集団ストーカー 被害改善責任論

Gang Stalking Improvement Activities

 集団ストーカーが精神病だというのは防犯・医療利権勢力などが広めている嘘です。 この犯罪は官僚主導の監視洗脳犯罪で、公安・自衛隊が実行し、検察やマスコミが隠蔽しています。 官僚に政治家や社会そのものを支配させ、その官僚の背後で実権を握っているのが、王族や企業・宗教グループなどの超富裕層です。 彼らは社会寄生型詐欺犯罪を長年続けていて、人々を監視して奴隷化する完全な管理社会の実現による世界支配を目指しているという話ですが…
歴史 集団ストーカー・強制尾行関連犯罪の将来的な歴史研究資料としての記録

目次 一覧 歴史 在日利権ネット 社会不正 反集スト物語 用語 下書き ブログ リンク

目次 > 歴史 集団ストーカー関連の歴史 >

歴史 集団ストーカー歴史年表

hist_gs_1900, 2015/9/20, 2017/7/17

< お知らせ 自動目次付与ページ >

 この歴史年表はまとめサイトでも公開しています。 掲載されている内容は、他の記事同様、このサイトの記事がオリジナルとなりますので、更新作業の関係で多少古い可能性があります。 2016/3/15, 2016/12/13





目次


洗脳の歴史の末路 集団ストーカーの歴史的な位置づけ

在日利権ネットとの関係

参考

特許について

1869年 電信事業の開始

1880年 電話事業の開始

1894年~1895年 日清戦争

1904年~1905年 日露戦争

1907年 満鉄調査部設立、日本の元祖シンクタンクとなる

1914年~1918年 第一次世界大戦

1918年~1922年 シベリア出兵(日本)

1920年 ゼネラルエレクトリック研究所のアルバート・W・ハルがマグネトロンを発明

1922年~1943年 ファシズムの台頭

1929年以降 世界恐慌、大恐慌

1930年代 集団ストーカーの犯罪手法が実験され始める
 ナチス・ドイツの洗脳実験に集団ストーカーと同様の手法が含まれていた

1931年~1932年 満州事変

1932年 満州国樹立

1934年 アドルフ・ヒトラー、ナチスドイツの大統領となる

1934年 催眠術を悪用したハイデルベルヒ事件(ドイツ)

1937年~1945年 日中戦争

1940年 映画『ガス燈』の公開(イギリス、後にアメリカで公開)

1941年~1945年 第二次世界大戦・太平洋戦争

1942年頃 マンハッタン計画(アメリカ)

1943年5月17日 英米通信傍受協定の締結とエシュロン・システムの誕生

1945年頃 ペーパークリップ作戦(アメリカ統合諜報対象局)

1945年以降 ペーパークリップ作戦以降、ナチス・ドイツの洗脳研究がアメリカへ引き継がれる

1945年8月15日 第二次世界大戦、終戦(日本)※世界ではポツダム宣言の9月2日

1945年~1952年 米GHQによる日本占領

1947年 ニュルンベルク綱領の提示

1947年 チャーター計画実施

1948年12月10日 人権の普遍的宣言(世界人権宣言)とニュルンベルクコード

1948年 反射波による通信と脳波計測

1948年 UKUSA協定締結

1950年 ブルーバード計画 1950年実施、翌年アーティチョーク計画と改名

1950年 MKウルトラ計画開始 … 1953年(?)~21世紀、現在

1950年代以降 世界各国でマイクロ波のステルス兵器への利用が注目され始める

1950年代 ジョン・マクローリンによるマイクロ波の安全基準策定の提唱

1950年代~1960年代 ロシア最高研究所、電磁波がマインドコントロールに利用できることを発見

1950年代~1970年代 モスクワシグナル事件

1950年6月25日~1953年7月27日 朝鮮戦争
 朝鮮半島がMKウルトラの実験場となる

1952年~1973年 日本の戦後復興・高度経済成長

1953年 韓国の竹島占領(日韓の分断工作)

1956年 コインテルプロ FBI機密工作開始

1957年 カナダ精神研究の薬物・電気実験

1957年4月 創価学会の公職選挙法違反事件、大阪事件発生、池田大作逮捕

1961年 アランH.フレイによるマイクロ波聴覚効果の発表

1962年 音声信号を頭部に送信する原理 マイクロ波聴覚効果の論文発表

1963年頃 CIAが陰謀論という概念を作り世界に広める
 これ以降、不都合な事実は陰謀論扱いされ隠蔽される

1964年 MKサーチ … MKウルトラ計画の後継

1965年 パンドラ計画開始

1967年 ベトナム戦争でHAARP技術による降雨実験に成功

1969年 コインテルプロの存在が明らかとなる(アメリカ)
 CIAは政治スパイ、FBIは政治警察でもあった

1969年 イエール大学、デルガド博士による睡眠欲・食欲などの動物実験

1970年代 思考盗聴がスパイ分野で一般的な技術となる
 これが後のテクノロジー犯罪で悪用される

1970年代 思考盗聴の技術が一般社会で隠蔽される
 超能力や陰謀論扱いすることで表社会から隠蔽

1970年代 NASAによるマイクロ波聴覚効果の発見

1970年代 米ソ間の地震・気象兵器使用禁止国際条約の締結

1970年代 米軍GPS使用開始

1970年代 メリーランド大学が思考リーディング・マシンを発明(アメリカ)

