集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカー犯罪者

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 > 犯罪者の分析 >

集団ストーカー犯罪者

犯罪者の分析

gang_stalking_criminal, 2016/1/14, 2017/8/14

< 目次 >

目的がないようにみえる加害行為の目的
 時間をかけて加害行為を継続すること自体が目的(加害行為の継続)
 何らかの犯罪の時効を待っている(時間の浪費)
 対象者の日常生活や活動の妨害(生活・活動妨害)
 足止め(生活・活動妨害と時間浪費)

犯罪者の反応

犯罪者の活動時間

愉快犯からサイコパスへ


< 参考 >

集団ストーカーの目的は?
 なぜ監視洗脳犯罪を続けるのか ブラックビジネス化している見込み

犯罪対策の基本方針
 集スト犯罪は、オオカミ少年の監視詐欺にすぎない (2015/12/07)

集団ストーカーの基礎知識 (2016/01/03)

和平交渉
 話し合いによる事態の改善

加害者の健全化
 加害者の健全化活動を続け社会全体の健全化を目指す (2015/01/20)

集団ストーカー.info
 「活動の現実」 (2016/01/14)

撲滅、集団ストーカー対策マニュアル(Ver.1.03) (2016/01/14)




目的がないようにみえる加害行為の目的


 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害行為の中には、どう考えても目的がないような、一見すると意味がないように思える加害行為が行われていることがよくあります。

 この一見すると意味のない、目的のない加害行為の目的には、全体としては監視・支配実験としての実験継続とデータ収集である点が共通しています。 そのほかの個別の目的としては次のようなものが考えられます。

時間をかけて加害行為を継続すること自体が目的(加害行為の継続)


 一般的には、意味不明なストレスを与え続けることから、精神攻撃による精神病負荷実験や犯罪・自殺の誘発することや、そのための土台作りが目的だとみられています。

 警察・公安・自衛隊・その他特務機関の行っている加害行為で、政府から許可を得て、もしくは政府の命令で、行政事業などとして行われている場合は、業務として行われていますので、命令どおり継続すること自体が目的となるでしょう。

 具体的には、対象者への監視や攻撃を続けることによって、個人の排除、行動の抑制、防犯利権・医療利権・保険利権などの拡大、社会統治のための支配実験などが目的となっているとみられています。


何らかの犯罪の時効を待っている(時間の浪費)

 意味のない加害行為の継続には別の意味があり、それは時間を消費させることによる、何らかの犯罪の時効をねらっているとこもあります。


対象者の日常生活や活動の妨害(生活・活動妨害)

 単純に日常生活に支障をきたした状態を維持するというストレス実験や支配実験という側面もあります。 また被害活動家などに対しては、、警察組織・自衛隊組織・その他特務機関・政府などを批判する、彼らにとって都合の悪い活動を妨害・抑制するという目的もあります。


足止め(生活・活動妨害と時間浪費)

 日常生活や活動の妨害と似ていますが、ライバルを組織から追い出した状態を維持したり、有能な活動家の活動が前進することを妨害するための足止めという目的もあります。 2017/7/13




犯罪者の反応

 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の犯罪者や協力者である加害者たちを、被害者が実際に引き止めて話を聞いてみると、思いのほか素直に質問に答えたり、話し合いに応じたりすることがあります。

 加害者に共通する反応や態度には次のようなものがあります。

・多少の犯罪や嫌がらせにあたる行為をしているという自覚がある

・悪意がなかったことや偶然であるなどの言い訳をする

・罪悪感を感じた態度をとる
逆上して怒りをあらわにするというよりは、上司や警察官などから注意されているかのような態度。

 現場の加害者側の監視や嫌がらせ担当者が、どの程度まで加害行為の犯罪性を理解しているかはともかく、これらの反応や態度からみて、多少は悪いことをしている自覚があり、引き止められたり、犯行現場が見つかってしまったことを意外に感じていることがうかがわれます。

< 注意 >

 暴力的な雰囲気、あるいは挑発的な雰囲気など何かしらの危険性を感じさせるような加害担当者もいますが、そのような加害者たちは、すぐに被害者をおどしてくるようなこともありますので、不用意に刺激しないような注意が必要となります。

 また、いくら非人道的な、血も涙もないように見える加害者たちも人間ではありますから、加害者たちに対して故意に刺激するような挑発的な態度をとるべきではありません。 犯罪の真相究明や話し合いなどを望む場合は、たとえ加害者であっても相手に対して礼儀をわきまえた態度で臨むべきでしょう。

