集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
ノドへの電磁波被害

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


個別分析 電通 > 電通の疑惑 >

ノドへの電磁波被害

[electromagnetic_waves_damage_of_the_throat]
(2016/01/11)

ノドにガンを誘発させた疑い




目次


電磁波でノド攻撃が可能

日本ではつんくさんが電磁波被害にあっていた可能性がある

岡井千聖さんの場合

誰がノドへ電磁波攻撃をしているのか

本当に電磁波でノドをガンにするのか




電磁波でノド攻撃が可能


 電磁波によるBMI攻撃では人体の特定の部位のみを攻撃することもできます。

 アメリカではブッシュ大統領までが、電磁波被害と思われるノドへの攻撃で、声が出なくなる被害が出ており、映像でも確認できます。

動画:ブッシュ大統領、突然声が出ない?


モスクワの米国大使館でもガン誘発による死者が出ています。 ロシア政府は電磁波技術の兵器利用が可能なこと、殺人が可能なことをすでに認めています。

モスクワシグナル事件
 電磁波で米国大使館職員を暗殺

忌野清志郎さんの朝鮮批判の曲と喉頭癌
 つんくさんのノドの違和感も同じ2006年前後からだと告白 (2016/03/22)




日本ではつんくさんが電磁波被害にあっていた可能性がある


 つんく♂さんは日本のロック歌手で紅白歌合戦に出場するなどの活躍し、その後は音楽プロデューサーやアイドルグループの総合プロデューサーとして活躍していました。

 そのつんくさんが、ガンにかかり、声帯を摘出したという不幸な出来事がありました。 本人は、声を失うことで、仕事も失い、将来に大きな不安を抱えていたそうです。 大変不幸な出来事ではありまあすが、病気では仕方ありません。 運命としてあきらめるしかないでしょう。 その才能のすべてを失ったわけではありませんから、今後も活躍は期待されています。

 世間的には、不幸な事件ですが、つんくさんのノドはかなり長期的に具合の悪い状態が続いていたそうです。 つんくさんは歌手であり、しかも音楽関連の会社に在籍し、音楽関連の仕事に携わっていた人です。 なぜ自分のノドの健康管理もできなかったのでしょうか。

 医者の不養生というように、専門家であっても自分の専門分野に見落としがあるようなことはありますが、仮に本人が気付かなかったとしても、周りには音楽関係者がたくさんいたわけですから、異常に気付かないというのは不自然です。 本人も何らかの処置は行っていただろうと思います。 それでも、少なくとも1年以上は、あきらかにノドの具合が悪い状態が続いていました。

 つんくさんの長期的なノドの不調は、当時のテレビやラジオなどの出演でも確認できます。 見た目は元気そうなのに、声だけガラガラで調子が悪い状態は、むしろこっけいに映ります。

 これだけですんでいれば、電磁波被害を疑うこともありませんでしたが、つんくさんが声を失ったのと入れ替わるように、つんくさんがプロデュースしていたアイドルのひとりの声に異変があらわれました。 岡井千聖さんという人です。 この時点で、ノドへの電磁波攻撃疑惑が一気に高まりました。


追伸

 つんくさんは、ノドの違和感が2006年前後に始まったと告白しており、同じ時期に北朝鮮批判ともとれる曲を歌っていた忌野清志郎さんも喉頭癌による入院を発表しています。 当然、同一犯による犯行が懸念されます。 (2016/03/22)



岡井千聖さんの場合


 岡井さんはある程度テレビに出演していますが、声がガラガラで、場末のホステスのようになってることがあります。 一見すると、20歳くらいの女性がガラガラの枯れた声で話す姿は面白いのですが、こちらもどうやら長期的にノドの調子が悪いようです。 (2016/03/22)

 よく声を聞くと、すでに以前よりも1トーン低い声に変わっているようです。 20歳くらいの女性の声が低くなってしまうというのは、どういう理由でしょうか。 20歳をすぎてお酒でも飲み歩いているのでしょうか。 仮にそうであったとしても、彼女も歌手であり、音楽関連の会社で、音楽関連の仕事をしています。 本人も周りの人間もノドの不調に気付かないはずありません。 当然、ノドへの治療などの対処も行っているはずです。

 テレビでも歌でも声が出なければ仕事にならないでしょう。 面白いのは最初のうちだけです。 本人はアイドルでも、大人がやっている仕事ですから、仕事が成立しなくなるようなことにならないように、厳しく注意などがなされているはずです。

 それでも声の具合が悪い状態が、長く続くということは、異常です。 ノドを治したくもて治せない、具合の悪くなる原因があるのではないでしょうか。

 集団ストーカーにおける電磁波被害の観点からすると、ノドへの電磁波攻撃を受けているであろうことが予想されます。 ブッシュ大統領でさえ被害にあっているように、電磁波によるノド攻撃は実際に存在し、かつ、それを悪用する人間も存在するのです。

 岡井さんが、もしこのままノドへの攻撃にさらされ、ガンを発症した場合、つんくさんのときよりもひどい状態になる危険があります。 30代までのガンは若年性という分類になり、若くて体力がある分、進行が早く、気付いたときには全身に転移した後で、余命3ヶ月と医者から宣告されるような場合もあります。

