集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 匿名でもいい、内部告発して欲しい。あなたの勇気で悲しいイジメ犯罪から市民を守って下さい。

 諸説ありますが、集団ストーカー(テクノロジー犯罪)とは「集団が個人の支配を目的として行う闘争とその技術の総体である」というのが最も包括的な説明となるでしょう。集団ストーカー精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。この犯罪は秘密警察や軍事官僚主導で監視・洗脳・虐待・信用失墜などを行う心理戦と呼ばれる複合的な犯罪で、特にテクノロジー犯罪と呼ばれる高度な科学技術を使った証拠の残らない陰湿で凶悪な虐待行為には世界中から非難が集まっています。(続き

GPS尾行

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 個別の被害と対策 >

GPS尾行

gps_following, 2015.12.18, 2018.7.8, 評価:★★

目次

GPS尾行は集団ストーカーではよく行われる

携帯・スマフォは電源を切ってもGPSで位置情報を送信し続けている

通信機能を無効化する方法

電源を外して機能を止める方法

GPS機能の停止後


参考

GPSジャマー - Amazon検索 2018.7.8
 GPSの通信を妨害! 警察などの尾行精度を下げられる? 携帯スマホには電磁波防止ケース(病院用にも) 2018.7.8

警察が他人のクルマに勝手にGPSを取り付けていたことが発覚し、大問題となっています… 2018.3.28
 過去の裁判ではGPS捜査が有罪になったことも 2018.3.29

カーナビの謎
 カーナビの仕組みの説明 2018.3.14





GPS尾行は集団ストーカーではよく行われる

 集団ストーカー被害者は、外出中に非常に精度の高い尾行や待ち伏せの被害にあうことがよくあります。 携帯電話・スマートフォン・カーナビなどの情報が犯罪者側に漏れている、あるいは、荷物や自動車などに専用のGPS端末が取り付けられている例がよく報告されています。 2015年には、警察が無断で市民にGPS発信機を取り付けたことが問題となっていた裁判で、警察が敗訴するという事件も起きているほど、頻繁に行われているようです。

 自分の物に取り付けられたGPS端末を探すのは一般人には難しいことでしょう。 しかし、携帯電話・スマートフォン・カーナビであれば、GPS機能を停止させることができます。

< 参考 >
GPSジャマーや携帯スマホの電波妨害ケースなど



携帯・スマフォは電源を切ってもGPSで位置情報を送信し続けている

 携帯電話・スマートフォンは電源を切った状態でも、電波基地局との通信を行っています。 殺人事件などでは、容疑者の携帯電話・スマートフォンの微弱な電波を頼りに位置を割り出した、などと警察は主張していますが、実際は、機器の電源を切っていようが、いまいが、通常の通信でGPSの位置情報が通信会社の基地局へ送られているのです。 第三世代携帯電話の規格にGPS機能が含まれていたため、現在の携帯電話・スマートフォンはほぼすべての機種にGPS機能が内臓されています。 この規格は、警察の捜査上の都合で決められたとみられています。

< 参考 >
GPSジャマーや携帯スマホの電波妨害ケースなど



通信機能を無効化する方法

 電磁波防御でも説明していますが、アルミには電磁波を妨害する特性があります。 これを利用してアルミケースに携帯・スマホを入れることで通信自体を無効化します。 ちょうどよいケースが見つかればそれを使ってもよいですが、携帯・スマホは通信するための機器ですから、専用のアルミケースはほとんど存在しないでしょう。 簡単な自作方法を紹介しておきます。

 アルミはアルミホイルでよいでしょう。 ほどよい大きさの袋などを二重にして、間にアルミホイルの層を作ります。 通信を無効化できているかどうかは、誰かの電話を借りたり、公衆電話などから、電話をかけることで確認できるでしょう。

< 参考 >
GPSジャマーや携帯スマホの電波妨害ケースなど



電源を外して機能を止める方法

 携帯電話・スマートフォンは内臓バッテリーから電源を取っていますので、取り外せば通信機能も止めることができます。 バッテリーが取り外せない機種の場合は、アルミホイルなどで通信無効化ケースなどを作るのがよいでしょう。

< 参考 >
GPSジャマーや携帯スマホの電波妨害ケースなど



GPS機能の停止後

 残念ながらGPS機能を停止しても尾行はなくなりません。 犯罪者は、GPSを使わずに、生活行動パターン分析や、視覚情報を頼りにしたローテクな尾行や監視を続けます。 しかし、GPS対策を行うことで、犯罪者の尾行精度は落ち、尾行の時間や手間を増やすことができます。 この尾行コストの増大は、犯罪者の警戒感を高めることで、結果として、犯行全体を抑制する効果が期待できます。 対処可能なものは、対処すればするほど、犯罪者側を警戒させるため、犯罪の抑制効果が期待できます。 できる対処はできるだけやったほうが、被害を軽減させる可能性が高まります。 (2015/12/18)

< 参考 >
GPSジャマーや携帯スマホの電波妨害ケースなど






  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) Since 2015 GSIA HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system