1972年6月17日~1974年8月9日 ウォーターゲート事件、コインテルプロが行われる(アメリカ)

1973年~1986年 安定成長期(日本)

1973年 ウォルターリード陸軍研究所がワイヤレス音声伝送技術を開発

1974年 E.M.テイラー、B.T.アシュルマン「マイクロ波聴覚効果における中枢神経系の関与」を発表

1974年 イリノイ大学、マイクロ波聴覚効果の再現実験を行う

1974年 7月19日 Kenneth R. Foster and Edward D. Finch「マイクロ波の可聴;マイクロ波パルスによる熱弾性波聴覚刺激の証拠」を発表

1975年 MKウルトラ計画の発覚

1975年 Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」を発表

1975年 ドン・ジャステセン「「マイクロ波と行動」」を発表

1975年 池田大作、創価学会会長へ就任

1976年 4月20日 脳波解析に関する特許出願

1980年~1988年 イラン・イラク戦争

1980年代 日本における集団ストーカー犯罪の発生期

1980年代 アメリカ、ポートランド小児ガン事件

1980年代後半 集団ストーカー、強制尾行の被害が確認され始める

1981年 9月 5日以降 米軍ミサイル配備への女性の抗議活動集団がマイクロ波攻撃を受ける(イギリス)

1984年春 台湾軍警察省、アメリカから思考リーディングマシンを購入(台湾)

1985年 べッカー博士、著書『ボディ・エレクトリック』でCIAのマインドコントロール実験を説明(アメリカ)

1986年~1991年 バブル経済(日本)

1988年 ユタ州立刑務所で全思考を読む装置が使用される(アメリカ)

1989年~1995年頃 オウム真理教事件

1989年 NTT、脳波から思考を解読するコンピュータの特許を申請

1989年8月22日 ストックリン特許の成立

1990年 ペルーシリアルキラー

1990年~1991年 湾岸戦争、イラクのクウェート侵攻(電波兵器の実験場となる)

1991年以降 冷戦後の日本経済停滞

1991年11月28日 創価学会とSGIが日蓮正宗から破門

1992年10月19日 生体電磁波受信による「識別方法および識別装置」の特許出願

1992年12月 ジュリアン・マキニー、電子監視実験、テクノロジー犯罪に関する書籍「supplement」を出版

1993年 髪の毛の200分の1サイズのマイクロチップが開発される(アメリカ)

1993年 日本発の公式集団ストーカー議論!? 国会で創価学会の集団ストーカー活動が議論される

1993年10月11日 マーティン・アンダーソン著の「ハイテク・ナショナル・タトウ」でRFIDが紹介される(アメリカ)

1993年12月11日 心理誘導、睡眠導入などの「自己相似スペクトル構造の性質を利用した生体機能刺激法及び装置 」特許出願

1994年10月15日 動物へのRFIDインプラントの活用が拡大(アメリカ)

1995年 第一次被害拡散期:携帯電話の普及、Windows95発売
 民間の通信インフラが一気に整備され、加害勢力に悪用され始める

1995年 アメリカでCIAの日本支配工作関連文書が公開

1995年 警視庁の創価学会員警察官が4000人を突破

1995年 TETRA、地上基盤無線が公表

1995年3月20日 オウム真理教、地下鉄サリン事件

1995年11月 週間文春12月14日号、創価学会による集団ストーカーを報道
 脱会員3300人を含む大被害者集団への調査と分析

1995年11月21日 「生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御装置」日本で特許公開

1996年 NEC、脳波から思考を解読するコンピュータの特許を申請

1996年 6月12日 念による思考作動システムの特許出願

1996年12月13日 米軍が電磁波特許「電波聴覚効果を使った方法及び装置」を出願

1997年頃 テレパシー技術による被害が出始める
 知らない他人と声や文章表示を使わずに意思疎通できる被害が確認される

1997年 機密人体実験を規制する行政命令(アメリカ)

1998年 1月25日 電波悪用被害者の会設立(現NPOテク犯ネット)

