集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーは政府の予防拘禁策

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 分類1:集団ストーカー関連 >

集団ストーカーは政府の予防拘禁策

危険人物を精神病院に拘束するという政府の集スト犯罪の正当化理論

gang_stalker_is_a_prevention_detainment_plan_of_a_government,
2016/11/5, 2016/11/9

 政府が集団ストーカーを行う場合、危険人物を監視するという名目で、罪なき被害者を予防拘禁するというかたちをとります。

 予防拘禁とは、事故や犯罪を避けるため、念のため特定の場所などへ住まわせ、監視下に置くというようなことを表す言葉です。 この他の監視・管理方法としては、一定地域内での自由な行動が認められる軟禁や、より厳しい拘束と監視である監禁などの方法があります。

 監禁、軟禁、予防拘禁の順で監視や管理の強制力が弱まります。 集団ストーカーの被害者が受ける予防拘禁は、監禁や軟禁の手前の状態とも言えます。

 虞犯人(グハンニン)という言葉がありますが、これは犯罪を犯すであろう危険人物、将来的な犯罪者、犯罪者予備軍などを表す言葉です。 虞犯人の他に虞犯少年などとして、非行少年などを表すときに使われています。

 集団ストーカー被害者も政治的な危険人物や思想犯などとして、この虞犯人扱いをされています。

 集団ストーカー被害者が自殺・犯罪・精神病に追いやられるように誘導されているのは、警察などの実行犯側が、初めから被害者を虞犯人として犯人扱いしているというのも原因のひとつとなっています。


 集団ストーカーの他に予防拘禁されているのは、犯罪歴のある者や、精神病や養護施設などの入居者、さらには自衛隊の駐屯所に住み込みで勤務する自衛官などです。

 国を守るための自衛官を駐屯地に予防拘禁するというのは、おかしな話のように思えるでしょうが、自衛隊は元非行少年のような人でも幅広く受け入れていますので、かなり古くから素行の悪い若者を予防拘禁する受け皿として利用されていたということでしょう。

 自衛官が殺人事件などを起こすと精神病扱いとなることがありますが、予防拘禁から精神病工作までの一連の流れも、政府によってかなり古くから利用されていたはずです。 2016/11/5, 2016/11/9


< 参考 >

集団ストーカーと予防拘禁 - Yahoo!知恵袋





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system