集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

有名な事例

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 個別分析 有名な事例 >

有名な事例

famous_case, 2015.12.10, 2018.3.21, 評価:★★★

< 目次 >

はじめに

集団ストーカー被害の可能性が高い事例

集団ストーカーと関連が疑われる事例

ここで扱っていない事例

海外の事例


< 参考 >

雨ニモ負ケズ シュタージにも負ケズ

芸能・スポーツの検証
 芸能人やスポーツ選手への被害とその可能性

電磁波被害と対策 被害事例

集団ストーカー企業リスト@wiki
 企業関連の被害事例

「初めての方へ」 - 集団ストーカー.info
 110名以上の被害者からの情報提供を元にしたサイト


< 注意 >
 この事例を調べ始めたころはよくわかっていませんでしたが、今では集団ストーカー・テクノロジー犯罪はマスコミ・芸能・スポーツの分野では特に悪用がひどく、大半の人たちが被害者か加害者、もしくはその両方に当てはまるとみられていることが分かっています。 ここに挙げた事例は内容が古いものがりますのがこれを踏まえた上で理解するようにしてください。 2017/11/2




はじめに


 集団ストーカーという言葉自体が世の中にほとんど知られていませんので、有名な事例といっても、集団ストーカー問題の分野での有名な事例ということになります。

 国内外の芸能人や政治家などの有名人、また集団ストーカー分野での有名被害者、その他に集団ストーカー被害が関係している事件・事故などの事例を扱っていきます。

 このサイトでは今のところあまり調査が進んでいません。 芸能・スポーツの分野は以下のサイトで詳しく扱われていますので、このサイトの記事よりも参考になるでしょう。 2016/11/11, 2017/10/11

雨ニモ負ケズ シュタージにも負ケズ




集団ストーカー被害の可能性が高い事例


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪などの洗脳監視犯罪が原因とみられる事例には次のようなものがあります。

 国内だけでなく海外でも集スト・テク犯やカウンターインテリジェンス、いわゆるコインテルプロにあたる威圧的なストーカー行為やそれによって精神的ストレスを受けるたという事例は多数あります。特に政財界の要人や芸能人は個人支配や情報の隠蔽(口止め)、ライバル排除などが目的とみられる被害に会うことが多くなっています。

 日本の芸能界でもアメリカのハリウッドでも多くの隠れた被害者がいるとみられています。ここで紹介している例は氷山の一角にすぎません。

 勇気を出して盗聴・盗撮・不法侵入などの被害を告白した著名人の主張からも、恋愛感情のもつれによる個人的なストーカー行為ではなく、集団によるシステム化された特定人物の監視や排除工作が存在し、それが各界の実力者などによって意図的に行われていると判断できます。

 残念なことですが加害者に協力している有名人も多数存在していて、犯罪の隠蔽を手助けしたりしている状態にあります。「次はお前の番だ」などと脅されては致し方ない部分もあるでしょうが、行為自体は明らかに違法な犯罪行為ですからなるべく協力すべきではないでしょう。

 集団ストーカー自体はネットを通してその存在が犯罪として認知されるようになってきています。犯罪ですから、いずれは警察が取り締まる日がくるでしょう。有名人のみなさんも、ある日、「加害行為を頼まれただけの自分がASKAさんの集団ストーカー犯罪の容疑者として逮捕された」、といった事態になることもありえるのです。 2015.12.13, 2018.3.21


ミュージシャン、ASKA

タレント、清水由貴子さんの自殺事件

国会議員、矢野絢也の創価学会関連の黒い手帳事件

地方議員、朝木明代さんの転落死事件

大企業、オリンパス精神病工作事件

聖マリアンナ医科大、指定医不正取得事件(精神病工作で説明)

その他、盗聴・盗撮・不法侵入などの被害を訴えているタレントなど
元AKB48の光宗薫、元オセロの中島知子

関連

自宅生放送
 テレビ・ラジオ局の視聴者監視トゥルーマン・ショー

tuyoさんのテクノロジー犯罪被害 対策の検討
 tuyoさんの被害を改善しよう




集団ストーカーと関連が疑われる事例


< 注意 >
 この事例を調べ始めたころはよくわかっていませんでしたが、今では集団ストーカー・テクノロジー犯罪はマスコミ・芸能・スポーツの分野では特に悪用がひどく、大半の人たちが被害者か加害者、もしくはその両方に当てはまるとみられていることが分かっています。 ここに挙げた事例は内容が古いものがりますのがこれを踏まえた上で理解するようにしてください。 2017/11/2

電通
 巨大組織の集スト悪用疑惑

北里大学
 テクノロジー犯罪に使われる電磁波技術の研究機関の可能性

ナインティナイン岡村隆史さん … 長期休養はメディアストーカー批判を逃れるためだったという説

ダウンタウン松本人志さん … 長期休養はメディアストーカー批判を逃れるためだったという説

島田紳助さん … 2011年に暴力団との交際疑惑で芸能界引退、メディアストーカー批判回避策だった説

吉本興業
 2009年東証1部上場廃止、メディアストーカー批判回避策だった説

鈴木愛理



ここで扱っていない事例


 このまとめwikiで取り扱っていないものには、次のようなものがあります。 事件の直接の原因は本人の責任である点も否定できませんが、根本的には集団ストーカー問題が原因となっているとみられています。

医療費、生活保護費用など補助金などの不正取得事件(カルト教団などの共謀犯罪)

集団登下校児童への自動車衝突事故(加害行為に参加した子供への被害者の報復行為)

OLの児童殺害事件(加害行為に参加した子供への被害者の報復)




海外の事例


過激なテロ
 自爆攻撃や自身の身の安全を省みない暴力的行動、紛争など(BMI技術、電磁波技術による洗脳、神の声作戦

ペルーシリアルキラー
 ペルーで起きた25人連続殺人事件の神の声作戦疑惑






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system