集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーの目的は? なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 初心者向け説明 > 集団ストーカーの基礎知識 >

集団ストーカーの目的は?

なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み

gang_stalker_s_purpose, 2015/10/7, 2016/11/15, 動画版, 音声DL・再生 2016/11/15

 集団ストーカー加害者の目的が、被害者を社会から排除することであれば、多くの被害者から「出て行け」などと言われる被害が多く報告されているはずです。 しかし、実際の加害者の嫌がらせからは被害者の排除を強く求めるような様子は特に見受けられません。

 なかには「出て行け」、「引っ越せ」などという悪口を言う加害者もいるにはいますが、他の色々な悪口と合わせて使われる傾向がありますので、やはり単純な排除を目的としている可能性は低いでしょう。

 被害の映像証拠などを見ても、そもそも悪口というのは強い証拠となってしまうせいか、はっきりと悪口を言う加害者は少なくなってきているようです。

 加害者の中で犯罪行為の自覚がない、無自覚な加害者には、犯罪者から特定の動作、尾行・待ち伏せや咳払い、あるいは特定の言葉をほのめかすような指示が出ています。 犯罪を自覚している真の加害者というべき犯罪者は、嫌がらせを行うこと自体を目的としているとみられています。

 おどしや挑発、監視圧力などを利用した加害行為の具体的な目的は、まずは被害者にストレスを与え続けることそれ自体にあるとみられています。

 加害行為の手法としては、監視圧力や精神的な圧迫感を与え、加害者を精神的に弱らせるという方法がとられています。


 具体的な加害行為の先にある、加害行為の将来的な目的は、被害者の自殺、引越し、組織からの排除、犯罪誘発、精神病院への入院、また創価学会などカルト宗教や警察、役所、暴力団などによる財産横領や不正犯罪の隠蔽などです。

 また組織員を加害行為に参加させることは、集団ストーカーという理不尽な犯罪の存在を知らせること、組織からの離反防止工作、見せしめなどの目的も兼ねています。


 なぜ長期間、継続的に嫌がらせを続けるのか、また、続けることが可能なのかというと、その裏には加害行為の代価として金銭的な報酬が存在することが予想されます。 普通、人は何の得にもならないことを進んでやったりはしませんので、利益が生まれる仕組みが存在し、監視による洗脳やおどし、殺人など不正や犯罪の隠蔽ビジネスとして成立しているとみられています。


 その利益は組織毎に次のようなものが予想されます。 次にあげていない組織は、それほど大きな利益は発生していないでしょう。 そのため主導的な組織ではなく、共犯組織として付随的に集団ストーカー犯罪に巻き込まれている可能性があります。


防犯関連の利権

 警察・公安・自衛隊など公務員である彼らにとっては人件費、設備費などの予算利権の確保が目的となります。 諸経費が水増し請求され、裏金となり警察署の所長や警察組織の上層部へ上納されています。 この莫大な裏金が警察庁の権力をさらに強固なものへと変え、さらなる不正や犯罪の温床となっています。

 警察の巨大な権力は関係者には有名な話で、2016年現在、国内トップの大学である東京大学卒業生の人気就職先は警視庁となっていて、東大生が警察官僚を目指すようになっているほどです。


 集団ストーカーで被害者を危険人物に仕立てることで、防犯・治安維持のために監視や捜査の必要性が生まれますので、これを理由に監視カメラなどの監視インフラを整備したり、人員を増強することができるようになります。 どの組織も予算や人員の多さがその組織の実力のひとつとなりますので組織の拡大のためにも悪用されます。

 彼らは集団ストーカーのことを強制尾行やカウンターインテリジェンス、コインテルプロ(カウンター・インテリジェンス・プログラム)などと呼んでいます。 強制尾行は加害者への攻撃だけでなく、組織内部の人間へのおどしや離反工作も兼ねていて、不正や犯罪の隠蔽に悪用されています。

