集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き
集団ストーカーの目的は? なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーの目的は?

なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み

gang_stalker_s_purpose, 2015.10.7, 2018.4.24, 評価:★★★, 動画版, 音声DL・再生 2016/11/15

< 目次 >

はじめに

防犯関連の利権

安全保障・国防の利権

宗教関連の利権

企業関連の利権

科学技術の利権

民間調査組織の利権

マスコミ関連組織の利権

医療機関の利権

カルト団体やその背後にいる悪徳派超富裕層の利権
 加害行為の継続自体も目的のひとつか

その他の加害者の都合


< 参考 >

集団ストーカーの目的 - 人類の独立 2018.4.7
 数多論じられてきたこのテーマの中で現在最も深遠な分析 ぜひ多くの人に理解してほしい内容 2018.4.28

集団ストーカーの目的 『人類を完全に支配するための総合実験』|ウォーカーのブログ

集団ストーカーとは支配層の見えない暴力装置 K24

集団ストーカーの正体 ウォーカーの仮説 決定版!! 2018.2.22




はじめに


 集団ストーカー犯罪の目的は、加害実行犯レベルの具体的なものでは、被害者の事故・自殺・精神病院入院、暴発による犯罪や暴力事件などへの誘導、社会的信用の失墜、集団からの排除(リストラなど)、その他の被害者の仕事・日常生活などへのあらゆる活動の妨害と、さらにその妨害状態の継続となっています。 これは多くの被害者が実際に体験したり感じていることであり、加害者にとって目の前の具体的な目的と言ってよいでしょう。

 加害勢力はそれらの目的達成の準備と加害行為を兼ねて、被害者にストレスを与え続け、心身ともに疲労困憊させるという方法を取っています。 被害者の間でもあまり語られることはありませんが、加害勢力の手法は、何らかの衝撃や被害を与えることで、被害者自身の思考や行動を変化させるというものです。 そのため被害者の周りには監視や体罰・風評工作などによって、痛みやその他の不快感を与えられたり、永続的な悪意が演出されるなどして、被害者は強いストレスを受け続けることになります。

 これは政治の世界でのショックドクトリンにあたる刺激療法のような方法です。 加害工作員が被害者の周囲の人たちをノイズキャンページの協力者に仕立て上げるときに、物音を立てて刺激を与えたほうが被害者のためになる、あるいは防犯効果が高い、などと誘導するときにもこの考え方が悪用されています。

 ちなみにノイズキャンペーン自体は軍隊が敵を威嚇したり、ストレスを与え続けるという古代からの現代まで使われている戦争での戦術と共通の手法です。 現代でも米軍が中東で行っていますが、中国の四面楚歌も敵の嫌がる音声を聞かせるという点で古代のノイズキャンペーン戦術だったといってもよいでしょう。

 集団ストーカー犯罪の具体的な目的としては他にも、創価学会などのカルト集団は加害行為をブラックビジネスとして報酬を出してブローカーなどに依頼していることから、加害の実行犯レベルでも金銭報酬を得ていることがり、金銭的な利益を目的としている場合もあります。


 実行犯よりも上位の加害勢力レベルでの目的は、おおむね利権・政治・排除・実験の4つに分類することが出来ます。 (※補足:これは暫定的な分類です。 他にも何を重視するかという観点の違いから色々な分類が出来るでしょう。)


1.利権

 利権とは、集団ストーカーを実際の活動として開始・継続させるための要員や機器の確保、人件費・交通費などの実費の捻出、またその他の政治・排除・実験などの目的の加害行為を請け負うことで発生する利益や権益などのことです。 加害行為のテクノロジー犯罪はAIなどで自動化されている部分もありますが、それも含めた加害行為全体としては基本的に人が行っていますので活動費用がかかります。 その費用は直接的、間接的に加害担当者の利益や報酬となります。

 地上げや新築住宅からの追い出し工作など不動産関連の被害は、集団ストーカー被害の中でも2005年頃にはすでに知られていたような比較的古くからある直接的な利益を目的とした被害です。(※1)


2.政治

 政治とは、政治活動の工作として個人や集団に行われる監視や圧力などのことです。 警察・公安が政治家が監視して弱みを握り支配するようなことがよく行われています。

 組織内政治という観点では、加害組織が離反防止などのための見せしめとして内部の者に加害行為を担当させたり、組織管理のため組織の構成員に対してテクノロジー犯罪で体罰などを与えたりしていることが知られています。

