集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
電磁波技術

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > テクノロジー犯罪 > 電磁波被害と対策 >

電磁波技術

electromagnetic_wave_technology, 2015/12/22, 2017/10/15

< 目次 >

技術の存在

技術の種類

送信技術

電磁波機器所持組織
 官民の研究所、警察公安、創価学会は電磁波機器を所有しているはず

電磁波技術の研究機関
 テクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関予測


< 参考 >

集団ストーカーをぶっ潰せ マインドマシンの詳細

日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメント

速報619号 アメリカ、新兵器をイラクで使用 060721
Translators United for Peace


電磁波防御
 科学的考察や被害報告を元にした防御策の検討

電磁波被害と対策
 電磁波・テクノロジー犯罪関連の被害と対策の総合インデックス

テクノロジー犯罪の技術関連リンク
 BMI、電波(電磁波)、音波、洗脳、その他




技術の存在


 すでに何度も書いていますが、世間一般の大多数である、思考盗聴や電磁波技術の否定派である一般人の方のために説明しておきます。 実に非常識な電磁波による嫌がらせ、人間の精神活動や神経などに干渉し、思考や感覚などを解析したり、痛みなど刺激を錯覚させたり、さらには電子レンジ(電磁波の一種であるマイクロ波で水分子を振動させ熱を作る装置)のようにマイクロ波を直接的に人体に照射して傷や火傷を負わせるような凶悪な電磁波攻撃が、現実として行われています。

 この電磁波技術の存在については、現在の科学や軍事技術の分野では存在する技術、実現可能な技術として扱われています。 世界的に公式な特許申請などにも多数の電磁波応用技術の案が提出されています。 ネット検索などしてもらえれば確認できます。

 20世紀初頭の世界大戦のころから研究が行われており、現在では、一般的には自然現象と思われている地震・津波・竜巻・集中豪雨など地球規模の様々なものを引き起こすことができると知られています。 最近の日本では、東北大震災という大地震がありましたが、このとき、日本がアメリカに援助を求める交渉のようなことを行いました。

 その際に、担当した政治家が、アメリカを軍事技術として地震を引き起こせる技術を持つ国であると発言したことが問題になったほどです。 アメリカを地震を起こせる国だと認識している人物が、救援交渉をしたとします。 そうすると、地震の犯人である可能性があると暗にほのめかしているように相手に誤解させるのではないか、といったことが問題となったようです。

 東北大震災も、その前の阪神大震災も、世界的には、すでに地震を起こす技術が発明されてしまった後の出来事ですから、どちらも人為的な被害でないことを祈ります。



技術の種類


 電磁波とは電波とほぼ同じ意味で、電気と磁気を帯びた波動のことです。 電磁波のほうが若干定義が狭く、電波のほうがより広い範囲の周波数帯を含んでいるため、不特定の電磁波周波数帯をあらわす場合は、電磁波よりも電波という言葉が使われます。

 電波は周波数帯によって異なる性質がり、それぞれ別の呼び方となっています。 代表的なものは次のものです。 テクノロジー犯罪に悪用されているものをあげます。

・放射線(核兵器や医療のレントゲンやX線・ガンマ線などの電解電磁波)
※以下にあげる電波は非電解電磁波。
・マイクロ波(テクノロジー犯罪の思考盗聴や生体解析に使われるパルス型電磁波)
・レーザー(いわゆる光の特性を持つ電波)
・メーザー(マイクロはとレーザーの両方の特性を持つ電波光)
・リリー波(脳のニューロンを共鳴させる電気パルス)
・スカラー波(横波の電磁波)

※マイクロ波は物理波と電磁波の両方の特性を持つ波長領域であるとみて間違いないとみられています。 2017/7/13, 2017/10/15


 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの代表が森元総理が現役の総理大臣であったころから後の、歴代総理大臣のほぼすべてに提出している要望書の2015年度版に、以下のような説明が記載されています。 テクノロジー犯罪とは主に電磁波を利用した遠距離型の生体情報取得や攻撃などのことです。 この要望書では、日本の総理大臣はもちろんのこと、世界各国への情報伝達や協力依頼も同時に行われていますので、世界中の国々へ知れ渡っている可能性のある文書です。

 以下、引用
「テクノロジー犯罪には、遠距離から、見えない方法で、人間の生理機能から、運動機能、五感、感情、三欲に影響を及すテクノロジーが使われております。 しかもそれは影響のレベルを越えてコントロールできるレベルにあることは被害者証言から断言できますので『サイバー技術』が高度に完成していることが分かります。 この事実は、本人以外の意思で自らの各機能が動かされてしまうことで、言語を絶する人権侵害であります。 」
引用、終わり


 集団ストーカーに関する電磁波技術をもう少し詳しく説明しておきます。 使用目的はもちろん何らかの嫌がらせです。

・人間の生理機能の誤作動


 無意識で起こる生体活動のことで、心拍数の増加や排泄欲求の錯誤などの被害があります。 他にもホルモンバランス・反射・副交感神経系の異常などの被害もあります。

・運動機能の誤作動


 筋肉が無意識的に動かされる被害があります。 手足が勝ってに動いたり、全身の筋肉が収縮し、かがみ込むようにうずくまる体勢にされる被害もあります。

・五感の錯誤


 存在しない音や光を感じたり、温感に異常をきたし過剰な暑さや寒さを感じる被害、また皮膚や内臓が触れれるような感覚や痛みなどを感じさせられる被害があります。 頭痛や皮膚のかゆみ被害の報告が多いようです。

 音声イメージの送信は、被害者には自分の考えと区別しにくいため、精神に現れる「飛び降りろ」「手首を切れ」などといった自殺を強要するイメージ(念のようなもの)を自分の考えたことと誤解して、自殺しそうになったという被害も出ています。 被害者の心に突然浮かび上がる音声イメージは、霊的なもの、おばけや背後霊、神様などの声と被害者に誤解されやすい傾向があります。

 また精神干渉ではなく、電子レンジのマイクロ波を照射するような外部から火傷を負わせるような技術も知られています。

・感情の錯誤


 うつ病のような無気力感や脱力感、倦怠感、悲壮感など、消極的な感情や悲観的な感情を引き起こされる被害があります。

・三欲の錯誤


 生理機能というべきかもしれませんが、こちらも意図的な干渉を受け変化させれる被害があります。 2017/7/13




送信技術


 下の参考に挙げたサイトで電磁波を誘導する方法について説明されています。 海外サイトを調べたところ電磁波の誘導方法には以下の3つあると書かれていたそうです。

・マイクロ波キャリアULF-UHF誘導法
・直接接触誘導法
・磁気パルス誘導法

 テクノロジー犯罪は自宅や外出先など場所によって被害の傾向が異なることがありますので、場所によって異なる何らかの据え置き型の装置が使用されている可能性があります。 用途や大きさ・電源などの制限によって様々な装置が開発されているとみてよいでしょう。 2017/10/9

< 参考 >
日本の闇と集団ストーカー ... エレクトリックハラスメント




電磁波機器の所持組織


電磁波機器所持組織
 官民の研究所、警察公安、創価学会は電磁波機器を所有しているはず




電磁波技術の研究機関


電磁波技術の研究機関
 テクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関予測






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system