 一見危険そうに見える相手でも、相手の立場や主張をある程度まで尊重することで平和的な話し合いが出来ることもあります。 また、加害者がその場での話し合いで罪を認めるようなことは期待できませんが、次回から加害行為の凶悪性が下がるようなこと犯罪の抑制効果は期待できます。

 相手が特に凶悪な確信犯でもないかぎりは、加害者を一方的に非難するのではなく、相手の意見に耳を傾け、自分の気持ちや考えを伝えることで、被害が軽減する傾向があります。 2017/8/14

< 参考 >
和平交渉
 話し合いによる事態の改善




犯罪者の活動時間


 犯罪者も人間ですから、犯罪を行っている最中も、食事や休憩をとります。 監視人員の交代や、食事・休憩などの前にはとくに強い嫌がらせ犯罪を行い、集団ストーカー被害を被害者に意識させてから、その場を離れるような傾向があります。

 公安や警察・自衛隊などの公務員が集スト要員となっている場合は、午前午後ともに8時前後に要員交代が行われる傾向があります。 休暇のとり方、いわゆるお休みをとる間隔も警察の4交代制となっていることがあります。 4交代制というのは3日働いて、1日休むという勤務パターンです。 日本の警察官がこれを採用しています。




愉快犯からサイコパスへ


 集スト犯罪に加担する犯罪者は、はじめは何も知らずに事態を面白がる傾向があります。 メールなどで指示された通りに音声を出したり、待ち伏せなどをするだけで、被害者がみるみるうちに弱っていく姿は、犯罪者にとってはこっけいに見えることがあります。 また、電磁波攻撃という、証拠の残らない攻撃では、犯罪に加担するまで普通に暮らしていた人には隠されていた、様々な影響を人体に与えることができます。

 特殊な装置でそれを行いますが、ものによっては、パソコンで電磁波攻撃の種類や強さを変更するだけで、痛みなどの不快感をあたえることができます。 直接体にふれることなく、人の五感三欲などへ干渉できるという事実は、犯罪初心者にとっても面白いことなのです。 この事態が犯罪初心者を愉快犯へと変えていきます。

 しかし、犯罪初心者が愉快犯である時期は、それほど長くは続きません。 集スト犯罪の大部分は、たいへん地味で退屈な単純作業ですから、多少面白い嫌がらせができるとしても、全体の作業に飽きてしまいます。 集スト要員が変更された場合などは、その変化に被害者も気付きます。 犯行のタイミングやパターンには、犯罪者ごとの個性がでるため、長期的な被害を受けている被害者は、その変化を理解できるのです。

 愉快犯として犯行に加わった犯罪者は、嫌がらせを繰り返すうちに、同じ嫌がらせを続けるだけでは、効果がでないこと、被害者を嫌な気持ちにさせることができなくなることを学んでいきます。 そして、徐々に嫌がらせパターンを増やしたり、より強い嫌がらせをするようになります。 そして、最終的には、嫌がらせに罪悪感を感じたり、被害者の気持ちを理解できないような無慈悲な、精神異常犯罪者、サイコパスへと悪しき成長をとげます。

 被害者は徐々に犯罪者が愉快犯からサイコパスへ変化していく過程を、被害を受けながら理解することになります。 おそらく、一度、犯罪行為を行った後は、それになれてしまい、たいていの犯罪は、それを行うことでの罪悪感や違和感、また、同情や共感などを感じることなどがなくなっていくのでしょう。 犯罪者は、犯罪行為を命令通りに繰り返す集スト犯罪奴隷へと変化していきます。

 カルト教団では、嫌がらせの効果が出て、被害者が苦しむたびに、悪しき活動が成功したことを、皆で喜ぶことで、成功体験の意識を植え付けるような、群集心理効果を利用したりしています。 しかし、深夜の長時間監視などでは、このような方法は使えないでしょうから、サイコパス化もはやくなるようです。

 残念なことに同じ犯罪者でも、公安や警察・自衛隊などよりもカルト教団員のほうが、精神的に健全に近い状態を保っている傾向があります。 宗教系集ストは人として常識はずれな嫌がらせ、たとえば排泄物を家の中に投げ込むようなこともしますが、自分に身の危険を感じたりすれば、集ストをやめることもあります。 カルト教団を脱会するなどの方法でやめることはできます。

 それとくらべると、防犯系集スト、公安や警察・自衛隊などは、機械的に嫌がらせを繰り返し、防犯という名目だけで正当化しているため、群集心理を使うようなメンタルケアもあまり行われないせいか、サイコパスへと悪化するのがはやい傾向があります。
(2016/01/14)



目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク



  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system