 創価学会の年収4千万円といわれるような幹部たちのすべてが、家族など身内に重病者や引きこもりの人間を抱えていると元学会員が告白しています。 これも恐らくテクノロジー犯罪による見せしめや、場合によっては人質のような意味合いで行われているのでしょう。


3.排除

 排除とは、組織や社会から告発者やライバルなど不都合な人間を追い出す工作のことです。 加害行為はリストラ工作としても行われており、カルト系の探偵や興信所などが企業などから請け負ってノウハウを教えたりしています。 排除工作やリストラ工作は、古くからあるイジメに集団ストーカー・テクノロジー犯罪の手法が追加されるような形で行われています。


4.実験

 実験とは対象者の思想や行動自体を変更することを目的としていて、大きく分けて二つの傾向があります。 ひとつが人体に直接危害を加える攻撃兵器やテレパシー兵器などの軍事兵器の人体実験で、もうひとつが人の心を変化させるマインドコントロール実験です。

 虐待によるマインドコントロール実験と言ってもよいでしょう。

 通常は軍事技術の実験とマインドコントロールの実験が並行して行われる傾向があります。 これは加害行為の実行にかかる予算や経費による組織レベルでの利益を目的としたものや、政治・リストラなどの直接的な目的によって異なる傾向があります。 直接的な目的が達成されると、加害行為自体の継続による実験や利益を上げること自体が主な目的となり加害行為が継続されるようです。

 軍事実験では攻撃性が強く暴力的な方法で体罰や拷問にあたる強い痛みや不快感を与える加害行為や、生存の限界を確認し命を脅かすような危険な人体実験が行われる傾向があります。

 個人への人体実験としてみると、インプラントその他の最先端技術の実験とみられる場合もあるものの、テクノロジー犯罪に関わる電磁波技術は1970年代の段階でほぼすべての周波数帯の実験などが完成していましたので、多くの場合は最先端の実験というよりは加害担当者が興味半分で行う愉快犯的犯行や、加害者の犯罪技術習得のための実地訓練のような意味合いのほうが強いのではないかと考えられます。

 マインドコントロール実験では、

・人間の心の限界やその他の精神的な特性の調査
・個人や少数者への心理誘導・言動の変更や強要
・社会や世界全体など大衆全体への心理・思考誘導
・監視社会の実現方法の模索
・大衆の常識や価値観の意図的あるいは強制的な変更

などを目指した実験が行われているとみられています。

 人体実験と大衆マインドコントロール実験の最終目的としては、監視や体罰による大衆の完全な支配や奴隷化を目指しているとみられています。


< 参考 >
(※1) 集団ストーカー教程5(さまざまな妨害活動 ~不動産編~ ) 2016.11.15, 2017.11.30




防犯関連の利権


 警察・公安・自衛隊など公務員である彼らにとっては人件費、設備費などの予算利権の確保が目的となります。 諸経費が水増し請求され、裏金となり警察署の所長や警察組織の上層部へ上納されています。 この莫大な裏金が警察庁の権力をさらに強固なものへと変え、さらなる不正や犯罪の温床となっています。

 警察の巨大な権力は関係者には有名な話で、2016年現在、国内トップの大学である東京大学卒業生の人気就職先は警視庁となっていて、東大生が警察官僚を目指すようになっているほどです。


 集団ストーカーで被害者を危険人物に仕立てることで、防犯・治安維持のために監視や捜査の必要性が生まれますので、これを理由に監視カメラなどの監視インフラを整備したり、人員を増強することができるようになります。 どの組織も予算や人員の多さがその組織の実力のひとつとなりますので組織の拡大のためにも悪用されます。

 彼らは集団ストーカーのことを強制尾行やカウンターインテリジェンス、コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)などと呼んでいます。 強制尾行は加害者への攻撃だけでなく、組織内部の人間へのおどしや離反工作も兼ねていて、不正や犯罪の隠蔽に悪用されています。

< 参考 >
集団ストーカーは政府の予防拘禁策
 危険人物を精神病院に拘束するという政府の集スト犯罪の正当化理論
2016/11/15, 2017/11/13




安全保障・国防の利権


 防犯利権と共通する部分もありますが、これはより軍事的な意味での国防やスパイ・テロ対策、治安維持、国家体制の保全などを名目とした利権のことです。 テクノロジー犯罪で使われる電波技術も、米ロなどの軍事大国が研究している都合上、その他の世界中の国家が防衛目的で研究する必要性が生まれ、これが研究・実験・開発などが正当化し、その政府予算や軍事技術が利権となっています。

