集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
健康管理 最も確実な被害対策、ビタミン摂取や睡眠法・メンタルケアなど

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 一般分析 全般的な被害と対策 >

健康管理

最も確実な被害対策

health_care, 1510150120, 2015/10/15, 2017/5/21

 ここでは主に集団ストーカー被害による高ストレス状態でおちいりやすい健康問題と改善策を扱っています。 一般的なものは、健康問題で扱っています。 2017/5/21

< 目次 >

元気があれば何でもできる
 被害との戦いは長期戦

交感神経を活性化させる水かき療法
 風邪や感染症が劇的に回復!?

栄養管理
 高ストレス環境となるためビタミンCやカルシウムが不足しがち

睡眠時間の確保・拡大
 休憩時間の総量を増やす

瞑想法
 なかなか眠れない人へ(1)

条件付け法
 なかなか眠れない人へ(2)

寝起き改善策:朝、起きやすくする方法
 深呼吸と手足の軽い運動

睡眠薬
 強制睡眠は危険

ストレス対策
 ストレス耐性の強化とメンタルヘルス

疲労改善策
 血行促進による老廃物除去や栄養運搬機能の活性化

眠る姿勢
 あお向けより横向き

眠っているときの暑さ対策
 枕・シーツ・扇風機・エアコンなど


< 参考 >

健康問題
 テレビの健康番組は嘘も多いのでネットでの確認が必要

ホンマでっか! TV 【春の終活応援フェア!最期まで笑って逝こう】
 すぐに眠気を覚ます方法





元気があれば何でもできる

元気があれば何でもできる
 被害との戦いは長期戦




交感神経を活性化させる水かき療法


風邪や感染症が劇的に回復!?

 手と足の指の間にある水かきを軽くつまむマッサージのようなことをすると、交感神経が活性化して、風邪や感染症が劇的に治るそうです。 タダで病気が治るというすごい療法です。

 体が神経レベルで治癒へ向かい体調が改善していくとうことです。 風邪が一晩で治るということですから、かなり効果的な療法のようです。 検証データがないので効果の程はよく分かりませんが、事実であれば、ガンもカンジタ菌というウィルスが原因のようですから、治ってしまいそうなすごい療法です。 2017/5/19




栄養管理

栄養管理
 高ストレス環境となるためビタミンCやカルシウムが不足しがち




睡眠時間の確保・拡大 … 休憩時間の総量を増やす

 体力の維持には睡眠が不可欠です。 それだけに被害者の破滅を望む犯罪者も、積極的に睡眠妨害を行ってきます。 黙っていても被害が悪化するだけですから、様々な改善努力を行うべきですが、ここでは、睡眠の質自体の向上を検討します。

 まず、一番重要なのは睡眠時間の確保です。 これを妨害するのが睡眠妨害であり、睡眠時間が確保できれば睡眠不足などにはならない訳ですが、睡眠時間を増やす努力を怠っている人もいるかと思いますので、もう一度、生活時間など検討しなおすことをおすすめします。

 眠りにつく時間や起きる時間は各自工夫しているかもしれませんが、昼間でも休憩時間などを利用して体を休めることができます。 一日中、眠気がとれいないような場合は、一日の生活時間を見直し、どこかで休憩時間がとれるように心がけるといよいでしょう。 2015.10.19, 2016.9.24

 当たり前のことですが、朝方の睡眠時間を増やすと生活に支障が出てしまいますので、基本的には、夜に早めに寝るということなるでしょう。 大切な用事のある日の前日などは、犯罪者にとっては格好の睡眠妨害の対象日となってしまいますので、特に早めに眠りにつく事を心がけるとよいでしょう。 2016.9.24






瞑想法

瞑想法
 なかなか眠れない人へ(1)






条件付け法 … なかなか眠れない人へ(2)

 条件付けというと集スト被害のアンカリングのようですが、理屈は同じです。 体に眠りに就くことを覚えさせる方法です。 探せば他にもあると思いますが、ここでは次のものを紹介します。