1998年 フランス国家生命倫理委員会が思考盗聴可能な神経科学の進展へ注意を喚起

1999年 6月 世界保健機構(WHO)の作成文書「レーダーと人の健康」にマイクロ波聴覚効果が明記

1999年10月26日 桶川ストーカー殺人事件、集団ストーカー犯罪が世間の明るみに出る

2000年頃 防衛庁などのテレパシー関連技術が行政や民間で流用され始める
 研究開発元の企業では音声送受信・思考盗聴技術が「お化け」と呼ばれていた

2000年前後 掲示板サイト「2ちゃんねる」に「集団ストーカー」という言葉が出現

2000年前後 防犯ネットワークが集団ストーカー活動を開始

2000年5月7日 ウラジミール・プーチン、ロシア連邦大統領に就任

2000年5月24日 ストーカー規正法成立、ストーカー犯罪という概念が恋愛関連の犯罪に限定される

2001年 マイクロ波兵器がロシア国内で使用禁止となる

2001年9月11日 アメリカ同時多発テロ

2002年3月29日 大阪府、都道府県で初の生活安全条例を制定

2002年 4月24日 米軍が電磁波特許「電波聴覚効果を使ったスピーチの送信装置」を出願

2002年 5月27日 大阪弁護士会、生活安全条例に意見書を提出

2002年10月22日 米空軍が幻聴発生兵器特許を取得

2003年前後 マイクロ波実験、テトラ(TETRA)研究計画(イギリス)

2003年7月21日 米空軍が幻聴発生兵器特許を取得

2004年 活動団体への青色防犯パトロール(青パト)の貸与開始

2005年頃 第二次被害拡散期:被害情報の集約が進む
 AGSAS、K24集団ストーカー教程、集団ストーカー.infoなどネット情報の充実

2005年頃 音声送受信など高度なテクノロジー犯罪の被害情報も共有され始める

2005年 1月 アメリカで集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害団体FFCHSが設立

2005年 2月28日 AGSASサイト開設、ガスライティング等の犯罪概念が海外から日本へ紹介される

2005年10月 6日 キヤノン株式会社が思考解読機器関連の日本国特許「生体情報モニタ装置」が公開

2006年 NSAによる日本政府、企業への監視が開始(WikiLeaks)

2006年 元NSA高官トーマス・ドレイク、欧州議会でNSAの大量監視と政府・FBIのコインテルプロを証言(おそらくフランス、あるいはベルギー)

2006年 被害者ミシェル・ロジャーズの加害者300人以上を警察が特定(アメリカ)

2006年 精神障害による労災請求が過去5年で3倍を超える

2006年 1月27日 東芝、テレパシー装置の特許を申請

2006年 5月16日 米軍が電磁波・指向性エネルギー兵器をイラクで使用していたことが判明

2006年 7月13日 忌野清志郎、喉頭癌による入院を発表

2006年12月 6日 マイクロ波聴覚効果を利用した非致死兵器の機密解除

2006年12月13日 「一部の非殺傷性兵器の生体効果」の公開によって音声送信技術の存在が世界的に証明される

2007年 ネット工作員、カルト団体員からアルバイトなど職業ライターへ移行中

2007年 サブプライム問題発生

2007年5月10日 書籍「実録・アメリカ超能力部隊」発行

2007年11月 8日 NPOテク犯ネット設立完了

2008年 電磁波音声装置MEDUSAの発売が発表

2008年8月 MKウルトラ被害者が組織的マインドコントロール会議に出席

2008年8月25日 米軍テレパシー通信機器開発をネット雑誌Wiredが紹介

2008年9月15日 リーマン・ショック
 アメリカと韓国を使った世界同時金融相場下落からの世界的金融危機

2008年12月17日 集団ストーカー被害を受けていたとみられる飯島愛が自宅マンションで死亡

2008年12月30日 ジェームズ・ウォルバートさん、テクノロジー犯罪被害裁判で勝訴(アメリカ)

2009年 4月21日 元タレントの清水由貴子さんの服毒自殺事件

2009年 世界中が創価学会をカルト指定 … 先進諸国6カ国がすでに国家規模でカルト団体に指定

2010年 集団ストーカー.infoにって集ストの人為的犯罪手法が網羅

2010年 アメリカで集団ストーカー犯が逮捕

2010年 プラズマ機器開発が活発化

2011年 中国の台頭、日本を抜きGDP世界2位となる

2011年 2月28日 テクノロジー犯罪関連技術が生命倫理問題としてアメリカ大統領諮問委員会で扱われる

2011年 3月 2日 日本のマスコミで初めて「集団ストーカー」という言葉が使われる

2011年 3月11日 東日本大震災発生

2011年7月 書籍「電子洗脳 - あなたの脳も攻撃されている」発行

2011年 8月31日 オリンパス内部告発事件、集団ストーカー被害者が東京裁判で勝訴

2012年 1月14日 関西テレビ『世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!』で集団ストーカーが扱われる