 体制、つまりは現行政権の維持を重視する考え方の元で行われる集団ストーカーでは、日本の警察組織がカウンターインテリジェンスと呼ぶ反社会的人物の監視や弾圧が重視されます。 外威に対抗する国防という観点から、軍隊にあたる自衛隊も集団ストーカー行為に参加することになります。 技術的には自衛隊のほうが高度な技術を持っていますので、過激なテクノロジー犯罪被害を国民に与えてしまうこともあるとみられています。

 元NSA職員カレン・スチュアートさんによると、加害勢力(名目上はアメリカ政府)の目的として、無政府主義などの政治批判・与党や所属政治家批判・人種民族差別などへ、加害者の思想を誘導することも目的のひとつとなっているそうです。 日本の警察機構はNSAやCIAの配下に近いような強い影響下にありますので、日本の集団ストーカーも同じ傾向があるとみてよいでしょう

 日本政府はネット検閲やネット情報工作を行う企業を使って、在日朝鮮・台湾人勢力や中国などへの批判を積極的に行っていますが、集団ストーカーの偽被害者や専用工作員、警察・自衛隊・その他の特務機関の工作員なども、在日犯人説へ一般の被害者を誘導しています。

 政府と在日勢力が本当に敵対関係にあるのであれば、政府が在日勢力を排除し、集団ストーカーの加害実行犯は警察が逮捕しているはずです。 政府が管理する行政サービスである警察が加害者を逮捕できない以上、政府が集団ストーカー加害勢力そのものであるか、あるいはそれらの勢力と共謀関係にある可能性が非常に高いと考えられます。 ちなみに在日勢力は暴力団などと同様に、政府など主要な加害勢力とみられる勢力の下請けに近い活動を行っているとみられています。 2017/11/21

< 参考 >
世界はまるで「監視資本主義」 横田や三沢、沖縄には監視設備も 2018.1.17


< より積極的な軍事目的 >

 またこの犯罪を行う上でのさらに積極的な軍事目的としては、敵兵を攻撃するための電磁波攻撃の実験と戦争を望む好戦的な世論の作成があります。

 この犯罪は軍事心理戦の一部となっていて、自国民を使って電磁波攻撃で敵兵を攻撃する際の軍事研究の人体実験となっています。 この犯罪による被害となっている五感の異常やその他の精神・生理機能の異常は、軍事実験としては敵兵の活動妨害を想定しています。 個人支配や諜報活動でスパイに自白させるなど、強制的に命令に従わせることも目的としています。 この犯罪の被害の中で特にテクノロジー犯罪の被害が、被害者によって異なる傾向が強いのは色々なパターンの実験が行われている影響とも考えられます。

 この犯罪はさらに国家心理戦ともなっていて、戦争そのものを引き起こすための世論の高揚、好戦的な世論・常識の作成・変更を意図した大衆心理誘導ともなっています。 現代では世界的に人々が戦争を望んでおらず、むしろ強く反対していることが、各国の政府にとって隠せない状態となっています。 そのため軍事産業の利益拡大や、さらに戦争勃発のための準備として、国民に戦争をさせる工作や徴兵を進めるための工作としてこの犯罪が行われているという側面もあります。

 この犯罪の工作員が盛んに在日犯人説や韓国・北朝鮮を敵視した情報を流しているのは、現在の日本の仮想敵国が北朝鮮となっているためです。

 自衛隊の工作員らしき人物が作成するネットサイトでは、自衛隊や軍を連想させる旭日(旧日本海軍旗の朝日)や桜・武器・兵器などに関連した名前が出てくることが多くなっていますが、彼らが在日犯人説を唯一の真実であるかのように強く主張してるのも世論を好戦的な方向へ誘導する意図があるのでしょう。 愛国心を強調するパターンもありますが、これは愛国心高めることで同時に仮想的国への敵対心を高めるという意図があります。 彼らは裏では愛国は錬金術などと言って喜んでいるそうです。

