集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
満腹感抑制による大食いBMIドーピング疑惑 (大食い大会1)

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


目次 > 芸能・スポーツの検証 >

満腹感抑制による大食いBMIドーピング疑惑
(大食い大会1)

glutton_tv, 2016.1.9, 2016.10.27


大食い選手権と耳飾


 テレビ東京で大食い選手権という番組が、かれこれ数十年間放送され続けています。 ここ数年は、国内だけでなく、世界大会まで開催されている人気番組です。 この世界大会で圧倒的な活躍をしている女性選手がいます。 30代のアメリカの女性で、他を圧倒する速さで、圧倒的に多い量の食べ物を食べつくしています。 異次元女王と冠されている彼女の大食いぶりは他の選手を完全に圧倒しています。

 それだけであれば単純に、世の中にはすごい大食いの人がいるものだ、ということになりますが、集団ストーカー犯罪に使われるBMI技術、電磁波技術が悪用されていた場合、話は変わってきます。 電磁波技術、特にBMI技術は人間の五感・三欲などへの干渉が行えることがあきらかになっていますが、その技術が食欲を抑えるような目的で使われている可能性が懸念されます。

 人間の食欲は脳の満腹中枢で管理されています。 比較的高等な哺乳類は同じ仕組みをもっており、ネコの脳から満腹中枢を破壊する実験では、ネコは際限なくエサを食べ続け、体が床に着くほどまでに太ってしまうことが知られています。 以前は高校の生物学の教科書にも挿絵とともに紹介されていました。 2016.1.9

(※ここで扱っているBMI技術は具体的にはEMP技術と予想されます。 2016.10.27)




BMIドーピング疑惑


 集スト被害者が五感・三欲などへ様々な被害を受けている現状を考えると、BMI技術で、この満腹中枢を抑制することは、かなり高い確率で可能であることが予想されます。 どちらかというと不可能である理由のほうがみつかりません。 ドーピングというのは薬物による運動能力の不正な強化などのことですが、BMIによる食欲抑制というBMIドーピングのようなものが行われている可能性が懸念されます。

 この疑惑にいたった経緯はおおむね次のようなものです。 まず、圧倒的な大食い女王である異次元女王ですが、彼女は常に耳に大量のピアスなどの耳飾を付けており、その数が7個前後という多すぎる数なのです。 中には釘やトゲのようなデザインのものあり、耳付近が異様な雰囲気となっていました。 過剰な耳飾りファッションをしている選手は、これまで異次元女王ひとりだったため、彼女の個性として、異様ではありますが、見逃されていました。

 しかし、2016年、今回の大会では日本人選手のキャプテンとなっていた女性も、同じように耳を大量のピアスなどのアクセサリーで飾っていました。 また、この女性は大食い選手権では常連の実力派選手でしたが、優勝経験などはなく、キャプテンに選ばれる理由が不明確でした。 彼女よりも実績のある人間は何人もいます。

 この女性が、番組の最後の戦いに出場し、これまで見たことのない量を食べ、敗れはしましたが、大活躍したのです。 こうなってくると、異様な耳飾とBMIドーピングの関連が疑われてきます。 大量の耳飾の中に電磁波を受信するアンテナの役割をはたすものが含まれているようなことが疑われてきます。 インプラントのようなものを耳に付けているのではないかという疑惑です。

 集ストなどに悪用される電磁波技術、BMI技術を知っている人であれば、これがBMIドーピングなのではないかと予想した人もいるかもしれません。 その予想はかなりするどいものだといってよいでしょう。 番組をよくみると、日本のキャプテンは初めのうちから、何度か不安そうな表情をみせており、それが、BMIドーピングの発覚を恐れる危惧や、不正行為に対する後ろめたさなどなのではないかと予想されます。




孔明の罠


 しかし、これにはまだ続きがあります。 社会的な不正的にみると、影の支配者が、テレビで人々があからさまに気付くようなことをやるとは考えにくいです。 今回の番組では、他にも不審な点があります。 たいへん賢い計略、孔明の罠のごとき策略が隠されていた可能性があります。

 まず、日本の新エースが、別の日本のベテラン女性選手に記録で負けるという場面の疑惑です。 二人は、2対2のチーム選で、仲間として戦いましたが、新エースの実力は国内では絶対的な実力者で、テレビ上では現在ライバルのいない状態でした。 それにくらべてベテラン女王は6年ぶりくらいの参戦で、もはや過去の人となりつつありました。

