集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
フジテレビ

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 分析 分類:その他 > マスコミ集スト・メディアガスライティング テレビ局・芸能関連会社の取り組み >

フジテレビ

fuji_tv, 2016/1/3, 2017/5/28

< 目次 >

フジテレビ在日問題 ウリテレビ? ユダテレビ? 2017/5/28

電通との不和が予想され、集スト関連の健全化の可能性も? 2017/5/28

フジテレビの動き 2016/5/6



フジテレビ在日問題 ウリテレビ? ユダテレビ? 2017/5/28

 フジテレビといえば、利益が100臆円以上あったものが50臆円にあっさりと半減しまった、経営困難のテレビ局です。 エリートネットワーク(※1)の日本支配戦略にのせられ、韓国と日本の民族対立をあおる分断工作を行っていました。

 フジテレビのロゴマークは、日の丸を丸で囲いまつ毛をつけたようなデザインとなっています。 この日の丸部分を韓国の国旗で使われている赤・青・黄色の三色まが玉と入れ替えたデザインにして、ウリテレビなどと呼ぶのが日本の在日・反日勢力批判を揶揄するのに使われています。 こういったことは主に日本の偽右翼が、韓国と日本の分断工作のために行っていると見られています。

 それでは実際のフジテレビがそれほどまでに韓国に支配されているかというと、必ずしもそうではありません。 仮に韓国主導でフジテレビ支配が行われている場合、支配しようとする国が何をしようとするかというと、イメージアップ作戦をまず最初にするはずです。 これは第二次大戦後、日本を占領したアメリカも盛んに行っているように、他国へ自国の商品を売り込んだり、人々を送り込むために効果的な作戦となります。

 そう考えると、韓国と日本の不和を望むようなやり方は、本当に韓国主導でフジテレビが運営されているのであれば戦略としてふさわしくありません。 日韓が対立しても韓国にとってあまりメリットがないからです。 それでは誰の利益になっているのかと考えると、それはグローバリスト・シオニスト・偽ユダヤなどの国際的な秘密エリートネットワークと考えるべきでしょう。

 日韓対立という分断工作は分断統治のひとつとして明確な目的意識のもと行われているのでしょう。 分断工作や分断統治の目的には、真の敵への注目が集まることをさけることと、同時に反対勢力、アンチ勢力を使った扇動勢力の監視があります。 在日を偽造した日本人による反日勢力へ批判を集め、その批判によって反日勢力がやっていることを監視しているのです。 これによって民族対立を深め、扇動勢力をコントロールしやすくなります。

 そんなやり方で利益を得られる勢力や、そんなことを本当にしている人たちがいるとすれば、多国籍マフィアのような秘密エリートネットワークくらいしかないだろうと、強い疑いがかかる訳です。

 フジテレビの話に戻りますが、韓国人スケート選手であるキム・ヨナさんを猛烈に褒め称え、逆に日本人スケーターで10年にひとりの逸材といわれる浅田真央選手の名誉を貶めるような質問やパネル作成を行ったことで、日本人から猛烈な抗議にあい、あえなく大幅減収となってしまいました。

 フジテレビは利益も信用も失い、テレビ事業からの撤退が検討されているというほど、在日支配の強いテレビ局です。

 そのときの日本人の猛抗議は近年類を見ないもので、フジテレビ社屋前には8千人という大規模なデモが行われました。 フジテレビ側は、それを無視したばかりか、社員がスマホで撮影して面白がるなど、民放とはいえ、公共性を欠いた、公益性に反する行為が行われたことが話題となりました。

 本来なら電波法違反などで放映権を停止されても仕方のないところです。

 これに対してフジテレビ側は、しばらくは「嫌なら見るな」などと強気の態度をとっていましたが、日本人からのフジテレビスポンサー企業への不買運動やスポンサー企業自体への抗議なども加速し、何十年も続いた長寿番組が終了に追い込まれるなど、大きな損失をこうむることになりました。

 次に訪れたのは、タレントのフジテレビ出演拒否という事態です。 在日のレッテルを貼られた在日テレビ局に出演したがるタレントは日本では少数派です。 これは人種差別・民族差別に近いものがありますが、この背景には、不動産の登記情報から在日であることが発覚したタレント岩城滉一さんが強烈な在日バッシングを浴びてしまった事件などの影響があるのでしょう。

 岩城滉一さんは日本人サッカー選手を外国人選手とくらべると「猿なのか、オランウータンなのか」と発言してしまい、これが彼に非難が集まる大きなな事件となってしまったようです。 過去の覚せい剤取締法違反や拳銃所持による銃刀法違反容疑などで逮捕されていたという経歴まで暴露されてしまいました。 彼の一連の騒動が、在日勢力の影響が強い芸能界全体に、在日イメージや反日行動への強い警戒心を呼び覚ます結果となりました。

 岩城さんは、その後、テレビ放送で何を話しても、「在日だからそう考えるのだ」、「反日発言はやめろ」などといった非難を浴びるようになってしまい、タレント生命を大きく傷つけられる結果となっています。 この事件が起こる前の岩城さんは、世間的にもそれなりに有名なタレント・俳優という扱いになっていました。 この事件さえ起きなければ、少し不良っぽいタレントで、10年くらい前に流行った「チョイワルオヤジ」的なイメージで多少の暴言も許されていたのですが、今では彼の暴言を許す日本人はいなくなってしまいました。



フジテレビへのタレントの出演拒否とテレビ局としての衰退 2017/5/28

 そもそもテレビとは宣伝のための媒体で、宣伝を放送するのが主な業務であり、広告収入が主な収入となっています。 テレビ番組は宣伝費を稼ぐための客寄せとして重要視されているだけです。