・眠るとき以外は寝転がらない

 日常生活の中で、眠りに就くとき以外は、寝転がった姿勢、体を横たえるような姿勢をとらないよう注意して生活するという方法です。 これによって体の中で、寝転がることと眠ることが関連付けられ、眠りに入りやすくなります。 ソファーやコタツなどで寝転がっている時間が長い人には、特に効果が期待できるでしょう。

 また、眠る前の30分くらいの間、イスの背もたれなどにあまり寄りかからないようにして、体に一定の緊張感を保っておくと、眠るときにこの緊張感から開放され、より眠りにつきやすくなります。 2015.12.19, 2016.9.24






寝起き改善策:朝、起きやすくする方法

寝起き改善策:朝、起きやすくする方法
 深呼吸と手足の軽い運動






睡眠薬 … 強制睡眠は危険


< 注意 : 睡眠薬使用者は自殺率が高い >

 睡眠薬は眠くなるという精神的な変化を引き起こしますので、精神薬の一種として扱われています。 現在、睡眠薬の常用者の自殺率が高いことが分かっていますので、睡眠薬の常用はさけたほうがよいでしょう。 睡眠薬常用者に自殺率が高いことから、暗殺されたうえで、自殺扱いされてしまう危険もあります。 2016.9.24


< 睡眠薬について >

 一般的には、薬の種類にもよりますが、高い睡眠導入効果が期待できます。 慣れると効果がでにくくなるようです。

 一般的な生活をしている人、つまり、集団ストーカー被害でなければ、睡眠薬を使うのもよいでしょう。 しかし、集スト被害者では事情が変わってきます。

 この文章を読んでいるような人には説明する必要もないことですが、集スト犯罪の睡眠妨害は、被害者の多くが数年から数十年という非常に長期間、継続的に受けている被害のひとつです。 睡眠妨害は音や振動などで簡単に行えるため非常に簡単に被害を受けてしまうことになります。

 犯罪者側からすると、睡眠妨害という犯行は、作業の義務や仕事、規定の作業、ルーチンワークとなっており、被害者が目を覚ますまで、ほぼ確実に妨害を続けます。 そのため、睡眠薬などで眠りに就いたとしても、目をさまさせられることは避けられません。

 犯罪者が目を覚まさせようとしている状態で、なかなか起きないという状況は、犯行を悪化させる危険があります。 犯罪者は被害者が目を覚ますまで、より大きな音などを使い、より強い攻撃をしかけてくることが予想されます。

 睡眠薬を使う場合は、犯罪者の性格や目的、どこまで睡眠妨害を行おうとしているのか、をよく見極めて、より被害が少なくなるよう注意しながら使ったほうがよいでしょう。

 犯罪者から身を守る、攻撃の抑制させたいのであれば、アンチガスライティングのような加害者の健全化策をとったほうがよいでしょう。

 また薬物などによる強制睡眠時は、公安などが得意としている不法侵入などの危険性が高まってしまいます。 不法侵入による被害、窃盗や器物破損、女性であれば婦女暴行、いわゆるレイプなど、より凶悪な被害を受ける危険性が高まってしまいます。 2015.12.19





ストレス対策

ストレス対策
 ストレス耐性の強化とメンタルヘルス






疲労改善策

疲労改善策
 血行促進による老廃物除去や栄養運搬機能の活性化






眠る姿勢


あお向けより横向き


 夜に眠るときの姿勢についてです。 基本的には自分の好きなように、眠りやすい姿勢で寝ればよい訳ですが、集スト被害を考えると横向きで寝るほうが被害を軽減しやすくなることがあります。 個人差はあるでしょうが、心当たりのある人は試してみてはどうでしょうか。

 集スト被害で長時間の睡眠妨害を受ける場合、体はリラックスできずに緊張状態が続いてしまいます。 あお向けに寝たままで長時間に渡る睡眠妨害を受けると、首・肩・背中などが長時間に渡り緊張状態のままとなってしまうので、コリや痛みなどの被害が出てしまいます。

 この被害を少しでも減らすための改善策として、横向きに寝るのという方法があります。 普通の状態だと人は睡眠中に何度も寝返りをうちますので、横向きで寝て、再び逆の横向きで寝ることがでるようになれれば、体の特定の部分に長時間ストレスが加わり続けるのを避けることができるようになります。