 新エースを超える実力があるのであれば、今までテレビにでなかった理由がわかりません。 今、急にでてきた理由もわかりません。 しかし、事実として、新エースをわずかではありますが、超える実力をみせたのです。 このようなことが本当に起こるのでしょうか。 ここにBMIドーピングの存在が疑われます。 何者かが新エースのイメージダウンを狙って、そのようにした可能性が疑われます。

 次に、新女王についてです。 大食いの実力は、どうしたら高まるのか、いまいちはっきりしないことろがあります。 普段から大食いを続けることや、アゴの筋肉を鍛えたり、全身の筋肉を強化することで、ある程度高まることはわかっていますが、それ以外に効果的なトレーニング方法などは特に存在しないようです。 つまり、急激に大食いの実力が高まるというこは、通常は起こらないのです。

 新女王についてはあまり批判したくありませんが、急激に実力をつけていることから、残念ながら、BMIドーピングの可能性が疑われます。 いままで多くの人が大食い能力の向上に努力してきましたが、それほど急成長した人はいないようにみえます。 もしかすると他にも急成長をとげた人がいるかもしれませんが、ここ数年では、彼女だけが群を抜く急成長をとげてたようにみえてしまいます。

 また、日本のベテラン女王がアメリカの異次元女王と戦ったときは、試合中に異次元女王が不調を訴えていました。 試合は最後にはアメリカが勝利しましたが、途中までかなりの接戦となり盛り上がりました。

 異次元女王の戦いは常に圧倒的で他の追随を許さないものでした。 接戦となったのは、これが初めてではないでしょうか。 この戦いでは、BMIの逆ドーピングが行われたか、あるいは、BMIドーピングによる能力向上が行われなかったのではないかということが疑われます。 異次元女王の体調不良の訴えは何者かが、疑惑回避のために仕組んだものだったのではないでしょうか。

 ここまで耳飾アンテナ説しか説明していませんでしたが、BMI技術はすでにアンテナを必要としないところまで発達しています。 電磁波的に対する特性として、人体にはそれぞれ固有の波長があり、BMI技術では、すでにアンテナやインプラントなどを使わずに固体を識別することが可能となっています。 日本の特許申請でも電磁波によるRFID技術、固体識別技術が申請されていることが確認できます。 電磁波による固体識別技術はすでに世間に公開されている技術なのです。

 そのため、耳飾などがなくてもBMIドーピングは可能だと考えて問題ないでしょう。 なぜ大量の耳飾をわざとらしく着けさせたかというと、おそらく、耳飾がなければBMIドーピングができないと人々に誤解させるような、心理誘導を試みたのでしょう。 心理誘導はメディア・ガスライティング、マスコミ集ストのもっとも重要な目的のひとつです。 また影の支配者のような存在は、人目につくようなところに証拠を残すようなことは決してしません。 表に出ている人間は代理人や現場監督・作業員などであって支配者本人ではありません。 表に出る以上、危険がつきまといます。 彼らは支配者ですから、そもそもそのようなリスクのある行動をする必要がないのです。

 今回の件の首謀者は、やはりかなり強い富や権力をもつ実力者、影の支配者のような人間であることが疑われます。 それにテレビ関係者のごく一部が関与したため、全体としては、大食い番組自体のネガティブキャンペーンとなるような、新エースのイメージダウンのような首謀者には興味のない演出が行われたのではないでしょうか。

 また選手ひとりひとりは、BMIドーピングの仕組みについては、何も知らないことが予想されます。 首謀者はもちろん関係者は秘密を隠すため、また、説明の手間をはぶくため、多くの人間に秘密を漏らすようなことはしません。 もしも、BMIドーピングのことを知っている人間いるとしたら、数年前に突如として現れたアメリカの異次元女王と、不安や決意の表情を見せた日本のキャプテンあたりが怪しいでしょう。

 もちろん、彼らにも何も知らされていない可能性が高いでしょう。 何かしら知らされていたとしても、おそらく満腹感を抑える薬など称してビタミン剤などを渡すような隠蔽工作が行われている可能性が高いでしょう。 影の支配者は、秘密を明かしても、何の利益もないでしょう。

 以上のように、耳飾に意識を向け無制限にBMIドーピングや電磁波犯罪が行えることを隠すというのが、今回行われた孔明の罠、もしくは影の支配者の計略だったのではないかと予想されます。 2016.1.8


< 参考 >
満腹感への干渉の疑い (大食い大会2)





目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク


Twitter hkskns20150904, 動画チャンネル, 連絡先, ダウンロード サイト全体 説明

  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system