< 参考 >
集団ストーカーは政府の予防拘禁策
 危険人物を精神病院に拘束するという政府の集スト犯罪の正当化理論


宗教関連の利権

 直接的な金銭による利益ではなく、宗教組織内部の規律の維持、信者の脱退などの離反の防止、脱退した元信者へ嫌がらせ行うことによる現役信者の離反の防止、などを目的としているとみられています。 嫌がらせ行為自体が信者にとって宗教的な実績、手柄となるため宗教とは無関係の人間に被害が及ぶこともあります。

< 参考 >
創価学会


企業関連の利権

 企業の都合による、リストラ、不穏分子へのけん制や制裁、セクハラやその他の違法行為・犯罪行為の隠蔽目的や、違法行為を隠蔽するための身代わり作り、偽の犯人作りなどが目的とみられています。

< 参考 >
集団ストーカー企業リスト@wiki
 集スト加害企業や被害など


民間調査組織の利権

 探偵や興信所などは、被害者の監視情報を、周囲の人間に販売したり、警察・公安へ危険人物情報として取引しているとみられています。 警察・公安の強制尾行では、労働条件の悪い夜間の徹夜監視作業などを代行しているともみられています。


マスコミ関連組織の利権

 テレビ局・ラジオ局などは集団ストーカー犯罪で収集される個人情報の、特に個人的な趣味や行動などを市場調査情報、マーケッティング情報として利用しているとみられています。 またテレビやラジオ放送を利用したほのめかし犯罪も行われています。

 テレビ・ラジオ放送でのほのめかし行為が、リアルタイムで行われていて、被害者の行動の直後に、その行動内容がほのめかされるという被害も確認されています。

 そのためテレビ・ラジオ関係者は、トゥルーマン・ショー被害と言われる、私生活を24時間監視した映像が他人に見られるという被害の、加害者として監視映像を見ることもできるとみられています。

 マスコミが集団ストーカー犯罪を一切報道しないなど、犯罪に協力的な態度をとる理由は、政治的な圧力のほかに、電通などの広告利権や創価学会・在日朝鮮系暴力団などによるタレント全体への支配力を背景とした圧力がかかっているとみられています。

 テレビやラジオへ出演するタレントやジャーナリスト、映画・音楽・スポーツ関係者などの芸能界の人的な分野は、創価学会や朝鮮系暴力団などの強い影響下にあります。 彼らは集団ストーカー犯罪や暴力団を使ったおどしによって芸能界を支配しているとみられています。

 アメリカの芸能界では、よりひどい状態となっていて、芸能の花形であるハリウッドもMKウルトラ(集団ストーカーのなかでも特に凶悪な手法)に支配されていると、ハリウッド女優などが暴露しています。 ハリウッドでは監視やおどしだけでなく、監禁や体罰なども含めたより強い行動の強要や洗脳行為が行われているようです。

 テレビ放送や出演者となる芸能人は一般社会への影響力が強いため、悪徳派の超富裕層によって支配的な影響を受け、コントロールされているとみられています。

< 参考 >
マスコミ集スト・メディアガスライティング
 テレビやラジオを使ったほのめかし犯罪



医療機関の利権

 統合失調症の誤診断に医療機関が関与しているとみられています。 その誤診の後、被害者が入院する場合、その期間は1年以上となる場合もあり、非常に長期間なため、医療機関にも長期的な安定収入をもたらします。

< 参考 >
30.精神医療や医療関連問題
 集団ストーカー・テクノロジー犯罪


カルト団体やその背後にいる悪徳派超富裕層の利権

 世の中で色々な不正や犯罪、ときには戦争や紛争まで引き起こしているとみられているのが、カルト団体やその背後で命令や資金提供をしているとみられている悪徳派の超富裕層、グローバリストの集団です。 彼らが、政治・マスコミ・学術機関などから司法・警察・役所・企業などを悪用して大規模な不正や犯罪を行っている集団の主体だろうとみられています。

 集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪も彼ら超富裕層、グローバリストが陰で行っている犯罪行為のひとつとみられています。

< 参考 >
社会不正
 国内外の政治経済や裏社会という観点からの被害改善策の検討
2016/11/15




目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system