 韓国は仮想敵国となっていないのに反韓論調が強いのは、日韓の分断工作が行われているためです。 これは世界の支配層(*1)が日本を支配する上でアジア諸国から日本を分断する目的と、それと同時に日本とアメリカの連携を強めるという意図があるとみられています。 世界の支配層は日本の発展を脅威として警戒しているので日本の発展自体も妨害しているとみられています。

 またCIA・NSAなどアメリカ犯人説もあります。 これは公安らしき工作員が好んで発信しているようですが、これは単なる責任転嫁で、強い権威に責任転嫁することで問題解決をあきらめさせたり、思考停止へ誘導する意図があるのでしょう。 アメリカの権威を利用する方法は、この犯罪よりも立法や行政の場面でよく悪用されている一般的な方法です。 2018.1.5

< 参考 >
(*1) 支配層、秘密エリートネットワーク




宗教関連の利権


 直接的な金銭による利益ではなく、宗教組織内部の規律の維持、信者の脱退などの離反の防止、脱退した元信者へ嫌がらせ行うことによる現役信者の離反の防止、などを目的としているとみられています。 嫌がらせ行為自体が信者にとって宗教的な実績、手柄となるため宗教とは無関係の人間に被害が及ぶこともあります。

< 参考 >
創価学会




企業関連の利権


 企業の都合による、リストラ、不穏分子へのけん制や制裁、セクハラやその他の違法行為・犯罪行為の隠蔽目的や、違法行為を隠蔽するための身代わり作り、偽の犯人作りなどが目的とみられています。

< 参考 >
集団ストーカー企業リスト@wiki
 集スト加害企業や被害など 2016/11/15

 上が人事や内政での利権ですが、他には純粋な利益目的で監視情報が利用されているとみられています。 ビッグデータ解析、IoTによる市民監視や市場調査、消費者への購買への心理誘導などが目的とみられています。 2018.1.17

< 参考 >
世界はまるで「監視資本主義」 横田や三沢、沖縄には監視設備も 2018.1.17




科学技術の利権


 科学技術の特許情報などが盗まれ、盗まれた被害者の口封じをするために集団ストーカーが行われることがあります。 科学技術の分野は個人の才能が重要な世界となっていますので小数の人間を排除する集団ストーカーの得意とする排除工作で、ライバル技術者を排除するような犯罪が行われています。

 ちなみに、STAP細胞事件で有名となった小保方さんが集団ストーカー被害者だったと言ってしまうと語弊があるように感じる人が多いことでしょうが、その可能性もあります。 小保方さんの周囲の人やマスコミなどがみなで小保方さんを非難していましたので、大規模な集団ストーカー状態にあったと言うことも出来るでしょう。 小保方さんは涙ながらにSTAP細胞の存在を主張していました。 これは周囲の人や日本国民全体へ彼女に関する風評工作が行われていて、誰も小保方さんを信じないという世論が形成されていたとも言えます。 これは信用を失墜させるという代表的な集団ストーカー被害です。 また、後日ドイツでSTAP細胞の特許が認可されたことは特許利権のための排除や妨害工作だったと言えるでしょう。 このようなことから学者個人への世界的な多国籍型の工作が行われていたのは事実です。

 加害者の規模が大きすぎますので、今の段階でこれをいわゆる集団ストーカー被害に含めるかどうかは意見が分かれることかと思いますが、まだ言葉の定義があいまいな部分がありますので、問題解決のためには広く解釈しておいたほうが有利だろうと思われます。 ただし、この説には弱点があり、それは集団ストーカーの典型的な被害である継続的な監視あるいは体罰、またその他の悪意の演出などがあったのかよく分かっていない点です。 2017.11.26




民間調査組織の利権


 探偵や興信所などは、被害者の監視情報を、周囲の人間に販売したり、警察・公安へ危険人物情報として取引しているとみられています。 警察・公安の強制尾行では、労働条件の悪い夜間の徹夜監視作業などを代行しているともみられています。




マスコミ関連組織の利権


 テレビ局・ラジオ局などは集団ストーカー犯罪で収集される個人情報の、特に個人的な趣味や行動などを市場調査情報、マーケッティング情報として利用しているとみられています。 またテレビやラジオ放送を利用したほのめかし犯罪も行われています。

