集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
セラミックスの電波妨防御効果 セラミックス、陶器が電磁波を防ぐ可能性

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

セラミックスの電波妨防御効果

electromagnetic_wave_protection_effect_of_the_ceramics, 2016.7.29, 2016.8.25

セラミックス、陶器が電磁波を防ぐ可能性


 セラミックスが電磁波を防ぐという情報があります。

 セラミックスは日本語でいうところの陶器のことで、元々は土や粘土などを高温で焼いたもののことです。 粘土を焼くとガラス質や金属が溶けることで表面が加工されるので、これが食器などに使われてきました。 現在では炉で焼いて作るもの全般がセラミックスと呼ばれています。

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の電磁波攻撃に使われるマイクロ波は電気と磁気をおびた波動ですから、空気中を通るときよりも、鉄・アルミなど金属や水などを通過するほうが誘導されたり干渉されたりしやすいことが知られています。

 普通のお店でセラミックスのブレスレットなどが販売されています。 これがもしも電磁波防御の効果があるとすれば、直接肌に接触することで体(主に頭)に照射された電磁波を吸収してくれる可能性があります。 2016.7.29

 テクノロジー犯罪では主に頭部への電磁パルス攻撃が行われています。 そのため、ヘアバンド、ヘアピン、メガネ、さらに太めのヘッドバンドやニット帽子、ネックレスなどにセラミックスを使えば効果的な防御策となる可能性があります。

 髪の毛に付けるよりも肌に直接触れたほうが電気が逃げやすくなりますので、この中ではメガネフレームをセラミックスにするのが効果的でしょう。 2016.8.25




仕組み


 電気工学などの専門家ではありませんが、調べたところでは、セラミックスの電磁波軽減の仕組みは、コンデンサーのように電気を一時的に吸収し、すぐに放出するような仕組みになっていると予想されます。

 セラミックスは誘電体、絶縁体として一時的に電気を蓄え、放出する特徴があります。 セラミックスは結晶構造となっていて、電気が通るとイオン分極を起こし磁界を発生させます。

 そのため電磁波攻撃のマイクロ波に含まれる電界を電子レベルで分解し磁界に変換するようなことが起こり、自衛隊などの電磁波攻撃で照射したマイクロ波が攻撃用に意図したものとは違うものとなってしまい、結果として電磁波攻撃を軽減させるのではないでしょうか。

 このあたりは実験設備を持った専門家が調べれば明らかになるでしょうから、いずれ証明されるかもしれません。


< 参考 >

日本ガイシ セラミックアカデミー




セラミックスの電磁波防御への活用


 医学の世界には電磁波過敏症という症状があります。 電磁波に特に敏感な人がいて、体に違和感を感じる症状を訴えています。

 これはテクノロジー犯罪の電磁波攻撃による被害と同じものだと考えられます。 電磁波被害というものは、誰かの体の中で起こっているのもで、機械などで外部から客観的に計測することが難しいようです。 あるいは自衛隊や警察、公安などのテクロジー犯罪を隠すため、研究が進められていないだけかもしれません。

 しかし、電磁波防御に使う妨害機を使えば分かるように、電磁波過敏の被害は作り出すことができます。 方法は簡単で、体をリラックスした状態にして、15分くらい電磁波妨害機を頭に近づければ、おそらく誰でもゾワゾワするような不安感やオバケなど霊的な違和感と誤解させるようなものを自分の体に感じることができるはずです。

 これは自衛隊や公安から電磁波(遠隔テクノロジー)攻撃を受けた被害者であれば、感じたことのある人は多いはずです。 夜、眠りについた後などに感じる体の違和感の原因は、オバケや自縛霊などではなくテクノロジー犯罪である可能性が高いでしょう。

 電磁波への感受性の強い人たちは、この違和感をかなり確実に自覚できます。 セラミックスが電磁波を防ぐと主張している人も電磁波感受性の強い人でしょうから、セラミックスが実際に電磁波被害を軽減している可能性は高いでしょう。

 自衛隊や警察の電磁波攻撃だけでなく、インターネットの無線WiFiルーターやスマートフォンなども長期的に使うと健康被害が出るような、危険な電磁波を発生させています。 そのため、表社会側からも一般的向けの電磁波対策製品としてセラミックス製品が開発される可能性も十分に期待できます。

 誘電体セラミックスの比誘電率(誘電性能のようなもの)は約4から10,000となっていて範囲が広くなっているようですので、電磁波の周波数ごとに防御に有効なセラミックスの開発がされるようになるかもしれません。 2016.7.29


< 参考 >

アーススタビライザー│その他│商品情報│森修焼
 陶器が電波ノイズを軽減する話など 2016.8.25

電磁波の周波数と被害の関係
 周波数によって異なる精神攻撃が可能(バリー・トラウアー)

衣服や調度品による電磁波対策
 被害を受けにくい生活環境を作る

製品による電磁波対策
 自衛隊・公安・警察犯罪を自力で対処 2016.7.29





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system