集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
EXILEの人気偽装疑惑

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 >

EXILEの人気偽装疑惑

exile_popular_disguised_suspicion, 2016.1.15

電通、創価、在日秘密結社のマスコミ支配の弊害




創価タレントがEXILEリーダーと結婚

 集団ストーカーとの関連では、創価タレントとして有名な上戸彩さんが音楽グループEXILEのHIROさんと結婚しています。 2012年のことです。 創価学会がマスコミの広告塔として育ててきた上戸さんが、なぜEXILEのリーダーと結婚したのか、ということについて扱います。

 HIROさんは結婚をきっかけに、妻となった上戸さんの信仰する創価学会へ入信しました。 このあたりで、創価学会や在日秘密結社側の、何らかの思惑があることが予想されます。 EXILEへの支配や何らかの不正の口止めなどの意図があるのではないでしょうか。

 統一教会などは堂々と、宗教的理由として信者同士を結婚させていますが、創価学会も宗教的な理由、もしくは政治・経済的な理由による政略結婚を行っているとみられています。 2016年のDAIGOさんと北川景子さんの結婚でも、人気女優を元総理大臣の孫と結婚させることで、日本への政治影響力の強化を狙っているとみられています。

 この二人のタレントとしての格、メディアでの扱いのランクのようなものは、あきらかに創価タレントである北川さんのほうが上であり、二人の格が釣り合っていないことが、このような疑惑の一因となっています。 もちろん、愛する二人の関係は、そもそも他人にはよくわからない部分がありますので、通常の恋愛だった可能性もあります。




上戸さんの笑顔には悲しげな影が

 上戸さんは在日系企業グループの代表であるソフトバンクや、2015年にお家騒動で揉めた在日企業ロッテのCMなどによく出演しており、創価タレントのなかでは、好感度の高いタレントでした。 しかし、創価学会の不正行為をも辞さないやり方からすると、様々な困難を乗り越えてきたことが予想されます。

 場合によっては、外見を整形で整えられ、芸能界に送り込まれ、8年間も交際していたというジャニーズ事務所のアイドルタレント森田剛さんとも別れさせられ、政略結婚をさせられたような可能性もあります。 創価学会のやり方では、政財界人との接待に創価タレントを使うことが噂されていますが、日常的に不本意な接待につき合わされていたような可能性もあるでしょう。 芸能人の活動時間帯を考えると、朝方まで度々、接待をさせられていたような可能性もあるでしょう。

 上戸さんは美人ではありますが、その雰囲気には影が強く、笑顔も少しつらそうな空気感があります。 日々、嫌がらせに苦しんでいる人が無理に笑顔を作っているようにも見えます。




EXILEは日本レコード大賞で作り上げたスター

 EXILEという音楽グループが世間に注目されたきっかけは、諸説あるようですが、フジテレビの番組出演がきっかけとみる見方があります。 バラエティ番組で脚光を浴び、日本レコード大賞を受賞し続けることでスターとしてメディアで扱われるようになりました。

 一見すると不審な点はありませんが、フジテレビを含めた日本の主要テレビ局は、電通からの強い支配的な影響を受けていますので、電通には音楽グループをバラエティ番組に出演させることが簡単にできます。

 日本レコード大賞は、1990年くらいまでは、それなりに権威のある音楽番組でしたが、90年代に入ってからは、レコード会社や芸能事務所の力関係で受賞が決まるとの指摘されるようになり、受賞アーティストからの出演を拒否が続き、その権威を失いました。 放送局は電通出資企業のTBSですから、それ以前からも、電通に便宜をはかった内容となっていた可能性は高く、そもそもそれほどの権威は存在しなかった可能性もあります。

 1990年というと、日本ではバブル経済の崩壊とともに、企業は資金難へ陥り、音楽業界のような趣味関連の分野では、長らく続いた音楽が次から次へと終了し、業界全体が一気に衰退しました。 そこへ入り込んだのが、電通などの在日勢力だったのではないでしょうか。
 1990年代以降の大賞受賞者は、創価学会・電通と関連の強い在日系企業に、ほぼ独占されている状態となっています。 2005年には番組視聴率が10.0%まで低迷し、常連だったスポンサーが多く降板しています。

