波の誘電性が高いので、高い防御効果が得られそうですが、ラジエーターコイルは熱交換器として作られたものですので、どの種類のものが有効なのかはよく分かっていません。 確認が遅れていますが、この情報自体はバリー・トラウアーさんからの情報だったと思いますので、実現できればなかなか有望な防御策となるのではないでしょうか。

 電磁波防御にラジエーター機能は必要ありませんので、銅線や針金を購入してコイルを自作したほうが安上がりでニーズにあった防御壁が作れるかもしれません。 バリーさんも言っていたと思いますが、電磁波は隙間があると入ってきますので、隙間がなくなるようにするのが自作のコツです。 2017/11/16




永久双極子が電波吸収性能が高い


アルミ・シリコン・炭素など

 ツイッター情報を転載しておきます。

------ 転載開始 -----

銀と銅は高価なのでなかなか手が出ませんが、磁石がつかないものはダメなのかな?という印象。なので個人的には鉄や亜鉛トタンの信頼度が高いです。しかし最近の調べによると、永久双極子(普段から+と-両方の電価を持つ)ものが電磁波吸収性能が高いという情報があり、これがアルミ、シリコン、炭素にあたるので、そちらにも興味が行ってます。でも、経験則からいくとレーザーのようなもので、直進性があり、これが鉄板を突き抜けてきてる印象があり。それに対抗するのに、磁性の強い鉄や亜鉛が有効なのだろうと考えてます。半信半疑ですが。

------ 転載終了 -----

< 参考 >
永久双極子 - ブリタニカ 2018.2.16




水で防御


ペットボトルの水壁やシャワーなど

 水は電気が通りますので空気中を移動する電波である電磁波も水を通ります。攻撃側の電波の強度によって防げないことも多いのですが、ペットボトルの水やシャワーの水で被害が軽減することがあります。

 水は食塩を入れることで電解水となり導電性が高まります。これは科学的には食塩水の中では塩がナトリウムイオンと塩素イオンに分かれるので電気を通す導体となるためです。水に入れる食塩の量は少し溶け残るくらいの量にしておけばその温度での飽和状態となっているはずなので十分でしょう。塩が水に溶ける量は水の温度で変わりますので夏の一番暑い時期の温度で少し溶け残っている状態であれば濃度的には一番濃い状態になっているはずです。

 電解水は、物質の原子や分子が帯電しイオン化して溶けた状態になっている液体のことです。この状態だと電子が移動できるので電気が通る状態になります。イオン化する物質にはイオン化しやすいものとそうでないものがあり、イオン化しやすいものをイオン化傾向が大きいといいます。物質ごとのイオン化傾向の違いはイオン化列として明らかになっています。

 参考(*1)に挙げておきましたが、このイオン化傾向はナトリウムよりもカルシウムが、さらにカリウムのほうが大きくなっています。水に溶けてしまえば電気の移動にはあまり影響がないのかもしれませんが、安価で手に入る炭酸カリウムやカルシウムで作った電解水でも電波を防御できるかもしれません。

 肝心の防御効果についてですが、これはデータ不足でよく分かっていません。加害電波の強度にも違いがあるでしょうし、計測しにくい瞬間的な攻撃となっていることがあったり、適切な計測器などもよく分かっていませんし、計測行為なども加害者が監視しているので攻撃を止めたり妨害してくる可能性などもあって、客観的なデータを取りにくいのが現状のようです。

 このような状態にあっても加害電磁波の計測に成功したと主張している活動家もいますので、それが正しい情報だとすれば、思いのほか簡単に計測できる可能性もあります。この点はこのサイトでは今後の調査課題としておきます。 2018.5.9, 2018.5.10

< 参考 >

(*1) イオン化傾向 2018.5.10

一般的な防御策 2018.5.9




体に金属を当てて被害軽減


被害箇所などの肌に直接金属を当てて攻撃電波を吸収

 テクノロジー犯罪の被害が悪化してくると、皮膚表面へ直接痛みや不快感を感じる被害を受けることがあります。 この痛みの感覚の送信を痛撃攻撃、痛覚攻撃などと呼びます。 これの対処法として痛みのある部分にアルミなどの金属を直接あてると被害がおさまる、という情報があります。 この説が正しい場合は、アルミ以外の鉄や銅などでも効果があるはずです。

 電磁波攻撃をしてくる方向が分かる場合は、そちらと自分の間に金属板を置くなどして防御すればよい訳ですが、攻撃方向が分からない場合や金属板が小さい場合は服の上などから体にあてて防ぐという方法も効果がありそうです。 電磁波は針の穴のような小さな隙間からも入ってくるので、出来るのであれば、なるべく大きな金属板で隙間なく防御したほうが効果的です。