2012年 NPOテク犯ネット、確認被害者が1000名を超える

2012年 テレパシー科学の民生利用

2012年5月7日 ウラジミール・プーチン、ロシア連邦大統領に就任

2012年 7月 9日 法務省、在日朝鮮人の通名使用の禁止などを含む新在留管理制度開始

2012年12月26日 第二次安倍政権発足、以降、国民の人権が制限されていく

2013年 9月26日 ワシントンD.C.海軍工廠で13人が死亡する発砲事件が発生

2013年 ロザンヌ・バー、モスクワRTでハリウッドのMKウルトラ支配を暴露

2014年以前 FFCHS会員、副市長にマイクロ波被害の支援を得る(アメリカ)

2014年以前 FFCHS会員、集スト被害を裁判官に認めさせ交通違反を不起訴処分へ(アメリカ)

2014年 FFCHS、アメリカで集団ストーカー・テクノロジー犯罪関連番組のテレビ放送を実現

2014年 1月 FFCHS、初のウェブセミナー開催(アメリカ)

2014年 4月前後 ウェブサイト被害改善責任論の管理人への思考盗聴など遠隔テクノロジー被害が開始

2014年5月30日 内閣府人事局設置
 自民党・公明党の連立政権が官僚の人事権を掌握し独裁体制を強化

2014年 9月22日 BSバズーカで創価学会被害のレポート番組が放送(1回目)

2014年10月 FFCHS、8時間ライブキャストを開催(アメリカ)

2014年10月 つんく♂喉頭がんで声帯を失う

2014年11月20日 ベルギーで集団ストーカー会議(COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2014)開催

2014年11月 中国でスパイ防止法制定

2014年12月 8日 BSバズーカで創価学会被害のレポート番組が放送(2回目)

2014年12月10日 特定秘密保護法(特定秘密の保護に関する法律)施行

2015年 第三次被害拡散期:警察権限拡大によるテクノロジー犯罪被害の拡大
 内閣府人事局、通信法改正、特定機密保護法施行などで加害行為の合法化が進む

2015年 MKウルトラ継続説

2015年 NPOテク犯ネット、確認被害者が1500名を超える

2015年 2月 8日 集スト対策活動家、元フィンランド首席医務官キルデ医学博士が亡くなる

2015年 3月 9日 淡路5人殺害事件、発生

2015年 4月15日 茨城県取手市ボウガン事件

2015年 7月 9日 法務省、在日朝鮮人通名廃止に関する強制送還を開始

2015年 9月 1日 被害改善責任論が公開される(広告)

2015年11月20日 集スト被害者弁護士の銃乱射事件(アメリカ)

2015年12月12日 精神障害者判定指針により精神障害者8万人が受給減額・停止となる恐れ

2016年 1月 ASKA集団ストーカー被害を告白

2016年 1月13日 SMAP解散騒動

2016年 3月18日 米集団ストーカー被害者団体FFCHS解散、再結成

2016年 4月11日 抗精神病薬BPSD、投与方法で死亡率が2倍になると判明

2016年 4月13日 BMI技術公開、脊髄損傷のマヒ手指をBMIで動かすことに成功(アメリカ)

2016年 9月 扇風機おばさん、幻聴被害を告白(韓国)

2016年 9月 オウム真理教、活動を禁止される(ロシア)

2016年 10月9日 元NSA職員、カレン・スチュアート、NSAを内部告発

2016年 11月23日 マイクロ波による生体観測技術が実用化

2016年 12月6日 不正医療を指摘していた医学博士、安保徹、急死

2016年 12月19日 ASKA不起訴、警視庁の冤罪事件

2017年1月20日 ドナルド・トランプ、代45代アメリカ合衆国大統領に就任

2017年 2月 証拠映像の撮影妨害機、カメラに写らない機器が実用化されていた

2017年 2月 3日 京都大学、ガンマ線画像化法を発見・実用化

2017年 2月17日 ASKA告白本「700番 二巻 三巻」を発刊、一巻は3月17日

2017年 3月14日 「脳に知識をアップロードする方法」を科学者が発見

2017年 3月15日 最高裁が警察の令状なしのGPS捜査を違法と認める初判断

2017年 3月22日 淡路5人殺害事件、地裁が被害者の責任能力を認める

2017年 5月23日 共謀罪法案、衆院通過、警察国家化により一般国民が主権を失う見込み

2017年7月11日 共謀罪施行によるテクノロジー犯罪の凶悪化
 特定秘密保護法などで悪化していた加害行為が事実上合法化される







  集団ストーカー 被害改善責任論 Geocities (Main)
  集団ストーカー 被害改善責任論 FC2 (Mirror)
  集団ストーカー 被害改善責任論 ブログ (Blog)
  集団ストーカーまとめサイト (Wiki)

転載許可 … 当サイトの記事・画像の転載について
Copyright (C) 2015 GSIA hkskns HigaiKaizenSekininron All Rights Reserved.
inserted by FC2 system