 もしも岡井さんが電磁波被害を受けている場合、はやく対処しないと、かなり大きな危険にみまわれる可能性があります。 声帯を切除して声を失うだけではすまず、命まで失いかねない事態となる可能性があります。

 電磁波対策もいろいろと検討されていますが、集スト被害者のように、社会から排除され孤立無援な孤独な状態になるのとは、異なるとでしょうから、周りの人と相談して、なるべく適切な対処をとるべきでしょう。 彼女がどういう状況に置かれているのかは、よくわかりませんが、命にかかわる可能性がありますので、多少、仕事を休んだりしてもいたしかたないのではないでしょうか。




誰がノドへ電磁波攻撃をしているのか


 比較的技術レベルの低い、簡単な電磁波攻撃であれば、誰でもできる可能性があります。 しかし、今回の、ノドに攻撃を集中するような高度な攻撃は通常の人や組織にはできないとみられています。 それが可能な組織として疑いがかかるのが、電磁波研究の関係者、警察組織、創価学会です。 日本においては、これらの組織以外の人間が高度な電磁波攻撃を行っている可能性は低いと考えられています。

 被害者は音楽プロデューサーとそのプロデュースするアイドル歌手ですから、彼らが被害にあって利益を得るのは、彼らの共通のライバルとなるような存在でしょう。

 過剰なライバル組織へのけん制や妨害行為、場合によっては攻撃ともとれるような可能性のあることも辞さない組織といえば、日本のマスコミに支配的な影響力をもち、年商1兆から2兆円などという小国の国家予算規模の財力をもつ巨大企業、電通に疑いがかかります。

 電通はアイドルビジネスも手がけており、日本でのみ有名なAKBというグループアイドルをプロデュースしています。 電通のライバルへのけん制は痛烈で、音楽CDの発売週を同じにしたり、他のアイドルが公演の予定をした音楽ホールで先に公演をしてみるような、合法的な営業努力から、他のアイドルのやっていることのまねをすれば、イメージダウンをねらうかのような、より質の悪いまねをするような地味なことまで、いろいろと行っているようです。

 それらの電通の過剰なけん制行為の特に強い攻撃の的となっているのがつんくさんのプロデュースするアイドルグループの℃-uteです。 このグループのメンバーが岡井さんです。 電通は自身が製作にかかわっているアニメのなかで℃-uteのパロディを出すような、どれほど効果があるのかわからないようなことまでやっているとみられています。

 集ストでは、電通は在日勢力の企業で、創価学会との関係も強いことが知られています。 電通・創価学会を批判する内容は、日本のテレビ・ラジオなどは放送されることがありません。 また、本業のCMやイベントプロデュースから、マスコミへの圧力、出演者の選定や偏向報道など様々なことを行っていることも知られています。 集スト被害者が受けるマスコミ集スト、メディア・ガスライティングの被害にも電通は強い関係があるとみられています。

 電通が創価学会を使い集ストを行っているであろうことは周知の事実で、マスコミに報道規制をかけても、現在ではネット上からその犯罪性は、かなりあきらかになりつつあります。

 電通が創価学会に集ストを依頼して、ライバルとなる不都合な人間のノドをガンにしようとしているのだ、と集スト被害が聞けば、誰もそれを疑うようなことはないのではないでしょうか。 集ストの世界では何も不自然なところがありません。




本当に電磁波でノドをガンにするのか


 電通としても不都合な人間を暗殺などすれば、当然、疑いがかかることは理解しているでしょう。 ライバルを排除するのが目的であれば、ガンのような重病にする必要はないでしょう。 なぜそこまで過剰な攻撃をしてしまうのかというと、その背景には在日勢力の強い反日感情があることが予想されます。

 一般的な日本人は在日朝鮮人や韓国に住む韓国人のことを、特に好きでも嫌いでもないかと思いますが、在日や韓国人のほうは日本や日本人に憎しみや嫌悪感などかなり強い感情をもっているようです。 韓国の本国には、新日罪という、日本人をほめると財産を没収されるような、おかしな法律があったり、日本のテレビを放送してはいけない法律などまであるそうです。

 思想統制して反日感情を植え付け、外部に敵を作ることで、自国を治めるという、戦前のようなナショナリズムをいまだに続けているようです。

 このような強い反日思想を植えつけられてしまうと、日本人を敵と見て、ひとりをガンにしても飽き足らず、さらに次の被害者を探して攻撃するような犯罪が起きても不思議ではないでしょう。

 おそらく在日や韓国文化の影響を受けてしまうと、彼らにとっての正しい反日行為として、日本人に対してかなり凶悪なことまで容認されるような事態に悪化してしまうこともあるのではないでしょうか。

 芸能界では他にもガンになるにはまだ早いような人がガンにかかっていることが知られていますので、彼らのガンも、もしかすると、電通や創価学会などの在日勢力の利益のための犠牲の一部だったという可能性もなくはないでしょう。 芸能界のガン発症者と電通・創価学会など在日勢力と利害関係を調査すれば、何かしらの関連性が浮き彫りになるかもしれません。 (2016/01/11)








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system