 残念なことに下記のあめんぼさんは偽被害者コメント記事でフリーメーソンを賛美していますので、情報の信頼性には疑問が持たれています。 電磁波は体内の水分などを伝って流れて行くものですから、アースなどをしないと電磁波を拡散させて被害が悪化してしまう可能性もあります。

 そうとはいえ、何か工夫すれば防御効果が得られる可能性もありますので、機会があるかたは念のため試してみてもよいでしょう。 被害が軽減するのであれば、情報源が何であるかはそれほど重要ではないでしょう。

< 参考 >
テクノロジー犯罪を分析してみた その2|あめんぼの集団ストーカー周知活動ブログ


 他には膝の裏側をアルミ箔で防御すると被害が軽減するという情報もあります。 加害攻撃法(被害の種類)にもよりますが、もしも効果があるとすれば、より厚いアルミや鉄・銅などの板のほうが効果が高まることが予想されます。

< 参考 >
電磁波攻撃防御法 まとめ - IKAメーター ~集団ストーカー&電磁波攻撃~


 加害者はレーダー技術装置で頭部や皮膚表面を計測・追跡して、マイクロ波による痛撃電磁波攻撃をしているのではないかと予想されています。 金属を体に当てる防御法では電磁波の照射ポイントを直接金属で防ぎ、電磁波を金属へ誘導したり減衰させたりしていることが予想されます。 またこの対策や防御全般に共通することですが、続けることで長期的には加害者にその攻撃法をあきらめさせる効果も合わせて期待できます。 2017.2.23, 2018.1.6




磁石で防御


 マグネットシートや磁石で防御できるという説もあります。 効果がないという人もいますが、理論上は電磁波の磁界に干渉すること予想されます。 実証結果に乏しいのがネックですが、鉄板防御壁などを作る際には、合わせてマグネットシートを貼り付けることで、磁界への干渉効果が強まることが予想されます。 それがどの程度まで体感被害を軽減させるかは分かりませんが、防御壁の継ぎ目などをピンポイントで補強するなどして効果を確認したいところです。

< 参考 >
重要!電磁波等の被害者の方へ(電磁波対策実験結果) - DENEBUのブログ  (最新版) 2018.1.11




鏡、ゴム(絶縁体)でも防御可能か


 鏡でも電磁波攻撃の被害が軽減したという情報もあります。 鏡は電磁波の一種である光を反射することから、攻撃電磁波も反射する可能性があります。

 電磁波は電気と磁気を帯びた波動ですから、電気を通さないゴムなどの絶縁体も通過できない可能性があります。 ゴムで攻撃電磁波が防げるのであれば、ゴム板や水泳に使うゴム帽子などでも被害が軽減できる可能性があります 2016.8.13, 2017.12.6




レンズで電磁波を屈折


 電波(電磁波)の一種である光がレンズで屈折することから、テクノロジー犯罪の攻撃や監視電波も屈折させることができるかもしれません。昔の小学校の授業の中で、虫眼鏡を使って太陽光を集めて紙を燃やす実験がありましたが、同じように電波被害を悪化させてしまう可能性も考えられます。 2018.5.28




防御案 : 鉄と銅・アルミの二重板で防御


 まずはじめの注意としては、電磁波は電気を含んだような波動ですから、強い電磁波は感電する恐れがあるので、直接、体には触れないようにしたほうがよいでしょう。 2016.8.21

 実際の検証はできていませんが、理論上は鉄板と銅板かアルミ板を重ねたヘルメットや壁を作るのが有望な電磁波対策となるのではないでしょうか。

 金属の加工が難しい場合は、長方形の板を円錐状の笠や頭巾のような形に加工するという方法もあります。 視界を確保できれば自室であれば日常的に使うこともできるでしょう。 笠が重くなると首や肩がこりそうですが、ひどい電磁波攻撃を受けるよりはよいでしょう。 2016.8.14

 その後の調査で、マイクロ波パルスの兵器利用は世界各国で行われていて、防御武装も開発されていることが分かりました。 めまいやてんかんを起こす兵器がすでに開発されていますが、これを防ぐ武装が、鉄カブトのような金属スクリーンで、頭部を電磁波から防御する仕組みになっています。

 軍事武装と民間の電磁波防御とは目的が異なりますが、鉄・銅・アルミなどで壁を作るよりも、ヘルメット型のほうが、特に強い電磁波攻撃に対しては効果的なものが作りやすいということでしょう。

 金属のヘルメットをかぶったまま生活するのもおかしな話ですが、被害を防ぐためには致し方ないでしょう。 大きめの帽子や髪の毛、マスク、サングラスなどをうまく使えば、外出時でもそれなりに目立たないようになるかもしれません。 2016.8.22

 実際の防御効果については調査中です。 分かり次第公開していきます。 2016.8.14


< 参考 >

学者でなくてもできる庶民的な防御策
 電磁波防御内の記事 2016.8.25






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system