 また、横向けで寝る場合、体の左側が下になるようにすると心臓にかかる負担が増えるので、右側が下になるようにしたほうが体への負担は少なくなるという調査結果もあります。

 首・肩・背中などの被害がひどい場合は、うつ伏せで眠るのもよいでしょう。 うつ伏せは自然とそうなってしまっている被害者のかたも多いかもしれません。 幼児などのうつ伏せ寝は死亡の危険がるというのはデマだったそうですから、健康的にも問題はないでしょう。


 睡眠妨害は集スト被害者の大半が受けているたいへん大きな被害のひとつです。 加害者は数分から数時間毎に被害者の眠りを邪魔するというたいへん悠長な攻撃をしかけてきます。

 暇な加害者の悪ふざけのような攻撃ですが、攻撃を受ける被害者は睡眠中のため被害対策が何もできませんので、手加減のできないサイコパス犯などによって、被害者へ重大な健康被害を引き起こしています。

 睡眠妨害はあのCIAも認めているような拷問や体罰にあたる重い犯罪ですから、これはなるべくはやく対処しなければなりません。 この悪質な犯罪を日本政府が放置し、むしろ影で主導しているかのように犯罪を隠蔽しているということは、一般の方には信じがたいことでしょう。 しかし、残念ですが明らかな事実です。 この日本を含め世界中で行われている列記とした集スト犯罪の手法のひとつとなっています。

 睡眠妨害だけではありませんが、集団ストーカー被害は、警察はもちろんのこと、マスコミに頼んでも取り扱ってくれませんから、政府が共犯であることもほぼ間違いないでしょう。

 睡眠妨害というたいへん悪質な犯罪のせいで、夜何時に寝て、朝何時に起きるか、睡眠時間を何時間とるべきか、といった問題は被害者にとっては日々の比較的重要な関心事となっています。 睡眠妨害のせいで、集ストの被害者は大切な用事がある日の前日は睡眠時間を多くとるようにするなどの工夫をして暮らしています。

 他にも体力の回復や体調の維持などの健康管理のため、加害者の攻撃パターンを分析したり、その日の加害者がどういう人物なのか、特に悪質なサイコパス犯罪者なのかどうかなどを予想するなどして、集団ストーカーという政府が隠蔽しようとしている犯罪と戦っています。

 集スト被害のアンケートなどでは睡眠妨害を受けていないという被害者もいますが、その人はおそらく偽者の被害者で、公安や創価学会の工作員ではないかと思えるほど、睡眠妨害の被害は被害者の誰もが訴えている被害です。

 より多くの被害者が横向きで寝る習慣を身に付け、少しでも被害が軽減できるようになれば、多くの被害者の苦しみも少しは軽減されることになるでしょう。 2016/9/19, 2017/5/19






眠っているときの暑さ対策


枕・シーツ・扇風機・エアコンなど


 EMP兵器によるとみられるテクノロジー犯罪で、体温もしくは体感温度を上下させる被害があります。 結果的に体温が上がって、毎晩、過剰に蒸し暑いような被害を受けている被害者のかたもたくさんいることでしょう。

 被害者に暑さを感じさることで、布団をはがして風邪をひかせるような工作が行われることがありますので注意が必要です。


 集ストだけではありませんが、暑さ対策には、カゴ枕、竹枕、エアコンマット(空気循環式のマット)、竹シーツなどの製品が役に立ちます。

 エアコンで室温を一定にしてしまうのが一番簡単かと思いますが、エアコンを使わない場合は、それぞれ用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

 扇風機は自動で電源が切れるものはよいのですが、そうでないものは消し忘れてしまうと体調を崩しやすいので気を付ける必要があります。

 頭など体の一部だけを冷やす場合、小さい扇風機を使うと便利ですが、小さいものは自動で電源が切れる機能がないものが多くなっています。 電源の消し忘れのリスクを考えると、多少の暑さくらいであれば、ウチワやセンスなどで自分であおいでしまったほうが安全でしょう。 2016.9.24








  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system