 テレビ・ラジオ放送でのほのめかし行為が、リアルタイムで行われていて、被害者の行動の直後に、その行動内容がほのめかされるという被害も確認されています。

 そのためテレビ・ラジオ関係者は、トゥルーマン・ショー被害と言われる、私生活を24時間監視した映像が他人に見られるという被害の、加害者として監視映像を見ることもできるとみられています。

 マスコミが集団ストーカー犯罪を一切報道しないなど、犯罪に協力的な態度をとる理由は、政治的な圧力のほかに、電通などの広告利権や創価学会・在日朝鮮系暴力団などによるタレント全体への支配力を背景とした圧力がかかっているとみられています。

 テレビやラジオへ出演するタレントやジャーナリスト、映画・音楽・スポーツ関係者などの芸能界の人的な分野は、創価学会や朝鮮系暴力団などの強い影響下にあります。 彼らは集団ストーカー犯罪や暴力団を使ったおどしによって芸能界を支配しているとみられています。

 アメリカの芸能界では、よりひどい状態となっていて、芸能の花形であるハリウッドもMKウルトラ(集団ストーカーのなかでも特に凶悪な手法)に支配されていると、ハリウッド女優などが暴露しています。 ハリウッドでは監視やおどしだけでなく、監禁や体罰なども含めたより強い行動の強要や洗脳行為が行われているようです。

 テレビ放送や出演者となる芸能人は一般社会への影響力が強いため、悪徳派の超富裕層によって支配的な影響を受け、コントロールされているとみられています。

< 参考 >
メディアストーカー・メディアガスライティング・マスコミ集スト
 テレビやラジオを使ったほのめかし犯罪





医療機関の利権


 統合失調症の誤診断に医療機関が関与しているとみられています。 その誤診の後、被害者が入院する場合、その期間は1年以上となる場合もあり、非常に長期間なため、医療機関にも長期的な安定収入をもたらします。 2016/11/15

< 参考 >
精神医療問題
 不正と悪用を防ぐ




カルト団体やその背後にいる悪徳派超富裕層の利権


加害行為の継続自体も目的のひとつか

 世の中で色々な不正や犯罪、ときには戦争や紛争まで引き起こしているとみられているのが、カルト団体やその背後で命令や資金提供をしているとみられている悪徳派の超富裕層、グローバリストの集団です。 彼らが、政治・マスコミ・学術機関などから司法・警察・役所・企業などを悪用して大規模な不正や犯罪を行っている集団の主体だろうとみられています。

 集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪も彼ら超富裕層、グローバリストが陰で行っている犯罪行為のひとつとみられています。

 彼らはシオニズムと呼ばれる一連の詐欺洗脳支配術を共通の指針としています。 これは支配層戦略と呼ぶべき強力な詐欺洗脳術で現在の世界ではすでに多くの内容が実現されています。

 そのシオニズムを端的に示した「シオン長老の議定書」の第15議定書に、

「際立ってわれわれは計画を実行さえできれば成功不成功を問わないのに、際立ってゴイ(家畜・ブタの意で一般人のこと)は成功さえすれば計画はどうなっても構わない。」

という一節があります。

 私たちは何かが起こればそれふさわしい原因や結果があると考えがちですが、支配層戦略としては、計画の実行自体が目的となっていることがあります。

 実行自体が目的となっている計画では、計画を実行さえすれば、それが人や社会に心理的な影響を与えますので、その時点で目的が達成されるという考え方です。 彼らの計画の目的は心理的影響を与えること、つまりはおどしや利益誘導などの印象操作、常識・価値観の変更、大衆洗脳、マインドコントロールなどが含まれていることがあります。 そのため、計画自体にもあらかじめそれらの心理変化を誘発するように意図的にデザインされているのです。

 これを集団ストーカー・テクノロジー犯罪に当てはめると、被害者の周囲に悪意を演出しテクノロジー犯罪で体罰を与えること、またその加害行為を長期的に続け、この状態を維持すること、それ自体が目的である可能性があります。

 この被害継続状態から色々な利権が生まれます。 また被害者が被害を改善できない状態が個人の不幸や社会全体の不安などを助長する効果があります。 これらの大目的があるため、一見すると理由や目的の分からない加害行為が続けられている理由となっている可能性があります。 2016/11/15, 2017/11/13

< 参考 >
社会不正
 国内外の政治経済や裏社会という観点からの被害改善策の検討




その他の加害者の都合


集団ストーカー犯罪者
 犯罪者の傾向や分析
2015.10.7






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system