集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
集団ストーカーの世襲

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 一般分析 分類1 >

集団ストーカーの世襲

gang_stalking_hereditary 2015.12.24 2016.4.18

集ストは身分制度のように世襲されている


公安の集スト、強制尾行、カウンターインテリジェンス被害の世襲、小さな子供まで被害に

 公安から容疑がかかっている防犯系集団ストーカー被害の被害者が、子供のころから被害を受けているという被害を告白していました。 親や祖母も集スト被害などから認知症になったとのことでした。 集スト被害は親から子へ、子から孫へと受け継がれる場合があります。 2016.1.21 2016.4.18

 ほかの被害者のなかにも子供のころから集スト被害にあっている人がいます。 子供がいつ、どんなきっかけで集スト被害者になったのかというと、これといった特徴は見当たりません。 共通点としては、おおむね、親が被害を受けているという点が確認されており、やはり集スト被害が世襲しているのが現状のようです。



加害役割の世襲、創価幼児は4歳ですでに加害行為を行っている

 加害者側も親から子へ、集スト加害行為が受け継がれていることが確認されています。 創価学会の例では、物心がつく4歳ごろから集スト加害に参加しているということです。 善悪の判断能力の乏しい4歳児に犯罪行為を教え込まれては、健全化はたいへん難しくなるでしょう。 4歳のころから、集スト加害をよいことだと教えられ、ときにはほめられて育ったような人間を、健全化し、更生させるにはどうしたらよいのでしょうか。



改善策

 加害者と被害者の立場が世襲してしまっている以上、これは実質的な身分制度となりつつあるといわざるをえません。 社会問題として対処し、解決に向かうときは、この身分制度として世襲している点が、被害改善の強力な根拠のひとつとなることでしょう。 (2015/12/24)

 具体的には、集スト被害と加害の世襲を防ぐためには、義務教育での集スト防止教育や段階的な集スト犯罪の周知が有効な対策となるでしょう。 2016.4.18





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system