 宣伝効果は具体的には個々のテレビ番組の視聴率で決まりますが、全体としては媒体であるテレビ局のイメージや価値で決まります。 そのため実質的にはブランドビジネスに近い構造になっています。 芸能人やテレビに出演している人たちこの価値観の中で生きていますので、下手にフジテレビに出演して、価値の下がったフジテレビブランドの悪いイメージを引き受けるようなことはしたくないのです。

 今やフジテレビの連続ドラマのヒロインなどは特に引き受ける女優がいなくなり、本来は人気の若手女優が演じるべき配役をベテラン女優や誰も知らない無名な外国人タレントや子役などが演じてるありさまです。 おそらくフジテレビドラマのヒロインの平均年齢は他局を圧倒的にしのぐ高年齢となっているはずです。

 20年前からヒロインを演じているようなベテラン女優が活躍する姿には、時代の流れと、フジテレビの衰退が現れています。


 市民デモを無視したフジテレビは、デモからしばらくたってから、やっと事の重大さに気付き、「嫌なら見るな」とフジテレビの横暴を擁護していたタレントに、すべての責任を押し付けようとするなど、およそ日本人にはあるまじき卑怯な責任逃れを行い、これには視聴者である日本人も、出演者であるタレントもフジテレビを見限り、不買運動や出演拒否が続けられました。

 この背景には日韓や日本人と在日朝鮮人の間にある民族意識や先進国民の優越感などの問題もあります。 日本人は長らく先進国の地位を保ち、戦争放棄や安全神話などに誇りを持っているのはよいのですが、逆に途上国や先進国になりたての韓国などには優越感があり、特に韓国や北朝鮮を劣った国とみる傾向があります。 そのため、韓国や北朝鮮の不正には特に厳しい態度をとる傾向があります。 この優越感がフジテレビ問題に隠れた在日批判を助長してしまった点は否めないでしょう。

 逆に朝鮮側からすると、日本人の主張する正論は強者の理論であり、押し付けがましい傲慢な理屈だ、といったように判断されることもあります。

 フジテレビの次の決算の結果が数ヵ月後には分かるはずですが、どれほど減収するのか、あるいは在日犯罪者特有の嘘、粉飾決算で誤魔化すのか、見ものとなっています。

 視聴率を落とし、トヨタなど大手スポンサーが次々と撤退し、当然、タレントの出演拒否も悪化しているフジテレビは、現状では利益回復の見込み厳しく、テレビ事業からの撤退や身売りなどが真剣に議論されているという話です。

 テレビ業界自体が自作自演の壮大なイメージビジネスであり、ブランドビジネスのような部分があります。 名誉を失った放送局が生き残れるほど世の中は甘くはないといったところでしょう。

 フジテレビの在日びいきは、韓流ブームの捏造などが有名ですが、会長が在日になってから特にひどくなったとみられています。 これには超富裕層やグローバリストといわれる勢力が偽ユダヤ人などを使い、在日朝鮮人をだまして、日本で悪いことをさせている、というのが世界的な通説です。 この企みに日本の天皇関連グループも参加していて、さらに内部抗争などもあるので、予断の許さない状況が続いているのでしょう。


電通との不和が予想され、集スト関連の健全化の可能性も? 2017/5/28

 昨今、視聴率の低迷が話題となっているフジテレビですが、日本のテレビ視聴率はビデオリサーチという電通の関連会社が独占している状態にありますので、脱電通政策を行っている反動である可能性もあります。 かつて視聴率王とまで呼ばれたフジテレビが現在のように低迷した背景には、視聴率に支配的な影響力を持つ電通との不和が予想されます。

 フジテレビの低迷は、表向きは、番組内容の低下、韓流ブームの強行、若年層のネット移行・テレビ離れ、とんねるず(タレントグループ)の人気低迷などが、その原因とみられているようです。

 2009年前後の韓流ブームのときに、韓国のタレントやドラマ・音楽などを盛んに取り入れていましたが、これは集スト分野からみると、在日勢力の影響であろうことが予想されます。 韓流ブームの終焉とともに、韓国文化から距離を置くようになった現状に対して、電通・創価などの在日勢力が圧力をかけているともとれます。

 在日勢力の影響が強かったフジテレビですが、その後、グローバリスト・シオニストなどのエリートネットワーク(※1)が直接的な影響を強めているようです。 2016/01/03, 2017/5/28


フジテレビの動き 2016/5/6

 視聴率低迷が止まらないようです。 フジテレビへの市民デモを無視し、同系列の放送では、「イヤならみるな」といったセリフがを何度も放送されいますが、視聴者は言われた通りに見ていない状態となっています。 日本語では自業自得と言います。

 フジテレビは外資比率が30%近くなっていますが、20%以上を超えていますので違法状態にあります。 韓国・アメリカ・中国あたりの資本が入っていることでしょうが、違法状態というのは、本当におかしなことが起こる状態となっているようです。 政府、総務省あたりでしょうか、法令の運用はともかく、法令自体は正しかったということになります。

 フジテレビのモラルの低さは番組作成や、その後の隠蔽体制にも現れています。 2016.5.6


< 参考 >

【テレビ】フジテレビ離れが止まらない…一桁視聴率だらけなのはなぜ?★3 [無断転載禁止]©2ch.net 2016.5.4

フジテレビが隠蔽した老人に火傷を負わせた番組作成



※1:エリートネットワーク

支配層・秘密エリートネットワーク・国際(世界)金融マフィアとは?
 世界財閥情報網・グローバリスト・シオニスト・メーソン・偽ユダヤ金融・世界王侯貴族情報網・NWO勢力



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system