 日本のテレビ視聴率調査は、2000年3月から調査会社が電通などが出資しているビデオリサーチの一社のみとなり、実質的な独占状態にあります。 2005年には、逆に視聴率を下げるような工作を行い、常連スポンサーを撤退させることで、日本レコード大賞へのより強い影響力を手に入れたのかもしれません。

 実際に、2001年以降では、代表が創価学会員であるavex(エイベックス)の関連企業アーティストが10回も大賞を受賞しており、その他の受賞も電通や創価、在日系企業に独占されている状態です。

 大賞楽曲の質についてですが、2000年のサザンオールスターズTSUNAMI以降は、倖田來未Butterflyがかろうじて、一般に受け入れられやすい、大衆受けしそうな楽曲となっていますが、それ以外は、一般大衆にはその良さがわかりにくい、わかる人にしかわからないような楽曲ばかりです。 大賞受賞楽曲の質の低下が否めない現実は、誰しもが認めざるをえない事実といってよいでしょう。

 在日勢力が、日本レコード大賞を支配するにいたった要因は、放送テレビ局の電通支配や在日系スポンサーの圧力などのほかにも、審査委員への強い影響力があげられます。 審査委員は全部で23人で、そのうち新聞記者が14人となっています。 創価学会は機関紙である聖教新聞の印刷を、各新聞の印刷所などへ依頼することで、顧客となり、新聞社への強い影響力を持っています。 新聞が創価学会や電通の不祥事や批判を掲載しないのはこの影響が大きいとみられています。

 日本レコード大賞への支配をすでに完成させているとみられる在日勢力ですが、EXILEの受賞は4回、その派生グループが2回と、関連グループで6回も受賞しています。 これがEXILEをスターとして扱う際の根拠とされているのでしょう。 また、音楽CDの売り上げも輝かしい活躍ぶりですが、売り上げ枚数の調査会社であるオリコンの発表する数字には、多くの疑問の声があげられており、こちらも信頼性は、高いとはいえない状態にあります。




電通のマスコミ戦略

 日本に韓流ブームを偽装し、それが発覚することで、ブーム作成に失敗した電通が、次に仕掛けたブームがEXILEやAKBなどの音楽グループであるとみられています。 韓流ブーム偽装の際は、マスコミへの支配力を利用して、日本ではまったく人気のなかった韓国音楽グループなどを、あらかじめ版権を取得した後に、まるですでにスターであるかのような扱いをテレビにさせていたことが発覚しています。 ひどいものでは、韓流スターのファンのさくらを自給2000円で雇い、空港などでファンのふりをさせていたことが、雇われた人からの暴露であきらかになっています。

 韓流ブーム作成に失敗した電通は、自社で運営しているアイドルグループのAKBが韓国アイドルの台頭を、食い止めたなどと、おかしな噂を流したりもしています。 AKBは電通のアイドルビジネスからすると、韓流の替え玉にすぎないとみられています。 どちらも電通の仕掛けたアイドルビジネスにすぎません。 AKBには、韓流ブーム作成の失敗が濃厚となってきた2009年に世間に注目されないまま、名曲でもない普通の楽曲がいきなりミリオンヒットとなり、スターが現れたかのような演出が電通によってなされたとみられています。




政略結婚だとすれば

 上戸さんとHIROさんの結婚を政略結婚としてみた場合、その裏にはかなり大きな不正行為などの疑惑が隠されている可能性が高いでしょう。 創価学会や電通、在日勢力としても、ドラマやCMなどでせっかく作り上げた創価タレントの価値を大きく下げるような、結婚という行為を取ったわけですから、かなり重要な意味があったと考えてよいのではないでしょうか。 (2016/01/15)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system